CL控えるチェルシー&マドリーに懸念…フランスのコロナ対策変更でワクチン未接種選手はCLアウェイ戦欠場か

2022.01.20 22:39 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)でパリ・サンジェルマン(PSG)、リールと対戦するレアル・マドリー、チェルシーの一部選手がラウンド16のアウェイゲームでプレーできない可能性が出てきている。『ESPN』が伝えている。

フランス政府はオミクロン株の猛威を受け、新型コロナウイルス感染対策に関して、同国のレストランや観光地、航空機や長距離鉄道などを利用する場合に提示を義務付けている「衛生パス」を「ワクチンパス」に移行することを国会で承認。

さらに、フランスのスポーツ大臣、ロクサナ・マラシネアヌ氏は先週、ワクチン接種義務が「すべての観客、アスリート、フランス人または外国人の専門家」に適用されると主張し、これまで幾つかの分野で認められていた特例を撤廃することを明言した。

これにより、これまでPCR検査などによる陰性証明で入国、試合でのプレーが可能だった選手に関しても、完全なワクチン接種が完了していない場合、同国でプレーすることが不可能となった。

これを受け、欧州サッカー連盟(UEFA)は『ESPN』の取材に対して、各国のコロナ規制に関する同連盟の姿勢を以下のように説明している。

「UEFAは、2月にUEFAのクラブ大会が再開される前に、ヨーロッパ中の関連する利害関係者と連絡を取り合っています」

「各国で試合が行われる特定の条件は、その国の管轄当局の決定に従うものとします」

「各チームは原則として、試合が行われる国で適用される規則を遵守する必要がありますが、ノックアウトフェーズに適用されるコロナウイルスによる特別な規則を含む特定の競技付属書(現在精緻化中)は、この点に関してさらなるガイダンスを提供する可能性があります」

なお、UEFAのガイドラインによれば、ノックアウトラウンドにおいて双方の試合で中立地開催の可能性を残しているが、その中立地開催を行う場合はホームクラブは適切な代替会場を提案する必要があり、昨シーズンのチーム自体の入国が認められないなど、特殊なケースを除き、その案を採用する可能性は低い模様だ。

なお、現時点でレアル・マドリー、チェルシーのクラブ内でのワクチン接種の詳細は不明だが、ヨーロッパの5大リーグにおいて最もワクチン接種が遅れているプレミアリーグに属するチェルシーに関しては数選手がワクチン未接種と見られており、現時点ではリールとのアウェイゲームに帯同できない可能性があるようだ。

現在、UEFAとフランス当局は規制緩和などの話し合いを行っているよだが、スポーツ界では先日のテニス全豪オープンにおけるノバク・ジョコビッチの一件によって話し合いは難航を極める見込みだ。


関連ニュース
thumb

大幅な減棒も受け入れる?ルカクがインテル復帰を強く希望

チェルシーに所属するベルギー代表FWロメル・ルカク(29)。期待を裏切る結果となってしまった今シーズンを終え、わずか1年でインテルへの出戻りを希望しているようだ。イタリア『カルチョ・メルカート』が報じている。 2020-21シーズンのセリエAで36試合24得点。絶対的なエースとしてインテルのスクデット奪還に大きく貢献したルカクだったが、クラブの財務状況悪化から売却を余儀なくされ、今シーズンからおよそ8年ぶりとなるチェルシー復帰を果たしていた。 大きな期待を寄せられロンドンの街へと戻ってきたルカクだったが、蓋を開けるとプレミアリーグではわずか8得点。全てのコンペディションを合わせても15得点と、加入前の期待値と比べれば散々たる結果に。トーマス・トゥヘル監督との確執も報じられるなど、シーズン中からインテル復帰が取り沙汰されてきた。 『カルチョ・メルカート』によると、シーズンが終了した現在、ルカクとインテルの両者は頻繁に連絡を取り合っており、ルカク本人がインテル復帰を強く希望していることから、現在の週給の半分であっても受け入れる姿勢を示しているという。 だが、インテルは昨夏同様に今夏も財務上の懸念を抱えており、現時点でルカクをチェルシーから完全移籍で獲得することは不可能と見られている。インテルのジュゼッペ・マロッタCEO(最高経営責任者)らはすでにルカクの代理人と会談の場を設けたとされており、最も現実的な選択肢がレンタル移籍になるとのことだ。 2020-21シーズンのセリエA最優秀選手賞を受賞しているルカク。慣れ親しんだイタリアの地に1年で舞い戻ってくるのだろうか。注目が集まっている。 2022.05.27 12:44 Fri
twitterfacebook
thumb

ドリンクウォーターがチェルシー退団…ファンに謝罪と別れのメッセージ

元イングランド代表MFダニー・ドリンクウォーター(32)が謝罪の言葉とともにチェルシー退団を発表した。 レスター・シティ時代の2015-16シーズンにプレミアリーグ優勝に貢献したドリンクウォーター。その活躍が認められ、イングランド代表にも呼ばれるようになり、2017年夏にチェルシー入りした。 だが、ケガだけでなく、ピッチ外でのトラブルも明るみとなり、バーンリーやアストン・ビラのほか、トルコのカスムパシャにレンタル。今季からチャンピオンシップのレディングにローン移籍した。 そうしているうちにチェルシーとの5年契約も今季最終年に。わずか公式戦23試合(1得点)の出場でチェルシーと袂を分つドリンクウォーターは自身のインスタグラムに別れの言葉を記している。 「チェルシーでの時間が終わりを告げる…本音を言うと、これを書き綴っているのが変な感じだ。僕も、クラブも、ファンもこういう結末にひどくがっかりしているに違いない」 「ケガや、処遇、過ち、ピッチでの問題、ゲーム時間の少なさ…言い訳を探せばキリがないけど、起きてしまったことは変えられない。この5年間を前向きにとらえようと思う」 「僕は最高の選手とプレーし、素晴らしい監督の指導を受け、素晴らしいスタッフと働き、素敵な人々に出会い、美しい場所に住み、世界を旅して、トロフィーを手にした」 「フットボールはファンタスティックなスポーツだけど、ビジネスは双方にとってうまくいかず、黒と白の世界があった」 「チェルシーファンに向けてはこういう結末になったのをお詫びする。愛するシャツを着てベストを姿を披露する僕を見てほしかった。幸運を祈っている」 2022.05.27 08:55 Fri
twitterfacebook
thumb

プレミアリーグがチェルシーの売却を承認、6770億円で残すは政府の許可のみ…リミットは5月31日

プレミアリーグは、チェルシーの売却に関して承認を与えたようだ。イギリス『BBC』が報じた。 ウクライナへのロシアによる軍事侵攻が始まり3カ月が経過。今なお、その紛争は続いている。 その影響もあり、ウラジーミル・プーチン大統領と近しい中にあったロマン・アブラモビッチ氏がオーナーを務めるチェルシーがピンチに。資産が凍結され、クラブが収益を得ることができなくなってしまった。 アブラモビッチ氏は、資産凍結前にクラブの売却意思を示し、イギリス政府やプレミアリーグもアブラモビッチ氏が収益を得ない形が確立されれば売却を認めるとしていた。 そんな中、MLBのロサンゼルス・ドジャースやNBAのロサンゼルス・レイカーズの共同オーナーを務めるトッド・ベーリー氏らが率いるコンソーシアムが、クラブを買収する条件で合意。チェルシーも正式に売却先決定を発表していた。 しかし、アブラモビッチ氏に収益がいく可能性があるとして認められず。調査が入っていたが、無事に承認されたようだ。 プレミアリーグは、42億5000万ポンド(約6770億円)にもなる売却を承認。オーナーのテストに合格したとし、残すは政府がライセンスを発行するかどうかに委ねられるという。 チェルシーの運営ライセンスは、政府に特別に認められたものとなっており、その期限は5月31日。それまでに取引が成立すると見られているが、失敗した場合はクラブが消滅する可能性も指摘されている。 2022.05.25 12:45 Wed
twitterfacebook
thumb

南野拓実がFAカップのベストイレブンに選出! 4試合3ゴールでチームの決勝進出に貢献

リバプールの日本代表MF南野拓実が、2021-22シーズンのFAカップのベストイレブンに選出された。 なかなかレギュラーポジションを掴めずにいる南野。今シーズンもプレミアリーグでは11試合の出場に終わり、3ゴールを記録するにとどまっていた。 しかしながら、EFLカップ(カラバオカップ)では5試合に出場し4ゴール1アシスト、FAカップでは4試合で3ゴールを記録。チームの決勝進出に大きく貢献すると、どちらも出番はなかったが見事2冠を達成していた。 大事な試合には起用されないという苦しい立場にあることは変わらない一方で、ユルゲン・クロップ監督をはじめ、選手たちも南野の貢献には大きな賛辞を送っていた。 その南野だが、しっかりと評価されることに。ファン投票によるベストイレブンで、見事3トップの一角に入った。 システムは[4-3-3]。GKはケンブリッジ・ユナイテッド(イングランド3部)のディミタール・ミトフ。チームを4回戦まで導いていた。 最終ラインは、左からコンスタンティノス・ツィミカス(リバプール)、チアゴ・シウバ(チェルシー)、イブラヒマ・コナテ(リバプール)、トレント・アレクサンダー=アーノルド(リバプール)が並んだ。 また中盤はアンカーにファビーニョ(リバプール)、右にメイソン・マウント(チェルシー)、左にカラム・ラング(ウィガン)が入った。 そして3トップは右に南野が入り、左はルイス・ディアス(リバプール)、トップはアダム・ボイズ(マースク・ユナイテッド)が選出されていた。 <span class="paragraph-title">【写真】FAカップベストイレブンのフォーメーション</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Introducing your 2021-22 <a href="https://twitter.com/hashtag/EmiratesFACup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#EmiratesFACup</a> Team of the Season, as voted for by you, the fans! <a href="https://t.co/ZcixdKW5O2">pic.twitter.com/ZcixdKW5O2</a></p>&mdash; Emirates FA Cup (@EmiratesFACup) <a href="https://twitter.com/EmiratesFACup/status/1528828114851069952?ref_src=twsrc%5Etfw">May 23, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.24 16:37 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシーのトゥヘル監督が激動のシーズンを回顧…主力の退団やオーナー交代で変化の時に

チェルシーのトーマス・トゥヘル監督が、今季の最終戦を終えて激動のシーズンを振り返った。イギリス『フットボール・ロンドン』がコメントを伝えている。 すでにプレミアリーグ3位をほぼ確定させていたなか、22日に最終節のワトフォード戦に臨んだチェルシー。スタメンには出番の少なかったMFサウール・ニゲスやMFケネディが起用されたほか、今季限りで退団するDFアントニオ・リュディガーも名を連ねた。 開始11分にケネディのクロスをMFカイ・ハヴァーツが合わせて先制したチェルシーは、終始主導権を握って試合を進めていく。ところが追加点が奪えずにいると、終盤の87分に失点。リーグ戦ここ9試合で3勝と、勝ち切れないチームの悪癖が出てしまう。 それでも後半アディショナルタイムに、チェルシー通算100試合目の出場となった途中出場のMFロス・バークリーがDFリース・ジェームズのクロスからヘディングシュートを叩き込み、土壇場で勝利を掴み取った。 トゥヘル監督もシーズンを締めくくる最終戦で価値のある勝利となったと感じている模様。ただ、優勝したマンチェスター・シティや、そこに1ポイント差まで迫ったリバプールの2強にはまだまだ及ばないとして、来季に向けて改善の余地はあると意気込みを示した。 「また同じことを繰り返すのかと思っていた。ホームで引き分けるというね。だが、リーシーとロスが我々を有利な状況にしてくれた。あれでムードを一変させることができた。最後を白星で飾れてハッピーだ」 「大なり小なり今シーズンはすでに終わっていた。その中で、出場時間の少なかった選手にもプレーの機会を与えた。そんな彼らが活躍して勝利を収められたことに満足しているよ」 「この勝利は我々にとって一貫性を保つという意味で大きな一歩となった。この1年間はトップ3に入るのがやっとだったため、良い結果だと思う。しかし、改善の余地は常にある。シティとリバプールのレベルは我々にとっては高すぎたのだ」 「我々が受け身にならざるを得ない一方で、彼らは戦力を強化しているのだから、この差を縮めることは容易ではない。だが、これが挑戦というものであり、競争力のあるチームを持つことが可能である以上、我々は迅速かつ賢くなければならない」 トゥヘル監督はまた、リュディガーやDFアンドレアス・クリステンセンの退団に伴うシステム変更の可能性について言及。結果を残してきた自信のあるシステムであることを強調しながらも、現状では不透明であると答えた。 「これがチャンスなのか転換期なのかはわからない。我々は今のシステムで非常に高いレベルを維持してきたのだから、そこに問題があるとは思わない。しかし、我々は様々な可能性に目を向けている。それでも今のシステムが選手たちに合っていると私は考えているよ」 「この構成でプレーするのには理由があり、我々は非常に成功し、高いレベルで安定していた。変えるつもりはないが、そうせざるを得ないのかもしれない。しかし、問題は受け身にならざるを得ないということだ。であるため、物事が前進し、我々がリスタートすることができれば、より正確に答えることができるだろう」 そして、オーナー交代という一つのサイクルの終焉を迎えることとなった今季のチェルシー。一時代を築いたロマン・アブラモビッチ氏政権の最後の試合を終えた中、トゥヘル監督にはまだ戸惑いがある様子だ。 「こういうことだったのかと、数日経って身に染みると思う。まだ新たな状況への適応には苦労しているが、理論的に慣れてはきている。また物事が新たに始まり、新たなシーズンがスタートした時、新時代の幕開けをより感じられるはずだ」 2022.05.23 14:00 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly