シティ、絶好調ベルナルド・シウバに給与倍額のオファーを用意か

2021.12.19 19:28 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティが、ポルトガル代表MFベルナルド・シウバ(27)に新たなオファーを用意しているようだ。イギリス『サン』が伝えている。

2017年夏にモナコから5000万ユーロで加入し、今季で5シーズン目を迎えているB・シウバ。開幕前には移籍の噂もあったが、蓋を開ければここまで公式戦21試合で7ゴール2アシストを挙げており、ジョゼップ・グアルディオラ監督からの信頼を再び取り戻している。

プレミアリーグ前半戦の最優秀選手の一人と言っても過言ではないポルトガル代表MFに、シティは新契約を検討している模様。現行契約は2025年まで残っているものの、現在の倍額となる週給30万ポンド(約4500万円)の2027年までの新契約を用意しているという。

シティでこの額といえば、MFケビン・デ・ブライネやFWラヒーム・スターリングに匹敵する。グアルディオラ監督は今季のB・シウバに対し「今の彼はここ2、3シーズンでベストだ」と絶賛していたが、果たして契約更新に向けた動きはあるのだろうか。


関連ニュース
thumb

アトレティコがジョアン・フェリックス売却を検討か?

アトレティコ・マドリーはポルトガル代表FWジョアン・フェリックス(22)の売却を検討しているようだ。スペイン『Fichajes』が伝えている。 2019年夏にベンフィカからアトレティコへと加入したジョアン・フェリックスだが、1億2720万ユーロ(約178億円)とも言われる移籍金に見合った活躍が出来ていないと、批判の対象になることも多い。だが、昨季は年明け以降に本領を発揮し、低迷していたチームのチャンピオンズリーグ(CL)出場権確保に大きく貢献した。 2022-23シーズンは1年を通した活躍が期待される22歳だが、ジャーナリストのエドゥアルド・インダ氏によると、アトレティコでの将来は必ずしも保証されていないとのこと。今年4月にアトレティコのエンリケ・セレソ会長が、「ジョアンはラ・リーガとこのクラブにふさわしい選手で、彼が去るべき理由は何ひとつない」とも語っていたが、財務上の問題が付き纏っているようだ。 その中で若きポルトガル代表FWはチーム内で最も高額な移籍金が望めるプレーヤーであり、金額次第では今夏の売却も躊躇しない考えとみられている。 なお、ジョアン・フェリックスに対してはマンチェスター・シティが関心を寄せている模様。しかし、今夏すでにノルウェー代表FWアーリング・ハーランドやイングランド代表MFカルヴァン・フィリップスに大金を費やしているため、少なくとも今夏の獲得は現実的でないと目されている。 2022.07.05 21:48 Tue
twitterfacebook
thumb

エンツォ・マレスカ氏がシティに帰還! リージョ氏に代わってペップのアシスタントに

マンチェスター・シティは5日、エンツォ・マレスカ氏(42)がアシスタントコーチに復帰したことを発表した。 シティでは2020年6月からジョゼップ・グアルディオラ監督の副官を務めていたフアン・マヌエル・リージョ氏(56)が、先月にアル・サッドの新監督就任のためクラブを退団。マレスカ氏の招聘に動いていた。そして、既報通りイタリア人指揮官がシチズンズに復帰した。 現役時代にWBAやユベントス、セビージャ、オリンピアコス、パレルモなどキャリア19年で4カ国11クラブを渡り歩いた同氏は、2017年6月にアスコリのアシスタントコーチとして指導者キャリアをスタート。その後、セビージャやウェストハムでアシスタントコーチを歴任し、2020年8月にマンチェスター・シティU-23の監督に就任した。 そのシーズンにプレミアリーグ2優勝に導くと、昨夏にセリエBのパレルモからの誘いを受け、初めてトップチームで指揮することに。だが、成績不振を理由にわずか3カ月で解任されてしまっていた。 そして、この度再びグアルディオラ監督の下で働くことになったマレスカ氏。 「マンチェスター・シティに戻ってこられて本当に嬉しい。世界で最も大きなクラブの一つだ」 「このクラブのリザーブチームを率いたことで多くの経験を積むことができた。それに才能溢れる若者やスタッフとも出会えた」 「ペップから戻ってくるように頼まれてすごく誇らしかったよ。彼や選手たちをサポートできるのが待ち遠しいよ」 2022.07.05 21:07 Tue
twitterfacebook
thumb

プレミアで立見席が復活、過去の悲劇乗り越え厳格な規制のもとに順次導入

プレミアリーグとチャンピオンシップ(イングランド2部)で、立見席が復活することが許可されたようだ。イギリス『BBC』が報じた。 プレミアリーグのクラブでは、1990年代初頭に全てが座席になるスタジアムができ始め、現在のプレミアリーグのスタジアムでは立見席は存在しない。 これは過去にスタジアムで起きた「ヒルズボロの悲劇」と呼ばれる事故の影響もあり、立見席が禁じられていたことも影響。ただ、観客は着席するはずのエリアで立ち見を続けており、特にゴール裏ではどのスタジアムでも立ち見が行われている状況だ。 そんな中、2022-23シーズンからの導入を前に、2021-22シーズンの後半戦で、チェルシー、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、トッテナム、カーディフ・シティの5クラブは、政府の委託を受けて「早期導入者」としての試験に参加していた。 また、2022-23シーズンはブレントフォード、QPR、ウォルバーハンプトンが、ホームとアウェイで指定した座席エリアでの立ち見を行うこととなる状況。他クラブもシーズン中に参加する可能性がある。 さらにウェンブリー・スタジアムでは、シーズン後半に行われる国内での試合において、ファンに向けて小規模な指定立見席を用意するという。 なお、立見席を設けるためには、CCTV(防犯カメラ)の強化、スチュワードのトレーニング、ファンが個人のスペースを厳格に守ることなどの厳しい条件が設けられるという。 イギリスのデジタル・文化・メディア・スポーツ大臣であるナディン・ドリーズ氏は、立見席の復活についてコメントした。 「しっかりとした試験、徹底的な検証、近代的な技術のおかげで、我々のグラウンドで再び立ち見を許可する準備が整った」 「我々はテラス席を復活させるのではなく、厳しい安全基準を満たしたクラブにのみ許可される」 2022.07.05 12:35 Tue
twitterfacebook
thumb

「眉毛がない」怪物ハーランドが“自虐” バケットハット姿がいかつい

マンチェスター・シティに加入したノルウェー代表FWアーリング・ハーランドが、休暇先からファンを楽しませている。 今夏にドルトムントからシティに加入したハーランド。チームへの合流を前に、現在はまだスペインのマルベーリャで休暇中だ。 そのハーランドは4日にインスタグラムを更新し、プールサイドでの写真をアップした。 上半身裸でルイ・ヴィトンの紫のバケットハットを被ったハーランドは、長い金髪をなびかせながら「新しい帽子の大ファンだ。髪を切る必要はない。それともUKフェード(サイドを刈り上げ上だけ残す髪型)がいいのかな?そうすれば似合うかな?」とファンに問いかけた。 ただ髪型に関しては「それはしないな」と長髪をカットすることはないとコメント。そして、自撮りをしていて気が付いたのか「そして眉毛がない」と、自身の眉毛がかなり薄いことに触れた。 確かに、ハーランドの眉毛は金髪で、太陽光の下だとかなり見えづらい。今回はバケットハットを被っていたこともあり、本人的にも気になったようだ。 最後に、「とにかく、今日は日差しが十分だ。そして、今日のスマホを見る時間はこれでおしまいだ」とし、非常に暑い中でファンに向けたSNSの時間を終わりにしたようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】眉毛が消えた?ハーランドのオフショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="zxx" dir="ltr"><a href="https://t.co/Z8ZhAfJRX4">pic.twitter.com/Z8ZhAfJRX4</a></p>&mdash; Out Of Context Football (@nocontextfooty) <a href="https://twitter.com/nocontextfooty/status/1543973706686504960?ref_src=twsrc%5Etfw">July 4, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.07.05 12:00 Tue
twitterfacebook
thumb

「地球上で最高のクラブ」リーズで生まれ育ったフィリップス、シティ移籍で愛するクラブに別れ「さようならはしない。すぐにまた会おう」

マンチェスター・シティへと完全移籍したイングランド代表MFカルヴァン・フィリップスが、自身を育ててくれたリーズ・ユナイテッドへの熱い想いを綴った。 4日、フィリップスはシティへと完全移籍。6年契約を結んだ。 リーズで生まれ、リーズでサッカーを始めたフィリップス。アカデミーに入団すると、そのままファーストチームまで昇格を果たす。 17歳でデビューを果たしたフィリップスは、チャンピオンシップ(イングランド2部)で長らくプレーすると、163試合で11ゴール10アシストを記録。2020-21シーズンからプレミアリーグに挑戦すると、2シーズンで49試合に出場し1ゴール3アシストを記録した。 また、その能力にはガレス・サウスゲイト監督が目をつけ、イングランド代表にも招集。ユーロ2020に主軸として出場して準優勝に輝くなど、中心選手となった。 そのフィリップスは、自身のツイッターでクラブへの別れの挨拶を投稿。幼い頃から大切な存在であったクラブへの別れを告げるとともに、感謝の気持ちと、自身がこの先挑戦していきたいという希望を綴った。 「親愛なるリーズ・ユナイテッド、僕の家、そして僕のチームへ」 「何から始めたら良いだろうか?」 「まず、この素晴らしいクラブのためにプレーすることがどれほどの特別なことだったかを表現したいと思う。17歳でデビューして以来、リーズの若者であれば誰もが望む旅だった」 「僕は若い頃、ER(エランド・ロード)で初めてリーズの試合を観に行った。その瞬間から、僕の夢はその白いシャツを着て、そのピッチを歩くことだと思うようになった」 「リーズを地球上で最高のクラブの1つにしてくれたクラブの関係者全員に感謝する。僕が信頼を示し、僕が知っていること全てを教えてくれた監督」 「このクラブを本来の場所に戻すのを手助けしてくれたアンドレア、ビクター、アンガスに感謝する。僕たちのクラブが今の場所にあり、将来に続いていくのはあなた方のおかげだ」 「リーズについては、マルセロ(・ビエルサ)という特別な人物に言及しない訳にはいかない。僕が今まで出会った中で最高の監督だ。彼はクラブに命を吹き込み、選手たち、クラブに関係する全ての人に、16年ぶりにプレミアリーグに戻るのに十分な実力があるという信念を与えてくれた」 「クラブに全てを与えてくれただけでなく、僕が今の自分になるために必要なものを、グラウンド内外で全て与えてくれた」 「そして今、ジェシー(・マシュー)についてだが、信じられないような監督だったが、それ以上に素晴らしい人間だった。このクラブにやってきて、とても難しいシーズンに選手1人1人に自信と信念を与え、そのおかげで僕たちは残留できた。心の底から感謝している」 「僕のデビューから最後の試合まで、リーズの若者が夢を実現するのを助けてくれた全てのチームメイトに感謝する。来たるシーズンのみんなの成功を祈っている」 「この4年間、僕とみんなは、プレーオフを逃したり、昇格したり、そして降格を免れたりと、たくさんの思い出を共有してきた。みんなは全てを手にするに値する。信じられない選手たちだ」 「そして最後に、僕の家族でもあるファンのみんな!僕は自分の夢を追いかけ、地球上で最高のチーム、最高の選手たちと対戦し、自分を試したいだけだということ、みんなが僕の決断を理解し、受け入れてくれることを願っている」 「幼い頃、僕はたくさんの夢を持っていたし、今も持っている…でも、みんなのためにプレーしたことは、決して忘れることができない」 「あなた方は、世界で最高のファンだ」 「リーズ・ユナイテッドに関わる全ての人の幸運を願う。僕はみんなを愛していて、みんながいないことは寂しい」 「さようならはしないでおく。すぐにまた会おう」 <span class="paragraph-title">【動画】リーズで育ち、成長し、羽ばたいていくカルヴァン・フィリップス</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><br>Forever an <a href="https://twitter.com/hashtag/LUFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#LUFC</a> champion! <a href="https://t.co/M7SP5OCyw4">pic.twitter.com/M7SP5OCyw4</a></p>&mdash; Leeds United (@LUFC) <a href="https://twitter.com/LUFC/status/1543886765517414404?ref_src=twsrc%5Etfw">July 4, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.07.04 23:20 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly