12年ぶりJ1昇格の京都が来季のユニフォームを発表、カモフラージュとボーダーのストリート感漂うデザインに

2021.12.05 18:55 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
京都サンガF.C.は5日、2022シーズンで使用するユニフォームのデザインを発表した。

今季の京都は曺貴裁新監督の下、クラブスローガンに『一心』、チームスローガンに『HUNT3』を掲げ、明治安田生命J2リーグの42試合を24勝12分け6敗の2位でフィニッシュ。12年ぶりのJ1昇格を決めていた。

トップカテゴリーでの戦いとなる来季に向け、京都は「2022シーズンユニフォームデザイン」を発表。サプライヤーは引き続き「プーマ」が務めることとなった。

新ユニフォームはPUMA TRIBES(プーマ トライブス)の新デザインを採用。ストリート感があるカモフラージュ柄と、スポーティーで伝統的なボーダー柄を合わせ、ピッチ上での選手の新たな見え方を追求した、 PUMAの革新的試みを表現したデザインとなっているとのこと。

京都の伝統的なカラーであるパープルを取り入れ、新たな挑戦をピッチ上で彩るというコンセプトが掲げられている。

J2最少失点で昇格を成し遂げ、アンカーのMF川崎颯太などの躍進も目立った京都。12年ぶりに復帰する来季のJ1の舞台では、どのような戦いを繰り広げるだろうか。



1 2

関連ニュース
thumb

甲府でリーグ戦無得点のFWパウロ・バイヤ、ブラジル1部のアヴァイに加入が決定

カンピオナート・ブラジレイロ・セリエA(ブラジル1部)のアヴァイは25日、カスカヴェウのFWパウロ・バイヤ(22)の加入を発表した。 パウロ・バイヤは、カスカヴェウから2021年2月にヴァンフォーレ甲府へとレンタル移籍。明治安田生命J2リーグで6試合、天皇杯で1試合に出場し1得点を記録していた。 1年での退団が既に発表されていたパウロ・バイヤだったが、2022シーズンはブラジル1部のアヴァイへとレンタル移籍することが決定した。 アヴァイは2021シーズンにカンピオナート・ブラジレイロ・セリエB(ブラジル2部)で勝ち点64を獲得。と昇格争いを繰り広げた末に、リーグ4位で1部昇格の切符を掴んでいた。 <span class="paragraph-title">【写真】甲府を1年で退団し母国1部クラブへ加入したパウロ・バイヤ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">PAULO BAYA É DO LEÃO! <a href="https://twitter.com/hashtag/NovoRefor%C3%A7oDoLe%C3%A3o?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#NovoReforçoDoLeão</a><a href="https://twitter.com/hashtag/TimedaRa%C3%A7a?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#TimedaRaça</a> <a href="https://t.co/2ZZV8wm6IC">pic.twitter.com/2ZZV8wm6IC</a></p>&mdash; Avaí Futebol Clube (@AvaiFC) <a href="https://twitter.com/AvaiFC/status/1486034079107723269?ref_src=twsrc%5Etfw">January 25, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.26 13:34 Wed
twitterfacebook
thumb

仙台のトップチーム関係者1名が新型コロナ陽性判定、1名が濃厚接触者に

ベガルタ仙台は25日、トップチームの関係者1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、23日の抗原定性検査で陽性判定疑いが出た1名に関してPCR検査で陽性反応が出ていたが、24日に再度受けたPCR検査で改めて陽性判定を受けた。 なお、23日の時点で5名が濃厚接触疑いとなっていたが、1名のみが濃厚接触者になったとのこと。残りの4名は順次チームに合流するという。 なお、両名とも無症状で隔離中とのことだ。 2022.01.26 09:52 Wed
twitterfacebook
thumb

「色合いが新鮮で可愛い」金沢とヒュンメルのコラボアイテム、MA-1タイプのアンセムジャケットと移動着が発表!「オシャレに仕上がりそう」

ツエーゲン金沢と『hummel(ヒュンメル)』は、2022シーズンのコラボ第1弾のアイテムを発表。2種類のジャケットを限定発売することを発表した。 2月19日、徳島ヴォルティスとのアウェイゲームで新シーズンの幕開けとなる金沢。北欧のストリートテイストをスポーツに落とし込んだ「hummel PLAY(ヒュンメルプレイ)」から、アンセムジャケットとスウェットフルジップジャケットが限定発売される。 アンセムジャケットは、選手たちがホームスタジアム石川県西部緑地公園陸上競技場で着用するもの。1月9日、金沢歌劇座で行われた出陣式では、ツエーゲンガールを務める、ほくりくアイドル部の公式ウェアとしてイベントで着用され、いち早く披露されていた。MA-1タイプのジャケットに北欧テイストの柄とカラーリングを採用したヒュンメルらしい1枚となっている。 ツエーゲン金沢のエンブレムはブラックのポリクレストワッペンで圧着。ストレッチ性のあるポリエステルジャージニットを使用し、背面右裾部にはイヤフォンなど小物を入れるのに便利なユーティリティポケットを搭載している。 スウェットフルジップジャケットは、選手たちが移動着として着用するフーディー。クラブカラーを主張しないシックなデザインで、左胸にはツエーゲン金沢のエンブレムをブラックのポリクレストワッペンで圧着。快適な着心地で、ストレスのかかるアウェイへの移動などをサポートする。 ソフトな風合いのライト裏起毛素材を採用し、軽量で吸汗速乾、ストレッチ性に優れたアイテムで、前身には異素材を組み合わせてシェブロンライン風のデザインにし、背面にはヒュンメルのブランドミッション”Change the World Through Sport.”(スポーツを通じて世界を変える)をデンマーク語で配置されている。 この2つのアイテムは、24日から31日までの1週間の期間限定、さらに数量限定で販売する。 「hummel PLAY」は、北欧のストリートスタイルを落とし込み、ヒュンメルらしいカラーや柄に、「遊びを楽しむ」というコンセプトを加えたユニセックスアイテムで、スポーツとライフスタイルを繋ぐコレクションとなっている。 モデルを務めた平松昇は「要チェック」と自身のツイッターでアピール。三浦基瑛も「無くなり次第終了だそうなので、ぜひお急ぎ下さい!!パーカーと合わせてもオシャレに仕上がりそうです!」とアピールした。 また、ツエーゲンガールである「ほくりくアイドル部」でモデルを務めた三井梨花さんも「今までになかった色合いが新鮮で可愛い」とし、「オーバーサイズに着てもピッタリサイズに着てもおしゃれなアイテム」とオススメしている。 <span class="paragraph-title">【写真】選手が着用するアンセムジャケット&移動着が発表!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/zweigen220125_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/zweigen220125_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/zweigen220125_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/zweigen220125_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/zweigen220125_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/zweigen220125_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/zweigen220125_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2022.01.25 19:45 Tue
twitterfacebook
thumb

「是非とも二刀流で」甲府の今季ユニフォームPR動画に意外な人物が登場「新鮮だけど似合うな」

ヴァンフォーレ甲府のグッズアカウントがGK河田晃兵の珍しい1枚を投稿。ファンから高い評価を得ているようだ。 吉田達磨新監督を迎え、6年ぶりのJ1復帰を目指す甲府。深みのある青を基調に、武田信玄の家紋"武田菱"を赤いストライプ状にした今季のユニフォームも話題を呼んでいる。 甲府のグッズアカウントは、そのユニフォームのプロモーションのため、選手が実際に着用している動画を公開。登場したのは意外にもGK河田晃兵だった。 2013年にガンバ大阪から期限付き移籍で加入し、翌年のレンタルバック後に2015年から完全移籍で甲府へ加わった河田。岡西宏祐とともに、長期にわたって甲府のゴール前に君臨し続けている。 その河田がユニフォーム姿で登場。ただ、プロモーションのため、身に着けているのは普段のGK用ユニフォームではなくフィールドプレーヤーのものだ。「3XLでーす。観戦とかならこれかな。動くんだったら2XLの方が良さそうだけど」と両腕を広げ、肩の可動具合を確認するあたりは、さすがGKといったところか。 珍しい立ち姿はサポーターからも好評の様子。「フィールドプレーヤーで出ても違和感がないかも」、「是非ともフィールドプレーヤーと二刀流で」、「新鮮だけど似合うなー」など、"二刀流"を望む声も。さらに「やはり普段のサイズより大きいサイズにすべきか」と参考にする声も寄せられている。 期限付き移籍時代を含めれば、甲府での通算9年目を迎える河田。今季は守護神の新しい顔が見られるかもしれない。 <span class="paragraph-title">【動画】FP用のユニフォームを着るGK河田晃兵</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">2022オーセンティックユニフォーム <a href="https://t.co/0EhEXtfxRC">https://t.co/0EhEXtfxRC</a><br><br>皆様見たことが無いと思います<br><br>GK <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%B2%B3%E7%94%B0%E6%99%83%E5%85%B5?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#河田晃兵</a> 選手の FPユニフォーム姿!<br><br>身長: 184cm 80kg<br><br>試合用: 2XL<br>観戦用: 3XL<br>が良さそう3XLは肩も胴回りも丈もかなり余裕がありますね<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%82%B0%E3%83%83%E3%82%BA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ヴァンフォーレグッズ</a> <a href="https://t.co/fF7zytmFEK">pic.twitter.com/fF7zytmFEK</a></p>&mdash; ヴァンフォーレ甲府 グッズアカウント (@vfk_goods) <a href="https://twitter.com/vfk_goods/status/1485577565817683978?ref_src=twsrc%5Etfw">January 24, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.25 18:30 Tue
twitterfacebook
thumb

栃木の選手1名が新型コロナ陽性、25日から宮崎キャンプも陰性の選手、スタッフのみが参加

栃木SCは25日、トップチームの選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、当該選手は24日に陽性判定を受けたとのこと。現在は適切な対策の下、療養している。また、濃厚接触者はクラブ内にはいないとのことだ。 栃木は25日から宮崎キャンプを実施。出発前にクラブ独自の抗原定性検査で陰性を確認した選手・スタッフのみが参加しているとのことだ。 また、追加でPCR検査を実施し、全員の陰性が確認されているとのことだ。 2022.01.25 16:07 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly