岡山FWイ・ヨンジェが母国韓国に復帰 「生涯、忘れることはありません」

2022.01.07 09:20 Fri
©︎J.LEAGUE
ファジアーノ岡山は7日、FWイ・ヨンジェ(30)がKリーグ1の仁川ユナイテッドFCに完全移籍で加わると発表した。

イ・ヨンジェはワトフォードやナント、レッドスター93といったイングランドやフランスのクラブでプレー後、2014年7月のV・ファーレン長崎加入を機に来日。2016年から京都サンガF.C.に加わり、2018年から岡山に活躍の場を移した。
昨季は明治安田生命J2リーグ10試合の出場で2ゴールに終わったが、2019年に全42試合出場で18ゴールをマークした。

キャリアを通じて初の母国凱旋となるイ・ヨンジェは岡山の退団に際してクラブを通じてファンに別れの挨拶をした。

「このたび、Kリーグの仁川ユナイテッドに移籍することになりました。4年間、岡山でプレーしながら楽しく幸せな瞬間が数多くありました。岡山の全ての方々に感謝いたします。特に岡山のファン、サポーターの方々の熱い応援と、私に向けてくれた温かい愛情は生涯、忘れることはありません」
「韓国でプレーすることになるので、今までのように頻繁にお会いすることはできなくなりますが、いつもファジアーノ岡山のことを応援していますし、J1昇格を願っています。4年間、本当にありがとうございました!」

イ・ヨンジェの関連記事

日本サッカー協会(JFA)は11日、第104回天皇杯の都道府県予選の結果を発表。6都県で代表が決定した。 すでにアマチュアシードとしてHonda FC、明治大学の2チームに加え、11県で代表が決まっていた今大会。新たに6チームの出場が決定した。 明治安田J3リーグを戦うクラブも都道府県予選を戦う必要がある中、首位を走る大宮アルディージャは2024度彩の国カップ第29回埼玉県サッカー選手権大会決勝で東京国際大学FCと対戦した。 今シーズン初のJ3を戦う大宮はここまでわずか1敗で首位を走っていた中、リーグ戦で出番が少ない選手を中心に、FWシュヴィルツォクやDF濱田水輝らリーグ戦も出場するメンバーも起用。しかし、東京国際大学のセカンドチームである関東サッカーリーグを戦うチームに苦戦する。 攻めあぐねる大宮は90分を終えてゴールレス。延長戦にもつれ込むも、ゴールが奪えず、PK戦に突入かと思われたが、途中出場の清水祐輔が直接FKを叩き込み薄氷の勝利。4年連続29回目の出場を決めた。なお、天皇杯1回戦では福井県代表チームと対戦する。 東京都では第29回東京都サッカートーナメント決勝が行われ、横河武蔵野FCと日本大学が対戦。120分間をゴールレスで終えると、PK戦の末に5-4で横河武蔵野FCが勝利。4年ぶり6回目の出場を決めた。なお、1回戦では栃木県代表チームと対戦する。 愛知県ではAIFA第28回愛知県サッカー選手権大会決勝が行われ、FCマルヤス岡崎と中京大学が対戦。2-3で中京大学が勝利し、2年ぶり8回目の出場を決めた。なお、1回戦ではびわこ成蹊スポーツ大学と対戦する。 岐阜県では第29回岐阜県サッカー選手権大会決勝が行われ、J3を戦うFC岐阜がFC.Bomboneraと対戦。羽田一平、イ・ヨンジェ、北龍磨の2ゴールで5-0で快勝を収め、4年連続18回目の出場を決めた。なお、1回戦では静岡県代表チームと対戦する。 滋賀県では第29回滋賀県サッカー選手権大会決勝が行われ、JFLのレイラック滋賀がびわこ成蹊スポーツ大学と対戦。延長戦までもつれた試合は、1-2でびわこ成蹊スポーツ大学が勝利し、3年ぶり7回目の出場決定。1回戦では中京大学と対戦する。 長崎県では令和6年度第35回長崎県サッカー選手権大会決勝が行われ、三菱重工長崎SCと鎮西学院大学が対戦し、三菱重工長崎SCが1-0で勝利。2年連続11回目の出場を決めた。なお、1回戦では熊本県代表チームと対戦する。 残りの代表決定戦は、12日に全て開催。出場全チームが決定する。 ◆今後の都道府県選手権大会決勝戦(代表決定戦)予定 5月12日(日):北海道、青森、岩手、宮城、福島、茨城、栃木、群馬、神奈川、長野、富山、石川、福井、静岡、三重、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄 ◆出場決定チーム 【アマチュアシード】Honda FC(9年連続44回目) 【アマチュアシード】明治大学(5大会ぶり15回目) 【山形県】大山サッカークラブ(3年ぶり3回目) 【秋田県】猿田興業(3年ぶり3回目) 【埼玉県】大宮アルディージャ(4年連続29回目) 【東京都】横河武蔵野FC(4年ぶり6回目) 【千葉県】ブリオベッカ浦安(3年連続7回目) 【山梨県】山梨学院大学PEGASUS(3年連続6回目) 【新潟県】JAPANサッカーカレッジ(9年ぶり14回目) 【愛知県】中京大学(2年ぶり8回目) 【岐阜県】FC岐阜(4年連続18回目) 【滋賀県】びわこ成蹊スポーツ大学(3年ぶり7回目) 【鳥取県】ガイナーレ鳥取(4年連続26回目) 【島根県】ベルガロッソいわみ(2年連続3回目) 【岡山県】三菱水島FC(2年連続16回目) 【広島県】福山シティFC(2年ぶり4回目) 【山口県】FCバレイン下関(2年連続4回目) 【徳島県】FC徳島(9年連続9回目) 【長崎県】三菱重工長崎SC(2年連続11回目) <span class="paragraph-title">【動画】大宮を救ったルーキー・清水祐輔の完璧直接FK</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr">【ゴールシーン】<br>5/11・彩の国カップ 東国大FC戦<br><br>120+3分 <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%B8%85%E6%B0%B4%E7%A5%90%E8%BC%94?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#清水祐輔</a> が直接FKを右足で沈めて決勝ゴール!<a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%BD%A9%E3%81%AE%E5%9B%BD%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#彩の国カップ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A3?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#大宮アルディージャ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/ardija?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ardija</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%A4%A7%E5%AE%AE_%E6%9D%B1%E5%9B%BD%E5%A4%A7FC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#大宮_東国大FC</a> <a href="https://t.co/N0sR55rwtN">pic.twitter.com/N0sR55rwtN</a></p>&mdash; 大宮アルディージャ (@Ardija_Official) <a href="https://twitter.com/Ardija_Official/status/1789210423436431742?ref_src=twsrc%5Etfw">May 11, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.05.11 19:47 Sat
FC岐阜は5日、加入が内定していた韓国人FWイ・ヨンジェ(32)の正式加入および背番号を発表した。 イ・ヨンジェはワトフォードの下部組織やナント、レッドスターFCなどイングランドおよびフランスのクラブでのプレーを経て、2014年7月にV・ファーレン長崎へ加入。その後は京都サンガF.C.、ファジアーノ岡山とJリーグのクラブを渡り歩いた。 2022年には母国復帰を果たし、Kリーグ1の仁川ユナイテッドFCへ完全移籍。2023年は2部の全南ドラゴンズで戦ったが、シーズン終了後は契約満了でフリーとなり、今年3月に岐阜への完全移籍加入が内定した。 メディカルチェックを経て正式契約を結ぶ予定となっていた中、発表までこぎつけ、背番号は「99」に決定。加入内定時、イ・ヨンジェはクラブを通じて「必ずJ2昇格できるように一生懸命最善を尽くします!」とコメントしていた。 2024.04.05 15:16 Fri
FC岐阜は19日、韓国人FWイ・ヨンジェ(32)の完全移籍加入内定を発表した。今後メディカルチェックを経て、正式契約を結ぶ予定となる。 イ・ヨンジェはワトフォードやナント、レッドスター93といったイングランドやフランスのクラブでのプレーを経て、2014年7月にV・ファーレン長崎へ加入。その後は京都サンガF.C.、ファジアーノ岡山とJリーグのクラブをわたり歩いた。 2022年にKリーグ1の仁川ユナイテッドFCへ完全移籍して母国復帰を果たすと、昨シーズンは2部の全南ドラゴンズに所属。昨シーズン限りで契約満了になると、その後はフリーの状態が続いていた。 再び日本でプレーすることが決まったイ・ヨンジェは、クラブを通じてコメントしている。 「3シーズンぶりに再び日本でプレーできるチャンス与えて下さったFC岐阜に感謝しかございません。この感謝の気持ちを込めて、チームスタッフと選手の皆さん、そしてファン・サポーターの方々と一緒に、必ずJ2昇格できるように一生懸命最善を尽くします!どうぞ応援よろしくお願いいたします」 2024.03.19 15:30 Tue
Jリーグ移籍情報まとめ。12月22日付けのJリーグ各クラブにおける移籍動向を一挙にお届け。 【J1】 ◆北海道コンサドーレ札幌 [OUT] 《期限付き満了》 GKカウィン・タンマサッチャーナン(30)→OHルーヴェン(ベルギー) ◆浦和レッズ [IN] 《就任》 監督 リカルド・ロドリゲス(46)←徳島ヴォルティス ◆横浜FC [IN] 《完全移籍》 FWクレーベ(30)←ジェフユナイテッド千葉 [OUT] 《契約満了》 GK竹重安希彦(33) ◆サガン鳥栖 [IN] 《加入内定》 DF今掛航貴(21)←中央大学 【J2】 ◆水戸ホーリーホック 《契約更新》 FW森勇人(25) [OUT] 《契約満了》 MF大原彰輝(21) ◆ザスパクサツ群馬 [OUT] 《契約満了》 GK蔦颯(25) ◆ジェフユナイテッド千葉 [OUT] 《完全移籍》 FWクレーベ(30)→横浜FC 《契約満了》 GK大野哲煥(27) MF工藤浩平(36) ◆松本山雅FC [OUT] 《期限付き延長》 FW小松蓮(22)→レノファ山口FC ◆ジュビロ磐田 《続投》 監督 鈴木政一(65) ◆ファジアーノ岡山 《契約更新》 GK椎名一馬(34) FWイ・ヨンジェ(29) MFパウリーニョ(31) ◆レノファ山口FC 《契約更新》 DF楠本卓海(25) DF起海斗(20) DF眞鍋旭輝(23) [IN] 《期限付き延長》 FW小松蓮(22)←松本山雅FC [OUT] 《契約満了》 DFサンドロ(32) ◆徳島ヴォルティス [OUT] 《退任》 監督 リカルド・ロドリゲス(46)→浦和レッズ ◆愛媛FC [IN] 《就任》 監督 和泉茂徳(51)←愛媛FCアカデミーヘッドオブコーチング ◆アビスパ福岡 《続投》 監督 長谷部茂利(49) ◆FC琉球 《契約更新》 DF岡﨑亮平(28) DF知念哲矢(23) [IN] 《期限付き満了》 MFハモン(22)←ガイナーレ鳥取 【J3】 ◆SC相模原 [OUT] 《契約満了》 FW三島康平(33) ◆AC長野パルセイロ 《続投》 監督 横山雄次(51) ◆ガイナーレ鳥取 [OUT] 《期限付き満了》 MFハモン(22)→FC琉球 ◆カマタマーレ讃岐 [IN] 《就任》 監督 上野山信行(63)←カマタマーレ讃岐 ゼネラルマネージャー ◆ロアッソ熊本 [IN] 《加入内定》 DFレオナルド・ケンタ・ホサカ・カルロス(18)←秀岳館高校 MFターレス・プロコピオ・カストロ・デ・パウラ(19)←秀岳館高校 ◆鹿児島ユナイテッドFC 《契約更新》 MF酒本憲幸(36) 《契約満了》 MF枝本雄一郎(32) 2020.12.23 07:30 Wed
ファジアーノ岡山は22日、GK椎名一馬(34)、FWイ・ヨンジェ(29)、MFパウリーニョ(31)の契約更新を発表した。 椎名は流通経済大学から2009年に岡山に入団。ファジアーノ岡山ネクストへの移籍をしながらも岡山に在籍を続けた。今シーズンも出場機会はなかった。 イ・ヨンジェは、V・ファーレン長崎と京都サンガF.C.でプレーし、2018年に岡山へ加入。2シーズンで53試合に出場し19得点を記録すると、今シーズンは明治安田J2で27試合に出場し6得点を記録していた。 パウリーニョは栃木SCは川崎フロンターレ、ジェフユナイテッド千葉、湘南ベルマーレ、松本山雅FCでプレーし、今シーズンから岡山に加入。明治安田J2で27試合1得点を記録していた。 2020.12.22 14:35 Tue

ファジアーノ岡山の関連記事

ファジアーノ岡山は12日、中央大学のMF家坂葉光(21)の来季加入内定を発表した。なお、今シーズンは特別指定選手として登録される。背番号は「37」。 家坂は東京都出身で、東京ヴェルディの下部組織育ち。ジュニア、ジュニアユース、ユースと昇格し、中央大学へと進学していた。 今シーズンの関東大学サッカーリーグ1部では9試合に出場し4アシストを記録している。 岡山は家坂について「高い技術と推進力が特長のアタッカー。攻守においてハードワークを厭わない選手」と特長を紹介している。 家坂はクラブを通じてコメントしている。 「2025シーズンより、ファジアーノ岡山に加入することになりました中央大学の家坂葉光です。幼い頃からの夢であったプロサッカー選手のキャリアを、ファジアーノ岡山という素晴らしいクラブでスタートできることを大変嬉しく思います」 「今まで育ててくれた家族や指導者の方々など、私に関わってくださった多くの方のサポートがあり、ここまで辿り着けたと思います。その感謝を忘れることなく全力で戦い、ファジアーノ岡山の勝利に貢献できるよう頑張ります。ファジアーノ岡山に関わる皆さま、応援よろしくお願いします!」 <span class="paragraph-title”>【写真】岡山に来季から加入する中央大学MF家坂葉光</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">【来季新加入内定、およびJFA ・J リーグ特別指定選手認定】<br>このたび、中央大学の家坂葉光選手の来季新加入が内定いたしました。<br>なお、家坂選手はJFA ・J リーグ特別指定選手に認定され、Jリーグへの選手登録手続きが完了次第、ファジアーノ岡山の公式戦に出場可能です。<a href="https://t.co/iNRBMpp7F7">https://t.co/iNRBMpp7F7</a> <a href="https://t.co/kZftOeA9Tw">pic.twitter.com/kZftOeA9Tw</a></p>&mdash; ファジアーノ岡山スタッフ公式 (@fagiano_koho) <a href="https://twitter.com/fagiano_koho/status/1811642898485498030?ref_src=twsrc%5Etfw">July 12, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.07.12 16:00 Fri
ファジアーノ岡山は11日、2023シーズン限りで契約満了となっていたMF疋田優人(26)の移籍先決定を発表した。 疋田はカンボジアのボンケットFCに完全移籍することとなる。 疋田は関西学生サッカーリーグ1部3連覇を成し遂げた大阪体育大学を経て、2021年に岡山へ加入。ルーキーイヤーにJ2リーグ12試合で3ゴールと順調にプロキャリアを歩み始めたが、2年目の2022シーズンは3試合出場にとどまった。 2023シーズンは愛媛FCに期限付き移籍すると、明治安田生命J3リーグで18試合1得点を記録。しかし、そのまま岡山も退団していた。 疋田はクラブを通じてコメントしている。 「ファジアーノ岡山に関わるすべての皆さま。3年間ありがとうございました。岡山で過ごした日々は間違いなく選手として、人間として成長できたと感じています」 「特に「子どもたちに夢を!」というクラブ理念は僕の追い求めるサッカー選手像になりました。今後は岡山の地で『トモニタタカウ』ことはできませんが、どこへ行っても子どもたちに夢を与えられる選手になれるよう頑張っていきます」 「最後に、岡山で特別な功績を残すことができず悔しいですが、デビュー戦での終了間際の同点ボレーシュートだけでも疋田優人の記憶として覚えていただけていたら嬉しいです。たくさんのご支援、ご声援ありがとうございました」 2024.07.11 22:50 Thu
ファジアーノ岡山は11日、流通経済大学に在学中のMF藤井海和(21)の2025シーズン内定を発表した。 埼玉県出身の藤井は、U-17から世代別の代表候補となり続けており、2022年にはU-23代表としてカンボジア遠征にも参加。クラブは選手の特徴として「強度の高い守備とボール奪取力を備え、豊富な運動量で攻撃にも関われる選手。チームのために戦えるハードワーカー」と紹介している。 来シーズンからプロの舞台に立つことが決まった藤井。クラブを通じて夢の実現を喜んでいる。 「2025シーズンより、ファジアーノ岡山に加入することになりました、流通経済大学の藤井海和です。幼い頃からの夢であったプロサッカー選手を、ファジアーノ岡山という素晴らしいクラブで始められることを大変嬉しく思います」 「これまで支えてくださった方に感謝を忘れず、僕が夢を与えてもらえたように、サポーターの皆さま、そして子どもたちに夢を与えられるような選手になります。1日でも早くシティライトスタジアムに立ち、勝利に貢献できるように頑張ります。よろしくお願いします」 2024.07.11 15:50 Thu
ザスパ群馬は9日、サンフレッチェ広島のMF仙波大志(24)が期限付き移籍で加入することを発表した。 移籍期間は2024年7月10日から2025年1月31日までとなり、広島との公式戦には出場できない。背番号は「44」で、11日から合流する。 仙波は、広島の下部組織育ちで、ジュニア、ジュニアユース、ユースと昇格。その後、流通経済大学へと進学し、2022年に加入した。 2022年途中からファジアーノ岡山へ武者修行に出ており、およそ2年間でJ2通算62試合4得点を記録。今シーズンは明治安田J2リーグで11試合1得点、YBCルヴァンカップで2試合1得点、天皇杯で1試合に出場していた。 群馬は「ボールコントロールに長けた司令塔。足元の高い技術を活かしたパス、ドリブル、シュートで決定的場面の創出が出来る」とプレースタイルを紹介している。 仙波は両クラブを通じてコメントしている。 ◆ザスパ群馬 「仙波大志です!勝利のために全力でプレーします!ファン・サポーターの皆さん、これからよろしくお願いします!」 ◆サンフレッチェ広島 「ザスパ群馬に行ってきます!必要とされる選手になってきます!」 ◆ファジアーノ岡山 「2年間本当にありがとうございました。たくさんの経験を得ることができ,サッカー選手として成長できたのはファジアーノ岡山のおかげだと思っています」 「ファン・サポーターの皆さんの期待になかなか応えられず、本当に申し訳ありません。J1昇格を心から願っています。ファジアーノ岡山大好きです。ありがとうございました!」 群馬は今シーズンのJ2で勝ち点12で最下位に位置。残留ラインの水戸ホーリーホックとは勝ち点差が「10」と苦しい状況に。7日に16試合ぶりの白星を記録していたが、サガン鳥栖のFW河田篤秀(31)を完全移籍で、FW樺山諒乃介(21)を育成型期限付き移籍で、V・ファーレン長崎からMF瀬畠義成(23)を育成型期限付き移籍で獲得し、巻き返しを図ろうとしている。 2024.07.09 13:40 Tue
ファジアーノ岡山は7日、いわきFCからDF嵯峨理久(26)の完全移籍加入を発表した。背番号「23」をつける。 嵯峨はヴァンラーレ八戸U-12、ウインズFC、青森山田高校、仙台大学を経て、2021年に当時日本フットボールリーグ(JFL)のいわき入り。チームがJリーグ参入を果たしてからもいわきでプレーを続け、今季の明治安田J2リーグでは6試合に出場中だった。 新天地を通じて「はじめまして! いわきFCから来ました、嵯峨理久です。ファジアーノ岡山の勝利ために精一杯頑張ります。よろしくお願いします!」と挨拶すると、いわきでは長文にて、これまでを振り返りながら、別れの言葉を送った。 「このたび、ファジアーノ岡山に移籍することになりました。まずはいわきFCに関わる全ての皆様、3年半本当にお世話になりました。この時期ということもあり非常に悩みましたが移籍を決断しました。自分の決断を尊重してくれたクラブに心から感謝しています」 「JFLからJ2まで、いわきFCで自分はキャリアを進めチームと共に成長させていただきました。 いわきFCに入団した日、JFL優勝、J3昇格した日、Jリーガーになった日、J3優勝、J2昇格した日、怪我で中々サッカーができなかった日、苦しかったリハビリの日。いわきFCでは自分のサッカー人生において最高と最悪の日を過ごしました」 「ただどんな時も自分の成長と向き合ってくれた大倉社長、雄三さんをはじめとするとするクラブスタッフの皆さん、怪我で苦しんでた時にサポートしてくれたメディカルの皆さん、ずっと応援していただいているサポーターの皆さん、いつもご支援していただいているスポンサーの皆さん」 「沢山の方のおかげで自分はいわきFCでプレーできたと思っています。このような形での移籍になりますが、自分がこれから活躍している姿を見てもらうことが1番の恩返しだと思っています。『この選択を正解にするんだ』という強い気持ちを持って、謙虚に、貪欲に岡山の地で頑張ります。いわきFCの今後の活躍を祈ってます。またどこかで会いましょう。ありがとうございました。浜を照らす光であれ」 2024.07.07 15:45 Sun

J2の関連記事

明治安田J2リーグ第24節の8試合が14日に行われ、首位交代が起こった。 前節終了時でV・ファーレン長崎が勝ち点50で首位を走り、同49で横浜FCと清水エスパルスが追う構図の上位3チーム。得失点差で3位だった清水だが、長崎と横浜FCが揃って引き分けるなか、唯一の勝利を掴み、首位返り咲きに成功した。 そんな清水は14位大分トリニータとのアウェイゲーム。先の天皇杯で川崎フロンターレを撃破して勢い十分の大分が相手だったが、33分に敵陣中央でのボール奪取から北川航也が繋ぎ、ボックス右からルーカス・ブラガの右足で清水が先手を奪う。 そんな清水は1-0の点差で最終盤に入り、大分もゴールに迫るが、89分のカウンターからボックス右の北爪健吾が跳ね返りを拾って再び折り返し、最後は乾貴士が右足。3連勝で勝ち点を「52」の伸ばして、首位奪還を果たしている。 首位から陥落の長崎は15位ヴァンフォーレ甲府のホームに乗り込み、45+1分に加藤大のゴールで先制したが、47分に村上千歩、58分にピーター・ウタカと連続失点。90+9分に澤田崇の同点弾で22戦無敗としたが、首位堅持とはならず。 2位横浜FCは17位水戸ホーリーホックとのアウェイ戦に臨むが、57分に草野侑己、66分に齋藤俊輔と立て続けに被弾。76分に伊藤翔のゴールで1点を返すと、87分に高橋利樹の一発で追いついたが、勝ち越しとはいかず、連勝が「8」で止まった。 ほかの上位勢では4位ファジアーノ岡山、5位レノファ山口FC、6位ベガルタ仙台、7位ジェフユナイテッド千葉がそれぞれ足踏み。プレーオフの争いでは3位後退の横浜FCが落ちてきたが、4位から6位の顔ぶれは岡山、山口、仙台で変わらずとなった。 ◆第24節 ▽7/13(土) 藤枝MYFC 0-1 愛媛FC 鹿児島ユナイテッドFC 1-1 ザスパ群馬 ▽7/14(日) ブラウブリッツ秋田 1-0 レノファ山口FC 水戸ホーリーホック 2-2 横浜FC ヴァンフォーレ甲府 2-2 V・ファーレン長崎 モンテディオ山形 0-2 いわきFC 栃木SC 1-1 ファジアーノ岡山 ジェフユナイテッド千葉 0-2 ロアッソ熊本 徳島ヴォルティス 2-0 ベガルタ仙台 大分トリニータ 0-2 清水エスパルス 2024.07.14 21:51 Sun
ブラウブリッツ秋田は14日、DF星キョーワァンの戦線離脱を報告した。 横浜FCでのプロ入りから、松本山雅FC、いわきFCでのプレーを挟み、2023年から秋田入りの星。トレーニングマッチ中に負傷し、右前十字じん帯断裂の診断結果を受けた。 全治は9カ月。今季の明治安田J2リーグではここまで1試合に出場していた。 2024.07.14 16:20 Sun
thumb 明治安田J2リーグ第24節の2試合が13日に行われた。 共に降格圏に低迷する鹿児島ユナイテッドFCvsザスパ群馬は、1-1のドローに終わった。 2連敗で18位の鹿児島と、前節16戦ぶりの白星を挙げた最下位の群馬によるシックスポインターは、立ち上がりからホームの鹿児島がやや優勢に進めていく。サイドを起点にシンプルなクロスでファーの選手を使って幾度かチャンスを創出。30分にはボックス左の外山凌がダイレクトボレーを狙うが、これは枠を捉え切れない。対してカウンター主体の戦いとなった群馬は攻撃の回数こそ少ないが、河田篤秀の反転シュートや2戦連発を狙う佐藤亮がフィニッシュに顔を出した。 ゴールレスで折り返した後半も拮抗した展開は変わらず。互いに交代カードを切りながら勝ち点3を意識した戦いを見せるもゴールが遠い。しかし、このままタイムアップかに思われた試合は最終盤に大きく動いた。 まずは90分、鹿児島が自陣中央でのボール奪取から右サイドで背後を狙う有田光希にボールを繋ぐと、そのままボックス付近まで切り込んで有田が放った左足シュートが相手DFにディフレクトする形でゴール右隅に決まった。 頼れるベテランの先制点によってホームチーム勝利かに思われたが、群馬も土壇場で意地を見せた。ほぼラストプレーとなった97分、失点に繋がるボールロストを犯した佐川洸介の足元にボールが入ると、佐川は冷静な左への持ち出しからペナルティアーク付近で左足を一閃。強烈なシュートがゴール右隅の完璧なコースを射抜き、土壇場で追いついた。そして、試合はこのままタイムアップを迎え、後半終盤に打ち合う形となった下位対決は痛み分けに。 中位に位置する藤枝MYFCvs愛媛FCは、アウェイの愛媛が0-1で勝利した。 2連勝で10位に浮上した藤枝と、2試合連続0-4の大敗で9位の愛媛による好対照の両チームが激突した一戦。共に[3-4-2-1]の布陣でスタートした中、ホームの藤枝が主導権を掌握する。そして、完全に相手を崩し切るには至らなかったが、矢村健や西矢健人と前向きの前線や中盤の選手が積極的に足を振っていく。ただ、GK辻周吾を中心に要所で身体を張る愛媛の守備を前に前半のうちにゴールをこじ開けられなかった。 迎えた後半、選手交代によって劣勢の流れを脱した愛媛が完全に押し返すことに成功。すると、69分には右サイドの尾崎優成が早いタイミングで前線に送り込んだクロスをペナルティアーク付近の松田力が絶妙なワンタッチでボックス右のスペースに流すと、これに反応した石浦大雅が冷静に左足でゴール左隅へ流し込んだ。 その後はリスクを冒して前に出るホームチーム、カウンターで背後を狙うアウェイチームという構図の下で一進一退の攻防が繰り広げられたが、互いにゴールを割ることはできず。この結果、敵地で藤枝の連勝を止めた愛媛が3試合ぶりの白星を収めた。 ◆明治安田J2第24節 ▽7/13(土) 藤枝MYFC 0-1 愛媛FC 鹿児島ユナイテッドFC 1-1 ザスパ群馬 ▽7/14(日) 《18:00》 ブラウブリッツ秋田 vs レノファ山口FC 水戸ホーリーホック vs 横浜FC ヴァンフォーレ甲府 vs V・ファーレン長崎 《19:00》 モンテディオ山形 vs いわきFC 栃木SC vs ファジアーノ岡山 ジェフユナイテッド千葉 vs ロアッソ熊本 徳島ヴォルティス vs ベガルタ仙台 大分トリニータ vs 清水エスパルス 2024.07.13 21:30 Sat
栃木SCは13日、「2024 SUMMER LIMITEDユニフォーム」を発表した。 クラブカラーは黄色の栃木だが、「2024 SUMMER LIMITEDユニフォーム」はカーキ色。「夏の過酷なゲームを戦いぬく強さ、激しさ、冷静さを象徴するユニフォーム」とし、「エンブレムを縁取ったデザインが重なり合い、連結している様は連動性と一体感をイメージ」しているという。 背面は前面カーキ色だが、前面はカーキ、ブラック、ベージュが組み合わさったカラーリングに。カーキは「強さとタフさをイメージ」、ブラックは「強さと存在感を示す」、ベージュは「優雅さと洗練されたイメージを追加」しているという。この組み合わせで「視覚的にクールかつ力強い印象」を表現した。 また、GKは同じデザインだが、サックスブルーとブラック、グレーの組み合わせ。サックスブルーは「冷静さと信頼をイメージ」、ブラックは「強さと存在感を示す」、グレーは「安定感と洗練されたイメージを追加」しており、「冷静かつ鋭くゴールを死守し、戦う強さを持つ姿を表現」している。 ファンは斬新なカラーリングに「いいね」、「カーキとは渋い」、「デザインカッコイイ」、「かっこよ」、「まじでかっこいい!」、「なんか新鮮」とコメント。一方で、「腹巻しているのかと」、「遠目に見たら腹巻じゃん」、「チビTに見える」とコメントも集まっている。 この「2024 SUMMER LIMITEDユニフォーム」は8月17日(土)のブラウブリッツ秋田戦、同25日(日)のヴァンフォーレ甲府戦、9月22日(日)の鹿児島ユナイテッドFC戦、同29日(日)のいわきFC戦で着用される。 <span class="paragraph-title”>【動画】栃木がリミテッドユニフォーム発表!斬新なカーキ色は評判だが…</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="_MX4BUiDcQw";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.07.13 14:40 Sat
横浜FCは13日、MF井上潮音(26)の入籍および、第一子誕生を発表した。 26歳MFはクラブ公式サイトで「私事ではありますが、この度入籍したことと、第1子となる男の子が産まれたことを報告させていただきます」とし、妻に対する感謝の言葉とともに、決意を新たにした。 「まずは出産を頑張ってくれた妻と元気に産まれてきてくれた子に心から感謝したいと思います。僕にはサッカーしかないのでサッカーで家族を幸せに出来るようにこれからも精一杯頑張っていきたいと思います。これからも応援よろしくお願いします!」 井上は東京ヴェルディでのプロ入りから、ヴィッセル神戸移籍を挟み、2023年から横浜FCへ。チームとともに1年でのJ1リーグ復帰を目指す今季は司令塔として、ここまで明治安田J2リーグの15試合に出場している。 2024.07.13 13:25 Sat

ファジアーノ岡山の人気記事ランキング

1

岡山がいわきDF嵯峨理久を獲得! 「謙虚に、貪欲に岡山の地で頑張ります」

ファジアーノ岡山は7日、いわきFCからDF嵯峨理久(26)の完全移籍加入を発表した。背番号「23」をつける。 嵯峨はヴァンラーレ八戸U-12、ウインズFC、青森山田高校、仙台大学を経て、2021年に当時日本フットボールリーグ(JFL)のいわき入り。チームがJリーグ参入を果たしてからもいわきでプレーを続け、今季の明治安田J2リーグでは6試合に出場中だった。 新天地を通じて「はじめまして! いわきFCから来ました、嵯峨理久です。ファジアーノ岡山の勝利ために精一杯頑張ります。よろしくお願いします!」と挨拶すると、いわきでは長文にて、これまでを振り返りながら、別れの言葉を送った。 「このたび、ファジアーノ岡山に移籍することになりました。まずはいわきFCに関わる全ての皆様、3年半本当にお世話になりました。この時期ということもあり非常に悩みましたが移籍を決断しました。自分の決断を尊重してくれたクラブに心から感謝しています」 「JFLからJ2まで、いわきFCで自分はキャリアを進めチームと共に成長させていただきました。 いわきFCに入団した日、JFL優勝、J3昇格した日、Jリーガーになった日、J3優勝、J2昇格した日、怪我で中々サッカーができなかった日、苦しかったリハビリの日。いわきFCでは自分のサッカー人生において最高と最悪の日を過ごしました」 「ただどんな時も自分の成長と向き合ってくれた大倉社長、雄三さんをはじめとするとするクラブスタッフの皆さん、怪我で苦しんでた時にサポートしてくれたメディカルの皆さん、ずっと応援していただいているサポーターの皆さん、いつもご支援していただいているスポンサーの皆さん」 「沢山の方のおかげで自分はいわきFCでプレーできたと思っています。このような形での移籍になりますが、自分がこれから活躍している姿を見てもらうことが1番の恩返しだと思っています。『この選択を正解にするんだ』という強い気持ちを持って、謙虚に、貪欲に岡山の地で頑張ります。いわきFCの今後の活躍を祈ってます。またどこかで会いましょう。ありがとうございました。浜を照らす光であれ」 2024.07.07 15:45 Sun
2

岡山が中央大学MF家坂葉光の来季加入内定を発表、東京Vの下部組織育ち「勝利に貢献できるよう頑張ります」

ファジアーノ岡山は12日、中央大学のMF家坂葉光(21)の来季加入内定を発表した。なお、今シーズンは特別指定選手として登録される。背番号は「37」。 家坂は東京都出身で、東京ヴェルディの下部組織育ち。ジュニア、ジュニアユース、ユースと昇格し、中央大学へと進学していた。 今シーズンの関東大学サッカーリーグ1部では9試合に出場し4アシストを記録している。 岡山は家坂について「高い技術と推進力が特長のアタッカー。攻守においてハードワークを厭わない選手」と特長を紹介している。 家坂はクラブを通じてコメントしている。 「2025シーズンより、ファジアーノ岡山に加入することになりました中央大学の家坂葉光です。幼い頃からの夢であったプロサッカー選手のキャリアを、ファジアーノ岡山という素晴らしいクラブでスタートできることを大変嬉しく思います」 「今まで育ててくれた家族や指導者の方々など、私に関わってくださった多くの方のサポートがあり、ここまで辿り着けたと思います。その感謝を忘れることなく全力で戦い、ファジアーノ岡山の勝利に貢献できるよう頑張ります。ファジアーノ岡山に関わる皆さま、応援よろしくお願いします!」 <span class="paragraph-title”>【写真】岡山に来季から加入する中央大学MF家坂葉光</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">【来季新加入内定、およびJFA ・J リーグ特別指定選手認定】<br>このたび、中央大学の家坂葉光選手の来季新加入が内定いたしました。<br>なお、家坂選手はJFA ・J リーグ特別指定選手に認定され、Jリーグへの選手登録手続きが完了次第、ファジアーノ岡山の公式戦に出場可能です。<a href="https://t.co/iNRBMpp7F7">https://t.co/iNRBMpp7F7</a> <a href="https://t.co/kZftOeA9Tw">pic.twitter.com/kZftOeA9Tw</a></p>&mdash; ファジアーノ岡山スタッフ公式 (@fagiano_koho) <a href="https://twitter.com/fagiano_koho/status/1811642898485498030?ref_src=twsrc%5Etfw">July 12, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.07.12 16:00 Fri
3

J2最下位の群馬が今夏4人目の補強! 広島MF仙波大志が期限付き移籍加入…2年間岡山でプレー「勝利のために全力でプレーします!」

ザスパ群馬は9日、サンフレッチェ広島のMF仙波大志(24)が期限付き移籍で加入することを発表した。 移籍期間は2024年7月10日から2025年1月31日までとなり、広島との公式戦には出場できない。背番号は「44」で、11日から合流する。 仙波は、広島の下部組織育ちで、ジュニア、ジュニアユース、ユースと昇格。その後、流通経済大学へと進学し、2022年に加入した。 2022年途中からファジアーノ岡山へ武者修行に出ており、およそ2年間でJ2通算62試合4得点を記録。今シーズンは明治安田J2リーグで11試合1得点、YBCルヴァンカップで2試合1得点、天皇杯で1試合に出場していた。 群馬は「ボールコントロールに長けた司令塔。足元の高い技術を活かしたパス、ドリブル、シュートで決定的場面の創出が出来る」とプレースタイルを紹介している。 仙波は両クラブを通じてコメントしている。 ◆ザスパ群馬 「仙波大志です!勝利のために全力でプレーします!ファン・サポーターの皆さん、これからよろしくお願いします!」 ◆サンフレッチェ広島 「ザスパ群馬に行ってきます!必要とされる選手になってきます!」 ◆ファジアーノ岡山 「2年間本当にありがとうございました。たくさんの経験を得ることができ,サッカー選手として成長できたのはファジアーノ岡山のおかげだと思っています」 「ファン・サポーターの皆さんの期待になかなか応えられず、本当に申し訳ありません。J1昇格を心から願っています。ファジアーノ岡山大好きです。ありがとうございました!」 群馬は今シーズンのJ2で勝ち点12で最下位に位置。残留ラインの水戸ホーリーホックとは勝ち点差が「10」と苦しい状況に。7日に16試合ぶりの白星を記録していたが、サガン鳥栖のFW河田篤秀(31)を完全移籍で、FW樺山諒乃介(21)を育成型期限付き移籍で、V・ファーレン長崎からMF瀬畠義成(23)を育成型期限付き移籍で獲得し、巻き返しを図ろうとしている。 2024.07.09 13:40 Tue
thumb
4

首位長崎が九州ダービー制して無敗継続! 2位横浜FCはクラブ記録の8連勝達成【明治安田J2第23節】

6日、明治安田J2リーグ第23節の9試合が各地で行われた。 第3節から無敗で首位を走るV・ファーレン長崎(勝ち点47)は、ホームで16位ロアッソ熊本(勝ち点24)との九州ダービー。長崎は16分、ボックス内でパスを受けた加藤大がタイミングをずらして流し込み、幸先良く先制する。 さらに22分、再びボックス内で繋ぐと、ラストパスを受けたマルコス・ギリェルメが押し込んで追加点。GK若原智哉の好セーブもあり、そのまま無失点で終えた長崎は、2-0で2試合ぶりの白星を手にした。 7連勝中の2位横浜FC(勝ち点46)は、10位ブラウブリッツ秋田(勝ち点28)とのホームゲーム。前半はカプリーニのハーフウェーライン手前からのロングシュートなどがありながら、惜しくも決まらずゴールレスで試合を折り返す。 それでも72分、櫻川ソロモンが均衡を打破。山根永遠が右サイドからクロスを上げると、ファーサイドでヘディング。これが決勝点となり、横浜FCは連勝をクラブ記録の「8」に伸ばした。 その他、3位清水エスパルス(勝ち点46)は前半の2得点で6位ジェフユナイテッド千葉(勝ち点36)を下し、2連勝。4位ベガルタ仙台(勝ち点38)と5位ファジアーノ岡山(勝ち点37)の上位対決は、ホームの岡山が2-0で勝利し、4位に浮上。18位鹿児島ユナイテッドFC(勝ち点22)に勝利の7位レノファ山口FC(勝ち点35)も、仙台をかわして5位へ順位を上げた。 ◆明治安田J2第23節 ▽7/6(土) いわきFC 0-1 大分トリニータ 横浜FC 1-0 ブラウブリッツ秋田 藤枝MYFC 3-1 水戸ホーリーホック ヴァンフォーレ甲府 1-3 徳島ヴォルティス 清水エスパルス 2-0 ジェフユナイテッド千葉 ファジアーノ岡山 2-0 ベガルタ仙台 モンテディオ山形 1-0 栃木SC V・ファーレン長崎 2-0 ロアッソ熊本 レノファ山口FC 1-0 鹿児島ユナイテッドFC ▽7/7(日) 《19:00》 愛媛FC vs ザスパ群馬 2024.07.06 22:33 Sat
5

岡山、流通経済大MF藤井海和の来季加入内定を発表!「夢を与えられるような選手に」

ファジアーノ岡山は11日、流通経済大学に在学中のMF藤井海和(21)の2025シーズン内定を発表した。 埼玉県出身の藤井は、U-17から世代別の代表候補となり続けており、2022年にはU-23代表としてカンボジア遠征にも参加。クラブは選手の特徴として「強度の高い守備とボール奪取力を備え、豊富な運動量で攻撃にも関われる選手。チームのために戦えるハードワーカー」と紹介している。 来シーズンからプロの舞台に立つことが決まった藤井。クラブを通じて夢の実現を喜んでいる。 「2025シーズンより、ファジアーノ岡山に加入することになりました、流通経済大学の藤井海和です。幼い頃からの夢であったプロサッカー選手を、ファジアーノ岡山という素晴らしいクラブで始められることを大変嬉しく思います」 「これまで支えてくださった方に感謝を忘れず、僕が夢を与えてもらえたように、サポーターの皆さま、そして子どもたちに夢を与えられるような選手になります。1日でも早くシティライトスタジアムに立ち、勝利に貢献できるように頑張ります。よろしくお願いします」 2024.07.11 15:50 Thu

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly