浦和のトップチーム関係者1名が新型コロナ陽性…キャンプには帯同しておらず

2022.01.19 20:01 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
浦和レッズは19日、トップチームの関係者1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。

クラブの発表によると、当該スタッフは19日にPCR検査を実施。陽性判定を受けた。また、鼻閉の症状があるとのことで、適切な対策の下で療養している。

なお、15日からのトップチームトレーニングには参加しておらず、大原サッカー場でも勤務はしていないとのことだ。

また、沖縄でのトレーニングキャンプにも帯同はしておらず、クラブ内にも濃厚接触者はいないとのことだ。


関連ニュース
thumb

PSGが7月にジャパンツアーを実施! 川崎F、浦和、G大阪と対戦!

パリ・サンジェルマン(PSG)は26日、7月にジャパンツアーを行うことを発表した。 今シーズンは10度目のリーグ・アン優勝を果たしたPSG。先日にはフランス代表FWキリアン・ムバッペが契約延長を果たすなど、スター選手たちが揃っている。 その他、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシやブラジル代表FWネイマール、スペイン代表DFセルヒオ・ラモス、ブラジル代表DFマルキーニョスなど、各国の代表選手が揃うチームが、Jリーグのクラブと対戦する。 今回は3試合を開催。7月20日の川崎フロンターレ(国立競技場)戦を皮切りに、23日に浦和レッズ(埼玉スタジアム2002)、25日にガンバ大阪(パナソニック スタジアム 吹田)と対戦する。 また、試合はTBS系列で全国放送されるほか、『Paravi』で独占放送される。 さらに、今回のツアー中は公開トレーニングセッションやファンとの交流、日本文化と触れ合う機会なども用意されている。 なお、今回のジャパンツアーのアンバサダーには、鈴鹿ポイントゲッターズの元日本代表FW三浦知良が就任。「とても光栄で、幸せに思います。日本にこれだけのビッグクラブが久しぶりに来日するので、このイベントにこういう形で参加できることを幸せに思いますし、光栄に思います」とコメントしている。 ◆ツアー日程 ▽7/20(水) 《19:30》 パリ・サンジェルマン vs 川崎フロンターレ [国立競技場] ▽7/23(土) 《19:00》 パリ・サンジェルマン vs 浦和レッズ [埼玉スタジアム2002] ▽7/25(月) 《19:00》 パリ・サンジェルマン vs ガンバ大阪 [パナソニック スタジアム 吹田] 2022.05.26 16:21 Thu
twitterfacebook
thumb

C大阪が2発快勝で今季初の連勝!! 浦和は7戦ドローから8試合ぶり黒星に…【明治安田J1第15節】

明治安田生命J1リーグ第15節、セレッソ大阪vs浦和レッズが25日にヨドコウ桜スタジアムで行われ、2-0でホームのC大阪が勝利を収めた。 大阪ダービーでガンバ大阪に快勝を収めたC大阪。今季初の連勝を目指す今節は、中3日の連戦の中でもスタメンの変更は鳥海から西尾の1枚にとどめた。 対照的に鹿島アントラーズと引き分け、J1最長タイとなる7試合連続ドローになった浦和は、明本、柴戸、伊藤、江坂に代わって大畑、小泉、平野、アレックス・シャルクを先発で起用。前節の3バックから4バックへ戻してゲームに臨んだ。 元大分トリニータの両キャプテン、清武と西川が抱擁を交わしてスタートした一戦は、C大阪が9分に毎熊のクロスからパトリッキがフィニッシュ。10分台には4つのCKを獲得するなど、攻勢を強める。 たが、決定的なシーンを作れずにいると、20分台は守勢の時間帯をしのいだ浦和が反撃を試みる。24分にはキム・ジンヒョンのパスが近くの小泉に当たると、こぼれ球をキャスパー・ユンカーがリターンし、小泉が無人のゴールへ流し込む。ただ、この場面はこぼれに反応したユンカーがオフサイドポジションと判断された。 浦和は2分後にもカウンターから決定機を迎え、右からのクロスをファーで受けたシャルクが逆サイドを狙ったが、右のポストに嫌われる。以降も両チームともフィニッシュシーンを作るものの、精度を欠いてゴールレスのまま前半を終えた。 ハーフタイムにはこの冬にC大阪からベルギーのKVオーステンデへ巣立った坂元達裕が凱旋の挨拶。これがホームチームへ勢いをもたらしたか、C大阪が先制点を挙げる。 62分、山中のクロスはブロックされてCKとなるも、オン・フィールド・レビューの結果、関根の手に当たっていたとしてC大阪にPKが与えられる。これを清武がGK西川の逆を突いて左隅に沈め、67分に試合を動かした。 追い掛ける展開となった浦和はすぐさま3枚替えで攻勢を強める。平野、関根、シャルクを下げ、柴戸、大久保、松尾を投入したが、ゴール前にボールを運びながらも、GKキム・ジンヒョンを脅かすには至らない。 焦りの見える浦和を後目に、C大阪は89分に追加点を奪取。西尾のロングフィードを北野が競ると、落ちたボールに加藤がショルツよりも一瞬早く反応する。持ち運んでスルーパスを送ると、ボックス右から毎熊が左隅に流し込んで勝負を決めた。 試合はこのままタイムアップを迎え、C大阪がホームで快勝。今季初の連勝を飾った。一方の浦和は7戦連続ドローから8試合ぶりの黒星を喫している。 セレッソ大阪 2-0 浦和レッズ 【C大阪】 清武弘嗣(後22) 毎熊晟矢(後44) 2022.05.25 21:08 Wed
twitterfacebook
thumb

日本人の躍動で成功したセルティック、今夏に獲得を目指すJリーガー5名! 補強ポイントは左SBと中盤か

欧州サッカーも続々とリーグ戦が終了。各リーグでの優勝クラブが決まり、選手たちもオフに入っている。 残す大きな試合は25日に行われるヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)のローマvsフェイエノールト、そして28日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)決勝のリバプールvsレアル・マドリーの2試合となった。 そんな中、日本でも話題を呼んだのがスコティッシュ・プレミアシップのセルティックだ。 今シーズンから横浜F・マリノスを率いて明治安田生命J1リーグの優勝も経験していたアンジェ・ポステコグルー監督が就任し、日本代表FW古橋亨梧(ヴィッセル神戸)が躍動。また、今年1月には日本代表FW前田大然(横浜FM)、MF旗手怜央(川崎フロンターレ)、MF井手口陽介(ガンバ大阪)と日本人が合計4名も在籍。それぞれが活躍し、52度目のリーグ制覇を達成していた。 スコットランドでも話題を呼んでいるセルティックだが、イギリス『デイリー・レコード』はこの成功を経て、再び日本人を獲得する動きを見せると報道。その候補選手を5名挙げている。 ◆屈指のチャンスメーカー MF森島司 所属:サンフレッチェ広島 生年月日:1997年4月25日(25) 今季Jリーグ成績:13試合4ゴール1アシスト 2016年2月に四日市中央工業高校から広島に入団した森島。プロ7年目を迎え、ここまで公式戦151試合に出場し16ゴール24アシストを記録している。 広島では10番を背負い、主にシャドーの位置でチャンスメイクを行う森島。世代別の日本代表も経験する中で、そのクリエイティブ能力は大きな評価を得ている。 日本代表としても2キャップを記録。持ち味である正確なキックではセットプレーも任されており、今シーズンはキャリアハイの数字を残す期待もかけられている。 <span class="paragraph-title">◆中盤を支えるコンダクター</span> <span data-other-div="page1"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/celtic20220524_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> MF伊藤敦樹 所属:浦和レッズ 生年月日:1998年8月11日(23) 今季Jリーグ成績:11試合出場 浦和レッズの下部組織で育った伊藤は流通経済大学を経て2021年2月に古巣である浦和へと復帰した。 浦和ではリカルド・ロドリゲス監督の下、ボランチのレギュラーとしてプロ1年目からプレーするとリーグ戦36試合に出場し1ゴール1アシストを記録。今シーズンもリーグ戦で11試合、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)では4試合に出場し1アシストを記録していた。 セルティックはオーストラリア代表MFトーマス・ロギッチ(29)、イスラエル代表MFニル・ビトン(30)が退団。中盤の選手が手薄となっており、チームとしては補強ポイントとなっている。 創造性という点では足りない部分はあるものの、ゲームメイクという点、ポジショニングという点では長けているものもあり、年齢を考えても貴重な戦力になると見られている。 <span class="paragraph-title">◆超ユーティリティプレーヤー</span> <span data-other-div="page2"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/celtic20220524_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©J.LEAGUE<hr></div> MF明本考浩 所属:浦和レッズ 生年月日:1998年1月31日(24) 今季Jリーグ成績:13試合2アシスト セルティックの補強ポイントでもある左サイドバック。ポステコグルー監督は常にそのポイントを挙げてきていた。 冬には旗手を獲得したが、インサイドハーフでの起用となり、左サイドバックでプレーすることはない。そんな中で旗手同様にユーティリティ性に長けているのが明本だ。 栃木SCから2021年1月に浦和に加入した明本は、サイドバック、サイドハーフ、さらにはトップやシャドーでもプレーしている。 超ユーティリティな明本だが、セルティックとしては左サイドバックのバックアップとしても考えられる点で興味を持っているようだ。 また、豊富な運動量と攻撃性能の高さはポステコグルー監督のスタイルにもあっており、補強のポイントに合致している。 <span class="paragraph-title">◆システムに縛られない左サイドバック</span> <span data-other-div="page3"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/celtic20220524_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©J.LEAGUE<hr></div> DF黒川圭介 所属:ガンバ大阪 生年月日:1997年4月13日(25) 今季Jリーグ成績:13試合1ゴール 左サイドバックの候補として上がるのはG大阪の黒川だ。2020年2月に関西大学から入団し、ここまで公式戦53試合に出場し1ゴール2アシストを記録している。 右でもプレーできる黒川だが、左サイドバックだけでなく、ウイングバックでもプレー。4バック、3バックとシステムを選ばないプレースタイルは注目を集めている。 まだまだ発展途上の選手ではあるが、両サイドができることも魅力の1つ。原石ではあるが、ポステコグルー監督が磨き上げる可能性もある。 <span class="paragraph-title">◆日本代表クラスの左サイドバック</span> <span data-other-div="page4"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/celtic20220524_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©J.LEAGUE<hr></div> DF小川諒也 所属:FC東京 生年月日:1996年11月24日(25) 今季Jリーグ成績:11試合出場 2015年2月に流通経済大学柏高校からFC東京に入団した小川。攻撃力を持つ左サイドバックとして大きな期待が寄せられていた。 ここまで公式戦で170試合に出場し4ゴール14アシストを記録。左足のキックは精度が高く、セットプレーのキッカーも務めている。 日本代表にも選ばれている小川は、中盤や左サイドバック、センターバックでもプレーが可能。182cmの上背があるが、サイドバックとして考えられていると見られている。 2022.05.24 12:48 Tue
twitterfacebook
thumb

浦和が鹿島と引き分け7戦連続ドロー、互いに攻め合うも決勝点は生まれず【明治安田J1第14節】

明治安田生命J1リーグ第14節、浦和レッズvs鹿島アントラーズが21日に埼玉スタジアム2002で行われ、1-1のドローに終わった。 16位に沈む浦和と2位につける鹿島という対照的な両チーム。浦和は3点のビハインドから追い付いた18日の横浜F・マリノス戦を含め、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)を挟んで6戦引き分け中だ。ホーム3連戦のラストとなる今節は横浜FM戦からスタメンを4人変更し、3バック+3センターハーフの形で臨んだ。 一方の鹿島はミッドウィークのYBCルヴァンカップでターンオーバーを決行済み。今節は4-1と大勝を収めた1週間前の前節の北海道コンサドーレ札幌戦と同じ11人を並べた。 その中でもスタメンが続く上田はいきなり先制点に絡む。6分、敵陣左サイドでボールを持った鈴木が逆サイドへ大きく展開すると、和泉がコントロールからラストパスを供給。守備陣のギャップで受けた上田がカバーに来た岩波をかわしてペナルティアーク内から右足を振り抜くと、GK西川が弾いたボールをアルトゥール・カイキが蹴り込んでネットを揺らした。 またも立ち上がりに失点を喫し、出端をくじかれた浦和は18分に岩尾の左CKから柴戸がヘディングシュート。対する鹿島も25分、ロングボールのクリアを拾った鈴木がボックス手前左から狙うも枠を捉えられなかった。 26分には浦和が厚みのある攻撃を披露する。ユンカーのポストワークから関根が狙えば、ブロックされてのセカンドボールを拾ってつなぎ、今度は右クロスからユンカーが自ら頭で狙った。 左の一番深い位置を取った明本が折り返すと、オン・フィールド・レビューの結果、西村主審はクロスが関川の腕に当たったとして浦和にPKを与える。ショルツは短い助走からGKクォン・スンテに読まれながらも左隅に沈め、44分に試合を振り出しに戻した。 同点で試合を折り返し、両チームともに交代はなしのまま後半戦がスタート。鹿島は55分にCKから樋口のキックをニアでカイキが合わせてゴールを脅かす。 その5分後には、鈴木が高い位置で明本からボールを奪うと、自らボックス右へ侵入して折り返し。上田に通れば1点というシーンだったが、岩波がクロスをカットする。さらに68分には常本のクロスに対し、ショルツの前に入った上田が頭で合わせるも、GK西川の守備範囲だった。 危ないシーンが続いた浦和は70分、明本がファウルを受けて左サイドの深い位置でFKを得ると、岩尾のキックをニアで明本がそらしてネットを揺らす。だが、その手前で岩波による常本へのプッシングがあったとして、ゴールは認められなかった。 75分には鹿島にまたしても決定機が訪れる。右サイドの常本から斜めのパスを受けた和泉は、追い越す動きを囮にしてターンし、ボックス手前へ走り込んだ上田へパスを送ると、DFとの競り合いからつぶれてこぼれたボールがカイキのもとへ。正面が開けた状況となり、右足を振り抜いたが、GK西川のビッグセーブに阻まれた。 88分にはキム・ミンテの投入に伴い、右のサイドハーフへ移った樋口がボックス右へ侵入。切り返しでDFをかわして左足で狙うが、GK西川の正面を突いた。 ホームで意地を見せたい浦和は92分、松尾がボックス左へ侵入する。一度は関川に対応されるも、ボールを奪い返して角度のない位置からそのままシュート。だが、GKクォン・スンテが体を張って死守した。 目安の3分が過ぎた95分には岩尾のミドルがクロスバーをたたき、波状攻撃からユンカーにもチャンスが訪れたがゴールは割れず。最終盤まで互いに攻め合いながらも、勝ち越しゴールは生まれずにタイムアップを迎え、熱戦は決着つかぬまま、勝ち点「1」を分け合う形となった。 浦和レッズ 1-1 鹿島アントラーズ 【浦和】 アレクサンダー・ショルツ(前44) 【鹿島】 アルトゥール・カイキ(前6) 2022.05.21 19:12 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第14節:浦和vs鹿島】互いに結果を残すストライカーたち、ゴールを奪うのは!?

【明治安田生命J1リーグ第14節】 2022年5月21日(土) 17:00キックオフ 浦和レッズ(15位/13pt) vs 鹿島アントラーズ(2位/28pt) [埼玉スタジアム2002] ◆前節の後半を思い出せ【浦和レッズ】 ミッドウィークの前節は横浜F・マリノスをホームに迎えての一戦。前半だけで3失点を喫し、最悪のゲームになることが予想された中、キャスパー・ユンカーが奮起。後半だけでハットトリックを決め、3点差を追いついて引き分けとなった。 チームとしてはリーグ戦6試合連続ドロー、勝利が遠いという喜ばしい事態ではないが、得点力不足に悩み、3点ビハインドという最悪の事態からのバウンスバックは一定の安堵感をもたらせたと言えるだろう。 ただ、課題はもちろん山積。今節の相手である鹿島も、横浜FMに匹敵する破壊力を持つチーム。得点ランキングトップの上田綺世や鈴木優磨をどう押さえるか、守備陣は引き続き対応が問われることとなる。 また、攻撃陣もユンカーの復調は喜ばしいことだが、そこに頼り切りにならないことが重要。裏を狙いながらも、違う手を用意して鹿島を攻略したい。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:西川周作 DF:馬渡和彰、岩波拓也、アレクサンダー・ショルツ、明本考浩 MF:平野佑一、柴戸海 MF:ダヴィド・モーベルグ、小泉佳穂、松尾佑介 FW:キャスパー・ユンカー 監督:リカルド・ロドリゲス ◆好調攻撃陣が再び火を吹く!?【鹿島アントラーズ】 アウェイでのサンフレッチェ広島戦で3-0と大敗を喫していた鹿島だったが、前節はホームに北海道コンサドーレ札幌を迎えて4-1と快勝。力をつけていることを証明した。 ミッドウィークのYBCルヴァンカップもガンバ大阪を相手にアウェイで1-3で勝利。チームとしては2位に転落したが、前を向いて戦うだけだろう。 アウェイ連戦となりコンディションも気になるところだが、ルヴァンカップでは一部の選手を休ませることができたことは大きいと言える。 上田、鈴木の2トップがどのようなパフォーマンスを見せるのか。中盤からの組み立ても含め、札幌戦では様々な形でゴールを奪ったが、浦和相手に力の差を見せつけたいところだろう。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:クォン・スンテ DF:常本佳吾、関川郁万、三竿健斗、安西幸輝 MF:樋口雄太 MF:和泉竜司、ディエゴ・ピトゥカ、アルトゥール・カイキ FW:上田綺世、鈴木優磨 監督:レネ・ヴァイラー 2022.05.21 12:18 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly