ニューカッスル、バーンリーからプレミア屈指の“ターゲットマン”クリス・ウッドを獲得!

2022.01.13 18:26 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ニューカッスルは13日、バーンリーからニュージーランド代表FWクリス・ウッド(30)を獲得したことを発表した。契約は2024年6月までの2年半となる。

これまでWBAやレスター・シティ、リーズ・ユナイテッドなど、レンタルを含めればイングランドで9つのクラブを渡り歩いてきたウッド。2017年夏に加入したバーンリーは10番目のクラブとなった。

バーンリーではすぐさま主力に定着すると、ここまで公式戦165試合に出場し53ゴールを記録。 今シーズンはリーグ戦17試合出場で3ゴールの数字に留まっているが、それ以前は決してチャンスが多くないチームにおいて4シーズン連続でプレミアリーグ2桁ゴールを達成している。
また、190cmを超える長身とパワー、献身性を兼ね備え、リーグ屈指のターゲットマンとの評価も確立している。

巨大企業の買収により高い注目度を誇るニューカッスルへの移籍を決断したウッドは、クラブ公式サイトでその喜びを語った。

「僕にとってこれは最高にエキサイティングな機会で、ニューカッスル・ユナイテッドの選手になれることを本当に嬉しく思っている」

「何度かセント・ジェームズ・パークでプレーしたことがあるけど、素晴らしい場所だ。このクラブを代表し、素晴らしいサポーターに支えられて、チームメイトと一緒にプレーできることは、とても特別なことだと思う」

「このクラブと監督は、現在のプロセスにおいて一流であり、僕自身、早くピッチに立って彼らの信頼に応えるのが待ち遠しいよ」

なお、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、ニューカッスルは2000万ポンド(約31億5000万円)と言われる契約解除金を満額支払ったとのこと。同クラブでは主砲カラム・ウィルソンがふくらはぎのケガで2カ月程度の離脱を強いられているため、ストライカーの補強に迫られていた。

また、ニューカッスルは今冬の移籍市場において、アトレティコ・マドリーからイングランド代表DFキーラン・トリッピアーを獲得しており、世界屈指のクロッサーとリーグ屈指のエアバトラーのホットライン開通も期待されるところだ。

関連ニュース
thumb

躍進ニューカッスルの象徴トリッピアーが新契約にサイン! 「これ以上望む場所はない」

ニューカッスルは27日、イングランド代表DFキーラン・トリッピアー(32)との契約を2025年6月30日まで延長したことを発表した。 サウジアラビア政府系ファンドによる買収後最初の獲得選手であり、DFジャマール・ラッセルズに代わってゲームキャプテンとしてチームを牽引する32歳DFは、今回の契約延長に満足感を示している。 「契約を延長することができて、本当に嬉しく思っているよ。監督、オーナー、ファン、そしてチームメイトに感謝の気持ちでいっぱいだ」 「僕が初めてここに来たとき、彼らはとても歓迎してくれたし、僕はクラブが偉大なことを成し遂げるのを助けたいんだ。今はクラブにとっても僕らプレーヤーにとってもポジティブな瞬間を過ごしているし、僕にとってこれ以上望む場所はないよ」 マンチェスター・シティの下部組織出身のトリッピアーは、バーンリー時代にブレイク。2015年7月にトッテナムへと完全移籍すると、公式戦114試合に出場し2ゴール24アシストを記録。リーグ屈指の右サイドバックとの評価を確立すると共に、イングランド代表にも定着した。 その後、2019年にアトレティコ・マドリーへ移籍し、自身初の国外リーグを経験し、昨年1月にバーンリー時代に指導を受けた、エディ・ハウ監督の誘いを受けてニューカッスルに加入。ハーフシーズンのプレーとなった1年目はケガでほぼプレーできずに終わったが、今季は開幕からここまでの公式戦全26試合に出場し、1ゴール6アシストを記録。攻撃では高精度のクロスやプレースキックで多くのチャンスを演出し、守備では守護神ニック・ポープ、ファビアン・シェア、スヴェン・ボトマン、ダン・バーンとの鉄壁のユニットでリーグ最少(11失点)の堅守を構築している。 2023.01.28 07:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ニューカッスルがエバートンの若き10番ゴードン獲得を決定的に! 移籍金4000万ポンドで合意

ニューカッスルが、エバートンのU-21イングランド代表MFアンソニー・ゴードン(21)の獲得を決定的なモノとしたようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』など複数メディアが報じている。 現在、プレミアリーグ3位に位置するニューカッスルは、最大の目標とするトップ4フィニッシュに向けて手薄な前線の補強に着手。そして、前線の複数ポジションをこなせるユーティリティー性、21歳という伸びしろ十分の将来性を高く評価し、昨夏の段階からリストアップしていたトフィーズ生え抜きのアタッカーの獲得にこぎ着けたようだ。 報道によると、ニューカッスルとエバートンは移籍金4000万ポンド(約64億3000万円)+アドオン500万ポンド(約8億円)の条件でクラブ間合意。さらに、今冬のエバートン退団を希望し、今週に入って3日間トレーニングを欠席していたゴードンとは長期契約で合意に至ったという。 同選手は一両日中にもメディカルチェックを受診し、少なくとも今週末にマグパイズの正式な一員となる見込みだ。 地元リバプール出身のゴードンは16歳でエバートンのトップチームデビューを果たした早熟のアタッカー。2列目を主戦場に相手の逆を突く巧みなドリブル、視野の広さと正確なキックを生かしたラストパスで異彩を放ち、昨季のプレミアリーグでは35試合4ゴール2アシストと主力の活躍を果たした。 今シーズンは背番号10を託され、主戦場の左右のウイングに加え、チーム事情でセンタフォワードも務め上げ、チームが降格圏の19位に低迷する中でリーグ戦16試合3ゴールの数字を残していた。 2023.01.28 05:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ミランがFWサン=マクシマンに興味? ニューカッスルは42.4億円を要求か

攻撃陣の改善を図りたいミランが、ニューカッスルのフランス人FWアラン・サン=マクシマン(25)の獲得に関心を持っているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 セリエAで上位を争っているミランが、2023年に入ってからは停滞。カップ戦を含めた公式戦6試合で1勝2分け3敗。リーグ戦では3戦未勝利と調子を落としている。 ミランは攻撃陣を強化したい考えがあり、ローマのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロの獲得に動いたが、個人間での合意を取り付けたものの、ローマの要求する高額な移籍金の支払いが不可能と判断し、獲得を断念した。 そんな中、サン=マクシマンに興味を持っているとのこと。ただ3000万ユーロ(約42億4000万円)を要求しており、ミランにとってはかなり高額になっているという。 放出の可能性に関しては、U-21イングランド代表FWアンソニー・ゴードン(21)をニューカッスルが獲得できれば、ミランからのオファーに耳を傾けるとのことだ。 サン=マクシマンはニューカッスルで公式戦109試合で13ゴール19アシストを記録。今シーズンはプレミアリーグで12試合に出場し1ゴール3アシストを記録していた。 2023.01.27 15:45 Fri
twitterfacebook
thumb

飲酒運転で起訴のニューカッスルMFジョエリントンに12カ月の運転禁止処分

飲酒運転で起訴されたニューカッスルのブラジル人MFジョエリントンが、12カ月の運転禁止処分と共に2万9000ポンド(約460万円)の罰金処分を科された。イギリス『BBC』が報じている。 ジョエリントンは今月12日深夜にニューカッスルのポントランド・ロード地区で自身の車を運転した際に、警察に停車を求められたという。その後、呼気検査を受けたところ、基準値を上回るアルコールが検出されたことで、飲酒運転の容疑で現行犯逮捕となった。 そして、26日にニューカッスル判事裁判所に出廷した同選手は、12カ月の運転禁止処分と共に2万9000ポンドの罰金処分を科された。 なお、ジョエリントンがリハビリコースを完了した場合、運転禁止処分は9カ月に短縮されるという。 ニューカッスルのエディ・ハウ監督は起訴後、ジョエリントンをメンバーから外すことなく継続起用していたが、ジョエリントンの弁護士によると、クラブから懲戒処分を受けているという。 ハウ監督の下、センターフォワードからインサイドハーフにコンバートした26歳MFは、今シーズンここまでインサイドハーフと左ウイングを主戦場に公式戦24試合に出場し、4ゴール3アシストを記録。直近のEFLカップ準決勝1stレグではサウサンプトン相手に1-0の勝利に導く決勝点を挙げていた。 2023.01.26 23:10 Thu
twitterfacebook
thumb

ビエルサ氏は消極的? エバートン次期指揮官、元バーンリーのショーン・ダイチ氏が筆頭か

元バーンリー指揮官のショーン・ダイチ氏(51)が、次期エバートン指揮官の筆頭候補に躍り出たようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 エバートンは23日にフランク・ランパード監督を解任。今季のプレミアリーグで3勝6分け11敗の19位に低迷し、昨年10月以降は白星なしと混迷を極めるなか、ようやく監督交代を決断。次期指揮官は元リーズ・ユナイテッド指揮官のマルセロ・ビエルサ氏(67)が濃厚とされていた。 一方、バーンリーを昨年4月まで10年間率い、限られた予算と戦力の中でプレミアリーグに確かな爪痕を残した経験を持つダイチ氏は候補の1人に過ぎず。だが、ここに来てビエルサ氏よりもダイチ氏が優勢との見方が強まっている。 ダイチ氏は26日にエバートンのオーナー、ファルハド・モシリ氏と会談する予定。モシリ氏の第1希望はビエルサ氏とのことだが、現在フリーの67歳ビエルサ氏は、現場復帰にさほど強い意欲を見せていないと考えられている。 なお、移籍市場においてはU-21イングランド代表FWアンソニー・ゴードン(21)が2日連続で練習を欠席した模様。同選手は今冬のニューカッスル移籍が取り沙汰されており、移籍金4000万ポンド(約64億1000万円)での交渉成立が有力視されている。 主軸のゴードン退団は致命的な戦力ダウンをもたらすが、誰が混迷エバートンの手綱を握ることになるのだろうか。 2023.01.26 14:52 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly