原口が前半で交代のウニオン、レバークーゼンに追いつかれドロー《ブンデスリーガ》

2022.01.09 01:39 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウニオン・ベルリンは8日、ブンデスリーガ第18節でレバークーゼンとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。ウニオンのMF原口元気は前半のみの出場、MF遠藤渓太はベンチ入りも出場はしなかった。

前半戦最終戦となったボーフム戦を制して2021年を終えた7位ウニオン(勝ち点27)は、原口が[3-5-2]の右インサイドMFでスタメンとなった。

4位レバークーゼン(勝ち点28)に対し、守勢の立ち上がりとなったウニオンは10分、シックのヘディングシュートでゴールを脅かされるも、GKルセがセーブ。1分後にもヴィルツのミドルシュートが枠を捉えたが、ここもGKルセが凌いだ。

さらに直後のCKからターにフリーでヘディングシュートを打たれるも、枠を外れて助かったウニオンは、徐々に膠着状態に持ち込んでいく。

しかし38分、均衡を破られる。パウリーニョとのパス交換でボックス左に抜け出したディアビの突破をGKルセが防ぐも、ルーズボールをシックに決められた。

それでも45分、ウニオンが追いつく。CKの流れからトリメルが強烈なボレーシュートを放つと、GKフラデツキーが弾いたルーズボールをベーレンスがヘッド。このシュートもGKフラデツキーに阻まれたが、こぼれ球をプロメルが押し込んだ。

原口が交代となって迎えた後半、ウニオンは開始5分に逆転する。右サイドからのクロスを受けたファーサイドのクルーゼがシュートに持ち込み、ゴール前のプロメルがコースを変えてネットを揺らした。

62分にはシックの枠内シュートをGKルセがセーブしたウニオンは、続く78分には右サイドからカットインしたクルーゼが3点目に迫った中、1点をリードしたまま終盤へ。

しかし84分、追い付かれてしまう。CKの流れからベララビの突破を許すと、クロスをターにヘッドで決められた。

追加タイム、ウニオンに2度絶好機が訪れるも決めきれず、2-2でタイムアップ。勝ち点1を分け合っている。



関連ニュース
thumb

レバークーゼンFWシックがそ径部の手術へ 今季はキャリアハイの24得点

レバークーゼンのチェコ代表FWパトリック・シックが手術で離脱するようだ。 14日に行われたブンデスリーガ最終節のフライブルク戦を2-1で制し、シーズンの全日程を終了したレバークーゼン。2015-16シーズン以来となる3位フィニッシュを果たし、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を手にした。 そんなレヴァークーゼンはシーズンオフを前に5日からメキシコツアーを行い、デポルティーボ・トルーカとクラブ・アメリカとの親善試合を予定。しかし、エースストライカーのシックは帯同していないようだ。 ドイツ『キッカー』によれば、シックは以前から予定されていたそ径部の手術を近日中に受ける模様。今年7月のトレーニング再開時には復帰が間に合うことが見込まれているようだ。 昨夏開催のユーロで5得点の大活躍を残したシックは今シーズンが開幕してからも好調を維持。今年2月には左ふくらはぎの負傷に見舞われながら公式戦31試合に出場し、キャリアハイとなる24ゴールをマークした。 2022.05.16 16:37 Mon
twitterfacebook
thumb

レバークーゼンに競り負けたフライブルク、クラブ史上初のCL出場ならず《ブンデスリーガ》

フライブルクは14日、ブンデスリーガ最終節でレバークーゼンとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗れた。 前節ウニオン・ベルリンに敗れてチャンピオンズリーグ(CL)出場圏外の5位に後退したフライブルク(勝ち点55)は、勝利した上で4位ライプツィヒがビーレフェルトに敗れた際にクラブ史上初のCL出場権獲得となる中、ホーラーを最前線で起用した。 前節3位を確定させたレバークーゼン(勝ち点61)に対し、慎重な入りを見せたフライブルクは20分、CKの流れから左クロスに合わせたホーラーのヘディングシュートが左ポストに直撃した。 その後もカウンターを狙っていたフライブルクは36分にピンチ。CKからシックにフリーでヘディングシュートを許したが、枠を外れて助かった。 すると44分には好機。しかし、ボックス手前左からグリフォの放ったコントロールシュートはわずかに枠を外れゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半、フライブルクは54分にロングボールに抜け出したシックの独走を許すと、ラストパスを受けたアラリオに決められ、先制された。 その後もパウリーニョにGKフレッケン強襲のシュートを打たれると、ルーズボールを拾われたシックにバー直撃のシュートを浴びた。 劣勢ながら耐えるフライブルクは終盤の88分に追いつく。分厚い攻めを見せた流れからハベラーがボレーで蹴り込んだ。 逆転すればライプツィヒの結果次第で4位となれたフライブルクだったが、追加タイム7分に勝ち越される。FKを跳ね返された流れから攻撃参加していたGKフレッケンの隙を突いてパラシオスにロングシュートを決められた。 敗れたフライブルクは6位フィニッシュとなり、逆転でのCL出場はならず。EL出場が決まっている。 2022.05.15 01:02 Sun
twitterfacebook
thumb

「物足りない」レバークーゼンに敗れた長谷部誠、ウェストハムとのELに切り替え「違う顔を見せなければ」

フランクフルトのMF長谷部誠が、レバークーゼン戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 2日、ブンデスリーガ第32節でレバークーゼンとアウェイで対戦したフランクフルト。前節欠場した長谷部は3バックの一角で先発出場し、フル出場を果たした。 ウェストハムとのヨーロッパリーグ(EL)準決勝2ndレグを5日に控える中、メンバーを入れ替えて臨んだ試合。しかし、前半にパウリーニョにゴールを許して先制を許すと、後半の早い時間帯にもパトリック・シックにゴールを許し2-0で敗戦となった。 リーグ戦では6試合勝利がないフランクフルト。長谷部はチームとして良い入りをしたものの、フィニッシュの部分で良くなかったとコメントした。 「前半は上手く入りましたが、アタッキングサードでは物足りませんでした。僕たちは強力なカウンターを持っていますが、今日はそれを示すことができませんでした」 「全体として、それだけでは足りません。試合の残りの部分を、よりしっかりと守る必要がありました」 敗れたとはいえ、今のチームがフォーカスしているのは明らかにEL決勝の出場権。先勝している1stレグを生かして、しっかりと勝ち上がりたいと意気込んだ。 「木曜日にはまたフレッシュな選手がいて、今日とは違う顔を見せなければいけません」 「僕たちは先週もそうしました。試合に勝ちます」 <span class="paragraph-title">【動画】長谷部誠がフル出場したレバークーゼン戦ハイライト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="GUg1dDt-Mv4";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.03 09:40 Tue
twitterfacebook
thumb

レバークーゼンが長谷部&鎌田出場のフランクフルトに快勝! ライプツィヒは痛恨連敗で5位転落…《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第32節、レバークーゼンvsフランクフルトが2日にバイ・アレーナで行われ、ホームのレバークーゼンが2-0で勝利した。なお、フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場、MF鎌田大地は82分から途中出場した。 3位のレバークーゼン(勝ち点55)と、9位のフランクフルト(勝ち点40)によるチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いの行方に影響を与える重要な一戦。 前節は最下位のグロイター・フュルトに4-1のスコアで大勝し、3試合ぶりの白星を手にしたレバークーゼンは、連勝を目指すこのホームゲームでエースのシックやアズムン、パウリーニョとフュルト戦でゴールを決めたアタッカー陣を継続起用した。 一方、リーグ戦5試合未勝利と苦境が続くフランクフルトだが、ヨーロッパリーグ(EL)準決勝では敵地で行われたウェストハムとの1stレグを鎌田の決勝点によって2-1のスコアで先勝。週明けにホームでのリターンレグを控える中、この試合では鎌田やクナウフ、ボレ、ヒンテレッガーといった一部主力を温存し、長谷部やパシエンシア、ハウジといった控えメンバーで臨んだ。 立ち上がりからアグレッシブな入りを見せたレバークーゼンが、自慢の快足アタッカー陣のスピードを生かした攻めでフランクフルトに圧力をかけていく。 すると、18分には中央へのロングボールに対して、アズムン、シックと続けてDFとの競り合いを制して右サイドのディアビに展開。そのままスピードに乗ったディアビがボックス付近で左足アウトにあっけて絶妙な折り返しを入れると、ファーに走り込んできたパウリーニョのシュートがGKトラップの股間を抜けてゴールネットを揺らした。 幸先よく先制に成功したレバークーゼンは、縦関係を取るアズムンとシックの中央を起点に3バックとウイングバックの間を狙うパウリーニョとディアビの両翼が積極的に背後のスペースをアタック。オフサイドでシックのゴールが取り消され、アンドリヒが決定機を逃したものの、狙い通りの戦い方で試合を優位に進める。 一方、主力不在のフランクフルトは攻守両面でクオリティを欠く難しい状況が続く。リベロに入った長谷部は要所で狙いを持ったインターセプトや配球を見せるが、対人対応や軽率なパスミスなど試合勘のなさを窺わせる場面も。前半終盤にかけてはパシエンシア、ハウゲとフィニッシュに持ち込んだが、1点ビハインドでの折り返しとなった。 迎えた後半、フランクフルトはトゥーレ、クナウフ、ラマースの3選手を投入して巻き返しを図る。だが、立ち上がりの51分にはそのラマースの持ち上がりを高い位置で潰されたショートカウンターからボックス右でディアビが出したスルーパスに反応したシックにGKトラップの股を抜く右足のシュートを流し込まれ、出ばなをくじかれた。 その後、アヘや途中出場のクナウフを軸に反撃を試みるフランクフルトだが、より攻守のバランスを意識したレバークーゼンを前に決定機まで持ち込めない。 それでも、アズムンやシックらの決定機を何とか凌いで試合への興味を繋げるフランクフルトは、82分にパシエンシアを下げて鎌田を投入。ここから一矢報いるゴールを狙ったものの、鎌田はなかなか見せ場を作り出せない。 結局、試合はこのままタイムアップを迎え、2連勝のレバークーゼンがCL出場権獲得に大きく近づく勝ち点3を手にした。一方、6戦未勝利のフランクフルトは週明けのウェストハム戦に全精力を注ぐ構えだ。 また、同日行われたボルシアMGvsRBライプツィヒは、ホームのボルシアMGが3-1で勝利した。 前節のウニオン・ベルリン戦で公式戦16試合ぶりの敗戦を喫した4位のライプツィヒ(勝ち点54)だが、ミッドウィークに行われたEL準決勝ではホームでレンジャーズを1-0で破って先勝。きっちりバウンスバックに成功したチームは、11位のボルシアMG(勝ち点38)を相手にトップ4フィニッシュに向けて重要な勝ち点3奪取を狙った。 主力を起用して臨んだライプツィヒだが、全体的にプレー強度が足りず、ホームゲームで気合が入るボルシアMGに苦戦。17分にはあっさりと中央を崩されてシュティンドルのスルーパスに抜け出したエンボロに先制点を奪われる。 その後は一進一退の攻防が続いた中、36分にはハルステンベルクからの縦パスをオフサイドぎりぎりの位置で受けたアンドレ・シウバからのラストパスに抜け出したエンクンクがボックス右に持ち込んで右足のチップキックで流し込み、同点に追いつく。 だが、前半終了間際の47分には相手のロングカウンターから前線のエンボロを潰し切れずにホフマンへのラストパスを許すと、GKとの一対一を難なく制された。 1点ビハインドで後半に臨んだライプツィヒだが、後半序盤の64分には裏へ抜け出したエンクンクがDFエベルディの決定機阻止による退場を誘発し、数的優位を手にする。だが、攻め切れない状況が続くと、77分には一瞬の隙を突かれてバイアーの右クロスに反応したホフマンにイーブンボールをゴールに蹴り込まれて痛恨の3失点目となった。 これで厳しくなったアウェイチームはアタッカーをピッチへ送り出して反撃を試みるが、専守防衛の構えを見せる相手を最後まで崩し切ることができなかった。 この結果、2連敗のライプツィヒはフライブルクに抜かれてトップ4圏外の5位に転落。週明けのレンジャーズによりプレッシャーがかかる状況となった。 2022.05.03 05:44 Tue
twitterfacebook
thumb

今夏の移籍濃厚なドラクスラーにドルトムントら母国3クラブが関心か?

パリ・サンジェルマン(PSG)のドイツ代表FWユリアン・ドラクスラー(28)に母国の3クラブが関心を示しているようだ。フランス『レキップ』が報じている。 昨夏に2024年まで契約を延長したドラクスラーだが、PSGは今夏のスカッド刷新を図る中で同選手を放出候補にリストアップ。さらに、選手自身も移籍を希望していることからこのタイミングでの移籍が既定路線と見られている。 そういった中、ドラクスラーにはドルトムント、レバークーゼン、ヘルタ・ベルリンというブンデスリーガの3クラブが関心を示しているようだ。 また、母国以外ではセビージャが同様に動向を注視しているという。 2017年1月にPSGに加入し、ここまで公式戦198試合に出場しているドラクスラー。加入当初は主力としてプレーしていたものの、ここ数シーズンは前線にワールドクラスの猛者が揃い、出番が限られている状況だ。 そんな中、先日に行われた国際親善試合のイスラエル代表戦で、2020年10月以来にドイツ代表の試合に出場したドラクスラーは、その試合後に、「ワールドカップに向けてもっと試合に出る必要がある。夏に何が起こるか見てみよう」と、夏の移籍を示唆する発言を残していた。 2022.04.26 22:26 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly