CLでの失望からバウンスバックの快勝、シメオネは選手への信頼語る 「全員が必要だ」

2021.11.29 14:56 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が選手たちへの信頼を示した。スペイン『マルカ』が伝えている。アトレティコは28日、ラ・リーガ第15節でカディスと対戦。前半をゴールレスで終えるも、57分にMFトマ・レマルのゴールで先制に成功すると、70分と76分にも追加点を挙げ、リードを3点に広げた。86分には1点を返されたが、その直後にはFWマテウス・クーニャが4点目を決め、4-1で試合終了。ミッドウィークに行われ、0-1で敗れたことで、グループ最下位に転落するという屈辱を味わったチャンピオンズリーグ(CL)のミラン戦から見事なバウンスバックを披露した。

シメオネ監督は試合後、快勝に終わった一戦を振り返り、選手たちへの信頼を強調。ベンチ入りメンバーを含めた全員の力が必要だと語った。

「インサイドを攻略しようとしたが、そうすれば相手も壁を作るように守備をしてくる。だから、プレーに一工夫加えるようにしていた」

「(ヤニク・フェレイラ・)カラスコや、(マルコス・)ジョレンテが良い動きを見せ、レマルと(アントワーヌ・)グリーズマンがゴールを決めた。ベンチから出てきた選手たちも活躍を見せてくれて、とても嬉しい」

「リーガでは、直近の3試合で2勝1分けと好調だ。我々はチームを改善するために、とても重要な1週間を過ごしている。チームにとって改善は必要なことだし、この調子を続けなければならない」

「ミラン戦も内容は互角だったが、サッカーでは最終的に勝敗によってどちらが批判されるかが決まる。 私はチームに自信を持っているし、信頼している。とても良いチームだし、いつも言っていることだが、全員の力が必要になる」

「リーガで戦い続けるためには勝つことが重要で、昨日も言ったが、我々は期待が持てる順位にいる。好ましい状況だ」

関連ニュース
thumb

シメオネ批判のクロップ監督に、元アトレティコのトリッピアーが苦言 「少しアンフェアだった」

ニューカッスルのイングランド代表DFキーラン・トリッピアーが以前にアトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督を批判したリバプールのユルゲン・クロップ監督に対して苦言を呈した。イギリス『リバプール・エコー』が伝えている。 マンチェスター・シティの下部組織出身であるトリッピアーは、バーンリー、トッテナムなどを経て2019年7月にアトレティコ・マドリーへ完全移籍。シメオネ監督からの信頼を獲得すると、公式戦86試合出場11アシストの成績を残すなど主軸として定着し、昨シーズンのラ・リーガ制覇にも大きく貢献した。 7日にニューカッスルへ加入したトリッピアーは、イギリス『The Athletic』のインタビューに応じると、今季のチャンピオンズリーグ(CL)でアトレティコがリバプールと対戦した際、クロップ監督がシメオネ監督の戦術に対して「ジョレンテ、コケ、サウルのような選手がいながら、自陣深く守りカウンターに徹している。私は別のサッカーを好むよ」とコメントした件に言及。クロップ監督の批判はフェアではないと苦言を呈した。 「少しアンフェアだったと思うね。シメオネはこの11年間、非常に大きな成功を収めてきた。彼は8つのトロフィーを獲得してきたのだからね。だからといって、アンフィールドでプレーする際に、リバプールと互角に渡り合うことはできない」 「誰もがクロップや(ジョゼップ・)グアルディオラのようなサッカーができるわけではないんだ。それは現実的ではない。監督は誰もが、自分のシステムやスタイルを持っているものであり、シメオネは彼らとは違う。そして、シメオネはそれで成功してきたのだからね」 2022.01.28 12:29 Fri
twitterfacebook
thumb

アトレティコがトリッピアーの後釜確保!バレンシアからDFヴァスを獲得

アトレティコ・マドリーは27日、デンマーク代表DFダニエル・ヴァス(32)の完全移籍での獲得に関して、保有元であるバレンシアと合意したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までとなる。 アトレティコ・マドリードは今冬にイングランド代表DFキーラン・トリッピアーがニューカッスルへ移籍。その後釜として経験豊富なデンマーク代表DFを獲得した形だ。 2007年に母国のブロンビーでプロキャリアをスタートさせたヴァスは、ベンフィカ、エビアン、セルタでのプレーを経て、2018年の夏にバレンシアに加入。 本職の右サイドバックやサイドハーフのほかにボランチなど複数のポジションをカバーするヴァスは、バレンシアで公式戦152試合に出場し9ゴール15アシストをマーク。高い戦術理解度に加え、その優れた右足のキック精度はトリッピアーの後釜として打ってつけと言える。 また、2011年2月にデビューしたデンマーク代表ではこれまで41試合に出場。昨夏に行われたユーロ2020では、5試合に出場しデンマークのベスト4進出に貢献した。 2022.01.28 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、守護神オブラクがコロナ感染…幸いリーグは中断期間へ

アトレティコ・マドリーは25日、スロベニア代表GKヤン・オブラクが新型コロナウイルスに感染したことを報告した。 不動の守護神として今季もここまで全30試合にフル出場していたオブラク。22日に行われたラ・リーガ第22節のバレンシア戦でも、3-2の劇的な逆転勝利に貢献していた。 そんなオブラクの離脱は大きな痛手だが、幸いなのは、インターナショナルマッチウィークでリーグ戦が中断期間に入ること。次の試合まで2週間空いているため、1試合も欠場することなく、12日間の隔離期間を経ることになる。 なお、中断明けの相手はバルセロナ。舞台は敵地カンプ・ノウだ。 2022.01.25 21:40 Tue
twitterfacebook
thumb

女子スーペル・コパ決勝でバルセロナが相手選手を歓喜の胴上げ、脳腫瘍から復帰を全員で祝福

女子スーペル・コパ決勝で優勝したバルセロナが、大病から復帰を果たした相手プレーヤーを胴上げした。 23日、女子スーペル・コパ決勝、バルセロナvsアトレティコ・マドリーの一戦が行われた。 試合はノルウェー女子代表MFキャロライン・グラハム・ハンセンの3得点2アシストの活躍などで、7-0とバルセロナが圧勝。国内無双を誇る実力を見せつけた。 試合後には胴上げを行ったバルセロナの面々。だが、空へと舞ったのはMVPのハンセンではなく、アトレティコのスペイン代表MFヴィルヒニア・トレシジャだった。 2012年から2015年までバルセロナでもプレーしたトレシジャは、頭痛と腰痛を患い2020年5月に脳腫瘍と診断された。その後、スペインのパンプローナで腫瘍を取り除く手術を受けると、以降は化学療法治療を継続。2021年3月にはトレーニングへも復帰を果たした。 今年1月20日に行われたスーペル・コパ準決勝のレバンテ戦でついにベンチ入りまで漕ぎつけると、決勝でもベンチ入り。そして85分、ついにピッチへと舞い戻ってきた。 公式戦の出場はなでしこジャパンも参加していた2020年のシー・ビリーブス・カップ、3月11日のスペイン女子代表として途中出場したイングランド女子代表戦以来。観客もスタンディングオベーションで戻ってきた英雄を祝福した。 キャプテンマークを譲り受けたトレシジャはわずかな時間ながらピッチで躍動。バルセロナの選手も彼女の勇気を称え、試合後にはトレシジャを胴上げした。 トレシジャは試合後「(両クラブの)チームメイトとここに立てて、すべてを共有できることをとてもうれしく思います。ドレッシングルームやピッチにいられることは、とても特別なことです」と、喜びのコメントを残している。 <span class="paragraph-title">【動画】バルサイレブンに胴上げされるアトレティコMFトレシジャ</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJJcDRpY1dKUCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2022.01.24 21:10 Mon
twitterfacebook
thumb

アトレティコがキャルバート=ルーウィンに関心か

アトレティコ・マドリーが、エバートンのイングランド代表FWドミニク・キャルバート=ルーウィン(24)の獲得に動き始めているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 2016年夏にシェフィールド・ユナイテッドから加入し、徐々に存在感を高めてきたキャルバート=ルーウィン。昨季はプレミアリーグ開幕5試合で7ゴールを挙げるなど、キャリアハイの16ゴールを記録。今季も開幕3試合連続ゴールを挙げていた中、つま先の骨折で長らく離脱を強いられていた。 ただ、24歳とまだまだ伸び代のあるキャルバート=ルーウィンには、多くのクラブが注目。国内ではアーセナルやウェストハムからの関心が伝えられているが、アトレティコも来夏の獲得に向けて、エバートンと接触を試みたという。 ただ、2020年3月に2025年までの契約を結んだキャルバート=ルーウィンには、4000万ポンド(61億6000万円)から6000万ポンド(92億4000万円)の移籍金が必要になると見込まれており、どのクラブも簡単にはオファーが出せない状況となっている。 2022.01.23 16:56 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly