ACL2022のグループ組み合わせが決定! 川崎Fは広州FCやマレーシア8連覇中のジョホール・ダルル・タクジムと同居

2022.01.17 17:25 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2022のグループステージ組み合わせが決定した。日本から参戦する各クラブが17日に発表している。

J1王者の川崎フロンターレはグループIに振り分けられた。2度のACL優勝歴を持つ広州FCやマレーシアでリーグ8連覇中のジョホール・ダルル・タクジムが同居する。残り1チームはプレーオフの蔚山現代(韓国)vsポートFC(タイ)の勝者となる。

J1・2位の横浜F・マリノスはグループHに。Kリーグ5連覇中で3度目のACL制覇を目指す全北現代モータースが最大のライバルとなる。ベトナムから参戦のホアンアイン・ザライは、2021シーズンは新型コロナウイルスの影響で国内リーグが中止となった中、12試合終了時点での順位が適用され、1位でACL出場権を獲得。16年ぶりの舞台となった。グループI同様、プレーオフ勝者枠が設けられている。

天皇杯王者として参戦する浦和レッズはグループFに入り、中国王者の山東泰山やシンガポール王者のライオン・シティ・セーラーズと同居。大邱FC(韓国)とブリーラム・ユナイテッド(タイ)が残り1枠をかけてプレーオフを戦う。

そして、J1・3位のヴィッセル神戸はプレーオフからの参戦。勝ち上がった場合、2020年大会のベスト16で対戦した上海海港や、タイのチェンライ・ユナイテッド、香港の傑志が所属するグループJに組み込まれる。

2022年はカタール・ワールドカップ(W杯)が冬に開催されることで、各国リーグの日程も変化しており、その影響で今大会は2022年と2023年を跨いで開催されうことに。また、日本が含まれる東地区と西地区ではスケジュールが異なり、東地区はグループステージが4月15日から5月1日にセントラル開催される。

◆ACL東地区グループステージ組み合わせ
【グループF】
山東泰山(中国)
浦和レッズ
ライオン・シティ・セーラーズ(シンガポール)
プレーオフ勝者4

【グループG】
BGパトゥム・ユナイテッド(タイ)
全南ドラゴンズ(韓国)
ユナイテッド・シティ(フィリピン)
メルボルン・シティ(オーストラリア)

【グループH】
全北現代モータース(韓国)
横浜F・マリノス
ホアンアイン・ザライ(ベトナム)
プレーオフ勝者1

【グループI】
川崎フロンターレ
広州FC(中国)
ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)
プレーオフ勝者3

【グループJ】
上海海港(中国)
チェンライ・ユナイテッド(タイ)
傑志(香港)
プレーオフ勝者2


関連ニュース
thumb

「右腕1本で制する家長」自分よりも大きい福岡フアンマ相手にも “奪われない”家長昭博のボールキープに感嘆の声「ボール持ってる時の落ち着き方異常」

川崎フロンターレのMF家長昭博の余裕あるプレーがファンを沸かせている。 川崎Fは14日、明治安田生命J1リーグ第13節でアビスパ福岡と対戦。ホームで1カ月ぶりの試合に臨み、2-0で快勝した。この試合に先発した家長は、ゴールに絡むことはなかったものの随所で持ち前のボールキープ力を発揮した。 福岡戦の1日後、川崎Fの公式ツイッターは、「昨日の試合での『これぞ家長! 』というプレーをまとめてみました!それにしてもアキ、落ち着いていますね」としながら家長のプレー集を掲載。その落ち着きぶりにファンからも脚光が集まった。 動画では、相手のクロスを自陣ボックス内で左足アウトでトラップしたシーンや、福岡のFWフアンマ・デルガドに強くプレッシャーをかけられながらも右腕1本で制してしまうシーン、さらには自陣深くの危険な位置にもかかわらず、全く焦ることなく相手を交わして前線へと運んでいく家長のらしさ溢れるプレーが収められている。 「本当に上手い」、「天才」、「ボール持ってる時の落ち着き方異常」、「右腕1本でファンマを制する家長」、といったコメントのほか、解説を務めた福田正博氏が家長の凄さに思わず笑いをこぼした瞬間に着目し、「福田さん笑っちゃってるし」などの反応が寄せられている。 昨シーズンまで2年連続でJリーグのベストイレブンに選ばれている家長。今シーズンも3連覇を目指す王者川崎Fに欠かせぬ存在として輝きを放っている。 <span class="paragraph-title">【動画】家長が大柄なファンマを右腕1本で制する</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">昨日の試合での「これぞ家長!」というプレーをまとめてみました!<br><br>それにしてもアキ、落ち着いていますね。<br><br>【広報】<a href="https://twitter.com/hashtag/frontale?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#frontale</a> <a href="https://t.co/VGtD6tzvhv">pic.twitter.com/VGtD6tzvhv</a></p>&mdash; 川崎フロンターレ (@frontale_staff) <a href="https://twitter.com/frontale_staff/status/1525784390080507904?ref_src=twsrc%5Etfw">May 15, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.16 20:15 Mon
twitterfacebook
thumb

「こう言うのが観たくて等々力に行く」光る川崎Fの先制点、デザインされたプレーに「何度観ても良いですね」

川崎フロンターレが本拠地・等々力陸上競技場で見事な連携からゴールを奪った。 川崎Fは13日、明治安田生命J1リーグ第13節でアビスパ福岡とホームで対戦した。 失意のグループステージ敗退となったAFCチャンピオンズリーグ(ACL)を挟み、およそ1カ月ぶりとなる等々力陸上競技場でのゲーム。主導権を握った川崎Fは、セットプレーから試合動かした。 55分、右サイド敵陣深い位置でのスローインを得ると、家長昭博のスローをボックス右でレアンドロ・ダミアンが収めてツータッチでシンプルにはたく。ボックス手前で右から中へスライドする山根視来が受けると、素早くボックス中央に縦パスを入れ、最後は待ち構えていた遠野大弥がダイレクトで流し込んだ。 見事な連携や意表を突いたポジショニングから生まれたゴールをJリーグ公式もピックアップ。ファンからも「何度観ても良いですねぇ」、「スローインからダミアンへは明らかに狙っていた」、「家長スローインも上手いのなんなん」、「こう言うのが観たくて等々力に行くわけです」、「遠野さん、古巣なのに容赦ないね」といった、感嘆の声が上がっている。 古巣から奪った遠野の今季初ゴールで先制した川崎Fは、4分後に車屋紳太郎が追加点を奪い、2-0で快勝。ホーム・等々力で貫禄の試合運びを見せた。 <span class="paragraph-title">【動画】スローインを起点に見事な連携、川崎Fの福岡戦先制ゴール(2:15~)</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="h_gtsKhHf6U";var video_start = 135;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.15 16:22 Sun
twitterfacebook
thumb

川崎F、古巣戦遠野のゴールなどで福岡に完勝! 1カ月ぶりの等々力でリーグ戦3連勝【明治安田J1第13節】

明治安田生命J1リーグ第13節、川崎フロンターレvsアビスパ福岡が14日に等々力陸上競技場で行われ、2-0で川崎Fが勝利した。 2位の川崎F(勝ち点23)と11位の福岡(勝ち点15)の一戦。AFCチャンピオンズリーグで失意のグループステージ敗退を喫した川崎Fは、前節は1カ月ぶりのリーグ戦で清水エスパルスに快勝を収めた。今節のスタメンは同じ11人を組んでいる。 一方の福岡は、ここ4試合で2勝2分けと好調。ただ、前節はここまで1勝の湘南ベルマーレ相手にゴールレスの引き分けに終わっており、今節はその一戦からスタメンを5人変更している。 立ち上がりは1カ月ぶりの等々力での試合となる川崎Fが予想通り主導権を握る展開に。7割のポゼッション率で相手を押し込んでいく。しかし、その余裕が命取りに。14分、GKチョン・ソンリョンもビルドアップに絡んだところ、パスをクルークスに奪われ大ピンチに見舞われる。ここはGK自ら距離を詰めてボールをクリア。事なきを得たものの、王者は肝を冷やした瞬間だった。 だが、その後は気を取り直したホームチームが一方的な展開を見せる。まずは16分、ボックス右に侵入した脇坂の鋭いグラウンダーのクロスにマルシーニョが飛び込む好機を演出。32分には敵陣左サイド中央の位置でFKを獲得すると、脇坂のクロスから谷口がヘディングシュートを見舞う。 39分には遠野のミドルシュート、続く40分には佐々木のシュートが飛び出すが、どちらもDFにブロックされて枠に飛ばせず。試合は0-0で折り返すことになった。 後半から福岡はフアンマ・デガルドに代えてルキアンを投入。すると早速、ルキアンが起点となってチャンスを演出。アウェイチームも後半から仕切り直す。 しかし、そうは問屋が卸さない。試合巧者の川崎Fは55分、敵陣深い位置でのスローインをボックス右のレアンドロ・ダミアンがツータッチで叩くと、ボールはボックス手前で右から中へスライドする山根の下へ。山根は素早くボックス中央に縦パスを入れ、最後は待ち構えていた遠野がダイレクトで流し込んだ。 ようやく先制点が生まれた王者。さらにその4分後、右CKのシーンで脇坂の右足でクロスを車屋が頭で合わせて追加点。車屋の今季初ゴールでリードを広げた。 一気に突き放された福岡。67分の右CKでクルークスのクロスをファーサイドでドウグラス・グローリが折り返し、最後は奈良が合わせたが、GKチョン・ソンリョンの好セーブに遭った。 その後は互いに選手を入れ替えながら試合を進めていく。その中で川崎Fは3点目こそ奪えないながらも、福岡を全く寄せつけない試合運びで危なげなく逃げ切り。リーグ戦3連勝を収めた。 川崎フロンターレ 2-0 アビスパ福岡 【川崎F】 遠野大弥(後10) 車屋紳太郎(後14) 2022.05.14 17:59 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第13節:川崎Fvs福岡】強い川崎Fをホームで見せられるか、福岡はどうボールを奪う

【明治安田生命J1リーグ第13節】 2022年5月14日(土) 16:00キックオフ 川崎フロンターレ(2位/23pt) vs アビスパ福岡(11位/15pt) [等々力陸上競技場] ◆強い川崎Fをホームで見せつけろ【川崎フロンターレ】 Jリーグ勢唯一となるACLでの敗退を受け、失意の中で迎えた前節は、アウェイで清水エスパルスに0-2で快勝を収めた。 ここまで数字を残せていなかった脇坂泰斗が1ゴール1アシストと攻撃を牽引。改めてリーグ3連覇を目指すリスタートの試合を飾った。 今節はホームでの1カ月ぶりの試合に。強い川崎Fを多くのファンの前で再び示すチャンスが巡ってきた。 清水戦では甲種に渡り圧倒し、その強さを見せつけた。コンディション面も問題はなさそうで、あとは相手のコレクティブな守備をどう崩すのか。川崎Fらしさを見せつけるにはうってつけの相手。しっかりと連動した崩しで、大量ゴールを目指したい。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:チョン・ソンリョン DF:山根視来、谷口彰悟、車屋紳太郎、佐々木旭 MF:脇坂泰斗、橘田健人、遠野大弥 FW:家長昭博、レアンドロ・ダミアン、マルシーニョ 監督:鬼木達 ◆どのようにボールを奪い切るか【アビスパ福岡】 前節はアウェイでの湘南ベルマーレ戦でゴールレスドロー。堅守を見せたものの、攻撃面の課題が浮き彫りとなった。 しっかりと引いてブロックを作る相手に対し、崩し切る力はまだ備わっていない。一方で、しっかりと守り抜くという力は見せつけた試合となった。 今節の相手は攻撃力に秀でる川崎F。ここまで7失点しかしていない堅守を見せつけることができるかが注目だ。 ポゼッションは川崎Fになるが、そのボールをどう奪いにいくのか。行き過ぎてひっくり返されず、しっかりと奪い切る守備を見せたいところだ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:村上昌謙 DF:前嶋洋太、奈良竜樹、宮大樹、志知孝明 MF:ジョルディ・クルークス、前寛之、中村駿、田中達也 FW:フアンマ・デルガド、山岸祐也 監督:長谷部茂利 2022.05.14 13:22 Sat
twitterfacebook
thumb

「正統な14番になった」MVP級の活躍を見せた脇坂泰斗へ集まる賛辞「川崎が勝つ時は14番が調子いい時」

川崎フロンターレの日本代表MF脇坂泰斗は、新たなバンディエラへと昇華するだろうか。 川崎Fは7日、明治安田生命J1リーグ第12節、アウェイでの清水エスパルス戦に臨んだ。 失意のグループステージ敗退に終わったAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の戦いから戻り、リーグ3連覇へ向けての切り替えとなる重要な一戦。右のインサイドハーフで先発した背番号「14」がハイパフォーマンスを披露し、勝ち点「3」を手繰り寄せた。 14分、レアンドロ・ダミアンのチェストパスをバイタルエリア右で受けた脇坂は、ダイレクトで叩いてボックス右に。キープに入った家長の落としに右足ダイレクトで合わせ、豪快にネットを揺らした。 今季J1初ゴールとなった脇坂。サポーターからも「脇坂うますぎてよだれ出ちゃう」、「脇坂のゴールもすごいんだけどダミアンの落としが完璧すぎる」、「脇坂は正統な14番になった」、「14番が調子いい時は川崎が勝つ時。川崎が勝つ時は14番が調子いい時」などの声が届けられている。 脇坂は32分にもマルシーニョのヘディングをお膳立てし、この日1得点1アシストの大活躍で2-0の勝利に貢献。すでに十分なクオリティを備えているが、さらなる飛躍が期待される。 <span class="paragraph-title">【動画】見事な連携からニアをぶち抜いた脇坂の先制ゴール(1:10~)</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="gMjBglFRm1w";var video_start = 70;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.08 21:34 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly