ACL損傷のキエーザ、インフルエンザ感染で手術が再延期…

2022.01.20 01:10 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスに所属するイタリア代表FWフェデリコ・キエーザの手術が再延期となったようだ。イタリア『トゥットスポルト』が報じている。

9日に行われたセリエA第21節のローマ戦で左ヒザを負傷したキエーザは、精密検査で左ヒザ前十字靭帯損傷と診断され、近日中に手術を受けるとがクラブから発表されていた。

当初は、ローマのヴィラ・スチュアートでの治療が予定されていたが、クラブはこれを見送り、オーストリアのインスブルックにある専門医を訪ねることを計画していた。

しかし、キエーザがインフルエンザに感染したことで、手術は再延期されたとのこと。なお、インフルエンザの症状が出た際に新型コロナウイルスではないかと心配されたが、同選手はPCR検査で陰性と判定されていた。

『トゥットスポルト』によれば、すでにインフルエンザから回復しているキエーザには、出国の許可が下りており、日曜日にもオーストリアで手術を受けるとのことだ。

なお、同紙はキエーザの離脱期間について6~8カ月を程度になると伝えている。


関連ニュース
thumb

ユーベが昨夏に続いてミレンコビッチ獲得を目指す?キエッリーニの後継者に指名か

ユベントスは今季限りで退団するイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニ(37)の後継者として、フィオレンティーナのセンターバックに狙いを定めたようだ。イタリア『カルチョ・メルカート』が報じている。 ユベントスが獲得を目指しているのは、セルビア代表DFニコラ・ミレンコビッチ(24)。2017年7月からフィオレンティーナの一員となり、ここまで5シーズンにわたって守備陣の主力選手として活躍。今季もセリエAで34試合に出場し1ゴールを記録するなど、通算では172試合で14ゴール1アシストを記録している。 195cmの長身で、本職のセンターバック以外に右サイドバックもこなすユーティリティなミレンコビッチに関しては、ユベントスは昨夏にも獲得の噂が報じられていたものの、同じタイミングでミレンコビッチがフィオレンティーナと2023年までの契約延長を行なったため、移籍が実現していなかった。 それでもなお、引き続きミレンコビッチの動向を注視してきた模様で、『カルチョ・メルカート』によると、獲得のために必要となる移籍金は1500万ユーロ(約20億円)とのことだ。 2シーズン連続でフィオレンティーナから主力級の選手を獲得してきたユベントス。イタリア代表FWフェデリコ・キエーザ、同胞でもあるセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチら2人に続いて、ミレンコビッチもトリノの街へやってくることになるのだろうか。 2022.05.25 18:37 Wed
twitterfacebook
thumb

カーボン調の黒ベース、ユベントスの来季アウェイ用ユニが初リーク!

ユベントスの来季アウェイ用ユニフォームがリークされた。23日付で『Footy Headlines』が伝えている。 ユベントスは今冬にセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチという目玉補強を成したが、勝ち切れない試合が続き、最終戦もフィオレンティーナに敗れて2シーズン続けての4位フィニッシュとなった。 復権に向けた来季のホームユニフォームはすでに正式に発表されているが、アウェイ用のシャツに関する情報も出回ったようだ。 ベースカラーはアンスラサイトと呼ばれるグレーに寄せた黒。これを基調に、よりはっきりとした黒でストライプを入れた。 エンブレムや肩のスリーストライプは白とされているが、シルバーのようにも見える。襟も同色で縁取られ、喉元で交差するデザインが目を惹く。 ホームキット同様、胸スポンサーである『Jeep』のロゴには細かいアクセントとして、内部に稲妻をプリントしている。 <span class="paragraph-title">【写真】ユベントスの来季アウェイ用ユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cd3QVmGN2TS/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cd3QVmGN2TS/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cd3QVmGN2TS/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Juventus Fan Page(@juvereligion)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr">Visto che vi è piaciuta, sono tornato nel negozio per mostrarvi qualche dettaglio in più. 2a maglia <a href="https://twitter.com/hashtag/Juventus?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Juventus</a> 22/23 <a href="https://twitter.com/hashtag/blackwhitecarbon?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#blackwhitecarbon</a> <a href="https://twitter.com/La_Bianconera?ref_src=twsrc%5Etfw">@La_Bianconera</a> <br>La trovate a <a href="https://twitter.com/hashtag/Londra?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Londra</a> da <a href="https://twitter.com/JDSports?ref_src=twsrc%5Etfw">@JDSports</a> in oxford St. <a href="https://t.co/yZLvGFuML8">pic.twitter.com/yZLvGFuML8</a></p>&mdash; Panoz (@panoz4ever) <a href="https://twitter.com/panoz4ever/status/1528401406868455425?ref_src=twsrc%5Etfw">May 22, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.25 06:45 Wed
twitterfacebook
thumb

大きな転換期を迎えたユーベ、ラムジーら余剰人員を整理へ

セリエAで2シーズン連続の4位という結果に終わったユベントス。今夏は多くの選手たちがトリノの街を去ることになるかもしれない。イタリア『カルチョ・メルカート』が報じている。 かつてはセリエA9連覇を達成し、国内に敵なしという黄金期を作ったユベントス。しかし、2020-21シーズンに失速すると、今季も2年連続で4位に終わり、一時代の終焉を感じさせる。 現時点で、主将としてチームを牽引したイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニ(37)、クラブの象徴的存在だったアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(28)の退団が決定しているユベントス。これだけでも大きなトピックと言えるが、2選手以外にもクラブを離れる可能性がある選手がいるようだ。 『カルチョ・メルカート』によると、ブラジル代表のDFアレックス・サンドロ(31)とMFアルトゥール(25)、下部組織出身のイタリア代表FWモイゼ・ケアン(22)、そして、レンジャーズへレンタル移籍中のウェールズ代表MFアーロン・ラムジー(31)の4選手が余剰人員であるとされている。 これまでにアルトゥールとケアンに関しては、アーセナルのブラジル代表DFガブリエウ・マガリャンイス(24)の獲得にあたって交渉の一部に含まれていると報じられている。レンタル先のレンジャーズでも十分な出場機会に恵まれず、ヨーロッパリーグ(EL)決勝ではPK戦で唯一の失敗をしてしまったラムジーと共に、来シーズンの構想には入っていないと見られている。 また、2015年8月からユーベに在籍する古参組のアレックス・サンドロは長年にわたって主力として活躍し、今シーズンも28試合に出場し2アシストを記録。ブラジル代表としても36キャップを誇る左サイドバックだが、適切なオファーが届けば放出を容認する見込みとのことだ。 ユベントスは、来シーズンのスクデット奪還へ向け、大胆な血の入れ替えが不可欠と判断したのだろうか。かろうじてチャンピオンズリーグ(CL)出場権を確保するにとどまった今シーズンを終え、今夏の移籍市場では積極的な動きを見せることが予想される。 2022.05.24 18:49 Tue
twitterfacebook
thumb

キエッリーニ退団のユベントス、アーセナルのブラジル代表DF獲得に本腰か

ユベントスがアーセナルのブラジル代表DFガブリエウ・マガリャンイス(24)獲得に向けて、本格的に動き出したようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 2020年9月にリールからアーセナルへ加入したガブリエウはミケル・アルテタ監督からの信頼を掴むと、センターバックの主軸としてここまで公式戦通算70試合に出場。今季のプレミアリーグでも第4節からすべての試合に出場するなど、大きな存在感を放ったが、チームは終盤の失速で5位フィニッシュに終わり、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃している。 来シーズンもチームの主軸としての活躍が期待されるが、『ミラー』によると、ユベントスが獲得に動き出すようだ。2シーズン連続でスクデットを逃すことになったユベントスは長年にわたってチームを支えた元イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニ(37)が退団。クラブは守備陣の強化に迫られ、成長著しいセンターバックをスカッドに加えたい考えのようだ。 一方で、アーセナルは今夏に多くの補強を計画し、多額の資金を必要としているが、守備の柱となっているガブリエウの放出は考えていないという。ただし、CL出場を望む選手が移籍を希望すれば、状況が変わる可能性もありそうだ。 ユベントスはガブリエウ獲得を諦めるつもりはないとも報じられており、今夏の動向が注目されている。 2022.05.24 17:20 Tue
twitterfacebook
thumb

フランクフルトでEL優勝コスティッチは30歳目前でも今が旬、トッテナムに続いてユーベも獲得を狙う?

フランクフルトのヨーロッパリーグ(EL)優勝に大きく貢献したセルビア代表MFフィリップ・コスティッチ(29)。今年11月には30歳を迎えるコスティッチだが、選手としてはまさに今が旬。そんな彼にユベントスも関心を寄せているようだ。イタリア『カルチョ・メルカート』が報じている。 母国セルビアからオランダを経由し、ドイツへとやって来たのが2014年8月。シュツットガルトやハンブルガーSVを経て、2019-20シーズンからは、日本代表MF鎌田大地や元日本代表MF長谷部誠とともにフランクフルトでプレーしている。 今シーズンのブンデスリーガでは31試合4得点9アシストを記録したコスティッチだが、なんと言ってもELでの躍進は見逃せない。先日行われた決勝戦でもチームの同点弾をアシストするなど、クラブにとって前身のUEFAカップ時代以来42年振りとなるEL優勝の立役者となった。 そんなコスティッチに対し、ここ最近ではトッテナム移籍が盛んに報じられてきたが、『カルチョ・メルカート』によると、今シーズンのセリエAで4位に沈んだユベントスも獲得を目論んでいるとのことだ。 すでに、コスティッチと同様に左サイドを主戦場とするインテルのクロアチア代表MFイバン・ペリシッチ(33)や、パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア(34)の獲得が濃厚とされているユベントス。しかし、現有戦力であるイタリア代表FWフェデリコ・キエーザ(24)の離脱がもうしばらくかかる見込みであることから、今夏の移籍市場においてサイドアタッカーを少なくとも2枚確保したい考えとのことで、選択肢の1つとしてコスティッチに白羽の矢が立った模様だ。 今やヨーロッパ屈指のクロッサーとして評価されるコスティッチ。ユーベやトッテナムと同様に、フランクフルトも来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得しているわけだが、果たして、30歳を目前にして更なるステップアップとなるのだろうか。移籍市場の動向に注目だ。 2022.05.24 12:11 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly