ポーランド代表の逸材MFカミンスキが来季からヴォルフスブルクに加入、5年契約

2022.01.11 21:16 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヴォルフスブルクは10日、ポーランド代表MFヤクブ・カミンスキ(19)を完全移籍で獲得することを発表した。

契約期間は2027年夏までの5年間。2022年夏に加入することとなる。

カミンスキは、レフ・ポズナンのアカデミー育ち。2018年12月に16歳でファーストチームに昇格した逸材だ。

左右のウイングでプレーするカミンスキは、ここまで公式戦85試合に出場し13ゴール13アシストを記録。今シーズンのエクストラクラサ(ポーランド1部)でも、ここまで19試合に出場し6ゴール4アシストの活躍を見せている。

カミンスキは「僕にとって、ブンデスリーガに移籍することは絶対的な夢の実現だ。僕は新しい挑戦を本当に楽しみにしており、毎週トップレベルで成長し、自分自身を証明できることを楽しみにしている」とコメントしている。

2021年9月のカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選のサンマリノ代表戦でポーランド代表デビューを果たしている。


関連ニュース
thumb

ヴォルフスブルク、今季途中就任のコーフェルト監督と契約解消…

ヴォルフスブルクは15日、フロリアン・コーフェルト監督(39)との契約を双方合意の元で解消したことを発表した。 コーフェルト監督は昨年10月にマルク・ファン・ボメル前監督の解任に伴い、昨シーズンのブンデスリーガで4位の成績を残しながらも、当時大不振に陥っていたヴォルフスブルクの新指揮官に就任した。 しかし、就任当時9位に位置していたチームを引き継いだ同監督の下でチームは8勝5分け12敗と思うような結果を残すことができず。最終的にブンデスリーガ12位でのフィニッシュとなっていた。 現行契約は2023年まで残っていたが、今シーズン終了のタイミングで袂を分かれることになった。 コーフェルト監督は、これまで指導者として自身が現役時代に所属していたブレーメンで指導を続けており、ユース年代やセカンドチームで監督やアシスタントコーチを経験していた。 2017年11月からはファーストチームの監督に就任。日本代表FW大迫勇也を指導するなど、142試合で指揮を執ったが、チームは2020-21シーズンにブンデスリーガから2部へ降格。降格が迫った中、シーズン終了を待たずに1試合を残して解任されていた。 2022.05.16 07:30 Mon
twitterfacebook
thumb

35点レヴァンドフスキが史上最多タイ7度目の得点王! 王者バイエルンは3戦未勝利でシーズン終了…《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ最終節、ヴォルフスブルクvsバイエルンが14日にフォルクスワーゲン・アレーナで行われ、2-2のドローに終わった。 デア・クラシカーで前人未踏の10連覇を達成したバイエルン。以降のリーグ戦ではマインツ、シュツットガルト相手に1敗1分けと2戦未勝利。そのマインツ戦後には選手たちのイビサ島への旅行に対して、批判も起きてやや後味の悪い状況が続く。 そういった中、今季王者として有終の美を飾りたいナーゲルスマン率いるチームは、ホーム最終戦勝利を目指す13位のヴォルフスブルクとのシーズン最終戦に臨んだ。主力温存の可能性もあったが、出場停止のコマンらを除き主力を起用。守護神ノイアー、キミッヒ、ミュラー、レヴァンドフスキらがスタメンに名を連ねた。 ホームサポーターが持ち込んだ発煙筒の影響で数分遅れでのスタートとなった今季最終戦。立ち上がりからボールを握って相手を押し込む今季王者はミュージアラ、ゴレツカと早速フィニッシュのシーンを作り出すと、11分にはレヴァンドフスキがボックス右から右足アウトにかけた技ありのシュートでGKカスティールスにビッグセーブを強いる。 一方、守勢が続くホームチームも14分には右CKの場面でアルノルトの右足アウトスウィングのクロスをラクロワが頭で合わすと、これが左ポストを叩き最初の決定機とした。 それでも、完全に試合の主導権を握るバイエルンは17分、右CKの場面でキッカーのキミッヒが正確な右足アウトスウィングのクロスを入れると、ゴール前で競り勝ったスタニシッチが頭で合わせる。浮き球となったこのシュートがゴール左隅の完璧なコースに決まった。 スタニシッチのトップチーム初ゴールによって幸先よく先制に成功したバイエルンは、畳みかける攻めを見せていく。24分にはミュージアラがゴールネットを揺らすが、ここはオフサイドポジションのアルフォンソ・デイビスがGKの動きを制限したとの判定でゴールは認められず。 以降はホーム最終戦を白星で飾りたいヴォルフスブルクが、カウンターやセットプレーでチャンスを作り出し、試合はやや拮抗した展開に。それでも、40分にはゴレツカのボックス付近でのキープからボックス手前右のミュラーが左足で入れた正確なクロスをファーに走り込んだレヴァンドフスキが巧みなヘディングシュートをゴール左隅に流し込み、相棒とのホットラインで今季35点目を奪った。 その後、前半終了間際の45分には左に流れたクルーゼからの正確な折り返しを、ボックス右のウインドが巧みな左足のトラップからすかさず左足を振り抜いてゴール左隅にシュートを突き刺し、1点差に詰め寄るゴールを記録。試合への興味を繋いで後半を戦うことになった。 後半は1点を返した勢いに乗るヴォルフスブルクが優勢に試合を運び、幾度か際どいシーンを作り出す。すると、58分には左サイド深くに侵攻したファン・デ・フェンからのグラウンダーの折り返しに反応したファーサイドのクルーゼがワンタッチで流し込み、早い時間帯にスコアをタイに戻した。 後半に入ってなかなかリズムを掴み切れないバイエルンは、ミュラーに代えて今季限りで退団のチュポ=モティング、67分にはニャブリを諦めてサネを投入。徐々にフィニッシュの場面を増やしていくが、最後のところで粘る相手の守備を崩し切れない。 膠着状態が続く中、バイエルンは81分にノイアー、キミッヒ、アルフォンソ・デイビスを下げて第3GKフリュヒトル、ビドビッチ、リチャーズと若手をピッチに送り出し、引き分け良しの割り切った采配を見せる。 その後、88分にはミュージアラのスルーパスに抜け出したサネにビッグチャンスが訪れるが、GKとの一対一を決め切ることができず。絶好の勝ち越し機会を逸した。そして、試合はこのままタイムアップを迎え、2点のリードを守り切れなかったバイエルンは優勝決定から3戦未勝利で今季を終えることになった。 なお、有終の美を飾ることはできなかったバイエルンだが、この日の2ゴールによって今季のリーグ戦アウェイゴール数を「49」として1シーズンでの最多記録を樹立。また、今季35ゴールのレヴァンドフスキはゲルト・ミュラー氏に並ぶ歴代最多タイの7度目の得点王に輝いた。 2022.05.15 00:33 Sun
twitterfacebook
thumb

遠藤&伊藤フル出場のシュツットガルト、4試合ぶりのゴールでドローに持ち込み残留への希望を残す《ブンデスリーガ》

シュツットガルトは30日、ブンデスリーガ第32節でヴォルフスブルクと対戦し1-1の引き分けに終わった。シュツットガルトのMF遠藤航とDF伊藤洋輝はフル出場している。 4試合勝利のない16位シュツットガルト(勝ち点28)が、12位ヴォルフスブルク(勝ち点37)を迎えた一戦。シュツットガルトの遠藤と伊藤は共に先発に名を連ねている。 残留争い脱出へ3ポイントの欲しいシュツットガルトだったが、立ち上がりにセットプレーから失点する。13分、アルノルトの右CKを中央のブルックスにヘディングシュートで叩き込まれた。 先制を許したシュツットガルトは20分、遠藤のパスで抜け出したE・トミーにチャンスが訪れたが、シュートは相手GKが冷静にキャッチ。43分には左CKの流れたボールをファーサイドで拾ったアントンがワントラップからシュートを放ったが、これは相手DFのブロックに阻まれた。 迎えた後半、1点を追うシュツットガルトは57分にE・トミーとマーモウシュを下げてヒューリッヒとフェルスターを投入。立ち上がりからボールを握り攻め込むシーンを作るものの、アタッキングサードでのプレー精度が低く、決定機を作れない。 膠着状態が続く中、シュツットガルトは87分にピンチを迎える。バクとのワンツーでボックス右から侵入したフェリックス・エンメチャのロストボールを拾ったウインドがシュートを放ったが、これはGKミュラーが好セーブ。 すると、ピンチを凌いだシュツットガルトは89分にソサのパスで左サイド深くまで侵攻したミロのクロスをファーサイドのヒューリッヒが右足ボレーで流し込み、同点追いつく。 さらにシュツットガルトは、95分にも左CKの二次攻撃からボックス右深くまで切り込んだヒューリッヒの折り返しからアントンに決定機が訪れたが、シュートは枠の上に外れた。 結局、試合はそのまま1-1でタイムアップ。なんとかドローに持ち込んだシュツットガルトが残留の可能性を残しての残り2節を迎えることとなった。一方、追いつかれたヴォルフスブルクは2節を残してブンデスリーガ残留を決めている。 2022.05.01 00:50 Sun
twitterfacebook
thumb

圧巻6発ドルトが連勝で次節デア・クラシカーへ! 17歳ローテのデビュー弾にハーランドが復活の2発《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第30節、ドルトムントvsヴォルフスブルクが16日にシグナル・イドゥナ・パルクで行われ、ホームのドルトムントが6-1で圧勝した。 現在、首位のバイエルンと9ポイント差で2位に位置するドルトムント(勝ち点60)は、次節にデア・クラシカーを控える中で13位のヴォルフスブルク(勝ち点34)とのホームゲームに臨んだ。 前節、ブラントのドッペルパックでシュツットガルトに快勝し、3試合ぶりの白星を手にしたローゼ率いるチームは、その試合から先発5人を変更。負傷やコンディションの問題でレイナ、フンメルス、ラファエウ・ゲレイロ、ダフード、トルガン・アザールがベンチ外となり、17歳DFローテがデビューを飾ったほか、ヴィツェルやブラントがスタメンに入った。 最終ラインを中心に急造布陣で臨んだドルトムントに対して、アウェイのヴォルフスブルクがいきなりチャンスを作る。3分、中央での鮮やかな連携からボックス右に抜け出したウインドの折り返しを、ファーに詰めたルーカス・エンメチャがワンタッチで合わすも、ここはGKコベルがはじき出す。さらに、このこぼれに詰めたゲルハルトのブロックショットのような形で放ったシュートも枠を外れる。 立ち上がりのピンチを凌いだドルトムントは、徐々にボールの主導権を握って相手を押し込み始める。序盤はホーランドやロイスらのアタッカー陣になかなか良い形でボールが入らない。 そういった中、前半20分過ぎにトップチームデビューを飾った17歳が大仕事を果たす。24分、右CKの場面でキッカーのブラントが右足インスウィングの正確なクロスを上げると、ニアに走り込んだローテがうまく頭で合わせてファーポストへ流し込んだ。 ローテの鮮烈なデビュー弾で先手を奪ったドルトムントは、ここから圧巻のゴールショーが幕開けする。 まずは26分、ロングカウンターからハーランドが相手陣内で長い距離を持ち上がって中央に走り込みヴィツェルにラストパスを通すと、ベルギー代表MFがきっちり流し込む。その2分後には相手陣内左サイドで得たFKの場面でロイスがゴール前に入れた完璧なパスをアカンジが右足で合わせる。 なおも攻撃の手を緩めないホームチームは34分、3バックの右でのプレーとなったジャンが相手の緩い寄せを見てスルスルと斜めのドリブルで内へ切り込み、ボックス手前から左足を一閃。これがゴール左隅に決まる。 こうなると、出場5戦無得点が続くエースにもゴールがほしいと多くのホームサポーターが考えていた中、その通りにゴールが生まれる。38分、再びロングカウンターから右サイドのブラントとロイスが見事な連携で完全に崩し切ると、ボックス右でロイスが折り返したボールをドフリーのハーランドがワンタッチで流し込んだ。 前半の5ゴールで試合を決めたドルトムントは、ややゲームコントロールを優先した戦い方にシフト。しかし、立ち上がりにロイスが相手GKカスティールスを脅かすと、54分にはロイス、ブラント、ハーランドの鮮やかな連携からノルウェー代表FWがボックス左に抜け出してニア上を抜く強烈なシュートでドッペルパックを達成した。 これでアウェイチームの心を完全に折ったドルトムントはストレスなく試合を進めていく。さらに、65分を過ぎてアカンジ、ブラント、ヴィツェルと主力を続けてベンチに下げて、次節のデア・クラシカーを見据える。 その後、後半終盤には敵地で意地を見せたいアウェイチームの攻勢に晒されると、81分にはカウンターの流れからバクに一矢報いるゴールを奪われてクリーンシートを逃す。それでも、試合最終盤にはバイノー=ギテンス、セミッチをトップデビューされる余裕の采配で試合をクローズ。 ホームでの6-1の大勝で連勝を飾ったドルトムントが次節のデア・クラシカーに大きな弾みを付けた。 2022.04.17 00:22 Sun
twitterfacebook
thumb

ヴォルフスブルク、ビーレフェルトの主力MFヴィマーが来季加入!

ヴォルフスブルクは13日、アルミニア・ビーレフェルトからU-21オーストリア代表MFパトリック・ヴィマー(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は来シーズンから2027年6月30日までの5年となる。 1年でステップアップを果たすことになったU-21オーストリア代表MFは、ヴォルフスブルクの公式サイトを通じて来シーズンへの意気込みを語っている。 「僕の目標は、クラブと一緒に成功を祝うため、そしてできるだけ定期的にクラブと共に国際舞台でプレーするため、初日からフルスロットルで頑張るつもりだ」 SVガフレンツでプロキャリアをスタートしたヴィマーは、2019年にオーストリア・ウィーンに完全移籍で加入。右サイドハーフを主戦場に中盤の攻撃的なポジションを複数カバーするアタッカーは、公式戦57試合に出場し、8ゴール8アシストを記録。 その後、昨夏にビーレフェルトに完全移籍で加入すると、初挑戦のブンデスリーガで26試合3ゴール7アシストの数字を残し、残留を争う16位のチームで奮闘を見せている。 2022.04.14 22:20 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly