リバプールに続いて、チェルシーからも勝利! モイーズ「HTの微調整で…」

2021.12.05 11:40 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウェストハムのデイビッド・モイーズ監督が5日に本拠地で行われたプレミアリーグ第15節のチェルシー戦を振り返った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。

プレミアリーグ14試合を消化して勝ち点24で4位につけるウェストハム。4日に敵地で行われた第15節で首位のチェルシーと対戦すると、2度のビハインドを跳ね除けて、3-2と逆転勝ちした。

リーグ4試合ぶりの白星を首位チームから掴み取ったモイーズ監督だが、内容的にあまり良くない感触だったようで、「今日よりもリバプール戦のときの方が良かったと思う」とコメントした。

今回のチェルシー戦と同じように打ち合いとなり、3-2の勝利で飾った第11節のリバプール戦ほど満足できる内容でなかったというモイーズ監督だが、1-2で迎えた後半の戦いぶりを評価した。

「ハーフタイムの微調整でゲームをコントロールするのが少しうまくなり、高い位置から少しアグレッシブにいけるようになっていった」

また、87分に狙ったものなのかどうか定かでないが、敵陣左サイドから蹴ったボールでネットを揺らしたDFアルチュール・マズアクの決勝ゴールにも触れ、モイーズ監督は賛辞を送っている。

「素晴らしいクロスだったね! 彼を褒めるべきだ。ちょっとしたラッキーゴールだったがね」


関連ニュース
thumb

猫に殴る蹴るの暴行を加えたフランス代表DFズマが2件の罪を認める…動画撮影の弟も罪を認める

ウェストハムのフランス代表DFクル・ズマが、猫への虐待容疑を認めた。イギリス『BBC』が報じた。 事件は、2022年2月上旬にズマの飼い猫に対する虐待が発覚し、世間からは非難の嵐に。さらに、虐待を受けた2匹の猫を保護している英国動物虐待防止協会(RSPCA)が、ズマならびに現場でカメラを回していた兄弟のヨアンを起訴する旨の声明を発表し、2件の容疑で起訴されていた。 ズマ兄弟は24日、テムズ行政裁判所に出頭。最初の公聴会に臨んだ。 ズマは、動画内で猫の腹部を蹴りつける行為や、頭を叩くなどし、「不要な苦痛」を与えたとして2件の罪で告発。この2件に関し、自身の罪を認めた。 また弟のヨアンに関しては、クル・ズマが虐待していることについて「幇助、教唆、助言または調達」という2つの罪で起訴されており、そのうちの1つの罪を認めたという。 検察官のヘーゼル・スティーブンス氏によると、今回の犯罪は猫が椅子を傷つけたことが発端だったようだ。 「クル・ズマは今回起こった損傷に血して、ある種の報復で懲らしめるか、実行することを決意していた」 「この映像がパブリックドメインにされて以来、猫を殴る行為をさまざまなソーシャルメディアに投稿する人が後を絶たない」 なお、虐待を受けた2匹の猫はクル・ズマの元へと帰ったという。 ズマは、今回の行為により25万ポンド(約4000万円)の罰金に加え、「アディダス」とのスポンサー契約を打ち切られていた。また、フランス代表にも招集されなくなっている。 2022.05.24 23:10 Tue
twitterfacebook
thumb

ピアース氏がウェストハムのコーチを辞任「新たなチャレンジを追求する適切な時期」

ウェストハムは23日、スチュアート・ピアース氏(60)がアシスタントコーチを辞任し、クラブを離れることを発表した。 ピアース氏は現役引退後、ノッティンガム・フォレストやマンチェスター・シティ、U-21イングランド代表監督を歴任。2012年のロンドン・オリンピックでは、イギリス代表監督も務めていた。 その後、2017年11月に指揮官に就任したデイビッド・モイーズ監督のアシスタントコーチとしてウェストハムに加入。一度は退任したモイーズ監督と共にチームを離れたが、2020年8月に再任していたモイーズ監督のアシスタントコーチに就任すると、2シーズンに渡って同職を勤め上げた。 クラブを離れる決断を下したピアース氏は、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「このたび、ウェストハムを去ることになり、大変残念に思っている。過去2年間、このクラブで働けたことは喜びであり、名誉出会ったが、今は離れて新たなチャレンジを追求する適切な時期だと判断しました」 「この場を借りて、ウェストハムに戻る機会を与えてくれたデイビッド・モイーズ監督、デイビッド・サリバン、デイビッド・ゴールドの両オーナー、カレン・ブレイディ副社長に感謝の意を表したい」 「ラッシュグリーン(ウェストハムの練習場)で選手やスタッフと毎日一緒に仕事ができたことは素晴らしいことで、この特別な環境を失うことはとても残念です。これからもウェストハムは特別なクラブとして常に私の心の中にあり続けるだろう」 2022.05.24 07:00 Tue
twitterfacebook
thumb

飼い猫虐待容疑で起訴中のウェストハムDF、4000万円の罰金…明日が公聴会

ウェストハムのフランス代表DFクル・ズマが、猫への虐待容疑に関して起訴された。イギリス『BBC』が報じた。 事件は、2022年2月上旬にズマの飼い猫に対する虐待が発覚し、世間からは非難の嵐に。さらに、虐待を受けた2匹の猫を保護している英国動物虐待防止協会(RSPCA)が、ズマならびに現場でカメラを回していた兄弟のヨアンを起訴する旨の声明を発表し、2件の容疑で起訴されていた。 一方のズマは、動物福祉法に基づいて3件の容疑で起訴されている。 ズマ兄弟は、24日にテムズ行政裁判所に出頭し、最初の公聴会を開く予定となっている。 ズマは、動画内で猫の腹部を蹴りつける行為や、頭を叩くなどし、「不要な苦痛」を与えたとして2件の罪で告発。また、「痛み、ケガ、病気」から守れなかったとした罪でも起訴されている。 またヨアンに関しては、クル・ズマが虐待していることについて「幇助、教唆、助言または調達」という2つの罪で起訴されている。 ズマは25万ポンド(約4000万円)の罰金が科され、多くのスポンサーが撤退する羽目になったが、デイビッド・モイーズ監督は起用し続け、今シーズンはプレミアリーグで24試合に出場していた。 2022.05.23 22:28 Mon
twitterfacebook
thumb

イタリア代表FWスカマッカはプレミア勢からも大人気?ビッグクラブ注目の中ウェストハムが争奪戦に加わる

今季のセリエAにおいて16得点を挙げたサッスオーロのイタリア代表FWジャンルカ・スカマッカ(23)。今やイタリアのみならず、欧州全土からも大きな注目を集める存在だ。そんなスカマッカに対し、このほどウェストハムも争奪戦に名乗りを上げたようだ。イギリス『サン』が報じている。 2017年1月のサッスオーロ加入後、ほとんどの期間をレンタル生活で過ごしたスカマッカだが、昨シーズンはジェノアで8得点を挙げてブレイクの兆しを見せると、今シーズンからサッスオーロに復帰。リーグ戦で35試合16得点を挙げ、一気に移籍市場の注目銘柄となった。 すでにミランやインテル、ユベントスといったセリエA上位陣に加え、トッテナム、アーセナル、ニューカッスルなどのプレミア勢、ポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(33)の去就が不透明なバイエルンまでもがスカマッカの動向を注視していると伝えられてきた。 そんな中、今シーズンのプレミアリーグを7位で終えたウェストハムも、スカマッカ獲得を目指して争奪戦に食い込んできた模様だ。 『サン』によると、ウェストハムのデイビッド・モイーズ監督は、2021年1月にコートジボワール代表FWセバスティアン・アラー(27)をアヤックスへ売却して以降、チーム内に戦力となるセンターフォワードがジャマイカ代表FWマイケル・アントニオ(32)の1枚しかいない現状を憂いているとのことだ。 これまでにもイタリア代表FWアンドレア・べロッティ(28)、クロアチア代表FWヨシプ・ブレカロ(23)らトリノの2選手をリストアップしていることが報じられるなど、セリエAでプレーする選手に関心を寄せてきたウェストハム。中でも、ゲームメイク、フィジカル、献身性といった要素に加えて、広いシュートレンジも魅力のスカマッカは、ウェストハムにとって理想的なターゲットであると紹介されている。 スカマッカ獲得に必要となるのは3000万ユーロ(約40億円)前後とされており、中位のクラブであっても強大な資金力を有するプレミア勢にとっては、さほど難しい金額ではないとも推測される。 一方で、スカマッカ自身は、来シーズンのサッスオーロ残留、ひいては将来的にもセリエAでプレーし続けることを望んでいると発言しており、ウェストハムらプレミア勢が獲得に漕ぎ着けられるかは未知数となっている。 2022.05.23 17:59 Mon
twitterfacebook
thumb

トリノのクロアチア代表FWを巡ってウェストハムやミランが争奪戦? 所属元のヴォルフスブルクは売却を進める方針

トリノに所属するクロアチア代表の快足アタッカーを巡り、ウェストハムやミランなどが獲得に名乗りをあげているようだ。ヨーロッパの複数のメディアが報じている。 両クラブがターゲットとしているのは、ヴォルフスブルクからトリノへとレンタル移籍しているクロアチア代表FWヨシプ・ブレカロ(23)。今季のセリエAで32試合7得点2アシストをマークするブレカロは、主に左のウィングを主戦場とする右利きの快足アタッカーだ。 ブレカロは2016年7月、18歳の時にディナモ・ザグレブからヴォルフスブルクへ加入。シュツットガルトへのレンタル移籍を経て徐々に頭角を現すと、昨季はブンデスリーガで29試合に出場し7得点をマーク。今季はブンデスリーガの開幕後にトリノへのレンタル移籍が決まった。 イギリス『Hammers News』によると、ウェストハムはチーム内にジャマイカ代表FWマイケル・アントニオ(32)以外の頼れるセンターフォワードがいない現状を鑑み、今夏ブレカロをチームのスカッドに加えることを考慮していると報じている。 さらに、ブレカロの本職はセンターフォワードではないながらも、ウェストハムを率いるデイビッド・モイーズ監督がかつてサイドアタッカーだったアントニオを中央へとコンバートしたように、同様の手段を用いて最前線の選手層に厚みを持たせようとしていると分析している。 一方で、スクデット獲得間近のミランもブレカロ獲得を目指しているようだ。イタリア『トゥットスポルト』は、ブレカロが、母国クロアチアの偉大な先輩であるズボニミール・ボバン氏がかつて在籍したミランでプレーすることを望んでいると報じ、すでにミランが来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を確保していることも、ブレカロ争奪戦において有利に働くと指摘した。 なお、所属元であるヴォルフスブルクは、現行契約が2023年6月までとなっていることを踏まえ、今夏の売却を進める方針だという。ヨーロッパの様々なメディアが報じるブレカロの移籍金については、1000~1100万ユーロ(約13~15億円)が妥当とみるべきか。 他にも、サウサンプトンもブレカロ獲得を目指していると報じられており、知名度こそさほど高くないものの、多くのクラブにとって、ブレカロが有益なオプションとなり得ることを示している。 2022.05.18 19:31 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly