不屈アトレティコが最下位からの逆転で三つ巴の争い制す! グリーズマン躍動で退場者4人出たポルトとの乱戦制す《CL》

2021.12.08 07:33 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)のグループB最終節、ポルトvsアトレティコ・マドリーが7日にエスタディオ・ド・ドラゴンで行われ、アウェイのアトレティコが1-3で勝利した。CLでは直近2試合未勝利も自力突破の可能性を有する2位のポルト(勝ち点5)は、前回対戦で0-0のドローに終わったスペイン王者相手の勝利で2年連続の決勝トーナメント進出を目指した。

一方、アトレティコ(勝ち点4)は前節のホームゲームで土壇場に失点を喫し、勝利はおろかドローにも持ち込めず。当該戦績で完全に並んだミランにグループ全体の得失点差で「1」上回られて最下位に転落した。

逆転突破にはポルト戦の勝利に加え、3位ミラン(勝ち点4)が勝利した場合には大量得点を奪って得失点差や総得点で上回る必要がある崖っぷちの状況となった。その運命の一戦に向けてシメオネ監督は、土壇場の失点で痛恨の逆転負けを喫したマジョルカ戦から先発5人を変更。出場停止のフェリペ、負傷のホセ・ヒメネス、サビッチ、トリッピアーの不在を受け、3バックにヴルサリコ、コンドグビア、エルモソを起用。グリーズマンとスアレスを2トップに配した[3-5-2]の布陣で臨んだ。

互いに相手の出方を窺う慎重な入りを見せた中、アトレティコにいきなりアクシデントが発生。10分過ぎに筋肉系のトラブルに見舞われたスアレスがプレー続行不可能となり、自らの足でピッチを後に。これを受け、13分にマテウス・クーニャがスクランブル投入された。

エースの負傷離脱によってピッチ内にイヤな流れが漂うアトレティコは、集中したホームチームの堅守を前に苦戦。それでも、20分過ぎに最初の決定機を創出する。

22分、ボックス左で仕掛けたカラスコが複数のDFを軽やかにかわしてゴールライン際に抜け出す。そして、グラウンダーの高速クロスを入れると、ニアに飛び込んだレマルに当たってファーに流れたところにグリーズマンとマルコス・ジョレンテが反応。手前のグリーズマンはわずかに届かなかったものの、ジョレンテが右足のダイレクトシュートをニアに飛ばしたが、これはGKジオゴ・コスタの足を使ったビッグセーブに阻まれた。

この決定機をキッカケにアウェイチームに流れが傾くかに思われたが、以降はボールの主導権を握るポルトが押し込む展開に。31分には右サイド深くでジョアン・マリオが入れたグラウンダーの折り返しを、ボックス中央のルイス・ディアスが右足ダイレクトシュート。これが枠に飛んだが、GKオブラクが味方のブラインドをモノともせずに見事にはじき出した。

その後、前半終盤にかけて攻勢を強めるポルトはセットプレーから幾度か際どい場面を作り出すと、43分には3列目から豪快な攻め上がりを見せたグルイッチがボックス右から強烈なシュートを放つが、これはGKオブラクの正面を突いた。

ポルトペースも0-0のイーブンで折り返した試合は、後半も引き続きホームチームが押し込む。立ち上がりの47分にボックス付近でカラスコからボールを奪ったオタビオの折り返しをボックス中央のタレミがシュートも、これを枠の上に外す。さらに、51分には完璧なカウンターからルイス・ディアスのスルーパスに抜け出したタレミがボックス内でGKとの一対一を迎えるが、右足のシュートはGKオブラクの残した右足のセーブに遭い、続けて絶好機を逸した。

一方、守護神の再三のビッグプレーに救われたアトレティコは攻撃陣が応える。56分、右CKの場面でゴール前のタレミの頭に当たってファーに流れたボールがドフリーのグリーズマンの足元にこぼれると、これを背番号8が冷静に押し込んだ。

終始劣勢を強いられながらも勝負強さを発揮してリードを手にしたアトレティコは、やや強引な攻めが増え始めたホームチーム相手にカウンターを繰り出せるようになり、クーニャの豪快な持ち上がりからのループシュートにグリーズマン、コケが飛び込む決定機を作り出すなど、ようやく自分たちのペースで試合を進める。

だが、67分には思わぬアクシデントが発生。相手のスローインを遅らせようとしたカラスコがオタビオと小競り合いを起こした際に顔面にラリアットをかます形となり、この暴力行為にレッドカードが掲示される。

痛恨の退場によって厳しい状況となったアトレティコだが、このプレーをキッカケに試合が荒れ模様となったことが優位に働く。直後の71分には今度はクーニャとヴェンデウが先ほどと同じようなシチュエーションで小競り合いを起こすと、クーニャの喉付近にエルボーを見舞ったヴェンデウにレッドカードが掲示される。さらに、ここでの両軍入り乱れる乱闘の中でベンフィカの控えGKマルチェシンとコーチングスタッフにもレッドカードが出された。

10人同士のイーブンに戻った試合はここからさらに激しさを増していく中、ビハインドのポルトは積極的に攻撃的な選手を投入。対するアトレティコは前半途中投入のクーニャを下げてロージを投入する守備的な采配で逃げ切りを図る。

試合終盤にかけてはポルトが決死のパワープレーでゴールをこじ開けにかかるが、守護神オブラクを中心とするアトレティコ守備陣がことごとく撥ね返していく。

すると、5分が加えられたアディショナルタイムにはアトレティコが底力を見せる。まずは90分、ロングカウンターから中盤で粘ったグリーズマンからのスルーパスに抜け出したアンヘル・コレアがそのままボックス内に運んで冷静に右足のシュートをゴール左隅へ流し込む。さらに、直後の92分には相手陣内左サイドの高い位置でのデ・パウルのボール奪取からショートカウンターを発動。ゴール前でのグリーズマンのシュートのこぼれ球を起点となったデ・パウルが押し込み、勝利を決定づける3点目とした。

その後、後半ラストプレーで与えたPKをセルジ・オリベイラに決められたものの、このまま2点リードを守り切ったアトレティコが敵地で会心の3-1の勝利。

さらに、同時刻開催のミランvsリバプールがリバプールの2-1の勝利に終わったことで、最下位アトレティコが一気に順位を2位まで上げて劇的な形での決勝トーナメント進出を決定。今週末のレアル・マドリーとのダービーを最高の形で迎えることになった。

関連ニュース
thumb

ヴァスがアトレティコ移籍を希望 バレンシア指揮官「彼の考えは、ここを出て行くこと」

バレンシアに所属するデンマーク代表DFダニエル・ヴァス(32)が、アトレティコ・マドリー移籍を希望しているようだ。 アトレティコは、今冬の移籍市場でイングランド代表DFキーラン・トリッピアーがニューカッスルに完全移籍。そのため、現在チームには本職の右サイドバックがクロアチア代表DFシメ・ヴルサリコのみとなっており、スペイン代表MFマルコス・ジョレンテが中盤と併用される形で同ポジションを務めている状況だ。 これを受け、クラブがトリッピアーの後釜の確保に動く中、有力な候補の一人に挙がっているのが、セルタとバレンシアでラ・リーガ220試合以上に出場しているヴァスだ。 今シーズンはチーム事情でボランチを主戦場とするヴァスだが、本職は右サイドバックやサイドハーフ。複数のポジションをカバーする戦術理解度の高さに加え、その優れた右足のキック精度はトリッピアーの後釜として打ってつけだ。 そのヴァスに関して、バレンシアを率いるホセ・ボルダラス監督は、スペイン『Cadena Ser』で選手自身がアトレティコ行きを希望していることを認めた。 「彼はアトレティコからオファーがあると言っていた。そして、彼の考えは、ここを出て行くことだ」 「そのことについて私自身は決断を下せないが、下せたらと思う。ただ、私はオーナーではなく、ただの監督だ」 「誰が残って、誰が行くかを決めるのは私ではない。彼は自分が重要であることを知っているし、私は彼を全面的に信頼していると言った。しかし、プレーヤーに対して、残るべきか去るべきかを指示することはできない。クラブが決めなければならないことなんだ」 2022.01.17 22:42 Mon
twitterfacebook
thumb

アトレティコがリールの主力左SBにオファー! 今夏のフリー獲得目指す

アトレティコ・マドリーが今夏の移籍市場でリールのモザンビーク代表DFヘイニウド・マンダヴァ(27)の獲得に近づいているようだ。フランス『レキップ』が報じている。 昨シーズンのリールの国内リーグ制覇に貢献したヘイニウドだが、今シーズン限りで満了する契約に関する延長交渉は停滞。今夏のタイミングでの退団が決定的と見られている。 過去にナポリ、ポルトからの関心を集めたモザンビーク代表DFに関しては、契約満了まで半年を切った中で国外クラブとの交渉が可能となっている。 そういった中、アトレティコが公式なオファーを掲示し、今夏のフリートランスファーでの獲得に向けて好位置に立っているようだ。 モザンビーク出身のヘイニウドは2015年にベンフィカBに加入し、ヨーロッパでのキャリアをスタート。その後、ベレネンセスへの移籍を経て2019年1月にリールへ加入した。 昨シーズンに左サイドバックの主力に定着すると、高い身体能力と豊富な運動量を武器に、守備では抜群の対人対応で堅守構築に寄与。攻撃では安定した繋ぎと推進力のあるプレーをみせ、リールのリーグ・アン制覇に大きく貢献。個人としてもフランスプロサッカー選手協会(UNFP)が選出する2020-21シーズンの年間ベストイレブンに選出されていた。 2022.01.17 08:00 Mon
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、トリッピアーの後釜にパブロ・マフェオに興味か

アトレティコ・マドリーが、シュツットガルト所属のスペイン人DFパブロ・マフェオ(24)に興味を持っているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 先日に右サイドバックで主力を務めていたDFキーラン・トリッピアーをニューカッスルに放出したアトレティコ。冬の移籍市場のうちに後釜を確保しておきたいところだが、バレンシアDFダニエル・ヴァスの説得はすでに失敗した模様だ。 新たに名前が挙がっているマフェオは、2013年にエスパニョールの下部組織からマンチェスター・シティへと移り、2018年夏にシュツットガルトへ移籍。しかし、シーズン途中に負った足首のケガが祟って出番を失うと、翌シーズンはジローナに、シティ在籍時から数えて4度目のレンタルへ。さらに昨シーズンはウエスカ、今シーズンはマジョルカへレンタル中となっている。 そのため、アトレティコは2023年まで契約を残すシュツットガルトに加え、マジョルカとも交渉しなければならない。ただ、マジョルカとシュツットガルトの間には、マジョルカがプリメーラ残留を果たした場合、350万ユーロ(約4億5600万円)の買い取り義務が発生する条項が存在しているようで、その点がこの移籍の鍵になると予想されている。 2022.01.15 16:22 Sat
twitterfacebook
thumb

アトレティコに逆転勝利のビルバオが2年連続の決勝進出!《スーペル・コパ》

アトレティコ・マドリーは13日、スーペル・コパ準決勝でビルバオと対戦し、1-2で敗戦した。 昨季ラ・リーガ王者のアトレティコ・マドリー、コパ・デル・レイ王者のアスレティック・ビルバオ、ラ・リーガ2位レアル・マドリー、3位バルセロナの4チームが参戦するスーペル・コパ。 直近のビジャレアル戦を引き分けに終わったアトレティコは、その試合からスタメンを4人変更。クーニャやデ・パウル、ロージらに替えてフェリックスやコケ、ホセ・ヒメネスらを起用。マルコス・ジョレンテとカラスコを両ウイングバックに据えた[3-5-2]で試合に臨んだ。 一方、昨年王者のビルバオは、ゴールレスに終わったアラベス戦のスタメンからベンセドールをオイエル・サラガに変更した以外は同じメンバーを採用した。 試合は開始早々の15秒でゴールネットが揺れる。レマルのロングフィードでDFの裏に抜け出したフェリックスがワントラップから右足でゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定でゴールは認められず。 対するビルバオは10分、バイタルエリア中央でボールを受けたサンセトのワンタッチパスからゴール前に抜け出したイニャキ・ウィリアムズが最初の決定機を迎えたが、シュートはGKオブラクの好セーブに阻まれた。 その後は膠着状態が続く中、アトレティコは44分にカラスコの左CKからファーサイドのフェリックスにチャンスが訪れたが、上手く合わせることができず、前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半、アトレティコはM・ジョレンテを下げてロージを投入。さらに51分には、コンドグビアを下げてデ・パウルをピッチに送り出した。 すると62分、アトレティコはセットプレーから先制に成功する。レマルの左CKからファーサイドのフェリックスがヘディングシュートを放つと、左ポストの内側を叩いたボールがGKウナイ・シモンの背中に当たりゴールに吸い込まれた。 先制を許したビルバオだが、こちらも直後にセットプレーからチャンスを迎える。64分、ボックス右横で獲得したFKからムニアインがクロスを供給すると、中央のイニゴ・マルティネスがドンピシャのヘッドで合わすが、これはオブラクのビッグセーブに遭う。 試合を決定づける2点目を狙うアトレティコは、71分にアンヘル・コレアを下げてスアレスを投入するも、次にスコアを動かしたのはビルバオだった。77分、ダニ・ガルシアの右CKからジェライがヘディングシュートをゴール右隅に流し込んだ。 さらにビルバオは、80分にもイニャキ・ウィリアムズの縦パスに反応したニコラス・ウィリアムズがボックス右深くからシュート。すると、このプレーで獲得したCKからイニゴ・マルティネスがヘディングシュートを合わせると、ゴール前のダニ・ガルシアに当たったこぼれ球を最後はニコラス・ウィリアムズがダイレクトでゴール左隅に流し込んだ。 反撃に出たいアトレティコだったが、ビルバオの武器である堅守に苦しむと、後半アディショナルタイムにはヒメネスが危険なプレーで一発退場し万事休す。 結局、試合はそのまま1-2でタイムアップ。アトレティコを下したビルバオが2年連続の決勝進出を決めた。なお、決勝でビルバオはバルセロナを下したレアル・マドリーと対戦する。 2022.01.14 06:10 Fri
twitterfacebook
thumb

ブラジル代表、ワクチン未接種を理由にレナン・ロージを招集せず

アトレティコ・マドリーDFレナン・ロージがワクチン未接種によってブラジル代表の招集メンバーを外れた。ブラジル『グローボ』が伝えている。 ブラジルサッカー連盟(CBF)は13日、カタール・ワールドカップ(W杯)南米予選に向けた、ブラジル代表の招集メンバー26名を発表した。 ここまで11勝2分けの無敗で首位に立つブラジルは、すでにW杯本大会出場を決定。今後は消化試合となるが、負傷離脱中のエースFWネイマール(パリ・サンジェルマン)ら一部選手を除き順当に主力が招集されていた。 その中でロージは直近の代表ウィークに招集され、所属クラブでもケガなくプレーしている中、メンバーを外れることに。これを受け、会見の場ではチッチ監督に招集外とした理由を尋ねる質問があった。 これに対して、同監督はロージが2回のワクチン接種を完了させていないことを理由に挙げた。 「レナン・ロージは、ワクチン接種を受けていなかったためブラジル代表でプレーする機会を失った」 「個人的には予防接種は社会的責任であると理解している。私自身は自分の家族、私が責任を負っている人々にその必要性を説いている」 現時点でロージは1回のワクチン接種を終えているが、27日にアウェイ戦を戦うエクアドルでは2回の接種を終えていない場合、入国が認められないという。また、ブラジルでの活動においても完全接種を終えていない場合、行動制限が伴うことを理由に招集を諦めたとのことだ。 なお、ブラジルはロージ不在を受け、DFアレックス・サンドロ(ユベントス)、DFアレックス・テレス(マンチェスター・ユナイテッド)を左サイドバックのポジションで招集している。 2022.01.14 05:30 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly