湘南が来季も鹿島DF杉岡大暉の期限付き移籍加入を発表「湘南ベルマーレが更に上に行けるように頑張ります」

2021.12.24 12:25 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
湘南ベルマーレは24日、鹿島アントラーズから期限付き移籍中のDF杉岡大暉(23)について、期限付き移籍期間を延長することを発表した。

新たな期限付き移籍期間は2023年1月31日まで。鹿島との公式戦には出場できない。

杉岡はFC東京の下部組織出身で、市立船橋高校から2017年に湘南に入団。2020年に鹿島へと完全移籍するが、出番がほとんどなく、今季途中に期限付き移籍で湘南に戻っていた。

湘南では今シーズンの明治安田生命J1リーグで8試合に出場。加入直後は出番を掴んでいたが、終盤はケガで離脱していた。

杉岡は両クラブを通じてコメントしている。

◆湘南ベルマーレ
「この度鹿島アントラーズからの期限付き移籍期間を一年間延長することになりました。今年、大事な時に怪我で力になれなかった分、来年はチームに貢献して湘南ベルマーレが更に上に行けるように頑張ります。改めてよろしくお願いします」

◆鹿島アントラーズ
「このたび、湘南ベルマーレへの期限付き移籍期間を1年間延長することになりました。しっかりと1年間試合に出て、成長した姿を見せられるように頑張ってきます」

関連ニュース
thumb

シュツットガルト遠藤航がチームに合流、期待と歓迎の声多数「おかえりレジェンド」

シュツットガルトの日本代表MF遠藤航の新シーズンが始動した。 5月14日に昨季ブンデスリーガの最終節で劇的な残留を決め、2年連続でリーグのデュエル最多数を記録した遠藤。日本代表の6月シリーズにも全4試合で先発出場を果たし、ようやくのオフ期間には所属したJクラブや恩師の元を訪ねるなどしていた。 フル稼働が続いていた戦士は束の間の休息を経て、再びドイツへ。クラブ公式ツイッターが4日に合流した旨を投稿。「#LegEndo」のタグを付け、パフォーマンステストを行う遠藤の様子を公開した。 遠藤自身も動画を引用し、「ドイツに帰ってきました〜!新シーズンに向けて良い準備を」と綴れば、国内外のファンからも「おかえりレジェンド」、「新シーズンも活躍楽しみにしてます」、「VfBを上位に導いてください」など、期待のこもった声が寄せられた。 遠藤と同じくして初の日本代表活動を経験したDF伊藤洋輝もチームに合流した。U-21チームにはDFチェイス・アンリに続き、DF岡田怜が加入し、日本からの注目度も高まるシュツットガルト。率いる遠藤はドイツ1部での3シーズン目でどのようなパフォーマンスを見せてくれるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】シュツットガルトに合流し、パフォーマンステストを行う遠藤</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"> 18 km/h <a href="https://twitter.com/hashtag/VfB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#VfB</a> | <a href="https://twitter.com/wataru0209?ref_src=twsrc%5Etfw">@wataru0209</a> <a href="https://t.co/JBDL5qvRVC">pic.twitter.com/JBDL5qvRVC</a></p>&mdash; VfB Stuttgart (@VfB) <a href="https://twitter.com/VfB/status/1543896542989500424?ref_src=twsrc%5Etfw">July 4, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/wataru0209?ref_src=twsrc%5Etfw">@wataru0209</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/VfB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#VfB</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/LegEndo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#LegEndo</a> <a href="https://t.co/z5BhqBSyUI">pic.twitter.com/z5BhqBSyUI</a></p>&mdash; VfB Stuttgart (@VfB) <a href="https://twitter.com/VfB/status/1543903986499174400?ref_src=twsrc%5Etfw">July 4, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【写真】チームに合流した遠藤と伊藤、ベヤズを交えた3ショット</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="de" dir="ltr">Zurück bei der Mannschaft:<a href="https://twitter.com/wataru0209?ref_src=twsrc%5Etfw">@wataru0209</a> <br>Hiroki <a href="https://twitter.com/hashtag/Ito?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Ito</a> <a href="https://twitter.com/omerfabeyaz?ref_src=twsrc%5Etfw">@omerfabeyaz</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/VfB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#VfB</a> <a href="https://t.co/8qgQL7GYkH">pic.twitter.com/8qgQL7GYkH</a></p>&mdash; VfB Stuttgart (@VfB) <a href="https://twitter.com/VfB/status/1543958816479395840?ref_src=twsrc%5Etfw">July 4, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.07.05 19:15 Tue
twitterfacebook
thumb

湘南は名古屋とゴールレスドロー、好調・町野は不発で最終盤に負傷交代…【明治安田J1第19節】

明治安田生命J1リーグ第19節、湘南ベルマーレvs名古屋グランパスが2日にレモンガススタジアム平塚で行われ、ゴールレスドローに終わった。 湘南は前節アウェイで京都サンガF.C.を下し、今季2度目の2連勝を達成。3試合連続でスタメンに変更はなく、今節はウクライナ支援を目的とした黄色ベースの3rdユニフォームを着用して臨んだ。 対する名古屋は前節、鹿島アントラーズに追い付いてのドローで勝ち点「1」を得た。ただ、勝利からは3試合遠ざかっており、この間ゴールも3試合でわずかに「1」。得点力不足も囁かれる現状だが、スタメンには内田宅哉とチアゴが起用され、ここまで14試合に先発出場していた藤井はベンチからも外れた。 試合は上向き調子の湘南が序盤から好機を作る。田中の浮き球に反応した瀬川がアクロバティックなジャンピングボレーを放ち、ロング、ショートのカウンターからも好機を演出。15分には敵陣で相手のパスミスを誘発し、好調の町野がペナルティアーク内から左足で狙った。 ラインをやや低めに設定して構える名古屋は、攻撃に転じても柿谷やマテウス・カストロが孤立気味に。飲水タイム明けにはボール保持の時間も増やし、相馬がカットインから右足で狙うが、単発の攻撃に終わってしまう。 湘南は32分、再びのショートカウンターを仕掛け、左クロスからゴール正面でフリーとなった町野が合わせる。だが、バウンドのタイミングが合わなかったか、左足のシュートはクロスバーを越えた。 ゴールレスで迎えた後半は互いにボックス外からシュートシーンが増加。名古屋は相馬やレオ・シルバがミドルを放てば、湘南はFKの流れから石原が続けざまに狙った。名古屋は65分にこそ内田宅哉のクロスから柿谷がヘディングで合わせるも、その後もマテウスの直接FKなど、外からのフィニッシュが目立った。 その中で湘南は79分に田中の横パスを受けたタリクがボックス手前からコンパクトに右足を振り抜くと、シャープな一撃が左のポストを直撃。残り10分を切って相手ボックス内にボールが入るようになったホームチームに対し、89分には名古屋がカウンターに転じて稲垣のミドルが枠を捉える。 後半のアディショナルタイムには瀬川がゴールに迫った湘南だったが、最後まで互いにゴールを奪えずにゴールレスのままタイムアップ。勝ち点「1」を分け合うこととなった。湘南にとってはチアゴのタックルを受け、左足首を押さえて最終盤に負傷交代した町野の様子が気がかりだ。 湘南ベルマーレ 0-0 名古屋グランパス 2022.07.02 21:05 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第19節:湘南vs名古屋】好調・町野修斗に牽引される湘南、名古屋との“シックスポインター”

【明治安田生命J1リーグ第19節】 2022年7月2日(土) 19:00キックオフ 湘南ベルマーレ(16位/19pt) vs 名古屋グランパス(11位/21pt) [レモンガススタジアム平塚] ◆まずは降格圏脱出へ【湘南ベルマーレ】 前節は京都サンガF.C.とアウェイで対戦し、0-1で勝利。後半戦初戦を白星スタートを切るとともに、今季2度目の連勝を飾った。 直近5試合で4勝1敗と一気に勝ち点を稼いだ湘南。まだプレーオフ圏にいるが、ここから一気にジャンプアップするだけの準備は整った。 この4勝を呼び込んだのは町野修斗。4試合で6ゴールを奪う活躍を見せており、チームの起爆剤となっている。 決して巧いタイプの選手ではないが、訪れたチャンスをしっかりとモノにする力を持っており、かつてギラヴァンツ北九州時代に見せていた特徴を発揮し出している。 チャンスの数が多いとは言えない中で、決定率を上げることは大きなポイント。今節も町野の躍動に期待がかかる。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:谷晃生 DF:舘幸希、大岩一貴、杉岡大暉 MF:石原広教、田中聡、畑大雅 MF:池田昌生、茨田陽生 FW:瀬川祐輔、町野修斗 監督:山口智 出場停止:米本拓司 ◆不安定さ拭えず、必勝の一戦【名古屋グランパス】 前節は上位の鹿島アントラーズをホームに迎えた中、1-1のドローに終わった。 なかなか調子が出ないチームは新たにストライカーを補強。まだ出場はできないが、得点力が明らかに課題のチームの起爆剤になるかは今後の注目だ。 そこまで良い流れを作りたいなか、今節は森下龍矢が出場停止。名古屋の特徴であるサイド攻撃の右翼を欠いてしまうこととなった。 縦に仕掛けられる選手がいないだけに、今節は左変調になる可能性もある状況。その中で、チームが混乱しなければ良い。 湘南のアグレッシブさを前に押し込まれれば一気にやられる可能性もあり、負ければ順位は抜かれる状況。負けてはいけない一戦だ。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:武田洋平 DF:中谷進之介、藤井陽也、丸山祐市 MF:内田宅哉、レオ・シルバ、相馬勇紀 MF:稲垣祥、仙頭啓矢 FW:マテウス・カストロ、柿谷曜一朗 監督:長谷川健太 出場停止:森下龍矢 2022.07.02 16:34 Sat
twitterfacebook
thumb

また町野!5戦6発エースの決勝点で湘南が京都との熱戦を制す【明治安田J1第18節】

26日、明治安田生命J1リーグ第18節の京都サンガF.C.vs湘南ベルマーレがサンガスタジアム by KYOCERAで行われ、1-0でアウェイの湘南が勝利を収めた。 12年ぶりのJ1でもアグレッシブな戦いを披露する京都は、前半戦を9位で終えた。前節も敗れはしたが、難敵・鹿島アントラーズを相手に善戦。今節は[4-3-3]のアンカーに井上を起用し、インサイドハーフを武富と金子が務めた。 序盤は苦戦を強いられた中でスタイルを取り戻す兆しの見える湘南だが、快勝した川崎フロンターレ戦後に対セレッソ大阪3連敗やFC東京戦後の天皇杯敗戦など、調子の良さを継続できていない。今節は好ゲームを披露したそのFC東京戦と同じ11人でスタートした。 曹貴裁監督と山口智監督、互いの指揮官にとって古巣対決となるカードは、3月の対戦時は1-1と未決着。試合前の気温30度が互いの走力にどう影響するかにも注目が集まった一戦の序盤は、湘南が奪ってからの素早い攻撃で形を作った。 瀬川のスルーパスから池田の左足はGK上福元に阻まれるも、13分には町野がネットを揺らす。高橋のスルーパスから裏を取り、GKとの一対一を制するも、オフサイドディレイでゴールは認められなかった。 対する京都は23分に古巣対戦となった武富が距離のある中で右足を振る。直後にはボックス右へ流れたボールをピーター・ウタカがGK谷より先に触り、角度のない位置からループ。さらには、こちらも古巣対戦となる金子の右足のミドルでゴールに迫る。 30分を過ぎると再び湘南が連続してチャンスを迎える。大岩の右クロスから瀬川がジャンピングボレーを放てば、39分にはボックス左に侵入した高橋、直後には町野のクロスに茨田が飛び込んだ。 前半終了間際の京都は1本のパスで裏を取り、ウタカがGK谷をかわしてのフィニッシュ。ハーフタイムにはアピアタウィアと荒木に代えてメンデスと福岡を投入し、3バックに変更してミラーゲームを展開した。プレッシングが機能し始め、攻守の連動性が増すと、豊川のそらしからウタカがGK谷をかわして左足のフィニッシュというチャンスを迎える。 杉岡のブロックでこれをしのいだ湘南も直後の71分に茨田、池田からタリク、大橋へのスイッチで再び前線を活性化させると、3分後には出足の良い舘のインターセプトから投入された大橋が右足のフィニッシュ。さらにタリクにもチャンスが訪れたが、81分の決定機はGK上福元の見事な飛び出しに阻まれた。 流れを取り戻した湘南は83分にも畑と米本の2枚を送り込むと、この交代策が的中する。右サイドでの作りから中央を経由して米本がスルーパスを送ると、左のポケットを取ったフリーの畑が丁寧なグラウンダーの折り返し。最後は反応した町野が右足でネットを揺らし、87分に均衡を破った。2戦連続ゴールで殊勲の町野は直後にウェリントンと交代し、ゴール裏の一角を位置取った湘南サポーターからスタンディングオベーションで迎えられた。 短い残り時間で反撃に出る京都だったが、湘南も集中を切らさずに対応を続けてタイムアップ。湘南が今季2度目の2連勝を飾り、一方の京都は今季2度目の2連敗となった。 京都サンガF.C. 0-1 湘南ベルマーレ 【湘南】 町野修斗(後42) 2022.06.26 20:38 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第18節:京都vs湘南】ハイインテンシティな戦い、勝って後半戦の勢いに乗るのは

【明治安田生命J1リーグ第18節】 2022年6月26日(日) 18:30キックオフ 京都サンガF.C.(9位/20pt) vs 湘南ベルマーレ(17位/16pt) [サンガスタジアム by KYOCERA] ◆後半戦、研究してくる相手への対策は【京都サンガF.C.】 前半戦ラストは鹿島アントラーズにアウェイで敗れたものの、12年ぶりのJ1の舞台は5勝5分け7敗で9位と一桁順位で折り返した。 団子状態にある中、後半戦は上にも下にも行く状況。前半戦で掴んだものをしっかりと出して勝ち点を重ねていきたいところだ。 京都の持ち味である前からのプレスは後半戦も継続するとみられるが、連戦、夏場を迎えるにあたっては無闇なプレスは大きなリスクとなる。 5月以降は結果が伴わなくなってきたものの、徐々に戦い方に幅が持てる状況。前からのプレス、後方からのビルドアップに固執しすぎず、研究してくる相手に対しての判断を間違わないことが重要だ。 曺貴裁監督の古巣であり、多くの選手がかつて所属した湘南との対戦。果たして、どんな戦いを見せるだろうか。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:上福元直人 DF:飯田貴教、アピアタウィア久、麻田将吾、荻原拓也 MF:福岡慎平、川崎颯太、金子大毅 FW:豊川雄太、ピーター・ウタカ、荒木大吾 監督:曺貴裁 ◆まずは降格圏脱出へ【湘南ベルマーレ】 例年以上に期待感を抱かせて開幕した今シーズンだったが、蓋を開ければもはや定位置とも言われてしまう下位に低迷。降格圏で前半戦を終えた。 今シーズンも残留争いの真っ只中にいる湘南だが、前半戦の終盤に徐々に結果が残るように。ヴィッセル神戸、川崎フロンターレ、FC東京と力のある3チームから勝利を奪っている。 得点の匂いがほぼしなかった前半戦だったが、ここにきて複数得点が続くこともあり、チームとして乗っていると言える状況だ。 ただ、ミッドウィークの天皇杯は、主力を投入しながらもジュビロ磐田に0-1で敗戦。勝ち上がることもできなかったが、疲労も溜まるという厳しい一戦となった。 これで今シーズンはリーグ戦のみの戦いに。残留という目標に変わったが、しっかりと勝ち点を重ねていきたいところだ。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:谷晃生 DF:舘幸希、大岩一貴、杉岡大暉 MF:石原広教、田中聡、高橋諒 MF:池田昌生、茨田陽生 FW:瀬川祐輔、町野修斗 監督:山口智 2022.06.26 15:50 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly