CSKAモスクワ、リールのトルコ代表MFヤズジュを買い取りOP付きレンタルで獲得

2022.01.19 22:16 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
CSKAモスクワは19日、リールのトルコ代表MFユスフ・ヤズジュ(24)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したこを発表した。

2019年夏にトラブゾンシュポルからリールに加入した攻撃的MFのヤズジュは、加入初年度にヒザの前十字靭帯を断裂してシーズン後半を棒に振ったものの、昨季は主力として活躍。リーグ・アン32試合の出場で7ゴール4アシストを記録した。

しかし今季はジョスリン・グーヴェネック新監督の下で序列が低下。リーグ戦19試合(先発は5試合)の出場に留まっていた。


関連ニュース
thumb

元カメルーン代表DFシェジュが現役引退…リール時代に国内2冠に貢献

元カメルーン代表DFオーレリアン・シェジュ(36)が現役引退を発表した。 2021年1月にトルコのアダナ・デミルスポルを退団して以降、フリーが続いてたシェジュは自身の公式SNSを通じて現役引退を発表した。 フランスのポーでプロキャリアをスタートし、幾つかのフランスのクラブを経て2007年にリールに加入したシェジュ。加入2年目からセンターバックのレギュラーに定着すると、2010-11シーズンにはルディ・ガルシア監督の下でリーグ・アンとクープ・ドゥ・フランスの国内2冠に大きく貢献した。 その後、2013年にガラタサライに完全移籍すると、一時フランスのアミアンでプレーしたものの、イスタンブール・バシャクシェヒルやブルサスポル、アダナ・デミルスポルとトルコのクラブで活躍を続けていた。 2009年にデビューを飾ったカメルーン代表では通算49試合に出場。2010年南アフリカ大会、2014年ブラジル大会とワールドカップに2大会連続で出場していた。 2022.05.04 23:36 Wed
twitterfacebook
thumb

メガネはダメ! 数秒で2枚のイエローもらい退場、主審への抗議が仇に

リーグ・アンで珍事が起こった。 注目のシーンが生まれたのは1日に行われたリーグ・アン第35節のトロワvsリールの一戦だ。 わずかながら来シーズンのヨーロッパのコンペティション出場の可能性があったリールだが、この試合ではポルトガル代表MFレナト・サンチェスが退場処分を受けることとなった。 問題のシーンは50分。相手陣内のライン際でファウルを犯したレナト・サンチェスが抗議を続けると、ウィリー・デラホッド主審がイエローカードを提示する。 この判定に納得がいかなかったのか、レナト・サンチェスは抗議をしながら激しく何かを口に。そして、メガネや双眼鏡を示すようなジェスチャーを見せた途端、2枚目のイエローカードが提示され、退場となってしまった。 数秒の間で2枚のイエローカードを出されたレナト・サンチェス。退場になった瞬間、本人も何が起きたのかわからずその場にフリーズ。その後理解したのか、主審に詰め寄ると、眼鏡や双眼鏡を表すジェスチャーがダメだと言わんばかりに、主審も同じジェスチャーを取り退場とした。 しかし、『イレブン・スポーツ』によれば、レナト・サンチェスは、「よくみろ」という意味で行ったジェスチャーではなく、「よく見えてるな」という意味でやったのではないかと見解を示している。 いずれにしても、抗議が過ぎたことが退場につながってしまったわけだが、この試合ではトロワが3-0で勝利。その全てがPKによる得点だったということもあり、リール側としてはなんとも煮え切らない展開になったと言える試合だった。 <span class="paragraph-title">【動画】メガネはダメ! 数秒で2枚のイエローに呆然と立ち尽くす…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/CdDbXsNgmVU/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/CdDbXsNgmVU/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/CdDbXsNgmVU/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ELEVEN Portugal(@elevensportspt)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.05.02 21:25 Mon
twitterfacebook
thumb

ミラン行き濃厚のボトマンが今季限りのリール退団認める 「計画通りに進めば、そうなる」

ミラン行きが決定的とされるオランダ代表DFスヴェン・ボトマン(22)が今シーズン限りでのリール退団を認めた。フランス『レキップ』が伝えている。 今冬の移籍市場でニューカッスルから公式オファーが届き、今夏に向けても複数のビッグクラブの関心を集めるボトマン。しかし、ここ最近の報道ではミランが個人間、クラブ間の双方において合意を取り付けており、サンシーロ行きが既定路線と見られている。 その渦中の22歳DFは『レキップ』で今季限りのリール退団を認めている。 「(今冬の動きに関して)僕はその状況を受け入れた。退団のチャンスはあった。だけど、僕には初めて出場したチャンピオンズリーグの戦いも残っていたし、リーグ・アンでも良いポジションにいた。そして、オファーは再び戻ってくると思っていたんだ」 「(リールでの最後のシーズンになるか?)そうだね。計画通りに進めば、そうなるよ。でも、まずは今シーズンをできるだけ良い形で終えたい。クラブはそれに値する。その後は、どうなるかな。まだ何も決めていないよ」 移籍先に関して明言を避けたボトマンだが、やはりミラノ行きは濃厚な模様だ。 2022.05.01 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

リール、カナダ産の新星FWに68.8億円のプライスタグ

リールはカナダ代表FWジョナサン・デイビッド(22)を手放す用意があるようだ。 移籍金2700万ユーロ(現レートで約37億1000万円)でヘントから加入した昨季より抜群のスピードと得点能力を光らせ、チームの10年ぶりとなるリーグ・アン優勝に大きく貢献したデイビッド。今季もここまで公式戦17得点の活躍を披露している。 惜しくも2021年の北中米カリブ海連盟(CONCACAF)最優秀選手賞を逸したが、今やパリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペや、ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドに続くヤングスターとして名を轟す。 それ故にヨーロッパの複数クラブから関心が取り沙汰され、以前に代理人からも「今季が最後になるだろう」と移籍を示唆する発言が飛び出しているが、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏によると、リールも売却の意思があるという。 リールは今夏、すでに選手を売る用意があり、トップクラブの関心を集めるデイビッドもその1人に。カナダ代表を36年ぶりのワールドカップ出場に導いた22歳に対して、5000万ユーロ(約68億8000万円)前後のプライスタグをつけている模様だ。 2022.04.28 18:05 Thu
twitterfacebook
thumb

スパーズが今冬補強の優先事項に左利きCB! 4選手をリストアップ

トッテナムは今夏の移籍市場で左利きのセンターバック獲得を優先事項に定めたようだ。イギリス『The Athletic』が報じている。 現在、トッテナムでは左サイドバックを本職とするウェールズ代表DFベン・デイビスが3バックの左でプレー。直近のニューカッスル戦で久々のリーグ戦ゴールを挙げるなど、まずまずのパフォーマンスを見せている。 ただ、空中戦や対人守備においてクオリティを欠く部分もあり、アントニオ・コンテ監督は新たな左利きのセンターバックをクラブにリクエストしているようだ。 『The Athletic』によると、現在クラブは指揮官の古巣であるインテルのイタリア代表DFアレッサンドロ・バストーニ(22)、リールのオランダ代表DFスヴェン・ボトマン(22)、RBライプツィヒのクロアチア代表DFヨシュコ・グヴァルディオル(20)、フライブルクのドイツ代表DFニコ・シュロッターベック(22)の4選手をリストアップしているという。 バストーニに関してはその高いポテンシャルに加え、指揮官の戦術を理解しているという部分で理想的な補強と言われるが、インテルへのクラブ愛、高額な移籍金がネックとなる。 同じくボトマンに関しては今夏のミラン行きが有力視されている状況で、ここから状況を引っくり返すのは至難の業だ。 そうなると、より現実的なのはブンデスリーガでプレーするグヴァルディオルとシュロッターベック。両選手共に今シーズンの活躍によって国内外のビッグクラブの関心を集めているが、後者に関しては今夏のステップアップを希望しており、移籍金に関しても最も割安だ。 2022.04.08 00:02 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly