長野が岡山MFデューク・カルロスを育成型期限付き移籍で獲得、昨季は町田でプレー

2022.01.06 16:58 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
AC長野パルセイロは6日、ファジアーノ岡山のMFデューク・カルロス(21)が育成型期限付き移籍で加入することを発表した。

育成型期限付き移籍期間中は、岡山との公式戦には出場できない。

デューク・カルロスは、川崎フロンターレの下部組織出身で、U-15、U-18と昇格し、2016年にはトップチームに2種登録。しかし、昇格は果たせず、2018年に岡山へ加入した。

2021シーズンはFC町田ゼルビアへと期限付き移籍。明治安田生命J2リーグで7試合に出場していた。

新天地となる長野はデューク・カルロスについて「左サイドからのキレのあるドリブル突破でチャンスメイクできる選手」と特徴を紹介している。

デューク・カルロスは長野を通じて「はじめまして。デュークカルロスです。長野サポーターの熱さ、スタジアムの素晴らしさを知っていたので、とてもワクワクしています!チームの力になれるよう覚悟を持って戦います。スタジアムでたくさんの勝利を分かち合いましょう!」とコメントしている。

また岡山を通じては「今年も期限付き移籍でプレーすることになりました。より一層自信をつけて、パワーアップできるように頑張ります!変わらず応援していただけると嬉しいです」と成長を誓った。

町田では1年間のプレーとなったが「1年という短い期間でしたがありがとうございました!初めての移籍で不安もありましたが、皆さんに温かく迎えていただき、とても充実した1年でした。2022シーズンは別のクラブに行きますが、町田のJ1昇格を願っています!」と感謝の気持ちを述べている。


関連ニュース
thumb

長野FW髙窪健人が四国LのFC徳島へ育成型期限付き移籍「持っている力を全て出して闘います」

AC長野パルセイロは26日、FW髙窪健人(23)が四国リーグのFC徳島へ育成型期限付き移籍することを発表した。 移籍期間は2022年5月27日~2023年1月31日までとなる。 髙窪は浦和南高校から中央大学を経て、2021シーズンから長野に入団。2021シーズンは明治安田生命J3リーグで5試合、天皇杯で2試合に出場していたが、今季は出番がなかった。 髙窪は両クラブを通じてコメントしている。 ◆FC徳島 「この度、AC長野パルセイロから育成型期限付き移籍で加入することになりました。 JFL昇格に向け、自分の持っている力を全て出して闘います。よろしくお願いします!」 ◆AC長野パルセイロ 「この度、FC徳島に育成型期限付き移籍することになりました」 「これまでチームに貢献することができず、悔しい気持ちしかありません。この気持ちをぶつけられるチャンスをいただいたので、FC徳島で熱く闘い、成長して帰ってこられるように頑張ってきます!」 2022.05.26 21:06 Thu
twitterfacebook
thumb

1万人超えのJ初”信州ダービー”はゴールレス、いわきがドローに終わり鹿児島が首位浮上【明治安田J3第9節】

明治安田生命J3リーグ第9節の9試合が、15日に各地で行われた。 長野UスタジアムではJリーグの舞台で初となる、AC長野パルセイロvs松本山雅FCの"信州ダービーが"行われた。5位の長野と2位の松本が勝ち点「3」差で迎えた一戦はチケット完売。J3今季最多となる1万3244人の大観衆のもとで火花を散らした。 前半はアウェイの松本が菊井のミドルなどで攻勢を強め、37分には自らの仕掛けで得たFKを横山が直接狙う。3分後にもファーへ逃げる動きでフリーとなった横山が右からのクロスに至近距離で合わせるも、枠を捉えられなかった。 ゴールレスで折り返した後半は長野も古巣対戦となる宮阪のキックなどから好機を見いだすが、決定的とまでいえる場面を作り出せず。終盤にはサイド攻撃を軸に猛攻を仕掛け、90分には宮阪のFKからこちらも古巣対戦となる山本が惜しいヘディングを放つも、最後まで互いにゴールを奪えぬままタイムアップ。勝ち点「1」を分け合っている。 前節、福島ユナイテッドFCとのダービーを制し、J初の首位に立ったいわきFCは、本拠地Jヴィレッジスタジアムに8位の藤枝MYFCを迎えた。 いわきは20分、藤枝のビルドアップに対して前線から圧力を掛けてミスを誘発する。河上のマイナスのパスがボックス手前右の古川のもとへ流れると、古川はボールを流しながら前を向き、左足でのコントロールショットを左隅に沈めた。 59分には有馬がPKを沈めてリードを広げたいわきだったが、66分に自陣ボックス右外でFKを与えてしまい、ニアでクリアを試みた岩渕がオウンゴールを献上。1点差に詰め寄られると、その6分後にはカウンターから押谷にゴールを許し、あっという間に同点とされてしまう。 後半のアディショナルタイムにはクロスから鈴木に決定機が訪れるが決め切れず、試合終了。ドローに終わり、首位の座を明け渡すこととなった。 一方、ダービーに敗れて4位へ後退した福島は、アウェイで16位・ガイナーレ鳥取と対戦。今季初黒星からのリバウンドメンタリティが試される一戦で、攻撃力が爆発した。 13分、福島は左からのCKを獲得すると、北村のキックが中央で堂鼻と新井の競り合いからファーへ流れて高橋がプッシュ。幸先良く先制に成功した。さらにその5分後には、再び北村の左足から追加点。ボックス手前左でFKを得ると、ピンポイントのクロスに大武がドンピシャのヘディングをたたき込んでリードを広げた。 34分には長野が自ら得たPKを沈め、68分には高橋がこの日2点目を記録して大量4点を奪取。守ってもクリーンシートを達成し、4-0の圧勝で2位へ浮上している。 首位へ浮上したのはFC今治とのアウェイゲームを制した鹿児島ユナイテッドFC。前半は中川にネットを揺らされるもオフサイドの判定に救われ、米澤やロメロ・フランクが決定機を迎えるも決め切れず、ゴールレスで終えた。 後半に入って迎えた61分に左CKを得ると、木村のクロスをニアで有田がそらし、広瀬がすべり込みながらプッシュ。加入後初ゴールが決勝点となり、1-0で鹿児島が勝利を収めている。 また、今節から横山監督が指揮を執る14位・FC岐阜は、8分に石津が先制点を挙げ、83分には藤岡が試合を決定づける2試合連続ゴールを奪取。15位・SC相模原を2-0で下し、新体制初戦をものにしている。 ◆第9節 ▽5月15日(日) いわきFC 2-2 藤枝MYFC アスルクラロ沼津 1-1 愛媛FC ガイナーレ鳥取 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">4 福島ユナイテッドFC</span> FC今治 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 鹿児島ユナイテッドFC</span> テゲバジャーロ宮崎 0-0 カマタマーレ讃岐 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ヴァンラーレ八戸 1</span>-0 ギラヴァンツ北九州 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">カターレ富山 5</span>-1 Y.S.C.C.横浜 AC長野パルセイロ 0-0 松本山雅FC <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">FC岐阜 2</span>-0 SC相模原 2022.05.15 21:22 Sun
twitterfacebook
thumb

WE女王INACと皇后杯女王の一戦は浦和Lに軍配! 初の国立開催は1万人を超す観衆が集まる【WEリーグ第21節】

14日、「2021-22 Yogibo WEリーグ」第21節の2試合が各地で行われた。 前節快勝でWEリーグ初代女王の座についたINAC神戸レオネッサは、皇后杯チャンピオンの三菱重工浦和レッズレディースと対戦。WEリーグ初の国立競技場での開催となった。 阪口萌乃のミドルシュートで最初の見せ場を作ったINAC神戸は、30分にGKからのビルドアップを起点にチャンスメイク。自陣でポゼッションし、左の西川彩華が裏へ蹴ると、田中美南と南萌華の走り合いに。交錯はありながらもこれを制した田中がボックス内に侵入し、高橋はなをかわして右足を振り抜くが、GK池田咲紀子の手に当たって左ポストに弾かれた。 反撃に出る浦和は34分に塩越柚歩がミドルを見せると、3分後には猶本光の直接FKがクロスバーに当たるなど、徐々にゴールへ迫っていく。すると41分、菅澤優衣香のスルーパスに反応した塩越がボックス右からクロス。一度はブロックされるも、粘って再び最深部から折り返すと、走り込んだ安藤梢が抑えの効いた一撃を沈め、浦和レディースが先手を取った。 いい時間帯にリードを奪った浦和レディースは後半にも塩越がゴール正面の至近距離でチャンスを迎えるが、決め切れない。さらに、72分には遠藤優の突破がボックス右での中島依美のファウルを誘い、PKを獲得する。だが、左を狙った菅澤のキックはGK山下杏也加が読み切った。 その後は互いにゴールを奪えず、1-0のままタイムアップ。WEリーグ最多となる1万1763人を集めた一戦は、浦和レディースがプライドを見せ、5連勝を収めている。 ホーム最終戦となったAC長野パルセイロ・レディースは、ノジマステラ神奈川相模原と対戦。今季限りでの引退を表明しているGK池ヶ谷夏美が9試合ぶりにゴールを守った。 長野レディースは序盤こそ大久保舞のミドルなどでペースをつかんだが、次第に押し込まれ始めると、伊東珠梨のシュートがバーをたたくなどあわやの場面を作られる。流れを変えようとハーフタイムを待たずして動き、41分、こちらも今シーズンでスパイクを脱ぐ八坂芽依を送り出した。 ゴールレスで後半を迎えると、CKのクリアを処理した際に奥津礼菜がハンドを取られ、ノジマステラにPKを献上。57分に杉田亜未にゴールを許し、ビハインドを負った。 それでもその7分後、ハーフウェーライン付近の左タッチライン寄りでFKを得ると、長いボールを放り込み、瀧澤莉央、瀧澤千聖と頭でのフリックが続き、三谷沙也加もヘディングで押し込んで試合を振り出しに戻した。 以降は互いにゴールが奪えずドローで試合終了。長野レディースは連勝が、ノジマステラは連敗が2でストップしている。 ▽5月14日(土) AC長野パルセイロ・レディース 1-1 ノジマステラ神奈川相模原 INAC神戸レオネッサ 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 三菱重工浦和レッズレディース</span> ▽5月15日(日) 日テレ・東京ヴェルディベレーザ vs マイナビ仙台レディース アルビレックス新潟レディース vs サンフレッチェ広島レジーナ ちふれASエルフェン埼玉 vs ジェフユナイテッド市原・千葉レディース WE ACTION DAY(今節試合なし) 大宮アルディージャVENTUS 2022.05.14 19:21 Sat
twitterfacebook
thumb

浦和Lが仙台Lを下し4連勝でINAC優勝へ待った、長野Lは初の連勝達成【WEリーグ第20節】

7日、「2021-22 Yogibo WEリーグ」第20節の2試合が行われた。 3連勝中の三菱重工浦和レッズレディースはアウェイでマイナビ仙台レディースと対戦した。 INAC神戸レオネッサの優勝を阻止するためには勝ち続けなければならないが、この日は序盤から押し込まれる展開に。古巣対戦となる白木星や推進力のある矢形海優に手を焼いた。 相手とのコンタクトで左ヒザ付近を痛めた矢形が18分にピッチを後にして以降は落ち着いた時間もあったものの、ボールホルダーへのプレッシャーが甘く、簡単に裏を狙われてオフサイドアピールばかりが目立つ。 だが、押し込まれながらもゴールレスで前半をしのぐと、後半は一気に試合が動く。48分、浦和レディースは敵陣中央右でFKを得ると、猶本光の送ったボールを繋いで清家貴子が頭で落とし、最後はゴール前に走り込んだ塩越柚歩がワントラップから流し込んだ。 54分には仙台レディースも白木のゴールですぐさま追い付く。中盤で原伊吹が突いたボールが絶妙なスルーパスとなり、ボックス内まで持ち込んだ白木は豪快な一撃を沈めた。 61分には浦和レディースが先制点と同じような位置でFKを得ると、猶本のクロスに合わせたのは高橋はな。下がりながらの体勢だったが、体を捻っての力強いヘディングを左上に決め切った。 2分後にはまたしてもセットプレーから今度は南萌華。ファーから中央へ入り込む動きでフリーとなり、猶本の右CKクロスを右足で流し込んだ。 連続失点を喫した仙台レディースだったが、79分にこちらもセットプレーから再び反撃。ボックス右のわずかに外でFKを得ると、長野風花のキックに高平美憂が合わせる。菅澤優衣香が触れるもクリア及ばず、シュートはゴールに吸い込まれた。 1点差に迫られた浦和レディースだったが、我慢を重ねてタイムアップ。辛うじて逃げ切り、4連勝でINAC神戸へプレッシャーを掛けた。 また、AC長野パルセイロレディースは大宮アルディージャVENTUSとホームで対戦。序盤から攻勢を強めた長野レディースが44分に先手を取る。 ボックス右で瀧澤千聖のパスを受けた奥津礼菜は、縦に抜ける瀧澤千聖の動きを囮にし、リターンと見せかけてループシュートでネットを揺らすと、このゴールが決勝点に。[3-4-3]から[4-4-2]への布陣変更も奏功し、長野レディースが初の連勝を達成。奥津は2戦連続でヒロインインタビューを受けた。 ▽5月7日(土) マイナビ仙台レディース 2-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 三菱重工浦和レッズレディース</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">AC長野パルセイロレディース 1</span>-0 大宮アルディージャVENTUS ▽5月8日(日) ノジマステラ神奈川相模原 vs INAC神戸レオネッサ サンフレッチェ広島レジーナ vs ちふれASエルフェン埼玉 アルビレックス新潟レディース vs 日テレ・東京ヴェルディベレーザ WE ACTION DAY(今節試合なし) ジェフユナイテッド市原・千葉レディース 2022.05.07 17:20 Sat
twitterfacebook
thumb

優勝王手のINAC神戸が17試合目で初黒星、広島レジーナに敗れ戴冠は持ち越し【WEリーグ第11節】

4日、「2021-22 Yogibo WEリーグ」第11節延期分の3試合が行われた。 引き分け以上で優勝が決まるINAC神戸レオネッサは、4月29日に顔を合わせたばかりのサンフレッチェ広島レジーナとアウェイで再戦した。 INAC神戸は先発の変更を阪口萌乃から西川彩華への1枚にとどめ、広島レジーナは5日前と同じ11人をスタメンで起用。3点のリードから1点差まで詰め寄られた前回対戦だが、この日も勢いは広島レジーナにあった。 7分にボックス右から守屋都弥がシュートを放ったINAC神戸に対し、広島レジーナは10分に中嶋淑乃、3分後に上野真実が立て続けのフィニッシュ。守備もはまって主導権を握ると、28分に先手を取る。 持ち上がった小川愛からの一本のパスで右の深い位置を取り、上野がダイレクトでクロス。大きな山なりのボールはクロスバーに当たり、跳ね返りを中嶋が流し込んでネットを揺らした。 つなぎの部分でミスが多く、前線に起点を作れないINAC神戸は前半シュート1本にとどまった。ビハインドの後半も疲労の影響か優勝へのプレッシャーか、ミスが目立ち、ボール保持のエリアは次第に前進するも、最後の局面で息が合わない。 逆に61分にはカウンターから2対4の数的不利を被るも、川島はるなのシュートはバーの上で救われるなどあわやの場面も見られた。 京川舞や浜野まいかといった前線の選手を投入するも最後まで1点が遠く、INAC神戸は今季初黒星を喫して優勝は次節以降にお預けとなった。 3連敗中の5位・日テレ・東京ヴェルディベレーザはアウェイで最下位のノジマステラ神奈川相模原と対戦した。6分に藤野あおばの2試合連続ゴールで先制に成功すると、80分には菅野奏音が追加点を挙げてリードを広げ、2-0で快勝。4試合ぶりの白星を手にしている。 長野Uスタジアムでは9位・AC長野パルセイロ・レディースと4位・マイナビ仙台レディースが激突。50分にショートコーナーから奥津礼菜の今季2得点目が生まれると、これが決勝点となり、AC長野がリーグ戦再開後初勝利を飾った。 ▽2021年12月18日(土) ジェフユナイテッド市原・千葉レディース 1-1 大宮アルディージャVENTUS ▽2022年5月3日(火・祝) アルビレックス新潟レディース 2-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">4 三菱重工浦和レッズレディース</span> ▽2022年5月4日(水・祝) ノジマステラ神奈川相模原 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 日テレ・東京ヴェルディベレーザ</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">サンフレッチェ広島レジーナ 1</span>-0 INAC神戸レオネッサ <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">AC長野パルセイロ・レディース 1</span>-0 マイナビ仙台レディース WE ACTION DAY(今節試合なし) ちふれASエルフェン埼玉 2022.05.04 17:10 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly