ベンゼマの3戦連発弾で逃げ切ったマドリーが不調ビルバオを撃破!《ラ・リーガ》

2021.12.02 07:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーは1日、ラ・リーガ第9節延期分でビルバオとホームで対戦し1-0で勝利した。10月に開催されたカタール・ワールドカップ南米予選の影響で延期となった首位マドリー(勝ち点33)と8位ビルバオ(勝ち点20)による代替試合。

中2日での試合となったマドリーは、直近に行われたセビージャ戦(2-1で勝利)のスタメンからカルバハルに替えてルーカス・バスケスを起用した以外は、同じメンバーを採用した。

5試合勝利のないビルバオに対し、マドリーは7分、ボックス左から侵入したヴィニシウスがクロスを供給すると、ゴール右手前のベンゼマが倒れながらも右足で合わせたが、力のないシュートは相手GKがキャッチした。

対するビルバオは26分、ムニアインのFKからゴール前に抜け出したラウール・ガルシアがダイビングヘッドで合わせたが、このシュートはGKクルトワのファインセーブに防がれた。

ハーフタイムにかけては一進一退の展開が続いたが、40分にマドリーが先制する。アセンシオのミドルシュートがGKウナイ・シモンに弾かれるも、こぼれ球をモドリッチが左足に当てると、右に逸れたボールを最後はベンゼマが無人のゴールに流し込んだ。

後半の主導権を握るマドリーは55分、ルーカス・バスケスのマイナスの折り返しをボックス右手前で受けたモドリッチがヒールパスで中央に送ると、ペナルティアーク手前のクロースがコントロールショット。しかし、このシュートはわずかに枠の右に逸れた。

1点を追うビルバオは60分、イニャキ・ウィリアムズのパスで右サイドを抜け出したラウール・ガルシアの折り返しを走り込んだダニ・ガルシアがダイレクトで合わせたが、これはルーカス・バスケスがスライディングブロック。

さらに69分には、バイタルエリアで獲得したFKからゴール前抜け出したウナイ・ヌニェスが決定機を迎えたが、ヘディングシュートは枠の右に外れた。

その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、拮抗した展開が続く。そんな中、ビルバオは86分にボックス右深くまで侵入したベレンゲルのクロスをゴール前のベスガが頭で合わせたが、このシュートはミリトンの顔面ブロックに阻まれた。

結局、試合はそのまま1-0でタイムアップ。ベンゼマの公式戦3試合連続弾で逃げ切ったマドリーが首位をがっちりとキープした。

関連ニュース
thumb

アスレティックがバルサとの激戦制して8強入り マルセリーノ「魔法がかった夜」

アスレティック・ビルバオの監督がマルセリーノ・ガルシア・トラル監督が歓喜した。 コパ・デル・レイ4回戦でバルセロナと対戦したアスレティックは開始2分にFWイケル・ムニアインのゴールで幸先よく先制したが、20分にFWフェラン・トーレスがバルセロナ移籍後初ゴール。86分に勝ち越してから後半アディショナルタイムにまたしても追いつかれたが、延長前半にムニアインがネットを揺らして、ベスト8に駒を進めた。 アスレティックの公式サイトによると、バルセロナとの120分にわたる激戦を制して、8強入りのマルセリーノ監督も試合後、喜びの感情を露わにした。 「サン・マメスでコパに臨む夜はいつだって特別だが、今夜は魔法がかったものだった」 「生きている限り、忘れることなどないだろうね。我々は素晴らしい相手に対して、試合のほとんどで優れていた」 MFペドリの後半アディショナルタイム弾にも下を向かず、諦めない姿勢が結実したマルセリーノ監督はまた、妥当な結果だとも主張している。 「開始早々にゴールを奪ってから追いつかれたが、自分たちに疑いなどなかった。ハーフタイムをリードして迎えるべきだったとも思う」 「そこから再びリードして、勝利まであと一歩のところで延長戦に持ち込まれたが、我々は立ち直った」 「ポゼッションを除くすべてのスタッツをみれば、我々の方が優れ、勝利に値したのを物語っている」 2022.01.21 15:20 Fri
twitterfacebook
thumb

コパ・デル・レイ敗退のバルサ…チャビ監督も落胆隠さず 「この結果を消化するのは難しい」

バルセロナのチャビ・エルナンデス監督がカップ戦敗退を嘆いた。スペイン『アス』が伝えている。 バルセロナは20日に行われたコパ・デル・レイ4回戦でアスレティック・ビルバオと対戦した。試合はいきなり先制点を許す苦しい展開になったが、20分にFWフェラン・トーレスのゴールで同点に。後半は拮抗した展開が続くなか、86分の失点からアディショナルタイムにMFペドリのゴールで追いつく執念を見せたが、延長戦でも得点を奪われ、2-3で敗れた。 これにより、バルセロナのコパ・デル・レイ敗退が決定。12日にはスーペル・コパ準決勝でレアル・マドリーに敗れており、続けざまにタイトルを逃す結果となっている。試合後のインタビューに応じたチャビ監督は、結果への落胆を隠さず。残されたラ・リーガとヨーロッパリーグ(EL)に向け、全力を尽くしたいと語った。 「正直、アスレティックは素晴らしい試合をしたと思う。我々はあらゆる方法でトライしたが、彼らは激しい守備を展開し、デュエルでは非常に優位に立ち、とても大変だった。我々にとっては、非常に難しかったね」 「この先、辛い日々が続くだろう。すべてが我々に不利となり、決して有利にはならない。結果は出ていないが、我々は信じ続ける必要がある。この結果を消化するのは難しいだろう。こういう時はとても複雑な気持ちになる」 「相手のフィールドでプレーすること、そしてボールを持つことが、我々にとって難しかった。これからもトレーニングや仕事を続けなければならない」 「2つのカップ戦敗退というハードヒットを受けた。我々は回復しなければならず、まだラ・リーガとヨーロッパリーグがある。諦めるわけにはいかないんだ。それでも、今日は消化するのが難しい一日だった」 2022.01.21 11:31 Fri
twitterfacebook
thumb

120分の激闘でバルセロナを下したビルバオが昨季決勝のリベンジ達成!《コパ・デル・レイ》

コパ・デル・レイ4回戦のアスレティックビルバオvsバルセロナが20日に行われ、延長戦の末に3-2で勝利したビルバオが準々決勝進出を決めた。 3回戦で3部に所属するリナレスに逆転勝利したバルセロナは、12日にサウジアラビアで行われたスーペル・コパ準決勝のレアル・マドリー戦から先発を3人変更。延長拒否で招集外となったデンベレやF・デ・ヨング、L・デ・ヨングに替えてアブデ、ジュグラ、ペドリが起用された。 同じくサウジアラビアでのスーペル・コパに参戦したビルバオは、16日に行われた決勝のレアル・マドリー戦から先発を6人変更。イニャキ・ウィリアムズやベレンゲル、バレンシアガらに替えてラウール・ガルシア、ニコ・ウィリアムズ、ユーリらを先発で起用した。 前大会の決勝戦と同一カードとなった一戦は、早い時間にスコアが動く。ビルバオは2分、ダニ・ガルシアのスルーパスでボックス右まで駆け上がったニコ・ウィリアムズの折り返しをボックス左で拾ったムニアインが角度のないところから技ありのシュートをゴール右に突き刺した。 先制を許したバルセロナは20分、敵陣で細かくパスをつなぐと、ボックス左でパスを受けたフェラン・トーレスがカットインからコントロールショットでゴールネットを揺らした。 追いつかれたビルバオは、28分に右サイドでボールを受けたニコ・ウィリアムズがドリブルでボックス右から侵入しクロスを供給。これを走りこんだムニアインが頭で合わせたが、ボールはわずかに枠の上に外れた。 さらにビルバオは44分、ダニエウ・アウベスのパスミスをカットしたベスガがワンタッチでつなぐと、ボックス左のラウール・ガルシアが折り返しからサンセトがダイレクトシュートを狙ったが、これはピケのスライディングブロックに阻まれた。 1-1で迎えた後半、バルセロナはアブデを下げてニコ・ゴンザレスを投入。対するビルバオは52分、プレー中に左ヒザを負傷したサンセトがプレー続行不可能となり、イニャキ・ウィリアムズが投入された。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、拮抗した展開が続く。そんな中、ビルバオは86分に左サイドでFKを獲得すると、ムニアインが供給したクロスをゴールエリア右に抜け出したベレンゲルがヘディングシュート。これは相手GKが弾かれたが、こぼれ球を最後はイニゴ・マルティネスが泥臭く押し込んだ。 このまま延長戦突入かと思われたが、バルセロナは後半アディショナルタイムに追いつく。94分、左クロスのクリアボールに反応したダニエウ・アウベスがボックス右からオーバヘッドを狙うと、蹴り損なったボールをボックス中央に走りこんだペドリがダイレクトシュート。これがゴール左に突き刺さった。 劇的弾で振り出しに戻った試合はそのまま延長戦に突入。延長前半も膠着状態が続いたが、ビルバオは延長前半終了間際に勝ち越しに成功する。104分、ニコ・ウィリアムズの右クロスがボックス内のジョルディ・アルバの手に当たると、VARの末にPKを獲得。これをムニアインがゴール左隅に決めた。 結局、これが決勝点となり、3-2でタイムアップ。ビルバオがバルセロナを下し準々決勝へ駒を進めた。 2022.01.21 08:15 Fri
twitterfacebook
thumb

マドリーがアスレティック撃破で2季ぶり12度目の優勝! モドリッチ&ベンゼマ弾に守護神が圧巻のPKストップ《スーペル・コパ》

スーペル・コパ・デ・エスパーニャ決勝、レアル・マドリーvsアスレティック・ビルバオが16日にサウジアラビアで行われ、2-0で勝利したマドリーが2シーズンぶり通算12回目の同タイトルを獲得した。 バルセロナとの今季2度目のエル・クラシコとなった準決勝をバルベルデが延長戦で決めたゴールによって3-2で競り勝ったマドリー。4チーム形式移行後の初代王者であるエルブランコは、2大会ぶりの優勝を目指して前回王者と対峙した。アンチェロッティ監督は4日前のクラシコから先発2人を変更。新型コロナウイルス陽性のカルバハルに代えてルーカス・バスケス、アセンシオに代えてロドリゴを起用し、右サイドを入れ替えた。 一方、アスレティックは昨季リーグ王者アトレティコ・マドリーとの接戦をニコ・ウィリアムズのゴールによって2-1で逆転勝利。大会連覇に王手をかけた。ラ・リーガでの2度の対戦でいずれも敗れている難敵相手の大一番ではアトレティコ戦と全く同じスタメンを採用。2トップにはイニャキ・ウィリアムズとサンセトが並んだ。 中立地とは思えないマドリー応援ムードが目立つキング・アブドゥッラー・スポーツ・シティ・スタジアムでのファイナルは、地力で勝るマドリーが押し込む立ち上がりとなる。 一方、アスレティックは自陣に押し込められながらも易々とボックス内への侵入は許さず、ソリッドな対応を続ける。また、良い形でクサビを引き出すサンセトを起点に攻撃の枚数は少ないながらも、快足イニャキ・ウィリアムズとの2トップでカウンターチャンスを作り出す。 押し込みながらも決定機まであと一歩という状況が続くマドリーは、18分にベンゼマ、27分にカゼミロとミドルレンジのシュートでチャンスを窺うが、GKウナイ・シモンの牙城を破れない。 それでも、焦れずにゲームをコントロールするアンチェロッティ率いるチームは前半の内にゴールをこじ開ける。38分、自陣からカゼミロ、モドリッチ、ロドリゴとスムーズに縦パスが繋がる。そして、右サイドから斜めのドリブルでボックス内に侵入したロドリゴがDF3枚を引き付けて短いマイナスのパスを送ると、これをモドリッチが見事な右足のダイレクトシュートでゴール右隅を射抜いた。 百戦錬磨のクロアチア代表MFのゴラッソによってマドリーの1点リードで折り返したスーペル・コパ。この展開の中でアスレティックはベレンゲルを下げて、アトレティコ撃破の立役者となったニコラス・ウィリアムズをハーフタイム明けに投入した。 しかし、後半も先にゴールをこじ開けたのはマドリー。50分、ボックス付近でベンゼマが放ったシュートがDFジェライの上げた手に直撃すると、オンフィールドレビューの結果、PKが与えられる。これをキッカーのベンゼマがゴール左隅に突き刺し、相手の出ばなを挫く後半開始早々のゴールとした。 この2失点目で厳しくなったアスレティックは58分、バレンシアガ、サラガ、サンセトを下げてユーリ、ベスガ、ラウール・ガルシアをピッチへ送り込む3枚替えを敢行。この交代でウィリアムズ兄弟の仕掛けに加え、ラウール・ガルシアの高さをシンプルに使った攻撃で幾度か惜しいシーンを作り出していく。 一方、よりカウンターを繰り出しやすいシチュエーションとなったマドリーだが、64分にロドリゴを下げてバルベルデを同じポジションに入れて攻守のバランスを整える交代策に出る。 以降はリスクを冒して攻めるアスレティックがマドリー陣内でプレーする時間を増やしていくが、要所を締めるエルブランコの堅守を前に攻めあぐねる場面が目立つ。さらに、アンチェロッティ監督はヴィニシウスを下げてカピタンのマルセロを投入する守備的な采配で試合をクローズにかかった。 だが、一発勝負のファイナルは簡単に終わらない。87分、ユーリの左クロスをボックス内のラウール・ガルシアが頭で合わすと、枠に向かっていたボールがDFミリトンの腕に直撃。すると、主審はオンフィールドレビューの結果、アスレティックにPKを与えると共に決定機阻止のミリトンにレッドカードを掲示した。 このPKが決まれば同点に追いつく可能性も十分にあったが、ここでマドリーの守護神が立ちはだかった。キッカーのラウール・ガルシアは左に飛んだクルトワの動きを見て中央に蹴り込むが、クルトワはこれを予期していたか、左足で蹴り出す圧巻のPKストップを見せた。 このPKストップでアスレティックの反撃の芽を完全に詰んだマドリーがこのまま2-0で試合を締めくくり、アンチェロッティ新体制での初タイトルを手にした。 2022.01.17 05:33 Mon
twitterfacebook
thumb

カルバハルが新型コロナ感染…スーペル・コパ決勝は欠場

レアル・マドリーのスペイン代表DFダニエル・カルバハルが新型コロナウイルスに感染した。 GKティボー・クルトワやFWヴィニシウスらが感染から回復して間もないマドリーだが、クラブは14日にカルバハルから陽性反応が見つかったことを公表。 13日に行われたスーペル・コパ準決勝のバルセロナ戦に出場していたカルバハルだが、16日に行われる決勝戦のアスレティック・ビルバオ戦は欠場することが決定した。 2022.01.15 01:45 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly