チェルシーがリーグ3戦ぶりの白星! 途中投入ルカクが3カ月ぶりのリーグ弾にダメ押しのPK奪取!《プレミアリーグ》

2021.12.27 04:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第19節、アストン・ビラvsチェルシーが26日にビラ・パークで行われ、アウェイのチェルシーが1-3で勝利した。

直近の2試合連続ドローによって上位2チームとのポイント差が広がり始めている3位のチェルシー(勝ち点38)は、リーグ3戦ぶりの白星を目指して10位のアストン・ビラ(勝ち点22)とのアウェイゲームに臨んだ。

負傷者やコロナ陽性者によって主力の不在が続く中、トゥヘル監督は2-0で勝利したEFLカップ準々決勝のブレントフォード戦からマルコス・アロンソ、チャロバーを除く先発9人を変更。カンテやリュディガー、ジョルジーニョが先発に復帰し、前線には新型コロナウイルスから回復したハドソン=オドイがマウントとプリシッチと共に3トップを形成した。

コロナ陽性で指揮官ジェラード不在となったホームチームに対して、やや様子見の入りを見せたチェルシー。徐々にボールを握りながら高い位置を取る両ウイングバックを起点に相手を広げながらチャンスを窺う。だが、相手の集中した守備を前に決定機まで持ち込めない。

逆に、自陣に相手を引き込んで両ウイングバックの背後にワトキンスやイングスを走らせる形の攻めを徹底するビラの攻撃に手を焼き、幾度も引っくり返される際どいシーンを作られた。

すると、28分には自陣深くに押し込まれた流れで自陣右サイドからターゲットにクロスを上げられると、手前でヘディングでのクリアを試みたリース・ジェームズのクリアミスがゴール右隅の完璧なコースに決まった。

不運な形から先制を許したチェルシーだったが、すぐさまスコアをタイに戻す。33分、ボックス左に抜け出したハドソン=オドイがDFキャッシュに倒されてPKを獲得。これをキッカーのジョルジーニョがきっちり決めた。

1-1のイーブンに戻った試合はここから再び膠着状態に。チェルシーがボールを握り、ビラがカウンターで応戦する形が続く中、ホームチームがより良い形でフィニッシュまで持ち込んだが、イングスらの再三のシュートはチェルシー守備陣が身体を張ったブロックで阻止した。

結局、前半の内に勝ち越せなかったチェルシーはチャロバーを下げてルカクをハーフタイム明けに投入。この交代でジェームズが3バックの右、プリシッチが右ウイングバックにポジションを移した。

この交代とハーフタイムの修正によって良い形で押し込む入りを見せたチェルシーは、56分に逆転に成功する。相手ボックス付近まで運んだジョルジーニョがタメを作って左サイドに張るハドソン=オドイに繋ぐと、ハドソン=オドイが右足インスウィングで入れたクロスに対して、DFミングスの死角からうまく前に入ったルカクが頭で右隅へ流し込んだ。

なお、ルカクがリーグ戦で最後にゴールを挙げたのは、9月11日に行われた第4節のビラ戦。出場試合では9戦ぶりとなる今季4点目となった。

主砲の久々のゴールによって試合を引っくり返したチェルシーは、得点前に下げていたチアゴ・シウバに続き、63分にはカンテを下げてコバチッチを投入。30分近くを残して3枚の交代カードを使い切る。

ここから逃げ切りを意識しながらも、3点目を奪うチャンスが訪れる。67分、ボックス右に抜け出したマウントが不用意に飛び出したGKをかわして無人のゴールへシュートを放つが、これはわずかに枠の右へ外れた。

絶好機を逸したチェルシーは、攻撃的なカードを切って前に出るビラの攻撃をうまく受け止めながら時計を進めていく。88分にはコバチッチのお膳立てからハドソン=オドイに決定機も、ここはGKマルティネスの好守に阻まれて試合を殺せない。

直近2試合連続ドロー中の状況において最少得点差での試合最終盤の戦いは非常にセンシティブなものとなったが、ルカクが再びチームを救った。92分、ロングカウンターの場面でDFターゲットと完璧に入れ替わったルカクはそのまま相手を引きずりながらボックス内へ侵入すると、後方からDFコンサに倒されてPKを獲得。これをジョルジーニョが冷静に決め切った。

この直後に試合はタイムアップを迎え、途中投入ルカクの逆転ゴールとPK奪取の活躍によってチェルシーがリーグ3戦ぶりの白星を手にした。

関連ニュース
thumb

チェルシーがフランス代表DFパヴァールに関心? バイエルンでの序列低下は確実か

チェルシーがバイエルンのフランス代表DFバンジャマン・パヴァール(26)に関心を寄せているようだ。イギリス『インデペンデント』が伝えている。 フランス代表として2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)を制したパヴァールは、翌年夏にシュツットガルトからバイエルンに加入。この3年間は主力としてプレーしており、2021-22シーズンも公式戦36試合に出場した。しかし、クラブは今夏アヤックスからモロッコ代表DFヌサイル・マズラウィ(24)を獲得。安泰かに思われていたその座も揺らぐことになった。 サッカージャーナリストのフロリアン・プレテンバーグ氏によると、チェルシーがパヴァールを高く評価するポイントはユーティリティ性とのこと。バイエルンでは本職とする右サイドバックのほか、1列上のサイドハーフやセンターバックをこなしており、まさしく現在のチェルシーが求めている人材のようだ。 チェルシーはドイツ代表DFアントニオ・リュディガーらセンターバックの主力2選手が契約満了で退団となり、中央と右サイドバックを兼務する主将のセサル・アスピリクエタも未だ去就が不透明。トーマス・トゥヘル監督にとって、最も理想的な解決策がパヴァールとみられている。 なお、パヴァールに対しては、アトレティコ・マドリーとユベントスも関心を寄せているとのことだ。 2022.07.05 15:30 Tue
twitterfacebook
thumb

プレミアで立見席が復活、過去の悲劇乗り越え厳格な規制のもとに順次導入

プレミアリーグとチャンピオンシップ(イングランド2部)で、立見席が復活することが許可されたようだ。イギリス『BBC』が報じた。 プレミアリーグのクラブでは、1990年代初頭に全てが座席になるスタジアムができ始め、現在のプレミアリーグのスタジアムでは立見席は存在しない。 これは過去にスタジアムで起きた「ヒルズボロの悲劇」と呼ばれる事故の影響もあり、立見席が禁じられていたことも影響。ただ、観客は着席するはずのエリアで立ち見を続けており、特にゴール裏ではどのスタジアムでも立ち見が行われている状況だ。 そんな中、2022-23シーズンからの導入を前に、2021-22シーズンの後半戦で、チェルシー、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、トッテナム、カーディフ・シティの5クラブは、政府の委託を受けて「早期導入者」としての試験に参加していた。 また、2022-23シーズンはブレントフォード、QPR、ウォルバーハンプトンが、ホームとアウェイで指定した座席エリアでの立ち見を行うこととなる状況。他クラブもシーズン中に参加する可能性がある。 さらにウェンブリー・スタジアムでは、シーズン後半に行われる国内での試合において、ファンに向けて小規模な指定立見席を用意するという。 なお、立見席を設けるためには、CCTV(防犯カメラ)の強化、スチュワードのトレーニング、ファンが個人のスペースを厳格に守ることなどの厳しい条件が設けられるという。 イギリスのデジタル・文化・メディア・スポーツ大臣であるナディン・ドリーズ氏は、立見席の復活についてコメントした。 「しっかりとした試験、徹底的な検証、近代的な技術のおかげで、我々のグラウンドで再び立ち見を許可する準備が整った」 「我々はテラス席を復活させるのではなく、厳しい安全基準を満たしたクラブにのみ許可される」 2022.07.05 12:35 Tue
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、ケシエに続きクリステンセンの獲得を公式発表! 契約解除金は5億ユーロに

バルセロナは4日、チェルシーを退団したデンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセン(26)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は2026年6月30日までで、契約解除金は5億ユーロ(約707億円)に設定されている。 なお、7日にシウタ・エスポルティバのクラブオフィスで契約書へのサイン、その後にトレーニング場で新ユニフォームを着用してのお披露目、同施設のプレスルームで入団会見が行われる予定だ。 チェルシーの下部組織で育ったクリステンセンは、2015年7月にファーストチームに昇格。トップチーム定着までは時間がかかったが、ここ数シーズンは主力として最終ラインを支えた。 とりわけトーマス・トゥヘル監督の就任以降は存在感を増し、昨季はビッグイヤー獲得に貢献。決勝のマンチェスター・シティ戦では、負傷したDFチアゴ・シウバに代わって前半途中から出場し、クリーンシートで優勝に貢献した。 今季も引き続き主力を担ったが、契約最終年となったチェルシーからの延長オファーに応じることなく、6月11日に丸10年を過ごしたチェルシーからの退団が公式に発表されていた。 2022.07.04 23:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ファン望むニャブリのアーセナル復帰はなし…クラブは獲得に関心示さず

ドイツ代表FWセルジュ・ニャブリ(26)のアーセナル復帰の可能性は非常に低いようだ。 アーセナルは今夏の移籍市場で、ブラジル人FWマルキーニョス(19)を獲得したほか、マンチェスター・シティのブラジル代表FWガブリエウ・ジェズス(25)獲得を決定的なモノとしている。 さらに、現在はリーズ・ユナイテッドのブラジル代表FWハフィーニャ(25)を前線補強の最終戦事項に定めている。 ただ、ハフィーニャに関しては選手自身が移籍を熱望するバルセロナ、チャンピオンズリーグ(CL)出場権と好条件のオファーを掲示するチェルシーという競合2クラブを前に後れを取っている状況だ。 そういったこともあり、識者や多くのアーセナルファンの間では、かつてアカデミーとトップチームに在籍し、現在はワールドクラスのアタッカーに成長したニャブリの復帰を望む声が挙がっている。 だが、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、ドイツ代表FWはアーセナルの獲得リストに入っておらず、クラブとして獲得に動いていないという。 現在、その他のターゲットの交渉を優先事項としており、今後クラブがニャブリの獲得に動く可能性は残されているが、マンチェスターの2チームに加え、チェルシー、レアル・マドリーなどの競合がすでに動きを見せている状況において、争奪戦を逆転で制することは非常に困難となるはずだ。 なお、バイエルンとの現行契約が2023年までとなっているニャブリは、これまで幾度となく延長交渉を行ってきたが、フランス代表FWキングスレー・コマンや、ドイツ代表FWレロイ・サネと同等のサラリーアップを求める選手サイドの要求をクラブが拒否しており、今夏、あるいは来夏のフリートランスファーでの退団が既定路線となっている。 2022.07.04 15:51 Mon
twitterfacebook
thumb

ニューカッスルがチェルシーの若手長身FWに興味、昨季はプレミアで6ゴール

ニューカッスルが、チェルシーのアルバニア代表FWアルマンド・ブロヤ(20)の獲得に熱心なようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ブロヤはアルバニアとイングランドをルーツに持ち、チェルシーのアカデミーで育ってきた。 これまで、フィテッセ、サウサンプトンへのレンタル移籍を経験。フィテッセでは、公式戦34試合で11ゴール3アシスト、サウサンプトンでは公式戦38試合で9ゴール1アシストを記録。2021-22シーズンはサウサンプトンで、プレミアリーグ32試合に出場し6ゴール1アシストを記録していた。 チェルシーのファーストチームでも2019-20シーズンのプレミアリーグで1試合に出場しデビューを果たしている。 ブロヤに対しては、サウサンプトンが興味を持っている他、ウェストハムが今夏のトップターゲットとしており、3000万ポンド(約49億円)のオファーを出しているとも言われている。 ニューカッスルはレンタル移籍での獲得を目論んでいるようだが、成長著しい若手ストライカーを射止めるのはどこになるだろうか。 2022.07.04 13:20 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly