コロナ感染のメッシ、妻との団らん2ショットで回復報告!「早く戻ってきて」の声

2022.01.14 12:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
新型コロナウイルスに感染したパリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが回復したことを報告した。

ウィンターブレイク期間に母国アルゼンチンに帰郷していたメッシだが、3日に新型コロナウイルス感染が発覚。その後、PCR検査で陰性と判定され、パリへと戻っているメッシだが、9日に行われたリーグ・アン第20節のリヨン戦は欠場していた。

そのメッシは13日、自身のインスタグラムを更新。妻のアントネラ・ロクソさんと自宅でリラックスしているツーショットを添えて、現状を伝えた。

「こんにちは!ご存知の通り、僕はCOVIDを発症してしまった。いただいたたくさんのメッセージに感謝している。治るのに思ったより時間がかかってしまったけど、ほぼ回復したので、コートに戻るのを楽しみにしているということを伝えたい。直近では、100%の力を発揮するためにトレーニングに臨んでいる」

「今年はとても素晴らしいチャレンジが待っているし、またすぐにお会いできることを祈っている。いつもありがとう」

投稿には、回復を願うファンからも「回復をお祈りしています」、「早く戻ってきて」、「がんばれレオ」といったコメントが寄せられている。

メッシの復帰が待たれるなか、PSGは15日にリーグ第21節でスタッド・ブレストをホームに迎える。



1 2

関連ニュース
thumb

PSGが7月にジャパンツアーを実施! 川崎F、浦和、G大阪と対戦!

パリ・サンジェルマン(PSG)は26日、7月にジャパンツアーを行うことを発表した。 今シーズンは10度目のリーグ・アン優勝を果たしたPSG。先日にはフランス代表FWキリアン・ムバッペが契約延長を果たすなど、スター選手たちが揃っている。 その他、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシやブラジル代表FWネイマール、スペイン代表DFセルヒオ・ラモス、ブラジル代表DFマルキーニョスなど、各国の代表選手が揃うチームが、Jリーグのクラブと対戦する。 今回は3試合を開催。7月20日の川崎フロンターレ(国立競技場)戦を皮切りに、23日に浦和レッズ(埼玉スタジアム2002)、25日にガンバ大阪(パナソニック スタジアム 吹田)と対戦する。 また、試合はTBS系列で全国放送されるほか、『Paravi』で独占放送される。 さらに、今回のツアー中は公開トレーニングセッションやファンとの交流、日本文化と触れ合う機会なども用意されている。 なお、今回のジャパンツアーのアンバサダーには、鈴鹿ポイントゲッターズの元日本代表FW三浦知良が就任。「とても光栄で、幸せに思います。日本にこれだけのビッグクラブが久しぶりに来日するので、このイベントにこういう形で参加できることを幸せに思いますし、光栄に思います」とコメントしている。 ◆ツアー日程 ▽7/20(水) 《19:30》 パリ・サンジェルマン vs 川崎フロンターレ [国立競技場] ▽7/23(土) 《19:00》 パリ・サンジェルマン vs 浦和レッズ [埼玉スタジアム2002] ▽7/25(月) 《19:00》 パリ・サンジェルマン vs ガンバ大阪 [パナソニック スタジアム 吹田] 2022.05.26 16:21 Thu
twitterfacebook
thumb

”ワンクラブマン”のトッティ、ムバッペのPSG残留を称賛「心からの選択」

元イタリア代表のフランチェスコ・トッティ氏が、パリ・サンジェルマン(PSG)残留を決めたフランス代表FWキリアン・ムバッペを称賛している。 PSGとの契約が切れる今夏のレアル・マドリー移籍が取り沙汰されながらも、最終的に残留を決断したムバッペ。すでに個人間合意に至っていたという情報が出回っていたため、まさに急転直下の展開に。 賛否両論ある中、トッティ氏はムバッペの選択を称賛。フランス『RMC Sport』のインタビューの中で、自身もかつてマドリーのオファーを断り、24年にわたるキャリアでローマ一筋を貫いた立場から持論を述べた。 「それは心で決めたことなのだろう。私は称賛するよ。レアル・マドリーからのオファーを断るのは簡単なことじゃない。私も20年前にローマに残るため同じ決断をした」 「ムバッペは若いにもかかわらず、正しい決断をしたと思う。ルーツが最も重要なのだ。彼は賢明にパリに留まるという選択をした。私はそれが正しいことだったと思うよ」 2022.05.26 16:13 Thu
twitterfacebook
thumb

「PSGに残りたいよ」放出容認の報道も出たネイマールがクラブへの想いを明かす

去就が騒がれているパリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマール(30)が、自身の想いを語った。 2017年8月、2億2200万ユーロ(約302億円)でバルセロナからPSGへと移籍したネイマール。5シーズンを過ごし、公式戦144試合で100ゴール60アシストを記録している。 クラブ悲願のチャンピオンズリーグ(CL)制覇こそ成し遂げられていないものの、リーグ・アンで4度、クープ・ドゥ・フランスで3度の優勝を経験し、PSGの成功に貢献している。 2021年にはクラブとの契約を2025年夏まで延長したネイマールだったが、今シーズンはケガの影響もあり離脱期間が長く、公式戦28試合で13ゴール8アシストに終わっていた。 レアル・マドリーへと移籍すると思われていたフランス代表FWキリアン・ムバッペが電撃的にクラブと契約延長をした一方で、ネイマールに関してはクラブが放出を容認するという報道が飛び交っている。 しかし、ネイマール自身はそのことは聞いていないとし、自身のクラブへの思いを『Oh My Goal』で語った。 「本当のことを言えば僕はPSGに残りたいよ」 「これまでにそのようなことは誰からも聞いことがないね」 「でも、僕の考えでは、クラブに留まりたいと思っているよ」 ムバッペ、そしてアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとのトリオは来シーズンも継続できると思われるが、自身の価値をピッチでしっかりと表現できるかは重要になりそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】ネイマールがPSG残留希望を語る</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Neymar responds to rumors that he could be leaving PSG <a href="https://t.co/cmuCIs7wIW">pic.twitter.com/cmuCIs7wIW</a></p>&mdash; Oh My Goal (@OhMyGoalUS) <a href="https://twitter.com/OhMyGoalUS/status/1529463103498461186?ref_src=twsrc%5Etfw">May 25, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.26 09:25 Thu
twitterfacebook
thumb

ムバッペの“破格条件”での契約延長、バルサ会長も「市場を歪める」と非難

バルセロナのジョアン・ラポルタ会長は、フランス代表FWキリアン・ムバッペの新たな契約内容に批判の声を挙げた。スペイン『マルカ』が伝えている。 今夏にパリ・サンジェルマン(PSG)との契約切れが迫まったことで、レアル・マドリー移籍が取り沙汰されたムバッペ。マドリーとは相思相愛と言われ、移籍の線が強かったが、21日にPSGと2025年までの新契約を結び、急転直下の残留が決定した。 マドリーからのオファーを固辞したムバッペは、正確な数字は発表されていないものの、年俸5000万ユーロ(約67億5000万円)、ボーナス1億3000万ユーロ(約175億円)、肖像権100%という条件での契約延長となった模様。これはチームメイトであるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシや、マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドをはるかに上回り、サッカー史上最高額となることは間違いないと見られている。 そうした破格の契約内容について、スペイン『L'Esportiu』のインタビューで言及したのが、ムバッペに裏切られた形となったマドリーのライバルである、バルセロナのラポルタ会長。健全な取引の重要性を強調しつつ、カタール資本のPSGのような“国家クラブ”を非難した。 「この取引は市場を歪める。選手たちが金で支配されてしまったら終わりだ。これは国家を後ろ盾にしているクラブによる影響であり、EUのあらゆる原則に反している。ヨーロッパにおけるサッカーの将来を考えなければならない」 「PSGやマンチェスター・シティ、そしてこれから生まれるであろう国家クラブによって市場は混乱する。彼らが何者であるかは明らかだ。これでは、我々のような会員制のクラブの経営は難しくなる」 2022.05.25 22:43 Wed
twitterfacebook
thumb

モドリッチ、ムバッペ獲得ならずも「ここには将来、スターになれる選手がいる」

フランス代表FWキリアン・ムバッペの獲得を寸前で逃したレアル・マドリーだが、クロアチア代表MFルカ・モドリッチに驚きはなかったようだ。 今夏にパリ・サンジェルマン(PSG)との契約切れが迫まったことで、マドリー移籍が取り沙汰されたムバッペ。選手とクラブの関係は相思相愛とも言われ、加入は確実と伝えられていた。 しかし、21日にPSGによって発表されたのは、ムバッペとの2025年までの新契約締結。急転直下の残留が決定し、マドリー側は裏切られる形となった。 ムバッペの選択が大きな物議をかもす中、マドリーの中盤の要であるモドリッチもスペイン『マルカ』のインタビューでこの騒動に反応。29日に迫った大一番への集中が最も重要だと語りつつ、クラブにはすでに有望な若手選手がいることを強調した。 「ムバッペについての驚きはなかった。何も知らなかったから、期待もしていなかったんだ。1年間、いろいろな話が出ていたけど、実現するかどうか、何もわからなかった。だからこそ、この問題については考えず、これ以上話す必要はないと考えているよ」 「僕らにはCLの決勝が控えていて、それが最も重要なことだ。レアル・マドリーはこれからも、どんな選手より、どんなものより、トップに立ち続けるだろう。だから、これ以上考える必要はないんだ」 「僕らはとても良いチームで、大きく成長できる選手も多く、素晴らしいシーズンを過ごしてきた。ここにあるもの大切にしている選手が多いんだ。ここには将来、素晴らしいスターになれる選手がいる」 2022.05.25 16:17 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly