遠藤&伊藤フル出場のシュツットガルト、最下位グロイター・フュルトにゴールレスドロー《ブンデスリーガ》

2022.01.09 02:26 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
シュツットガルトは8日、ブンデスリーガ第18節でグロイター・フュルトとのアウェイ戦に臨み、0-0で引き分けた。シュツットガルトのMF遠藤航とDF伊藤洋輝はフル出場している。

前半戦最終戦となった前節ケルン戦を落とし2連敗で2021年を終えた16位シュツットガルト(勝ち点17)は、遠藤と伊藤が先発となった。

最下位グロイター・フュルト(勝ち点5)に対し、[3-4-2-1]で臨んだシュツットガルトは伊藤が左センターバックで、遠藤がボランチでスタート。

守勢の入りとなったシュツットガルトは22分にピンチ。サイド攻撃で揺さぶられ、ゴール前のフルゴタに決定的なヘディングシュートを許すもGKミュラーがファインセーブで凌いだ。

その後も押し込まれる展開が続いたシュツットガルトだったが、膠着状態に持ち込んだ前半はゴールレスで終了した。

迎えた後半も押し込まれる入りとなったシュツットガルトは55分に大ピンチ。マンガラの横パスをカットされ、決定的なシュートを打たれたが、何とかゴールライン前でアントンがカットした。

その後も主導権を握りきれないシュツットガルトは好機を作れないまま終盤へ。その終盤は押し込む展開としたシュツットガルトは、83分にようやくカライジッチが可能性のあるシュートを放つも、0-0のままタイムアップ。

残留を争うであろうグロイター・フュルトと勝ち点1を分け合っている。

関連ニュース
thumb

シュツットガルト遠藤航がチームに合流、期待と歓迎の声多数「おかえりレジェンド」

シュツットガルトの日本代表MF遠藤航の新シーズンが始動した。 5月14日に昨季ブンデスリーガの最終節で劇的な残留を決め、2年連続でリーグのデュエル最多数を記録した遠藤。日本代表の6月シリーズにも全4試合で先発出場を果たし、ようやくのオフ期間には所属したJクラブや恩師の元を訪ねるなどしていた。 フル稼働が続いていた戦士は束の間の休息を経て、再びドイツへ。クラブ公式ツイッターが4日に合流した旨を投稿。「#LegEndo」のタグを付け、パフォーマンステストを行う遠藤の様子を公開した。 遠藤自身も動画を引用し、「ドイツに帰ってきました〜!新シーズンに向けて良い準備を」と綴れば、国内外のファンからも「おかえりレジェンド」、「新シーズンも活躍楽しみにしてます」、「VfBを上位に導いてください」など、期待のこもった声が寄せられた。 遠藤と同じくして初の日本代表活動を経験したDF伊藤洋輝もチームに合流した。U-21チームにはDFチェイス・アンリに続き、DF岡田怜が加入し、日本からの注目度も高まるシュツットガルト。率いる遠藤はドイツ1部での3シーズン目でどのようなパフォーマンスを見せてくれるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】シュツットガルトに合流し、パフォーマンステストを行う遠藤</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"> 18 km/h <a href="https://twitter.com/hashtag/VfB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#VfB</a> | <a href="https://twitter.com/wataru0209?ref_src=twsrc%5Etfw">@wataru0209</a> <a href="https://t.co/JBDL5qvRVC">pic.twitter.com/JBDL5qvRVC</a></p>&mdash; VfB Stuttgart (@VfB) <a href="https://twitter.com/VfB/status/1543896542989500424?ref_src=twsrc%5Etfw">July 4, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/wataru0209?ref_src=twsrc%5Etfw">@wataru0209</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/VfB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#VfB</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/LegEndo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#LegEndo</a> <a href="https://t.co/z5BhqBSyUI">pic.twitter.com/z5BhqBSyUI</a></p>&mdash; VfB Stuttgart (@VfB) <a href="https://twitter.com/VfB/status/1543903986499174400?ref_src=twsrc%5Etfw">July 4, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【写真】チームに合流した遠藤と伊藤、ベヤズを交えた3ショット</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="de" dir="ltr">Zurück bei der Mannschaft:<a href="https://twitter.com/wataru0209?ref_src=twsrc%5Etfw">@wataru0209</a> <br>Hiroki <a href="https://twitter.com/hashtag/Ito?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Ito</a> <a href="https://twitter.com/omerfabeyaz?ref_src=twsrc%5Etfw">@omerfabeyaz</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/VfB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#VfB</a> <a href="https://t.co/8qgQL7GYkH">pic.twitter.com/8qgQL7GYkH</a></p>&mdash; VfB Stuttgart (@VfB) <a href="https://twitter.com/VfB/status/1543958816479395840?ref_src=twsrc%5Etfw">July 4, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.07.05 19:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ボーフム、シュツットガルトからMFフェルスターを完全移籍で獲得

ボーフムは3日、シュツットガルトからドイツ人MFフィリップ・フェルスター(27)を完全移籍で獲得した。契約期間は2024年6月30日までとなる。 移籍が決まったフェルスターは、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「最初の話し合いからいろいろ話をきているし、スタジアムやファン、素晴らしい雰囲気はシュツットガルトやザントハウゼンでのアウェイ戦ですでに知っている。新しいチームでの新たな挑戦を楽しみにしているよ。目標とするブンデスリーガ残留に向けて、自分の役割をしっかりと果たしていきたいと思っている」 カールスルーエやシュツットガルトの下部組織で育ったフェルスターは、2014年夏に当時4部のヴァルトホーフ・マンハイムでプロデビュー。その後、ニュルンベルクやザントハウゼンでのプレーを経て、2019年9月に当時2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)の古巣シュツットガルトへ完全移籍。 シュツットガルトでは、加入初年度から主力としてリーグ戦31試合に出場し4ゴール6アシストを記録するなど、1年でのブンデスリーガ復帰に貢献。その後もコンスタントに出場機会を得ていたフェルスターだが、昨季終盤はバックアップ要員となっていた。 2022.07.03 23:01 Sun
twitterfacebook
thumb

今年も中央にメルセデス・ベンツのロゴ!遠藤と伊藤が在籍のシュツットガルトが新ユニ発表

シュツットガルトは24日、2022-23シーズンのホームユニフォームを発表した。 日本代表MF遠藤航とDF伊藤洋輝が在籍するシュツットガルト。その来季ユニフォームを見ると、伝統的な白基調のシャツと胸部分に赤で入る横のラインは来シーズンも健在だ。赤のラインには、今年も胸スポンサーの「メルセデス・ベンツ銀行」の名前と有名な「スリーポインテッド・スター」のロゴが描かれる。 特徴的なのはデザイン。シャツの前身頃には、シュツットガルトを代表する24の名所が描かれており、シュトゥットガルト市やヴュルテンベルク州とのつながりを表している。 そして、2種類のGKユニフォームは、1990年代のチケットのデザインがベースに。緑色のものと、ピンクとオレンジを組み合わせたカラーリングだ。 今シーズンは最終節でなんとかブンデスリーガ残留を決めたシュツットガルト。来シーズンはこのユニフォームで上位進出を目指す。 <span class="paragraph-title">【動画】中央に大きくベンツのロゴ!シュツットガルトの新ユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CfLxMqOKG0X/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CfLxMqOKG0X/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CfLxMqOKG0X/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">VfB Stuttgart(@vfb)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.06.25 12:30 Sat
twitterfacebook
thumb

「浦和には来ないのかという声もありましたが」遠藤航がついに大原へ!すでに京都と湘南にも訪問

シュツットガルトに所属する日本代表MF遠藤航が、ついに浦和レッズを訪問した。 6月に行われた日本代表の親善試合でも中心として活躍した遠藤。これまでには古巣である湘南ベルマーレや湘南時代の指揮官である曺貴裁監督が率いる京都サンガF.C.の練習に訪れていた。 となると残すはもう1つの古巣である浦和。そして、ついに遠藤が大原サッカー場に姿を現したことをクラブのSNSが伝えている。 やはり訪問を望む声は多くあったようで、クラブは遠藤のコメントも紹介。「みなさん、お久しぶりです。僕が京都や湘南に行ったりしていたので、浦和には来ないのかという声もありましたが、来ました!」とし、「ファン・サポーターのみなさんにはお会いできませんでしたが、また機会があれば来たいと思っています。これからも引き続き、僕の応援もしていただければ嬉しいです」とメッセージを送っている。 <span class="paragraph-title">【写真】大原サッカー場にプラダを着た遠藤が登場!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">本日、オフ期間を利用して <a href="https://twitter.com/hashtag/%E9%81%A0%E8%97%A4%E8%88%AA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#遠藤航</a> 選手が大原サッカー場を訪問してくれました<a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BB%A3%E8%A1%A8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#日本代表</a> そして海外での更なる活躍を期待しています‼<a href="https://twitter.com/hashtag/WeareREDS?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WeareREDS</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/REDS030th?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#REDS030th</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/urawareds?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#urawareds</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%B5%A6%E5%92%8C%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%BA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#浦和レッズ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%8C%E3%81%A8%E3%81%86?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ありがとう</a> <a href="https://t.co/jxOFay1nrk">pic.twitter.com/jxOFay1nrk</a></p>&mdash; 浦和レッズオフィシャル (@REDSOFFICIAL) <a href="https://twitter.com/REDSOFFICIAL/status/1540228312273866752?ref_src=twsrc%5Etfw">June 24, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.24 19:50 Fri
twitterfacebook
thumb

ボルシアMGがフィテッセ退団のDFバズール獲得か? 板倉滉とCBコンビ形成の可能性も

ボルシアMGがフィテッセを退団するオランダ代表DFリシェドリー・バズール(25)の獲得レースをリードしているようだ。ドイツ『ビルト』が報じている。 PSVとアヤックスの下部組織で育ったバズールは、2014年にアヤックスのトップチームに昇格。その後、ヴォルフスブルクに完全移籍した後は思うように出場機会を得られず、ポルト、ユトレヒトへのレンタル移籍を経験。そして、2019年にはフィテッセに完全移籍していた。 キャリア初期は卓越したフィジカルに加え、ドリブルやパスセンスにも優れる万能型MFとして、元フランス代表MFパトリック・ヴィエラ、元オランダ代表MFフランク・ライカールトと比較されていたが、フィテッセ加入後はトーマス・レッチュ監督の助言によってセンターバックにコンバート。 すると、このコンバートが完璧に嵌ってエールディビジ屈指のセンターバックとしての評価を確立している。 『ビルト』が報じるところによれば、今シーズン限りでフィテッセとの契約が満了するバズールにはこれまでレバークーゼン、シュツットガルト、ボルシアMGの3クラブが関心を示してきたが、レバークーゼンはすでに撤退。ボルシアMGは交渉を完了させていないものの、獲得レースをリードしているという。 なお、ボルシアMGでは日本代表DF板倉滉の獲得が決定的となっており、ダニエル・ファルケ新監督の起用法次第だが、バズールが板倉と共にセンターバックでコンビを組む可能性もある。 2022.06.20 13:52 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly