スパーズが開幕以来の3連勝! ルーカス&サンチェス初弾にソンが2戦連発!《プレミアリーグ》

2021.12.06 01:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第15節、トッテナムvsノリッジが5日にトッテナム・ホットスパースタジアムで行われ、ホームのトッテナムが3-0で快勝した。

現在、6位のトッテナム(勝ち点22)は前節、ブレントフォードに2-0の快勝を収めてリーグ連勝を達成。開幕以来の3連勝を目指す今節は降格圏の19位に沈むノリッジ(勝ち点10)をホームで迎え撃った。

コンテ監督は中2日での連戦に向け、体調不良のエメルソンに代えてタンガンガを右ウイングバックに配置した以外、同じメンバーを採用した。

共に新体制移行後、リーグ無敗を継続する両者の一戦はアウェイチームが先にゴールへ迫る。開始3分、右サイドで深い位置を取ったイダーからの折り返しをボックス中央のプッキがダイレクトでシュートするが、これはGKロリスの好守に遭う。

一方、この直後に古巣初対戦のスキップが中央突破から最初の枠内シュートを放ったトッテナムは、2本目の枠内シュートをゴールに結びつける。10分、バイタルエリア中央でダビンソン・サンチェスから足元にパスを受けたルーカス・モウラが鮮やかなターンからソン・フンミンとパス交換し、前向きな状態でペナルティアーク付近に運んで右足を一閃。強烈なミドルシュートがゴール左上隅の完璧なコースを射抜いた。

ルーカスの今季リーグ戦初ゴールとなる弾丸ミドルシュートで幸先よく先制に成功したトッテナムだが、以降は後方から丁寧にボールを動かすノリッジにボールを握られて反撃を許す展開に。さらに、20分過ぎには試合前からハムストリングに不安を抱えていたと思われるレギロンがプレー続行不可能となり、セセニョンがスクランブル投入される。

前半半ばを過ぎてコンテ監督から守備面の修正が入ったか、前線からの圧力を強めて相手のプレーにようやく制限をかけられるようになったホームチームは、試合の主導権を掌握。3トップの連携やセセニョンの縦への仕掛けを軸に、カウンターからチャンスを作り出していく。

29分にはボックス中央でソン・フンミンからの折り返しに反応したケインのワンタッチシュート、39分にはルーカスのスルーパスに抜け出したケインが前に飛び出したGKクルルのポジションを確認してミドルループでゴールに迫ったが、いずれも枠に飛ばすことができず。試合は1-0のスコアで折り返した。

後半もボールを握られる形となったトッテナムは、背後を積極的に狙うイダーの対応にやや苦戦。59分にはボックス内でのプッキのシュートをゴール前のイダーに触られてあわやというピンチを招くが、これは枠の左に外れる。

展開を考えれば、早い時間帯に2点目を奪って試合を決めたいトッテナムは62分にタンガンガを下げてドハーティを右のウイングバックに投入。この交代で左偏重の攻撃のバランスを修正する。

65分にはペナルティアーク付近でパスを受けたケインがバランスを崩しながらも左足の鋭いグラウンダーシュートを枠の右下隅へ飛ばすが、これはGKクルルのビッグセーブに遭う。だが、このプレーで得た右CKの場面でキッカーのソン・フンミンが右足アウトスウィングのボールを入れると、ニアでベン・デイビスが頭で触ったボールが中央の相手DFに当たってこぼれると、これをサンチェスが冷静に右足で蹴り込んでルーカスに続く今季リーグ戦初ゴールとした。

この2点目で勝利に大きく近づいたトッテナムは気落ちするノリッジを相手に畳みかける攻めを見せていく。ホイビュルクやケインが相手GKクルルを脅かすシュートを見せると、決定的な3点目を奪い切る。

77分、右サイド深くでドハーティが鋭角にマイナスへ折り返したボールをベン・デイビスが回収。スキップとのワンツーでそのままボックス内へ侵入したベン・デイビスが中央のソン・フンミンへ繋ぐと、右への持ち出しでDFを外した韓国代表が右足のシュートをゴール左隅へ突き刺し、2試合連続ゴールとした。

その後、殊勲のルーカスを下げてベルフワインを最後のカードとして切ったトッテナムは、試合終盤にかけてアウェイチームの攻勢に晒されたが、相手の決定力不足にも助けられてこのまま3-0で試合をクローズ。

下位に沈むノリッジ相手に完勝のトッテナムが開幕以来のリーグ3連勝を飾り、暫定5位に浮上している。


関連ニュース
thumb

初のPL得点王に輝いたソン・フンミンをネビル氏も絶賛 「私にとってのシーズン最優秀選手」

マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドであるギャリー・ネビル氏がトッテナムの韓国代表FWソン・フンミンとアントニオ・コンテ監督を称えた。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 トッテナムは22日に行われたプレミアリーグ最終節のノリッジ・シティ戦で5-0の大勝を飾っており、これによりリーグ4位が確定。来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得することに成功している。 また、この試合で2ゴールを挙げたソン・フンミンは、これで今季23ゴール目を記録。PKによる得点がないなかでリバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーと並ぶ得点ランキングトップに立ち、自身初のプレミアリーグ得点王を獲得した。 今季は去就問題に揺れ序盤調子を落としていたFWハリー・ケインに代わり、エースとしての役割を果たした韓国代表FWに対しては、ネビル氏も手放しに絶賛。自身の選ぶシーズン最優秀選手だと語った。 「私にとってのシーズン最優秀選手はソンだ。ケビン・デ・ブライネを選ぶのは簡単であり、モハメド・サラーも最優秀選手になれただろう。それに、他にも名前を挙げるべき選手はいたと思う」 「それでも、ソンはトッテナムでやってきたことで、周りから尊敬されるようになった。世界のどのトップクラブに選ばれてもおかしくないだろう。彼はとても価値ある選手だと思うよ」 「彼は特別な選手だ。ハリー・ケインの影に隠れてしまうこともあるが、彼もトッテナムもアントニオ・コンテも良くやったよ」 また、ネビル氏は昨年11月にチームに就任すると、卓越した手腕でトップ4の目標を達成したコンテ監督も称賛。自身の古巣であるユナイテッドの監督には推薦できなかったものの、偉大な指揮官であることは間違いないと語った。 「10日前のノースロンドン・ダービーを経て、その後たとえアーセナルがニューカッスルに勝っていたとしても、コンテはあの晩に経験したことのために残留していただろうと思っている。この瞬間のヨーロッパで、あの競争要素、あの雰囲気はどこで手に入れられる?」 「コンテはトッテナムで素晴らしい仕事をした。マンチェスター・ユナイテッドの屈服とアーセナルの下降に助けられたが、良い仕事をしたと思うし、常にその意欲があった。私は彼がユナイテッドに相応しい監督ではないとはっきり言ったが、自分の応援するクラブに相応しくなくても、偉大な監督であることに変わりはない」 「(トーマス・)トゥヘルやコンテ、(ユルゲン・)クロップ、(ジョゼップ)グアルディオラは獣のようであり、常にトロフィーを獲得している。彼らはタッチラインに立ち、その存在感とオーラで人を食ってしまいそうなほどだね」 2022.05.24 12:37 Tue
twitterfacebook
thumb

フランクフルトでEL優勝コスティッチは30歳目前でも今が旬、トッテナムに続いてユーベも獲得を狙う?

フランクフルトのヨーロッパリーグ(EL)優勝に大きく貢献したセルビア代表MFフィリップ・コスティッチ(29)。今年11月には30歳を迎えるコスティッチだが、選手としてはまさに今が旬。そんな彼にユベントスも関心を寄せているようだ。イタリア『カルチョ・メルカート』が報じている。 母国セルビアからオランダを経由し、ドイツへとやって来たのが2014年8月。シュツットガルトやハンブルガーSVを経て、2019-20シーズンからは、日本代表MF鎌田大地や元日本代表MF長谷部誠とともにフランクフルトでプレーしている。 今シーズンのブンデスリーガでは31試合4得点9アシストを記録したコスティッチだが、なんと言ってもELでの躍進は見逃せない。先日行われた決勝戦でもチームの同点弾をアシストするなど、クラブにとって前身のUEFAカップ時代以来42年振りとなるEL優勝の立役者となった。 そんなコスティッチに対し、ここ最近ではトッテナム移籍が盛んに報じられてきたが、『カルチョ・メルカート』によると、今シーズンのセリエAで4位に沈んだユベントスも獲得を目論んでいるとのことだ。 すでに、コスティッチと同様に左サイドを主戦場とするインテルのクロアチア代表MFイバン・ペリシッチ(33)や、パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア(34)の獲得が濃厚とされているユベントス。しかし、現有戦力であるイタリア代表FWフェデリコ・キエーザ(24)の離脱がもうしばらくかかる見込みであることから、今夏の移籍市場においてサイドアタッカーを少なくとも2枚確保したい考えとのことで、選択肢の1つとしてコスティッチに白羽の矢が立った模様だ。 今やヨーロッパ屈指のクロッサーとして評価されるコスティッチ。ユーベやトッテナムと同様に、フランクフルトも来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得しているわけだが、果たして、30歳を目前にして更なるステップアップとなるのだろうか。移籍市場の動向に注目だ。 2022.05.24 12:11 Tue
twitterfacebook
thumb

ソン・フンミンのアジア人初得点王をコンテ監督がアシスト?ズバリ采配もチームメイトたちの手助けを強調

トッテナムが、チーム一丸となって韓国代表FWソン・フンミンの得点王をアシストした。 今季終盤はアーセナルと来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を懸けた4位争いを展開したトッテナム。22日に行われた最終節では引き分け以上でトップ4フィニッシュが決まる中、ノリッジ・シティとのアウェイ戦に臨んだ。 キックオフ前の時点で21ゴールを挙げ、22ゴールでトップに立つエジプト代表FWモハメド・サラー(リバプール)を射程圏内に入れていたソン・フンミンも先発した。 トッテナムは16分にMFデヤン・クルゼフスキが先制点を決めると、32分にはFWハリー・ケインが追加点を奪うものの、ソン・フンミンは決定機を仕留められない。 それでも、64分にクルゼフスキが3点目を奪い勝利をほぼ確実のものとすると、アントニオ・コンテ監督が動く。左利きのクルゼフスキを下げて右利きのFWルーカス・モウラを投入した。 すると70分、ペナルティアーク付近でケインからの足元へのグラウンダーパスをルーカスが絶妙なフリックでゴール前に流すと、これに反応したソン・フンミンがゴール右下隅へシュートを流し込み、得点ランキングトップタイの22ゴール目を記録する。 さらに75分には、FKの場面でキッカーのルーカスが入れたクロスのこぼれを回収したソン・フンミンがボックス手前から右足を振り抜き、圧巻のシュートで今季23ゴール目を奪った。 この結果、ソン・フンミンは、ウォルバーハンプトン戦で1ゴールを決めたリバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーとともに23ゴールで初のゴールデンブーツを受賞。アジア人選手として史上初のゴールデンブーツ受賞の偉業を達成した。 采配をズバリ的中させ、得点王をアシストしたコンテ監督は試合後、ソン・フンミンとチームメイトを称賛している。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えた。 「まずチャンピオンズリーグの出場権を獲得する必要があり、その上でソニーが得点王になる手助けができるのならとても嬉しいことだ。そして彼は2点決め、もっと決められたはずだ」 「でも同時に、ソニーのためにチームがしてくれた大きな努力も強調したい。ソニーを得点王にしたいというチームメイトの意志や思いが伝わってきた」 「それはドレッシングルームに素晴らしい雰囲気があるということ。選手たちが良い選手であるだけでなく、本当に良い人間でもあるということだ」 「チャンピオンズリーグ出場権獲得とゴールデンブーツ獲得という2つの目標を今日達成できたのはよかったと思う」 <span class="paragraph-title">【動画】采配的中!ソン・フンミンがルーカス・モウラのアシストからゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="hJIBTK3j1Q4";var video_start = 474;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.23 19:15 Mon
twitterfacebook
thumb

トップ4確保のトッテナム、コンテ監督も喜び 「就任時には想像できなかった」

トッテナムのアントニオ・コンテ監督がトップ4フィニッシュの喜びを語った。クラブ公式サイトが伝えている。 今季終盤はアーセナルと来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を懸けた4位争いを展開したトッテナム。22日に行われた最終節では引き分け以上でトップ4フィニッシュが決まる中、ノリッジとのアウェイ戦に臨んだ。 16分にMFデヤン・クルゼフスキが先制点を決めると、32分にはFWハリー・ケインが追加点。さらに、後半にはFWソン・フンミンが2ゴールを奪うなど、終始最下位チームを圧倒し続け、5-0で完勝した。 昨年11月の就任当初は9位に沈んでいたチームを見事に復活させ、トップ4フィニッシュに導いたコンテ監督。試合後の会見で、選手たちの戦いぶりに満足を語った。 「私はチームに対してはっきりと言った。もし我々がアウェイに赴いて、無失点で引き分けを狙うようなプレーを見せるのなら、それは正しいやり方ではないということをだ」 「それよりも、ピッチで最初から最後まで強気のプレーを見せることだ。これだけ言えば十分だろう。昨日も今日も、この1週間もチームを取り巻く雰囲気はとてもポジティブで、来シーズンにCLを戦うことの重要性を理解してくれていると感じた」 「この大きな成果を心から喜ばなければならない。正直なところ、就任の時点では、CLの出場権を獲得することなど、とても想像できなかったことだ。素晴らしい結果を残してチームを4位に押し上げたこと。また、多くのゴールを決めたこと、そして今日もクリーンシートを達成したことは、チームが安定してきたことを意味している」 「以前から言っていることだが、大きな力を持ったチームや、何かを勝ち取るチーム、重要なものを求めて戦えるチームは、浮き沈みがなく、安定していなければならない。我々の選手たちは、そういった部分で大きく改善された」 「とてもうれしいし、選手たちに感謝したい。彼らはこうした改善を望んでいたからだ。どの監督も、どのコーチも、仕事とアイデアを持ちこむことはできるが、そのときに自分の指示と仕事を信じてくれる選手たちを見つけなければならない。だからこそ、私はスタッフにも、選手たちにも、クラブにも感謝したい」 2022.05.23 11:12 Mon
twitterfacebook
thumb

アジア人初のPL得点王が誕生! ソン・フンミン「本当に感無量」

トッテナムの韓国代表FWソン・フンミンが歴史的快挙の心境を口にした。 プレミアリーグでトップ4入りがかかるなか、22日の最終節でノリッジ・シティのホームに乗り込んだトッテナム。5-0の大勝で5位につけるアーセナルの猛追を振り切り、4位フィニッシュでチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得した。 そして、プレミアリーグ得点王が射程圏内に入るソン・フンミンも3-0でリードする70分からの5分間で2ゴールを記録。23得点に伸ばすと、リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーと並び、初のゴールデンブーツに輝いている。 アジア人選手として史上初の偉業達成となり、しかも1つもPKからのゴールがないという部分も価値を高める29歳は試合後、イギリス『BBC』で「この賞を手にできるなんて驚きだよ。信じられない」と喜びに浸った。 「本当に感無量だ。子供の頃から夢見てきたからね。それが今や僕の手の中にあるんだ。信じられないよ」 「ゴールを決めるまではビッグチャンスを逃したりして、本当に悔しい思いがあった。チームメイトに言ったよ」 「『一番簡単なチャンスを逃して、最も難しいチャンスを決めた』ってね」 「でも、僕は諦めなかった。今日はゴールを決めたかったし、ハーフタイムにチームが僕をかなり助けてくれた」 「彼らも僕を助けたがっていたし、その様子は君たちも見たとおりだ」 また、「今季はすごく大きな教訓になったよ。来季はCLを楽しめる。誰もが出場権の獲得にふさわしいんだ」と語り、途中就任だったアントニオ・コンテ監督の下で紆余曲折がありながらCL権に辿り着いた今季を振り返っている。 「コンテは僕らに様々なものを与えてくれた。彼が来る前、誰も僕らがCL出場権に届くなんて信じていなかったよね」 <span class="paragraph-title">【動画】アジア人初のプレミア得点王、ソン・フンミン全ゴール集!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="sCgzOffFmqU";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.23 08:55 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly