オリジの後半AT弾でリバプールがウルブスに劇的勝利! 公式戦連続複数得点はストップも暫定首位浮上《プレミアリーグ》

2021.12.05 02:07 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第15節、ウォルバーハンプトンvsリバプールが4日にモリニュー・スタジアムで行われ、アウェイのリバプールが0-1で勝利した。なお、リバプールのFW南野拓実はベンチ入りも出場機会はなかった。

3位のリバプール(勝ち点31)は前節、エバートンとのマージーサイド・ダービーに4-1のスコアで快勝し、3試合連続4ゴールを奪っての3連勝を飾った。その絶好調のクロップ率いるチームは、8位のウルブス(勝ち点21)とのアウェイゲームで4連勝を狙った。

週明けにチャンピオンズリーグ(CL)のミラン戦を控えるチームだが、すでに首位通過を決めているため、エバートン戦と全く同じスタメンを採用し、サラー、ジョタ、マネが引き続き3トップを組んだ。

立ち上がりからボールの主導権を握ったリバプールが押し込む形で試合を進めていく。だが、相手の集中した守備を前になかなかフィニッシュまで持ち込むことができない。18分には左CKの場面でアレクサンダー=アーノルドのクロスをファーサイドで競り勝ったジョタが頭で合わすが、これは相手DFのブロックに遭う。

以降も中盤での潰し合いが目立つクローズな展開が続く。激しいダービーから中2日というコンディション面の問題もあるか、流れの中で攻め切れないリバプールだが、29分にはチアゴの浮き球パスに反応したアレクサンダー=アーノルドのボックス内でのシュート、直後の32分にはアレクサンダー=アーノルドの右クロスにボックス左のジョタが飛び込むが、いずれのシュートも枠を外れる。

一連の攻撃でリズムを掴み始めたアウェイチームは38分、中央のジョタからのスルーパスに反応したロバートソンがボックス左に抜け出して得意の高速クロスを供給。これにニアでマネ、ファーでサラーが飛び込むが、相手DFの身体を張った寄せもあってサラーは押し込み切れない。その後、前半終盤にかけてはやや試合がオープンとなり、ウルブスにカウンターチャンスを与えたものの、最低限のゴールレスで前半を終えた。

互いに枠内シュート0での折り返しとなった試合は、後半に入ってより攻守が目まぐるしく入れ替わるオープンな展開となる。まずは立ち上がりの50分、リバプールが右CKの流れからサラーのシュートに反応したゴール右のチアゴに決定機も連続シュートは相手守備陣の身体を張ったブロックに遭う。

一方、後半に入って右サイドのアダマ・トラオレを起点とするカウンターが機能し始めたウルブスは59分、ボックス付近でのファン・ヒチャンの落としからデンドンケルがミドルシュートを枠に飛ばすが、これはGKアリソンの守備範囲。

すると、この直後の60分にはリバプールに最大の決定機が訪れる。ヘンダーソンが右サイドのスペースに出したフィードに対して、飛び出したGKとサリスがコミュニケーションミスを犯し、こぼれを拾ったジョタがボックス内に持ち込んでシュートを狙う。だが、GK不在の中で決死のゴールカバーに入っていたDFコーディにゴールライン上でブロックされてしまい、25歳のバースデーを自ら祝う古巣相手の恩返し弾とはならず。

この絶好機を逸して以降、徐々に攻撃が停滞してきたリバプールは68分にヘンダーソンを下げてオリジを投入し、[4-2-3-1]へ変更する。さらに、83分にはジョタを諦めてオックスレイド=チェンバレンをピッチへ送り込む。

この交代によってさらに前がかるアウェイチームは専守防衛の構えを見せるホームチームを押し込んでいくと、87分にはマネ、90分にはサラーと続けて枠内にシュートを飛ばすが、GKジョゼ・サのビッグセーブに遭う。

しかし、諦めずに攻め続けるリバプールは最後の最後に劇的ゴールを奪う。94分、ファン・ダイクの対角上のフィードに反応した右サイドのサラーが見事なファーストタッチで一気にスピードに乗ってボックス内に侵入。丁寧にゴール前のオリジの足元に横パスを入れると、オリジが見事な左足の反転シュートを流し込み、ウルブスゴールをこじ開けた。

そして、この直後に試合はタイムアップを迎え、公式戦連続複数得点が「18」でストップしたものの、接戦を見事に制したリバプールがリーグ4連勝で暫定首位に浮上した。


関連ニュース
thumb

契約残り1年サのラーが注目発言「来シーズンは確実にチームに残る」、今はCLに集中

リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラー(29)が 騒がしい去就について言及した。イギリス『リバプール・エコー』が伝えた。 28日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)の決勝戦を控えるリバプール。レアル・マドリーとの一戦を前に、メディア対応を行った。 2017-2018シーズンの決勝と同じカードとなった中、サラーには苦い思い出が。決勝の舞台でケガをし、前半でピッチを去っていた。 そのサラーだが、今シーズンはプレミアリーグで35試合に出場し23ゴール14アシストを記録し、得点王を獲得。CLでは12試合で8ゴール2アシストを記録し、チームを牽引してきた。 一方で、クラブとの契約が2023年6月までとなっており、今夏の移籍が取り沙汰されている。 サラーは騒がしい周囲に対してコメント。今はCLに集中しているとし、来シーズンはリバプールに残ることを明言した。 「僕の考えでは、今は契約についてフォーカスしていない」 「わがままにはなりたくないんだ。重要な週を迎えるチームについて考えたい」 「トロフィーを掲げるヘンド(ジョーダン・ヘンダーソン)を見たいだけだ」 「来シーズンは確実にチームに残るよ」 契約を全うするという考えを明かしたサラー。一方で、契約延長についてはコメントしておらず、来夏には退団する可能性も残されている。 2022.05.26 00:03 Thu
twitterfacebook
thumb

【CL注目選手②】決勝で魔法のパスは繰り出されるか、ルカ・モドリッチ

28日、今シーズンのヨーロッパ最強クラブが決定するUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の決勝が行われる。 パリのスタッド・ド・フランスで行われる今回の決勝。2017-18シーズンと同じリバプールvsレアル・マドリーというカードとなった。 4年ぶりの再戦。当時はマドリーが3-1で勝利を収めてビッグイヤーを獲得。また、昨シーズンは準々決勝でも対戦しており、マドリーが3-1で勝利して勝ち上がっていた。 リベンジを果たしたいリバプールと、再び勝利を収めたいマドリー。両者の決戦に向け、それぞれ注目選手をピックアップしていきたい。 <span class="paragraph-subtitle">◆ボールに魔法をかけるパスマスター</span> MFルカ・モドリッチ 生年月日:1985年9月9日(36) 所属:レアル・マドリー 国籍:クロアチア 今季成績 ラ・リーガ:28試合2ゴール9アシスト チャンピオンズリーグ:11試合4アシスト 2012年8月にトッテナムからマドリーに加入したモドリッチ。今シーズンが在籍10シーズン目となる。 この間、チームの中心選手として活躍を続け、2018年にはバロンドールを受賞するなど、世界屈指のプレーヤーとして活躍。36歳を迎えた今シーズンも、チームに欠かせない存在であり続け、ラ・リーガ制覇にも大きく貢献した。 豊富な運動量は衰え知らず。攻守にわたってハイレベルのプレーを続けるモドリッチは、凄みさえ感じさせるほど。 特にパスの能力は無理そ磨きがかかったと言っても良いほどに。パス能力、ボールの精度だけでなく、モドリッチにしか見えていないコースへのパスを何本も見せてきた。 ラウンド16のパリ・サンジェルマン戦での狭いコースを抜いてのアシストや、準々決勝のチェルシー戦での浮き球のパスでのアシストはその象徴とも言えるもの。決勝でどんなパスを見せてくれるのか注目が集まる。 <span class="paragraph-title">◆自身5度目の戴冠へ</span> モドリッチはマドリーに加入後、すでに4度のCL優勝を経験。2015-16シーズンからの3連覇も中心選手として支えた。 前回のリバプールとの決勝にも当然出場しており、今回も再びリバプールを倒すことを目指してプレーすることは変わりない。 他の選手ではあまりないことではあるだろうが、今回優勝すれば、モドリッチはマドリーで一番多く獲得したタイトルがCLになる。これまで、クラブ・ワールドカップ、CLで4度ずつ優勝。ラ・リーガは今季が3度目だった。スーパーカップを除けば、5度目となり本人としても欲しいところだろう。 前回対戦と大きく変わったところと言えば、クリスティアーノ・ロナウドがいないというところだろう。ただ、同時いなかったヴィニシウス・ジュニオールやロドリゴ・ゴエスといった若きアタッカーが居る。 モドリッチが彼らを含めてどう操っていくのか。魅惑のパスでゴールを生み出し、チームにトロフィーをもたらせたい。 <span class="paragraph-title">【動画】魔法のパスを操るルカ・モドリッチ</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="FqDLaY1Rp8c";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.25 22:45 Wed
twitterfacebook
thumb

「どちらが勝っても私は勝者」シャビ・アロンソ氏がリバプールとマドリーのCL決勝に期待

リバプールとレアル・マドリーのレジェンドであるシャビ・アロンソ氏が、古巣同士のチャンピオンズリーグ(CL)決勝について語った。リバプールのクラブ公式サイトが伝えている。 CL準決勝でビジャレアルに苦戦しながらも勝利を収め、優勝した2018-19シーズン以来の決勝進出を果たしたリバプール。28日にパリで行われるファイナルでは、チェルシー、マンチェスター・シティらプレミア勢を相次いで撃破してきたレアル・マドリーと対戦する。 リバプールとマドリーがCL決勝で対戦するのは2017-18シーズン以来であり、4年前の試合ではマドリーが3-1のスコアで勝利。また、両者は昨シーズンのCL準々決勝でも対峙。そこでもマドリーが2戦合計3-1で勝利した。 少なからぬ因縁を持った2チームの対戦になるが、現役時代に両クラブでCL優勝を経験したシャビ・アロンソ氏は、今回の決勝も楽しみにしているとコメント。ユルゲン・クロップ監督の手腕を称賛しつつ、決勝では両クラブに勝つ可能性があると語った。 「ユルゲン、彼とは(選手として)何度も対戦したことがある。彼は激しく非常に情熱的だ。そして最大の特徴は、選手からベストを引き出せることだろう。選手たちに非常に寛大な態度でコミットさせ、適切なチームを作り上げることができる」 「ユルゲンがチームを指して『彼らはメンタリティ・モンスターだ』と言うのが好きだよ。今年に限ったことではなく、ここ数年の彼らはずっとそうだった。モンスターと言われるようなメンタリティを持っている」 「CL決勝は大きな舞台であり、そのメンタリティを見せなければならないね。マドリーもまたメンタリティ・モンスターだから、大きな、大きな衝突になるだろう。楽しみだ」 「数年前のキーウでの決勝も見に行ったが、両チームと一緒に楽しめて良かった。決勝戦はそれだけがすべてではなく、ファイナルに進出したこと、観客と一緒に楽しむことも大事だと思う。今回もマドリーの友人、リバプールの友人と一緒に参加するよ。私は両チームの真ん中にいるようなものだから、何があっても勝者さ!」 「両チームとも素晴らしいチームであり、どちらも優勝に値する。だから、どちらかが優勝できないのは残念だね。何があってもマドリーが勝つか、リバプールが勝つかだ。いずれわかることであり、CL決勝なのだから楽しめば良い」 2022.05.25 17:29 Wed
twitterfacebook
thumb

【CL注目選手①】出場有無で大きな影響…リバプールを支えるコンダクター、チアゴ・アルカンタラ

28日、今シーズンのヨーロッパ最強クラブが決定するUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の決勝が行われる。 パリのスタッド・ド・フランスで行われる今回の決勝。2017-18シーズンと同じリバプールvsレアル・マドリーというカードとなった。 4年ぶりの再戦。当時はマドリーが3-1で勝利を収めてビッグイヤーを獲得。また、昨シーズンは準々決勝でも対戦しており、マドリーが3-1で勝利して勝ち上がっていた。 リベンジを果たしたいリバプールと、再び勝利を収めたいマドリー。両者の決戦に向け、それぞれ注目選手をピックアップしていきたい。 <span class="paragraph-subtitle">◆リバプールを支えるコンダクター</span> MFチアゴ・アルカンタラ 生年月日:1991年4月11日(31) 所属:リバプール 国籍:スペイン 今季成績 プレミアリーグ:25試合1ゴール4アシスト チャンピオンズリーグ:9試合1ゴール 2020年9月にバイエルンからリバプールへと加入したチアゴ。2シーズンで公式戦68試合に出場し3ゴール5アシストを記録している。 昨シーズンの序盤はケガの影響もありほとんど稼働できなかったチアゴだが、ケガが癒えるとチームの中盤に君臨。持ち味であるパスの精度とセンスで試合をコントロールする力を持っている。 高い能力を保持しており、リバプールの攻撃を支えるという点では貴重な存在だが、守備面でも高い強度を持っており、しっかりと相手からボールを奪うプレーもできる。 チームの司令塔としての活躍が期待され、特に精度の高いキックは武器に。テクニックにも秀でており、今シーズンのポルト戦では地を這う低空のスーパーゴールを記録している。 <span class="paragraph-title">◆過去にはトレブルも経験</span> チアゴはバルセロナ出身で、バイエルンを経てリバプールに加入した。 キャリアを通じて数々のタイトルを獲得してきているチアゴだが、チャンピオンズリーグでも2010-11シーズンのバルセロナ、2019-20シーズンのバイエルンと過去に2度優勝を経験している。 特にバイエルン時代の2019-20シーズンはCLに加えて、ブンデスリーガ、DFBポカールと3冠を達成。偉業を成し遂げた中心選手としても知られている。 今シーズンのリバプールもリーグ優勝こそ逃したが、EFLカップ(カラバオカップ)、FAカップとのカップトレブルを目指している状況。チアゴの存在が非常に大きなものとなるだろう。 <span class="paragraph-title">◆欠場の可能性も</span> ただ、そのチアゴには懸念材料が。プレミアリーグの最終戦となったウォルバーハンプトン戦に先発出場したものの、前半の最後にピッチを後にし、そのまま交代していた。 ユルゲン・クロップ監督は「検査をしてみなければ」とコメントするにとどめたが、どうやらアキレス腱を痛めたという話もあり、現時点で起用は不透明。土曜日までにどこまで回復するかで出場の可否が決まるとみられている。 チアゴが抜けるとなれば、リバプールは戦い方を変えなければいけなくなるため、大きな問題となる。かつてのライバルでもあるマドリーを相手に強い意気込みを持っていたはずのチアゴ。ピッチに立った時の輝きに期待したい。 <span class="paragraph-title">【動画】ポルト戦では地を這うスーパーミドルを決めたチアゴ・アルカンタラ</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="N3D-n4VL6Ro";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.25 17:05 Wed
twitterfacebook
thumb

PSG残留のムバッペ「リバプールと話をした」の真相は!?「5年前にも…」

パリ・サンジェルマン(PSG)との電撃的な契約延長で大きな話題を呼んだフランス代表FWキリアン・ムバッペ。実はリバプールとも話をしていたことを明かした。 今夏でPSGとの契約が満了を迎えるムバッペは、レアル・マドリーへの移籍が有力視されていた。 しかし、クラブのシーズン最終戦の直前に2025年までの契約延長を電撃発表。世間を賑わせていた。 そのムバッペは、イギリス『テレグラフ』で契約延長の経緯について言及。その中で、マドリー以外に、リバプールとも話しをしていたと明かした。 「少しは話したよ。でもあまり多くはなかった」 「僕はリバプールと話をした。それは僕のママが好きなクラブだからだ。ママはリバプールを愛している」 「なぜだかわからないけどね。ママに聞いてほしい」 「良いクラブだと思うし、5年前にも会っていた。モナコにいた時、彼らに会いに行ったよ。ビッグクラブだからね」 「もちろん、最終的にはレアル・マドリーとパリ・サンジェルマンの間にいたよ」 23日には記者会見を行い、PSGへの残留はお金ではなくプロジェクトだと語っていたムバッペ。2026年以降の去就も再び注目を集めることになりそうだ。 2022.05.25 12:30 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly