ケルン、若手DF2選手の国外移籍が決定!

2022.01.19 23:33 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ケルンは18日、スペイン人DFホルヘ・メレ(24)がメキシコのクラブ・アメリカに完全移籍することを発表した。

なお、ケルンとメレは今シーズン終了までとなっていた現行契約を双方合意の下で解消しており、フリートランスファーでの移籍となる。

スポルティング・ヒホンでプロデビューを飾り、かつてはU-21スペイン代表の主力としても活躍したメレは2017年にケルンへ5年契約で加入。ここまでの在籍期間に公式戦96試合に出場していたが、ここ数シーズンは出場機会を減らしていた。

また、ケルンは同日、U-21ドイツ代表DFノア・カッターバッハ(20)がスイスのバーゼルに今シーズン終了までレンタル移籍することを発表した。

ケルンの下部組織出身のカッターバッハは、U-21ドイツ代表でもプレーする左サイドバックの逸材。2019-20シーズンにトップチームデビューを飾ると、ここまで公式戦45試合に出場。しかし、今シーズンのブンデスリーガの出場はわずかに1試合となっていた。


関連ニュース
thumb

ケルンがマインツからレンタル中の若手DFキリアンの買取OP行使! 今季主力CBとして活躍

ケルンは17日、マインツからレンタル移籍しているドイツ人DFルカ・キリアン(22)の買い取りオプションを行使したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までの3年となる。 ドルトムント下部組織出身のキリアンは、192㎝の長身を生かした対人守備が特徴で、各年代のドイツ代表にも選出されてきた将来有望なセンターバック。2020年夏にパーダーボルンからマインツに完全移籍したが、昨夏出場機会を求めてケルンへ買い取りオプション付きのレンタル移籍でケルンへ加入した。 今シーズンのケルンではブンデスリーガ30試合に出場し、レギュラーに定着。今年4月に行われたマインツとの古巣対戦では待望のブンデスリーガ初ゴールも挙げていた。 2022.05.18 00:48 Wed
twitterfacebook
thumb

「ワタルが決めてくれて良かった」土壇場で残留掴んだシュツットガルト指揮官が感激「言葉では言い表せない」

シュツットガルトのペッレグリノ・マタラッツォ監督が、土壇場での残留決定を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えた。 14日、ブンデスリーガ最終節が一斉開催で行われた。 シュツットガルトは、最終節の段階で16位とプレーオフ圏内に勝たなければ残留への道が開けないという状況の中、12分にササ・カライジッチのゴールで先制したものの、14分にアントニー・モデストのゴールでケルンに追いつかれる展開となる。 残留を争うヘルタ・ベルリンはアウェイでドルトムントに逆転負け。シュツットガルトは勝てば残留が決まる状況のんかあ、試合は1-1のまま後半アディショナルタイムに入った。 引き分けで終わるかと思われた中、アディショナルタイム2分、左CKからのクロスをニアに走り込んだ伊藤洋輝がフリック。すると、これに遠藤航がダイビングヘッドで合わせてまさかのゴール。ホームのスタンドも大盛り上がり、マタラッツォ監督も走り出して喜ぶなどし、そのまま2-1で勝利。日本人コンビの活躍でシュツットガルトが逆転残留を決めた。 土壇場での逆転残留にマタラッツォ監督も歓喜。チームとしてなんとしても残留するという気概を感じたとし、決勝ゴールを決めたキャプテンの遠藤を称えた。 「もっと上位に食い込むべきだった。そして、ウィンターブレイクからの立ち上がりがあまり良くなかった」 「ただ、どんな犠牲を払ってでも、試合に勝ちたいというチームの意志が明らかになった」 「2-1となったのは、常に自分たちを信じ、それを守ってきた人たちへのご褒美だった。シュツットガルトのファミリー全員にとって素晴らしい日 だ」 「勝利の瞬間は、言葉では言い表せない。それは純粋な感情だった」 「ワタルがゴールを決めてくれて良かった。チーム全体が喜んでいる」 「我々はシーズンを通して何度も何度も立ち上がる力があることを示し、今日それを達成した」 <span class="paragraph-title">【動画】監督も称賛した、遠藤航がチームを救った奇跡のダイビングヘッド!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="2Z7dbykCNLU";var video_start = 24;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.15 13:04 Sun
twitterfacebook
thumb

伊藤のお膳立てから遠藤が劇的AT弾!シュツットガルトが奇跡の逆転残留を決める!!《ブンデスリーガ》

シュツットガルトは14日、ブンデスリーガ最終節でケルンと対戦し2-1で勝利した。シュツットガルトのMF遠藤航はフル出場し92分に今季4ゴール目を記録、DF伊藤洋輝はフル出場している。 前節バイエルンに引き分けた16位シュツットガルト(勝ち点30)が、ホームに7位ケルン(勝ち点52)を迎えた一戦。シュツットガルトの遠藤と伊藤は共に先発に名を連ねている。 引き分け以上で自動降格圏外の16位以内が決定するシュツットガルトは、11分にロングボールに反応したトマスがボックス右でキリアンに倒されてPKを獲得。しかし、カライジッチのPKはGKシュワーブが左手一本で弾き出した。 先制を逃したシュツットガルトだったが、このプレーで獲得した右CKからヒューリッヒがクロスを供給すると、カライジッチがヘディングで叩き込んだ。 先制点で勢いづくシュツットガルトは、21分にもカライジッチがボックス右手前からコントロールショットを放ったが、これはGKシュワーブがセーブ。さらに31分と35分には、遠藤に決定機が訪れたが追加点には至らず。 ハーフタイムにかけては膠着状態が続いたが、シュツットガルトは前半アディショナルタイムにもキリアンのバックパスをカットしたトマスがチャンスを迎えたが、シュートはGKシュワーブのセーブに防がれた。 迎えた後半、シュツットガルトは58分にトマスとヒューリッヒを下げてE・トミーとマーモウシュを投入したが、直後に失点する。59分、左サイドのカインツがカットインからゴールへ向かうクロスを供給すると、GKミュラーのファンブルしたボールをモデストに頭で押し込まれた。 このまま試合終了かと思われたが、シュツットガルトは終了間際に2人の日本人選手がドラマを生む。92分、左CKをニアで伊藤がフリックすると、ファーサイドに走り込んだ遠藤がダイビングヘッドでゴールに叩き込んだ。 結局、試合はそのまま2-1でタイムアップ。残留を争っていたヘルタ・ベルリンが、ドルトムントに敗れたため、シュツットガルトが15位に浮上。大逆転でブンデス1部残留を決めた。 2022.05.15 00:35 Sun
twitterfacebook
thumb

ケルンの若手FWティールマンがじん帯損傷で最大10週間の離脱に

ケルンは11日、U-21ドイツ代表FWヤン・ティールマンが最終節を欠場することを発表した。 ティールマンは、7日に行われたブンデスリーガ第33節のヴォルフスブルク戦に先発出場すると、62分までプレーしたが、試合後の検査でじん帯の損傷が発覚した。 ケルンを率いるステッフェン・バウムガルト監督は、11日のトレーニング後のインタビューで「ヤンは8~10週間の離脱となり、新シーズンのDFBカップ初戦まで100%の状態で戻ってくることはないだろう」と、長期離脱になることを明かした。 ケルンの下部組織で育ったティールマンは、2019年にトップチームデビュー。今季はブンデスリーガ29試合に出場したうち、先発は10回のみとジョーカー的な役割が主だったが、公式戦31試合で3得点3アシストと活躍した。 2022.05.12 00:10 Thu
twitterfacebook
thumb

奥川フル出場のビーレフェルト、コストマン暫定監督の初陣を飾れずに8連敗…《ブンデスリーガ》

奥川雅也の所属するビーレフェルトは23日、ブンデスリーガ第31節でケルンと対戦し1-3で敗戦した。奥川はフル出場している。 20日にフランク・クラマー監督を解任しGKコーチを務めていたマルコ・コストマン氏を暫定監督に据えた17位のビーレフェルト(勝ち点26)が、2連勝中の7位ケルン(勝ち点46)のホームに乗り込んだ一戦。ビーレフェルトの奥川は[4-4-2]の左MFで2試合連続のスタメン出場となった。 7試合勝利のないビーレフェルトは、開始早々のに失点する。3分、敵陣でセカンドボールを拾ったカインツのパスを受けたヘクターがボックス右から折り返しを供給。中央で受けたウートが反転から素早く左足を振り抜くと、シュートがゴール左隅に決まった。 その後は一進一退の展開が続く中、34分にビーレフェルトは決定機を迎える。ハイプレスをかけたヴィマーがバックパスを受けたキリアンからボールを奪うと、ボックス左深くまで切り込みクロス。これがブロックに戻ったヒューバースのオウンゴールを誘い、試合を振り出しに戻した。 追いついたビーレフェルトだったが、43分に一瞬の隙をつかれる。ウートの右クロスをボックス中央左で受けたモデストがワントラップから右足を振り抜くと、ピーペルにディフレクトしたボールがゴール右に吸い込まれた。 再び追う展開となったビーレフェルトは、前半アディショナルタイム1分にヴィマーの右CKからファーサイドの奥川が右ボレーシュートを放ったが、これは相手GKの正面を突いた。 迎えた後半、1点を追うビーレフェルトは70分に左サイドで獲得したFKからヴィマーがクロスを送ると、ニアのギリェルメ・ラモスが合わせたバックヘッドが枠を捉えたが、これはGKシュワーブが弾き出した。 同点弾の遠いビーレフェルトは、77分にセッラとヴァシリアディスを下げてインスとハックを投入。すると、85分にゴール前に抜け出したインスに決定機が訪れたが、シュートはGKシュワーブがファインセーブ。 決定機を逃したビーレフェルトは、直後のにロングカウンターから失点する。86分、相手CKのこぼれ球を右サイドで拾ったエヒジブエが素早く前線へロングスルーパス供給すると、右サイドを抜け出したモデストがボックス右から侵入。GKを引きつけてから折り返し送ると、走りこんだティールマンがゴール右隅にシュートを突き刺した。 結局、試合はそのまま1-3でタイムアップ。ビーレフェルトはコストマン暫定監督の初陣を勝利で飾れず、8連敗となった。 2022.04.24 00:35 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly