プレミアリーグ、16日開催レスターvsスパーズの開催延期を正式決定! クラスター発生のレスターは練習場を閉鎖

2021.12.16 22:48 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグは16日、同日開催予定だったプレミアリーグ第17節、レスター・シティvsトッテナムの開催延期を発表した。

プレミアリーグ理事会による声明によると、現在レスターではクラブ内でのクラスターが深刻化しており、最新のPCR検査の結果、新たに選手、スタッフの間で複数の感染者が発覚。これを受け、クラブは試合を遂行する上で十分な選手を確保できない状況であることを鑑みて、リーグ側に試合中止を要請した。

そして、この申し出が承認される形で試合延期が正式に決定。また、プレミアリーグとイギリス健康安全局との協議の結果、更なる感染拡大を抑えるために、今朝レスターの練習場は閉鎖されている。

ミッドウィークで開催中の第17節では、すでにブレントフォードvsマンチェスター・ユナイテッドと、バーンリーvsワトフォードがコロナの影響で延期が決まっている。

今回のレスターvsトッテナムに関しては、数日前の時点でレスターがコロナ感染と負傷で9選手が起用できず、トッテナムも延期未定となっているヨーロッパ・カンファレンスリーグのスタッド・レンヌ戦を消化するため、両クラブが揃って延期を求めたものの、プレミアリーグは一度この要求を拒否。両指揮官が苦言を呈していた。

だがこの度、一転して延期が決定。これにより、トッテナムは大雪の影響で延期となった第13節のバーンリー戦、チーム内クラスター発生で延期された第16節のブライトン戦に続いて、リーグ戦3試合目の延期となった。上述のレンヌ戦を含めると公式戦4試合目となる。

イギリスではオミクロン株の発生の影響もあり、ここ1カ月で新規感染者が急増中。15日には一日の新規感染者が7万8610人と、前日から2万人以上増えて過去最多を記録していた。

その波紋はプレミアリーグにも広がっており、ブレントフォードでも選手とスタッフ含めて13名の感染が確認された。また、16日にエバートン戦が控えるチェルシーも、MFマテオ・コバチッチに続いて新たに3選手の陽性反応が見つかったようだ。

関連ニュース
thumb

レスターが生え抜きMFデューズバリー=ホールと2027年までの長期契約を締結! 今季は44試合出場

レスター・シティは24日、イングランド人MFキアナン・デューズバリー=ホール(23)との契約延長を発表した。 新たな契約は3年間となり、2027年6月30日までの契約にサインした。 レスターの下部組織出身のデューズバリー=ホールは、2021年7月に正式にファーストチームに昇格。2021-22シーズンはプレミアリーグで28試合に出場し1ゴール2アシストを記録。公式戦で44試合に出場し3ゴール3アシストを記録した。 クラブの年間最優秀選手賞と最優秀若手選手賞を受賞する活躍を見せ、チームに欠かせない選手に成長した。 契約を延長したデューズバリー=ホールはクラブを通じてコメントしている。 「僕と家族にとって素晴らしい日になった。この契約には多くのハードワークが関わっており、それを成し遂げられたことは本当に素晴らしい気分だ。未来が本当に楽しみだ」 「僕はクラブと本当に良い関係を築いている。僕は8歳からここにいるし、座って契約について話し合ったときは本当に簡単に終わった」 「僕は将来への大きな野心があり、それはクラブにもあることを知っている」 2022.06.24 20:18 Fri
twitterfacebook
thumb

レスター、34歳ジョニー・エバンスと新たに1年延長か

北アイルランド代表DFジョニー・エバンス(34)がレスター・シティと契約延長の見通しだという。 2018年夏からレスターでプレーするエバンス。マンチェスター・ユナイテッド時代はリオ・ファーディナンド氏やネマニャ・ヴィディッチという名手がポジション争いのライバルとあって、輝き切れなかったが、今やレスターでDFリーダーの地位を築く。 決して派手なプレーヤーではないが、レスターではその堅実なパフォーマンスでいち目置かれる存在となり、これまで公式戦通算138試合に出場。ケガがちな面もあるが、今季もキャプテンマークを託される試合があったりとチーム内での信頼は厚い。 昨年1月に2023年までの新契約にサインしたエバンスだが、イギリス『デイリー・メール』によると、ブレンダン・ロジャース監督から高く評価されているとのことで、レスターが新たに1年延長オファーを打診する模様だ。 なお、今季のプレミアリーグで8位で終戦したレスターはデンマーク代表DFヤニク・ヴェステルゴーア(29)とフランス人MFブバカリ・スマレ(23)に関して、他クラブからオファーが届けば耳を傾ける方針のようだ。 2022.05.27 10:55 Fri
twitterfacebook
thumb

3位ほぼ確保のチェルシー、トゥヘル監督は「乗り越えるべき壁がいくつか」と振り返る

チェルシーのトーマス・トゥヘル監督が、レスター・シティ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 19日、プレミアリーグ第27節延期分でチェルシーはレスターと対戦した。 勝利すれば3位が確保されるチェルシー。しかし、開始6分にジェームズ・マディソンにゴールを許して失点する。 それでも34分にマルコス・アロンソがゴール。その後は互いにゴールを奪えず、1-1の引き分けに終わった。 この結果、チェルシーは勝ち点1で3位が確定。敗れた場合でも得失点差に開きがあるため、ほぼ3位確保と言って良い勝ち点1となった。 試合後、トゥヘル監督は勝利に値したと引き分けを悔やんだ。 「我々はより良いチームであり、勝利に値する。必要なことを行い、勝ち点を得た」 「我々は何も許さず、レスターのチャンスもなかったが、ボックス外からのシュートで失点した」 「勝つに十分チャンスを作り、トランジションやチャンスを相手に許さなかったので、パフォーマンスには何の問題もない」 「少し壊れたレコードのようだが、我々は相応のものを手に入れられなかった。ただ、我々がしたことは問題なかった」 また、トップ3でのフィニッシュについても言及。ほぼ手中に収めたと言う一方で、攻撃陣の不調がこの結果になったとコメント。改善点を把握していると、来シーズンへの意気込みを語った。 「今シーズンのストーリーだ。ウィングバックからのアシストと、ウィングバックからのゴールが必要だ」 「攻撃的な選手の数字を見ればわかるし、我々の前にいるチームの数字を見てもわかるだろう」 「それでも今日は3位を確保した日だった。我々はシーズンを通してトップ3に入っており、自分たちがどこから来たのかを念頭に置いている」 「また、クラブを取り巻く環境は決して楽なものではなく、乗り越えなければならない壁がいくつかあった」 「我々にとっては一貫性を示した大きな一方であるが、上位2チームとのギャップは非常に大きいため、そんなに感じられないかもしれない。改善すべき点があり、それを最初に認めるのは我々だ」 2022.05.20 10:50 Fri
twitterfacebook
thumb

ホームで勝ち点1を積み上げたチェルシー、シーズン3位フィニッシュが決定的に《プレミアリーグ》

チェルシーは19日、プレミアリーグ第27節延期分でレスター・シティと対戦し1-1の引き分けに終わった。 チェルシーがEFLカップ(カラバオカップ)決勝に進出した影響で延期となっていたこの一戦。直近に行われたFAカップ決勝でPK戦の末にリバプールに敗れた3位チェルシー(勝ち点70)は、その試合からスタメンを2人変更。マウントとコバチッチに代えてツィエクとカンテが先発で起用された。 リーグ戦2連勝中の9位レスター(勝ち点48)に対し、チェルシーは開始早々に失点する。6分、GKシュマイケルのロングフィードを右サイドで受けたカスターニュがダイレクトで折り返すと、リュディガーに当たったボールをバイタルエリアで拾ったマディソンがボックス手前まで切り込み、右足一閃。強烈なシュートがゴール右に突き刺さった。 先制を許したチェルシーは16分、カンテのスルーパスからボックス右まで抜け出したルカクに決定機が訪れたが、シュートはアマルテイのスライディングブロックに阻まれた。 以降はチェルシーが70%近いボール支配率で相手を自陣深くに押し込む展開が続く。すると34分、敵陣中盤でボールを受けたR・ジェームズがボックス内へロングパスを供給すると、ゴールエリア左横まで走りこんだマルコス・アロンソが左足ボレーで豪快にゴールネットを揺らした。 追いついたチェルシーだったが、ハーフタイムにかけては攻めあぐね、前半は1-1で終了した。 迎えた後半も主導権を握るチェルシーは62分、R・ジェームズのパスでボックス右に抜け出したルカクの折り返しからゴール前に走りこんだプリシッチが決定機を迎えたが、シュートは枠の左に外れた。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、拮抗した展開が続く。そんな中、チェルシーは86分にツィエクのスルーパスに反応したハヴァーツがチャンスを迎えたが、ボールは軸足に当たり空振り。 結局、試合はそのまま1-1でタイムアップ。勝ち点1を積み上げたチェルシーは、最終節を残して4位トッテナムとの勝ち点差が「3」となっているが、得失点差で大きく上回っているため、ほぼ3位フィニッシュが決定した。 2022.05.20 06:00 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナルが今夏移籍濃厚のティーレマンスに関心か…CL出場権の有無が加入の鍵に

アーセナルがレスター・シティのベルギー代表MFユーリ・ティーレマンス(25)の獲得に動き出しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ティーレマンスは2019年7月にモナコからレスターへ加入すると、すぐさま主軸に定着して公式戦154試合出場で24ゴール23アシストを記録。チームのFAカップ優勝などに貢献した。 今季も公式戦44試合に出場しているが、チームはプレミアリーグで34試合を消化して14位に低迷。ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)も準決勝でローマに屈して失意のシーズンを送っている。 こうした状況に加えて、レスターとティーレマンスの契約は2023年夏までとなっているものの、選手側が延長交渉の席に着くことを拒否。これにより、今夏に移籍する可能性が高まっている。 そんなティーレマンスに対してはアーセナルが獲得に高い関心を示しているようだ。ミケル・アルテタ監督は今夏に中盤のテコ入れを希望しており、プレミアリーグでの経験も豊富なティーレマンスの獲得を熱望しているという。 ティーレマンス本人もアーセナル加入に乗り気と伝えられているが、仮にクラブが来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を得られるプレミアリーグ4位以内を逃した場合、レアル・マドリーやマンチェスター・ユナイテッドとの争奪戦に発展する可能性もあるようだ。 アーセナルは現在、プレミアリーグ3試合を残した状況で4位に入っているが、直接対決を控えている5位トッテナムとは4ポイント差となっており、今季の結果がティーレマンスの去就に直結するかもしれない。 2022.05.09 16:54 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly