5つ星ホテルも内包、カタールW杯開幕戦の会場がついにお披露目

2021.12.02 22:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
カタール・ワールドカップ(W杯)の開幕戦が行われるアル・ベイト・スタジアムが完成し、こけら落としとなる試合が行われた。

W杯に向けての工事が行われていたアル・ベイト・スタジアム。ついに施工完了となり、11月30日にW杯のリハーサル大会とされているアラブカップ2021のカタール代表vsバーレーン代表の会場として使用された。

ドーハの北約40kmに位置し、収容人数は6万人。カタール国内ではルサイルスタジアム(8万人収容)に次ぐ、2番目の規模となっている。
遊牧民の使うテントをモチーフにした外観で、目玉の1つはスタジアム内に組み込まれている豪華な5つ星ホテルだろう。ピッチを望む展望席の付いたスイートルームが96部屋あり、W杯期間中は"スカイボックス"と銘打たれて使用されるとのこと。もちろん、大会終了後には通常のホテルとして利用される計画だ。

西アジアで初めて開催されるカタールW杯の開幕戦は、2022年の11月21日に行われる予定だ。



1 2

関連ニュース
thumb

J・アルバにバルサが契約解除の打診準備か

スペイン代表DFジョルディ・アルバ(33)が所属するバルセロナから契約解除を打診される見通しのようだ。 J・アルバはスペイン代表としてカタール・ワールドカップ(W杯)に参戦中で、初戦のコスタリカ代表戦ではスタメン出場し、2アシストと7-0の圧勝に貢献。南アフリカ大会以来の優勝を目指すチームで大きな存在感を見せつけた。 一方、所属するバルセロナでは今夏のDFマルコス・アロンソ加入に加え、19歳のDFアレハンドロ・バルデが台頭したこともあり、序列が低下中。以前のように絶対的な主力ではないためか、財政難による人件費削減に取り組むクラブから契約解除を打診される見通しだという。 スペイン『ムンド・デポルティボ』によると、J・アルバはバルセロナとの契約を2024年6月まで残すものの、W杯から帰国次第、今季限りでの契約解除について話し合うことに。給与をカットした上で来季以降も残留という選択肢も残されているようだ。 カタールへの出発前にはインタビューで「バルサが要求するパフォーマンスをできなくなったら、真っ先に手を上げて去る」と口にしていたJ・アルバ。来季以降のバルセロナ残留が怪しい状況だ。 2022.11.26 17:10 Sat
twitterfacebook
thumb

イングランド代表、ケインの状態が気がかりに? 次戦ドロー以上で決勝T進出決定も

イングランド代表FWハリー・ケインはカタール・ワールドカップ(W杯)のグループB第3戦への出場が不透明のようだ。イギリス『サン』が伝えている。 初戦のイラン代表戦でゴールこそ挙げられなかったものの、2アシストの活躍で6-2の大勝に貢献したケイン。しかし、後半途中に右足首を痛めて途中交代しており、続く26日のアメリカ代表戦でフル出場も、チームを勝利に導く活躍は披露できず、0-0のドローに終わった。 第3戦のウェールズ代表戦は決勝トーナメント進出がかかる大事な一戦だが、初戦のケガを押して第2戦に臨んだエースの状態は気がかりに。試合後にスパイクを脱いだ際には、腫れ上がった右足首をテーピングでグルグル巻きにしてゆっくりと歩く様子が確認されている。 イングランド代表が入るグループBは全4チームが2試合を消化し、1位が勝ち点4のイングランド、2位が勝ち点3のイラン、3位が勝ち点2のアメリカ、4位が勝ち点1のウェールズという順位に。 イングランド代表は30日のウェールズ代表戦で引き分け以上なら決勝トーナメント進出が決まる状況だが、大差で敗れれば敗退の可能性も。ガレス・サウスゲイト監督の判断にも注目が集まっている。 2022.11.26 16:11 Sat
twitterfacebook
thumb

エクアドル代表、負傷交代の2戦3発バレンシアが次戦も出場へ 「痛みとともに」

エクアドル代表FWエネル・バレンシアが、カタール・ワールドカップ(W杯)グループA最終戦のセネガル代表戦も出場すると口にした。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 エクアドル代表は25日の第2戦でオランダ代表と対戦し、序盤に先制を許して苦しいスタートとなったが、その後は一方的に攻め込む展開に。後半の立ち上がりにバレンシアが同点弾を記録し、1-1のドローで強豪オランダと勝ち点1を分け合う形となった。 第1戦のカタール代表戦でも2得点のバレンシアはこれで大会3得点目を記録したが、後半途中に足を痛めて負傷交代しており、ベンチでは意気消沈した様子も。それでも、試合後のインタビューでは決勝トーナメント進出がかかる第3戦のセネガル代表戦にも出場意欲を示した。 「(カタール代表戦後に)ヒザをねん挫していることがわかったよ。少し気になってはいて、今日は痛みとともにプレーしたが、大事なのは強くあり続けることだ」 「次のセネガル戦でプレーできるか? コーチたちは僕に今日の試合でプレーすることを許可してくれた。次はもっと良くなることを願っているよ」 事実上の強行出場を明言したバレンシア。一方、オランダ代表との一戦に手応えを感じたのか、決勝トーナメント進出に自信を持っていると口にした。 「僕たちはとてもうまくプレーした。(ゴールのシーンは)そこにボールが入ってくることはわかっていたよ。グループの突破に自信がある。次の試合は決勝戦とも言えるね。しっかり準備するよ」 2022.11.26 13:45 Sat
twitterfacebook
thumb

劇的勝利で監督の首を絞める!? イラン代表FWのクセのある喜び方が話題!

劇的な勝利を収めたイラン代表だが、勝利の瞬間の1コマが話題となっている。 25日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループB第2節のウェールズ代表vsイラン代表が行われた。 初戦を引き分けたウェールズと、イングランドに6失点の大敗を喫したイランの一戦。共に負けられない中で迎えた試合だったが、譲らずにゴールレスのまま試合が進む。 後半に入ってもスコアは動かず、ゴールレスドローになるかと思われたが、85分に試合を大きく動かす出来事が。ウェールズのGKウェイン・ヘネシーがボールをクリアしに行くとヒザ蹴りを見舞う形となり一発退場となった。 すると一気に流れが変わり、イランは後半アディショナルタイム8分にルズベー・チェシミ、アディショナルタイム11分にラミン・レザイアンがゴールを決め、0-2で勝利を収めた。 ゴールレスドローに終わるかと思われた中、相手のGK退場というチャンスを生かしきったイラン。劇的勝利に沸いた中、勝利が決定した瞬間のワンシーンが話題だ。 0-2とした中でピッチサイドで戦況を見つめていたカルロス・ケイロス監督。その隣には、この試合で先発し途中交代したサルダール・アズムンがいた。 試合終了のホイッスルを待ち侘びていた中、笛が吹かれると、喜びを露わにする中でアズムンがケイロス監督の首を絞める行為を見せていた。 もちろん、首を絞めにいったわけではなく、これは喜びの表現。しかし、ケイロス監督はどこか困惑した様子を見せていた。 イランは初戦で大敗したものの、この勝利でグループ2位に浮上。史上初のグループステージ突破に可能性を残し、アメリカ代表戦に臨むこととなる。 <span class="paragraph-title">【動画】劇的勝利の瞬間、イランFWが監督の首を絞めて喜ぶ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ar" dir="rtl">| <a href="https://twitter.com/hashtag/%D9%82%D8%B7%D8%B12022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#قطر2022</a>| <a href="https://twitter.com/hashtag/FIFAWorldCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FIFAWorldCup</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/Qatar2022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Qatar2022</a> <a href="https://t.co/fZyvtndSTL">pic.twitter.com/fZyvtndSTL</a></p>(@alkasschannel) <a href="https://twitter.com/alkasschannel/status/1596120666121670657?ref_src=twsrc%5Etfw">November 25, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.26 12:50 Sat
twitterfacebook
thumb

大勝から一転のゴールレスにイングランド代表監督「今夜は最後で少しピリッとしなかった」

イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督が振り返っている。 カタール・ワールドカップ(W杯)グループB第1戦のイラン代表を6-2で大勝したイングランド。25日に行われた第2戦のアメリカ代表戦にその勢いを持ち込みたいところだったが、0-0のドローに終わった。 勝てば突破が決まったアメリカ戦に初戦と同じイレブンをぶつけたが、勝ち点1止まり。サウスゲイト監督は試合後、「あれだけ快勝した後にまたあのレベルに持っていくのは非常に難しいもの」と語った。 「選手たちは少し落ち込んでいるようだったが、私はそうでもない。2人のセンターバックはボールを持ったときが素晴らしかったが、今夜はファイナルサードのところで少しピリッとしなかった」 「苛立ちなどない。今夜は自分たちの違う一面を見せる必要があったが、チームのメンタリティに関しては満足だ。目標は常にグループ突破。過去2大会では2試合達成したが、常とはいかない」 そんなイングランド代表指揮官だが、この試合後には観客席の一部からブーイングが…。フィル・フォーデンというとっておきのカードを使わずの采配にも疑問符がつくが、結果論に過ぎないと話した。 「(今日の)攻撃陣は火種となるものを見いだせなかった。フィルがスーパーな選手であるのはわかっているが、ゴールを決められなければ、『どうして使わなかった?』と問いただされる」 2022.11.26 10:40 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly