PSVの元オランダ代表MFプレパーが30歳で電撃引退! 今季16試合出場もプレーへの情熱失う…

2022.01.05 00:18 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
PSVは4日、元オランダ代表MFダヴィ・プレパー(30)の現役引退を発表した。

現在はヒザのケガにより、約1カ月半の戦線離脱を強いられているプレパーだが、今シーズンここまではエールディビジで首位に立つチームで公式戦16試合に出場し、1ゴール1アシストを記録していた。

しかし、現役真っ盛りと思われた30歳MFはPSVとの間に残していた1年半の契約を全うすることなく、このタイミングでの電撃引退を発表することになった。

「クリスマス前に選手生活にピリオドを打つという最終決断を下し、ホッとした気分だよ。だから、自分の選択は正しかったと思う」

「海外にいたときは、だんだん試合に対する愛情が薄れていったんだ。最高のパフォーマンスを発揮するために必要な規律を守ることも、多忙なフットボールのスケジュールに人生を支配されることも、僕にとっては難しいことだった。コロナウイルスの問題や、親戚や友人との交流がないことも、僕にとっては良いことではなかった」

「その中でクラブが再び僕を歓迎してくれたことに感謝しているんだ。フットボールをする喜びを再発見したかったけど、フットボールの世界に馴染めず、そううまくはいかなかった。これ以上、フットボール界に関わりたくないんだ」

プレーすることへの情熱の欠如、昨今のフットボール界を巡る様々な問題を理由に、スパイクを脱ぐ決断を下したプレパー。だが、現時点で明確なセカンドキャリアのプランはなく、今後は家族との時間を大事にしながら自身の将来を考えていくことになるようだ。

「自分の興味が何なのか、何に挑戦するのか、時間をかけて見極めていくよ。もちろん、僕には美しい瞬間がたくさんあったし、それは大切にしていきたい。フットボールが恋しくなるかどうかはこれからだけど、新しいことに集中する準備はできているよ。これまで支えてくれた家族、親戚、友人たちに感謝したい。今、彼らに投資するときが来たんだ」

2009年にフィテッセでプロキャリアをスタートしたプレパーは、2015年にPSVへ完全移籍で加入。185cmと恵まれた体躯を誇る同選手は、セントラルMFを主戦場に攻守両面で貢献できる、オランダでいう「6番」や「8番」タイプのプレーヤー。

PSVでは在籍期間に通算105試合に出場し、23ゴール21アシストを記録。2015-16シーズンのエールディビジ制覇、2度のヨハン・クライフ・スハール制覇に貢献。また、2017年から在籍したブライトンでも中盤の主力として活躍していた。

2015年6月のアメリカ代表戦でデビューを飾ったオランダ代表では通算17試合に出場し3ゴールを記録していた。


関連ニュース
thumb

「ロッベンやん」日本代表復帰の堂安律がゴール集動画を公開「黄金の左足」

PSVに所属する日本代表MF堂安律が自身のゴール集を公開した。 アルミニア・ビーレフェルトへのレンタル移籍からPSVに復帰した今季の堂安は、エールディビジ24試合で8ゴール1アシストを記録。KNVBベーカーやヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)を含めると、公式戦39試合で11ゴール3アシストの成績を残した。 6月に行われるキリンチャレンジカップ2022、キリンカップサッカー2022の日本代表メンバーにも久々の招集を受けた堂安だが、25日に自身のSNSを更新。今季マークした11ゴールをまとめた動画を公開した。 マン・オブ・ザ・マッチに輝いたエールディビジ第12節のフォルトゥナ・シッタート戦の2ゴールやECLでの初ゴールなど、武器である左足のゴールが中心の動画には「ロッベンやん」、「黄金の左足」、「何度見ても最高」、「代表楽しみ」といった期待の声が寄せられている。 3月末のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のメンバーからは漏れたものの、クラブで着実に結果を残した堂安。6月の試合ではさらなるアピールに成功できるか。 <span class="paragraph-title">【動画】ロッベンばりのコントロールシュートも炸裂!堂安律の全11ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="MVOQuhH1dBk";var video_start =0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.26 06:15 Thu
twitterfacebook
thumb

噂された堂安律との確執は「事実ではありません」と森保監督が完全否定、久々招集の鎌田大地には「自分の存在を常に見せ続けていた」

20日、キリンチャレンジカップ2022、キリンカップサッカー2022に臨む日本代表メンバー28名が発表された。 3月のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選を終えてからおよそ2カ月が経つ中で、本大会に向けた貴重な4試合を6月に行うこととなる。 キリンチャレンジカップでは、パラグアイ代表とブラジル代表と対戦。また、キリンカップサッカーでは、ガーナ代表と対戦し、チリ代表かチュニジア代表ともう1試合を戦うこととなる。 今回のメンバーには、先日のヨーロッパリーグ(EL)決勝で見事に優勝を果たしたMF鎌田大地(フラクフルト)やKNVBベーカー(国内カップ戦)を優勝したMF堂安律(PSV)が久々の招集となったが、森保一監督がその理由について言及した。 「大きな変化が彼らにあったかどうかは分かりませんが、彼らは所属チームで自分の存在を常に見せ続けていたと。良いプレーをしていたというのを見ています」 「大きく変わったところは今度会うことを楽しみにしていますが、2人ともタイトルを獲ったということ。そのタイトルを獲った自信というのは、彼らの力に上乗せされると思うので、雰囲気が変わっていたり、さらに貪欲に向上心を見せてくれることを期待しています」 鎌田は今季の公式戦で46試合に出場し9ゴール4アシスト、堂安は39試合で11ゴール3アシストと、共に数字という点でも結果を残していた。 現在採用している[4-3-3]ではなかなかポジションがないということもあったと考えられるが、インサイドハーフについては「形は1つだけではなく、チームコンセプトの中システムを変えて、選手の良さを発揮してもらうことも考えたいと思います」とし、[4-3-3]以外で起用する可能性を示唆した。 なお、堂安については一部で確執が噂されたものの、森保監督は「事実ではありません」と完全に否定。「色々な選手を招集して欲しいという基準をみなさん持っていると思われますが、選手を呼べる枠は決まっているので、全ての選手を呼ぶことは保証できません。良い選手がたくさんいるので、コンディションや戦い方で選手の選出は変わってきます」と語り、様々な理由で呼べないこともあると語った。 <span class="paragraph-title">【動画】堂安律、PSVで魅せる輝き</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJFRDZNYzhTdCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2022.05.20 15:40 Fri
twitterfacebook
thumb

ベンフィカ、今季限りでPSV退任のロジャー・シュミット監督を招へい! 2年契約での合意を発表

ベンフィカは18日、ロジャー・シュミット氏(55)との新監督就任合意を発表した。契約期間は2024年6月30日までの2年となり、来週中に正式発表となる予定だ。 ベンフィカではジョルジェ・ジェズス前監督が選手たちとの確執によって、昨年12月に双方合意の下で退団。Bチームを率いるネウソン・ヴェリッシモ監督が暫定的に後を引き継いでいた。 チャンピオンズリーグ(CL)ではアヤックスを破ってベスト8進出を果たすも、国内の戦いでは2つのカップ戦で敗退し、プリメイラ・リーガではポルトとスポルティングCPに大きく水を空けられ、辛くもCL出場圏内の3位でフィニッシュしていた。 一方、レッドブル・ザルツブルクを率いた時代に新進気鋭の若手指揮官として注目を集めたシュミット氏は、以降レバークーゼン、北京国安を指揮し、2020年4月にPSVの指揮官に就任。直近2シーズンはいずれもエールディビジでアヤックスに次ぐ2位でシーズンを終えるも、今シーズンはKNVBカップ制覇に導いていた。 今年2月に今季限りでのPSV退団を発表していた中、既報通りリスボンを新天地に選択した。 2022.05.19 06:30 Thu
twitterfacebook
thumb

「代表にはどうしても必要」PSVで結果を残す堂安律を推す声多数「試さない手はない」

公式戦11ゴール目をマークしたPSVのMF堂安律に対する期待度がさらに上昇している。 エールディビジで2位につけるPSVは11日、第33節で9位のNECをホームに迎え、3-2で勝利を収めた。 堂安はボランチの一角で先発。見慣れないポジションでのプレーだったが、輝きを放った。 立ち上がり4分にいきなり決定機を迎え、ゴールレスで迎えた26分には貴重な先制点を奪取。ゴール正面やや左でパスを受けると、ワントラップから助走なしで左足を振り抜き、鋭い一撃を左隅に突き刺した。 堂安は今冬に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選、中国代表戦とサウジアラビア代表戦の日本代表メンバーに招集されていたが、3月末の同予選には招集されていなかった。 そのため、「確実にレベルアップしてる。特にシュート精度は代表でも1番じゃないか?」、「田中碧より堂安使って欲しい」、「やはり堂安を試さない手はない」、「代表にはどうしても堂安の力が必要」などの、声が上がっている。 6月にはブラジル代表戦を含めた強化試合が控えている日本。地を這う強烈なミドルを沈めたレフティーも、日の丸を背負って輝くことを期待される1人だろう。 <span class="paragraph-title">【動画】堂安律の11ゴール目!地を這う強烈ミドル!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Japanese power <br>Very good goal <a href="https://twitter.com/doan_ritsu?ref_src=twsrc%5Etfw">@doan_ritsu</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/PSVNEC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#PSVNEC</a> <a href="https://t.co/VYtWrg5CGJ">pic.twitter.com/VYtWrg5CGJ</a></p>&mdash; PSV (@PSV) <a href="https://twitter.com/PSV/status/1524626696959406087?ref_src=twsrc%5Etfw">May 12, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.12 20:30 Thu
twitterfacebook
thumb

PSV堂安律がボランチで公式戦11発目! 逆転Vならずも勝利に貢献《エールディビジ》

PSVの堂安律が今季の公式戦11ゴール目をマークした。 残り2試合のエールディビジで首位のアヤックスを4ポイント差で追いかけ、2位につけるPSV。11日の第33節で9位のNECをホームに迎え撃った。 逆転優勝にもう足踏みが許されないチーム状況のなか、堂安はボランチの一角で先発。見慣れないポジションでのプレーだったが、輝きを放つ。 26分にチームが敵陣に押し上げるなか、バイタルエリア左でパスを受けた堂安がワンタッチしてから助走なしで左足を一閃。左に突き刺さった。 代表返り咲きにアピールを続ける23歳レフティーのリーグ戦8得点目でリードしたPSVはその1点を皮切りにグティエレス、ザハビもネットを揺らす。 3点リードに成功してから2失点を喫したPSVだが、88分に堂安を下げたりと交代も駆使して時間を進め、3-2で勝利。2試合ぶりの白星で飾った。 これで連続無敗も「12」に伸ばしたPSVだが、同時刻キックオフの首位アヤックスも勝利で4ポイント差をキープ。最終節を待たずして、アヤックスの連覇が決まった。 PSV 3-2 NEC 【PSV】 堂安律(前26) グティエレス(前36) ザハビ(後16) 【NEC】 ドゥエルン(後21) オキタ(後27) <span class="paragraph-title">【動画】堂安律の11ゴール目!地を這う強烈ミドル!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="XND1maas92Y";var video_start = 106;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.12 08:05 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly