左足首捻挫のネイマールがパワーアップ目指してベンチプレス!リハビリに向けて「一歩一歩」

2021.12.07 06:35 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマンに所属するブラジル代表FWネイマールが、復帰に向けてリハビリを進めている。11月28日に行われたリーグ・アン第15節でサンテチェンヌ戦に先発出場したネイマールは、84分に相手のタックルを軽くジャンプして回避を試みるも、不運にも相手の軸足に左足が着地。その際に左足首を内側にひどく捻って、苦悶の表情を浮かべながら担架でピッチを後にしていた。

PSGは最新の精密検査の結果、ネイマールの左足首の捻挫及び靭帯の損傷が確認され、離脱期間に関しては6~8週間を要する見込みであると発表されていた。

そのネイマールは、5日に自身のインスタグラムを更新。「一歩一歩」というコメントを添えて松葉づえをつきながらも、ベンチプレスなど足首を負傷していても鍛えられる上半身のトレーニングを行っている映像を投稿した。

必死なネイマールの姿には、ファンからも「すぐに良くなるよ」、「頑張って!」、「バモス!」、「君の力が必要だ」とたくさんのエールが届いている。

今シーズンはコンディションの問題でやや出遅れたものの、ここ数試合では好パフォーマンスを披露していたネイマール。さらにパワーアップした姿で復帰してくることに期待だ。

1 2

関連ニュース
thumb

PSG初ゴールのS・ラモス「これからもたくさん決めていけたら」

スペイン代表DFセルヒオ・ラモスがパリ・サンジェルマン(PSG)での待ちに待った初ゴールに喜びの心境を語っている。 今季からPSGに加わったものの、レアル・マドリー時代からのケガを引きずり、出遅れてしまったS・ラモス。昨年11月にようやくデビューを果たしたが、そこから負傷して、稼働率の悪さが目立つ形でシーズンを折り返した。 期待通りの働きといかず、批判的な声も飛び交い出すが、23日のリーグ・アン第22節のスタッド・ランス戦で先発。1-0の62分に左CKからのこぼれ球をゴール前で押し込み、公式戦5試合目の出場にして初ゴールをマークした。 チームも4-0と快勝して、リーグ2連勝。無失点にも貢献したS・ラモスは試合後、『Amazon Prime Video』でコメントした。 「この勝利とこのチームでの1stゴールをとても嬉しく思う。フル出場できたのも嬉しい。ファンのサポートも良いものだった。3ポイントを掴めて良かった。PSGでの初ゴールだが、これからももっと決めていけたら良いね」 「習慣やルーティンの積み重ねが大事。グループに戻ってから3週間が経って、リズムを掴めてきたよ。大切なのは日々、フィジカルを向上させ、最高の自分を披露していくことだ」 「これからも試合が続く。自分の良い姿を披露するのにベストなタイミングだし、何より自分にとってベストなレベルで戻ってこられるのが重要だ。ホームのピッチからも遠ざかっていたし、嬉しいよ。すごく幸せな気分さ」 2022.01.24 11:25 Mon
twitterfacebook
thumb

セルヒオ・ラモスの移籍後初ゴールなどでPSGがスタッド・ランスに4発完勝!《リーグ・アン》

パリ・サンジェルマン(PSG)は23日、リーグ・アン第22節でスタッド・ランスと対戦し4-0で勝利した。 リーグ戦12試合無敗で首位を独走するPSG(勝ち点50)が、3試合勝利のない14位スタッド・ランス(勝ち点24)をホームに迎えた一戦。 ディ・マリア、イカルディ、ムバッペを並べた3トップで試合に臨んだPSGは、24分にディ・マリアの右CKからダニーロがヘディングシュートを放ったが、これはわずかに枠の上に外れた。 ゴールレスで前半終了濃厚と思われた44分に試合が動く。11のロングパスをボックス中央で収めたイカルディが反転シュートを放つと、相手DFがブロックしたこぼれ球をボックス左に駆け上がったヴェッラッティがダイレクトでゴール左に突き刺した。 1点リードで前半を終えたPSGは、後半開始早々の57にピンチを迎える。カサマのパスをボックス右で受けたエムブクが左足ダイレクトで合わせると、GKケイロル・ナバスの弾いたボールを拾ったロピーがワントラップから右足ボレーで狙ったが、シュートは枠の右上に外れた。 ピンチを凌いだPSGは62分、ディ・マリアの左CKをニアのダニーロが頭で合わせると、相手DFのブロックしたボールをセルヒオ・ラモスがプッシュ。これは相手GKに弾かれたが、こぼれ球を再びセルヒオ・ラモスが押し込み、ゴールネットを揺らした。 直後にディ・マリアを下げてメッシを投入したPSGは、67分にもショートコーナーを受けたメッシがボックス左横からマイナスの折り返しを供給。ボックス内に走りこんだヴェッラッティがダイレクトで合わせると、相手DFにディフレクトしたボールがゴールに突き刺さった。 さらに75分には、ドリブルで左サイドを突破したムバッペのマイナスの折り返しをペナルティーアーク内に走りこんだダニーロがゴール右にダイレクトシュートを突き刺し、4点目。 結局、試合はそのまま4-0でタイムアップ。22本のシュートを放つなどスタッド・ランスを圧倒したPSGが、セルヒオ・ラモスの移籍後初ゴールなどで完勝している。 2022.01.24 06:38 Mon
twitterfacebook
thumb

「このドンキーめ」メッシからキャラガー氏へ誹謗DMが届く

解説を務めるジェイミー・キャラガー氏が、自身のインスタグラムにFWリオネル・メッシからあるダイレクトメッセージが届いていたことを明かした。 以前、昨夏のメッシのパリ・サンジェルマン移籍について否定的な意見を口にしていたキャラガー氏。すでに全盛期は過ぎた選手だとして「パリにとってスマートな契約ではない」とコメントしていた。 これに噛み付いたバロンドーラーは、キャラガー氏のインスタグラムに「ドンキーめ」と、ダイレクトメッセージで悪口を送っていたという。イギリス『スカイ・スポーツ』の番組内で明らかにしている。 「メッシ本人からだった。内容は見せないが、基本的には私をドンキーと揶揄するものだった」 「この番組を見てくれているといいんだが、メッシ、私は絶対に君を愛しているよ」 「史上最高の選手だ。そんな君と比べれば、私はドンキーかもしれない。それは認めよう」 「ただメッシ、君は(2021年の)ベストイレブンには入れない。プレー時間が足りない。コパ・アメリカを制したとしても、モハメド・サラーより優れていたとは思わない」 2022.01.22 20:15 Sat
twitterfacebook
thumb

マジョルカ、PSGの3番手GKセルヒオ・リコを半年間のレンタルで獲得

マジョルカは21日、パリ・サンジェルマン(PSG)の元スペイン代表GKセルヒオ・リコ(28)を今季終了までのレンタルで獲得したことを発表した。 2019-20シーズンにセビージャからレンタルで加入し、翌シーズンに完全移籍でPSGの正式な一員となったセルヒオ・リコだったが、コスタリカ代表GKケイロル・ナバス、イタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマというワールドクラスの2人のGKの存在もあって、今季ここまではナバスの退場で急遽出番が回ってきたナント戦の1試合の出場に甘んじていた。 一方、マジョルカでは2017-18シーズン以降、守護神を務めているスペイン人GKマノロ・レイナ(36)の加齢による衰えも目立ち始め、クラブはポジション争いのライバルとしてスロバキア代表GKドミニク・グライフを補強。だが、グライフはここ数カ月に渡って背中のケガに悩まされており、直近の公式戦2試合ではレイナの不在を受け、カンテラーノであるスペイン人GKレオ・ロマン(21)をプレーさせていた。 2022.01.21 22:30 Fri
twitterfacebook
thumb

PSGとスパーズがエンドンベレのレンタル交渉を開始

パリ・サンジェルマン(PSG)とトッテナムが、フランス代表MFタンギ・エンドンベレ(25)のレンタル移籍に関して交渉を行っているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏ら複数のメディアが報じている。 エンドンベレは2019年夏にトッテナム史上最高額となる総額6300万ポンド(約97億7000万円)でリヨンから加入。巧みなボールスキルや意外性のあるプレーで攻撃にアクセントを加える一方、度重なる筋肉系の負傷や緩慢な守備対応、戦術理解度の乏しさなど、その長所を打ち消すほどのマイナス面が目立ち、これまで指導したトッテナムの指揮官たちの信頼を得ることができず。 とりわけ、アントニオ・コンテ監督の下ではFAカップ3回戦のモアカム戦での交代時の振る舞いが問題視され、ここ数試合ではベンチ入りはおろかチームトレーニングから外されるなど、完全に構想外の扱いを受けている。 そのため、今冬の放出が濃厚とみられる中、ここまでは比較的良好な関係を築いていたジョゼ・モウリーニョ監督率いるローマ、ナポリなどセリエAクラブへのレンタル移籍の可能性が取り沙汰されてきたが、高額なサラリーや選手本心の意向もあって移籍は実現せず。 そういった中、急遽新天地候補に浮上したのがPSGだ。 ロマーノ氏が伝えるところによれば、トッテナムとPSGはエンドンベレのレンタル移籍に関して現在交渉中だという。この話し合いでは買い取りオプションの有無や、レンタル中のサラリーの支払いなどの条件面を話し合っている段階にあるようだ。 一方、パリ近郊のロンジュモー生まれのエンドンベレは、トッテナムよりも格上であり、故郷のクラブでのプレーを熱望しているとのことだ。 また、PSGを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督はトッテナム時代にエンドンベレの獲得を希望した張本人であり、スポーツ・ディレクターを務めるレオナルド氏も、オランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムの去就が不透明な中、同選手の獲得を容認する構えだという。 移籍成立に向けては前述の交渉の詰めと共に、一部ではアルゼンチン代表MFレアンドロ・パレデス(27)をトレード要員として差し出す可能性も伝えられているが、現時点ではエンドンベレ単体でのレンタルの可能性が高いようだ。 2022.01.21 08:26 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly