なでしこFW遠藤純がアメリカ移籍…ナタリー・ポートマンらが立ち上げた新興クラブに完全移籍

2021.12.21 10:40 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日テレ・東京ヴェルディベレーザは21日、なでしこジャパンのFW遠藤純(21)がアメリカのエンジェル・シティFCへ完全移籍することを発表した。

JFAアカデミー福島の出身である遠藤は、攻撃的なポジションを務め、ゴールへと向かっていく姿勢が特徴。世代別の日本女子代表を経験し、2016年のU-17女子ワールドカップでは準優勝、2017年にはAFC U-19女子選手権で優勝。2018年には、高校生ながら飛び級で招集され、U-20女子ワールドカップで優勝を経験している。

その後、なでしこジャパンにも選出。2019年の女子ワールドカップや今夏の東京オリンピックにも参加。なでしこジャパンとしては、21試合で1ゴールを記録していた。
2019年に日テレ・ベレーザへと入団すると、なでしこリーグ1部で15試合に出場し8得点。皇后杯では5試合に出場。2年目の2020年は、なでしこリーグ1部で15試合に出場し8得点、皇后杯では5試合で5得点を記録していた。

今シーズンはWEリーグで8試合の出場。シーズン途中だが、アメリカへの移籍を決断した。

遠藤はクラブを通じてコメントしている。

「この度、AngelCityに移籍をすることを決断しました。ベレーザでプレーした3年間は、私のサッカー人生の中で大きな財産となりました。永田ヘッドコーチのもとで日々トレーニングをしたことで苦手を得意に変えることができましたし、一つ一つのプレーを追求することで、サッカーがより大好きになりました。素敵なスタッフの皆さんや仲間、サポーターの方々に囲まれた環境でプレーできたことに心から感謝します」

「今回の移籍を決断した理由はいくつかありますが、東京五輪で自分の技術やゴールへの執着心、ハードワーク、フィジカル、全てにおいて世界の選手と比べてかなり劣っているとを痛感しました。だからこそ、今の自分を変えてもっと世界で戦える、もっと応援される選手になりたいと強く思いこの移籍を決めました」

「最後に約3年間、本当にありがとうございました」

「WEリーグ初年度をベレーザで戦うと決めていながら、このタイミングでチームを離れることを申し訳なく思っていますが、今まで以上に強く、たくましいサッカー選手として、一人の人間として大きく成長する事で恩返ししたい思います」

「12月25日から始まる皇后杯では、ベレーザに関わるすべての皆さんへの感謝の気持ちを大切にし、チームの勝利に貢献できるようなプレーをしたいと思います。引き続き応援宜しくお願いします」

エンジェル・・シティFCは、アメリカのロサンゼルスにあるクラブで、クラブの創設にはハリウッド女優のナタリー・ポートマンやプロテニスプレーヤーのセレーナ・ウィリアムズ、元アメリカ女子代表FWのミア・ハムらが関わっている。

なお、2022年からナショナル・ウィメンズ・サッカーリーグ(NWSL)に参戦する新興チームとなる。

関連ニュース
thumb

安藤梢をCB起用の浦和Lが今季初の完封勝ちで首位堅持!追走のマイ仙台、INACもそろって勝利《WEリーグ》

3日から4日にかけて2022-23 Yogibo WEリーグ第5節の5試合が各地で行われた。 三菱重工浦和レッズレディースは、大宮アルディージャVENTUSとの"さいたまダービー"で3-0の完勝。唯一の開幕4連勝で首位をキープしている。 浦和は9分、水谷有希のクロスに対し、DFと被った大宮GK望月ありさのパンチングが甘くなると、こぼれ球を遠藤優が蹴り込んで先制点を奪取。40分にはその遠藤の突破からPKを獲得し、菅澤優衣香が沈めてリードを広げる。 4試合連続の複数得点とした浦和は、3分後に大宮DF乗松瑠華の軽率なパスを塩越柚歩がカット。ラストパスから再び菅澤が決めた。 また、高橋はなを負傷離脱で欠く浦和は、この試合でセンターバックに安藤梢を起用した。公式戦初とは思えないほどの安定感を見せ、狙いすませたインターセプトなども披露。今季初となるチームのクリーンシートへ大きく貢献している。 ノジマステラ神奈川相模原とマイナビ仙台レディースの一戦は、ともに途中出場選手が結果を残した。 両者無得点で前半を終えると、ハーフタイム明けにノジマは笹井一愛、仙台はスラジャナ・ブラトヴィッチと船木里奈を投入。すると47分、ノジマが2種登録の17歳・笹井のWE初ゴールで試合を動かした。 対する仙台も、宮澤ひなたの既視感あるクロスのこぼれから船木が60分に同点弾を奪うと、78分にはモンテネグロ女子代表FWのスルーパスからまたも船木が決めて逆転に成功。仙台が敵地で2-1と勝利を収め、前節大敗からのバウンスバックを果たしている。 2勝1分けで無敗のINAC神戸レオネッサは、ちふれASエルフェン埼玉をホームに迎えて快勝した。 INACは髙瀬愛実のポストプレーから成宮唯が流し込み、早々の8分に先制。対するエルフェンも左クロスから木下栞が頭でネットを揺らしたが、際どいタイミングながらもオフサイドを取られた。 リードのINACは62分に髙瀬が追加点を挙げると、終了間際には途中出場の浜野まいかが今季初ゴールを記録して勝負あり。3-0と、白星を飾っている。 ただ、ここまでフル出場を続けていた水野蕗奈が左サイドをえぐってのクロス後に左ヒザを痛め、14分に阪口萌乃と途中交代。女子サッカー界全体でヒザのケガが続いているだけに状態が心配される。 女王奪還を目座す日テレ・東京ヴェルディベレーザは、サンフレッチェ広島レジーナとホームで対戦。63分に中嶋淑乃に角度のない位置からファーへ流し込まれて先制を許すと、これが決勝点に。ベレーザは早くも今季2敗目を喫し、広島は開幕戦以来となる4試合ぶりの白星を手にした。 4連敗中のアルビレックス新潟レディースはジェフユナイテッド市原・千葉レディースの敵地でドローに。71分に滝川結女の今季初ゴールで成功するも、83分に井上千里に同点弾を献上し、1-1でタイムアップ。連敗はストップしたものの、今季初勝利とはならなかった。 ◆第5節 ▽12月3日 ジェフユナイテッド市原・千葉レディース 1-1 アルビレックス新潟レディース 大宮アルディージャVENTUS 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 三菱重工浦和レッズレディース</span> ノジマステラ神奈川相模原 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 マイナビ仙台レディース</span> ▽12月4日 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">INAC神戸レオネッサ 3</span>-0 ちふれASエルフェン埼玉 日テレ・東京ヴェルディベレーザ 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 サンフレッチェ広島レジーナ</span> ▽WE ACTION DAY(今節試合なし) AC長野パルセイロ・レディース <span class="paragraph-title">【動画】大宮VENTUS vs 浦和レディースのハイライト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="UIORQSNjkk0";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】N相模原 vs マイ仙台のハイライト</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="mpi7QdGKOSA";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.12.04 16:20 Sun
twitterfacebook
thumb

大宮Vが4発大勝でマイ仙台は開幕からの連勝ストップ、N相模原は南野のバースデーゴールが決勝点に!《WEリーグ》

26日、2022-23 Yogibo WEリーグ第4節の5試合が各地で行われた。 代表ウイークによる中断が明けての今節。開幕3連勝で2位につけるマイナビ仙台レディースはホームで7位・大宮アルディージャVENTUSと対戦した。 首位の三菱重工浦和レッズレディースがWE ACTION DAY(今節試合なし)のため、暫定ながらも首位浮上のチャンスだったが、思わぬ大敗を喫した。 大宮は13分に井上綾香のラストパスを髙橋美夕紀が流し込んで先制すると、4分後には髙橋のスルーパスから今度は井上が沈めてリードを広げる。前半終了間際には五嶋京香に加入後初ゴールが誕生し、63分には髙橋が左足での鮮やかなミドルシュートを沈めて大量4点を奪取。クラブ歴代最多得失点差での勝利で連勝を飾っている。 連覇を目指す3位・INAC神戸レオネッサはアウェイで5位・サンフレッチェ広島レジーナと激突。PKで64分に先制を許すも、その後怒涛の反撃を見せると、89分に水野蕗奈のクロスを田中美南が合わせ、辛うじて引き分けに持ち込んだ。 4位・日テレ・東京ヴェルディベレーザは10位・AC長野パルセイロ・レディースの敵地へ乗り込み、なでしこジャパンの2人、藤野あおば、植木理子のゴールで2-0と勝利。2位に浮上している。 6位・ノジマステラ神奈川相模原は11位・アルビレックス新潟レディースとの打ち合いを制した。 開始早々1分も経たずに杉田亜未、6分には松本茉奈加の得点でリードを奪った相模原だが、新潟も上尾野辺めぐみの左足が山谷瑠香、白井ひめ乃のゴールを演出し、2-2で前半を終える。 同点で迎えた72分、決勝点を挙げたのはこの日が誕生日だった南野亜里沙。石田みなみのクロスを滑り込みながらショートバウンドのボレーで合わせるファインゴールを沈め、チーム復帰後初得点。バースデーゴールで相模原を勝利に導いている。 9位・ちふれASエルフェン埼玉は8位・ジェフユナイテッド市原・千葉レディースをホームに迎え、逆転勝利を収めた。 22分にCKから市瀬千里に先制弾を浴びるも、28分に祐村ひかるが一対一を沈めて同点に。85分に再び祐村がボックス右から左隅へ流し込んで試合をひっくり返すと、追加2分に吉田莉胡がダメ押しのゴールを決めて勝負あり。3-1でホーム連勝を飾っている。 ◆第4節 ▽11月26日 アルビレックス新潟レディース 2-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 ノジマステラ神奈川相模原</span> マイナビ仙台レディース 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">4 大宮アルディージャVENTUS</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ちふれASエルフェン埼玉 3</span>-1 ジェフユナイテッド市原・千葉レディース サンフレッチェ広島レジーナ 1-1 INAC神戸レオネッサ AC長野パルセイロ・レディース 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 日テレ・東京ヴェルディベレーザ</span> ▽WE ACTION DAY(今節試合なし) 三菱重工浦和レッズレディース <span class="paragraph-title">【動画】南野亜里沙のバースデー弾含む新潟L vs N相模原ハイライト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="z7cAkjXT3W0";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.11.27 13:55 Sun
twitterfacebook
thumb

マイ仙台が市瀬の決勝弾で新潟Lを下し開幕3連勝! 千葉L、大宮Vが今季初白星を飾る《WEリーグ》

5日、Yogibo WEリーグ 第3節の4試合が各地で行われた。 開幕連勝スタートを切ったマイナビ仙台レディースはアルビレックス新潟レディースと敵地で対戦。今季初勝利を目指すホームチームの前に苦しみながらも、勝利を収めた。 試合終盤に挙げた市瀬菜々のゴールが決勝点となり、3連勝を飾っている。 試合の主導権は新潟が握り、石淵萌実、道上彩花の前線2人が前半から多くの決定機を迎えた。後半も多数のシュートシーンを作った新潟だったが、仙台はGK松本真未子の好守などで無失点でしのぐと、終了間際に市瀬菜々が値千金の決勝点を挙げる。 89分、仙台は右からのCKを獲得すると、中島依美はストレート性のクロスをニアサイドへ。走り込んだ背番号「3」がストーンの前で合わせ、ヘディングでネットを揺らした。 市瀬のWEリーグ初ゴールで辛勝した仙台が開幕3連勝を達成。対照的に敗れた新潟は3連敗となり、前半に右ヒザを痛めて担架でピッチを後にした武田あすみの容態も心配される。 前節、三菱重工浦和レッズレディースとの打ち合いに敗れた日テレ・東京ヴェルディベレーザは、アウェイでノジマステラ神奈川相模原と対戦し、バウンスバックとなる逆転勝ちを収めた。 キックオフ直後から攻勢に出たN相模原の前に、開始1分も経たずと杉田亜未にゴールを許した東京NBだったが、前半の終了間際になでしこジャパン期待の新生の突破から同点弾を奪取。右サイドの敵陣中央で受けた藤野あおばがえぐりにえぐって右ポケット最深部から折り返し、ゴール前の土方麻椰が押し込んだ。 同点で迎えた60分には先発復帰した植木理子のシュートのこぼれ球を北村菜々美がプッシュして逆転に成功。その6分後には北村のドリブルが大賀理紗子のファウルを誘い、PKを獲得。これを植木がきっちり決め、3-1と快勝を収めている。 NACK5スタジアム大宮では大宮アルディージャVENTUSとちふれASエルフェン埼玉による"さいたまダービー"が行われた。 ボールを握ったのは埼玉だったが、試合を動かしたのは大宮だった。31分、オーバーラップを仕掛けた有吉佐織のクロスに大熊良奈が右足ボレーで合わせると、ジャストミートはしなかったが、結果的にGKのタイミングをずらす絶妙なループとなり、ゴールに吸い込まれた。 昨季は前十字靭帯断裂というケガに泣き、2試合の出場にとどまった大熊。復活を告げるWE初ゴールが決勝点となり、大宮に今季初白星をもたらした。 ともに開幕2連敗を喫しているジェフユナイテッド市原・千葉レディースとAC長野パルセイロ・レディースの一戦は、千葉に軍配が上がった。 36分、右サイドでスローインを入れた鴨川実歩が、大滝麻未のリターンを受けてボックス右まで侵入してグラウンダーで折り返すと、スライディングで対応した長野DF池田玲奈がクリアし切れずゴールイン。追加点こそ奪えなかったものの、鴨川の2試合連続弾が決勝点なり、千葉が逃げ切り勝ちを収めている。 ◆第3節 ▽11月5日 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ジェフユナイテッド市原・千葉レディース 1</span>-0 AC長野パルセイロ・レディース <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">大宮アルディージャVENTUS 1</span>-0 ちふれASエルフェン埼玉 アルビレックス新潟レディース 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 マイナビ仙台レディース</span> ノジマステラ神奈川相模原 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 日テレ・東京ヴェルディベレーザ</span> ▽11月6日 三菱重工浦和レッズレディース vs サンフレッチェ広島レジーナ WE ACTION DAY(今節試合なし) INAC神戸レオネッサ 2022.11.05 17:20 Sat
twitterfacebook
thumb

決勝カード再戦は8ゴールが爆誕!浦和Lが菅澤のハットトリックなどで東京NBとの乱打戦を制す《WEリーグ》

30日、Yogibo WEリーグ 第2節の日テレ・東京ヴェルディベレーザvs三菱重工浦和レッズレディースが味の素フィールド西が丘で行われ、5-3でアウェイの浦和Lが勝利を収めた。 今月頭に行われたWEリーグカップ決勝でも顔を合わせ、今季の覇権を争うであろう両チーム。ベレーザにとっては、3点リードから追い付かれてのPK戦負けのリベンジの機会を早々に得た。 ただ、この重要な一戦では前節負傷交代となった山本柚月だけでなく、エースの植木理子もメンバー外に。[4-3-3]の頂点にはU-20女子ワールドカップ(W杯)メンバーの土方麻椰が起用された。 対する浦和も開幕戦でゴールを決めたU-20代表メンバーの島田芽依を先発で起用し、菅澤優衣香との2トップを形成した。 その島田は開始早々に強烈な左足フィニッシュを見せ、3分にも岩清水のパスを引っ掛けてGKとの一対一を迎えた。たが、ここはなでしこジャパンGK田中桃子に軍配が上がる。 ピンチをしのいだベレーザは7分、ボックス手前左から木下桃香が逆サイドへ展開すると、右ポケットで受けた岩﨑心南が長嶋玲奈を落ち着いてかわし、左足のフィニッシュ。対角へ沈め、試合を動かした。 先手を取られた浦和も24分、ボックス右角付近で直接FKを獲得すると、猶本光のクロスに菅澤が高い打点のヘディングをたたき込んで試合を振り出しに戻す。 さらに37分、柴田華絵がセンターサークル内から素早く浮き球を裏へ送ると、抜け出した猶本光がGKとの一対一を制し、浦和が逆転に成功した。 ただ、ベレーザもその5分後に猛攻を仕掛け、藤野あおばのシュートがGKに阻まれたこぼれに北村菜々美が詰め、浦和DF遠藤優のクリアを岩﨑心南がプッシュ。主審はブロックした石川璃音の手に当たったとしてベレーザにPKを与えた。これを木下が右隅へ沈めて同点とし、2-2で前半を終えた。 想像以上の打ち合いとなった前半同様、後半も開始早々からスコアが動く。53分、浦和は塩越柚歩の中盤でのパスをカットから速攻へ転じ、右サイドの深い位置から清家貴子がグラウンダーのクロス。これに菅澤が右足で合わせて再び前へ出ると、69分にはCKのこぼれ球を塩越が蹴り込んでリードを広げる。 ベレーザは79分に途中出場・宇津木瑠美のスルーパスを受けた藤野が、一度は倒されながらもボックス内で粘って右足でネットを揺らすも、浦和はその4分後、菅澤が鮮やかなループシュートを沈めて勝負あり。 両チーム併せて8ゴールが生まれた乱打戦は、昨季得点女王のハットトリックなどで浦和が制し、開幕2連勝を飾っている。 日テレ・東京ヴェルディベレーザ 3-5 三菱重工浦和レッズレディース 【ベレーザ】 岩﨑心南(前7) 木下 桃香(前42) 藤野あおば(後34) 【浦和L】 菅澤優衣香(前24) 猶本光(前37) 菅澤優衣香(後8) 塩越柚歩(後24) 菅澤優衣香(後38) 2022.10.30 16:25 Sun
twitterfacebook
thumb

開幕戦はマイ仙台がEL埼玉に逆転勝ち!東京NBは藤野のPKで新潟Lに辛勝《WEリーグ》

22日、2022-23 Yogibo WEリーグが開幕し、2試合が各地で行われた。 ユアテックスタジアム仙台ではマイナビ仙台レディースとちふれASエルフェン埼玉が激突。今シーズンのWEリーグ初ゴールは埼玉が挙げたが、初勝利は仙台が手にした。 仙台はカウンターから高平美憂が、埼玉は吉田莉胡がミドルでゴールに迫ると、先制点は27分に生まれる。埼玉は右からのCKを獲得すると、GKを超える唐橋万結のキックに、岸みのりが頭で合わせてオープニングゴールを決めた。 追い掛ける仙台は34分、船木里奈が中島依美のクロスを頭で流し込み、WEリーグ初ゴールを記録すると、43分にもクロスから逆転弾を奪取。高平のクロスに大外から矢形海優が顔を出し、ヘディングで試合をひっくり返した。 リードを奪って折り返したホームチームは67分にカウンターから追加点。矢形が起点となってボックス内へのラストパスまで至ると、最後は中島が左足でネットを揺らし、3-1と逆転勝ちで今季最初の白星を手にしている。 日テレ・東京ヴェルディベレーザは味の素フィールド西が丘でアルビレックス新潟レディースと対戦した。 前半に山本柚月がコンタクトプレーでヒザを痛め、26分に途中交代となるアクシデントに見舞われるも、67分に藤野あおばが自らの仕掛けで得たPKをきっちり沈めて先制に成功。これが決勝点となり、東京NBが辛勝で白星スタートを切っている。 ◆第1節 ▽10月22日 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">マイナビ仙台レディース 3</span>-1 ちふれASエルフェン埼玉 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">日テレ・東京ヴェルディベレーザ 1</span>-0 アルビレックス新潟レディース ▽10月23日 INAC神戸レオネッサ vs 大宮アルディージャVENTUS 三菱重工浦和レッズレディース vs AC長野パルセイロ・レディース サンフレッチェ広島レジーナ vs ジェフユナイテッド市原・千葉レディース WE ACTION DAY(今節試合なし) ノジマステラ神奈川相模原 2022.10.22 16:55 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly