解任以降初のキングパワー帰還…ラニエリ、感慨にふける「おとぎ話の一部になれて本当に誇り高い」

2021.11.27 22:28 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
28日に行われるプレミアリーグ第13節のレスター・シティvsワトフォード。ワトフォードを率いるクラウディオ・ラニエリ監督にとって、初めて古巣の本拠地に帰還することになる。言わずもがなラニエリ監督とレスターは2015-16シーズンにプレミアリーグを制覇したスペシャルコンビ。群雄割拠の同リーグにおいて、当時のチームが優勝する可能性は1/5000と言われ、今では“ミラクル・レスター”と、誰もが敬意を込めて呼んでいる。

しかし、2016-17シーズンの低迷により、2017年2月にラニエリ監督は解任の憂き目に。その後、ナントやローマ、サンプドリアの監督を歴任し、解任後では初めてキングパワー・スタジアムに帰還することになった。

レスターでのリーグ優勝は、今でもラニエリ監督の目頭を熱くさせるようだ。試合前の会見では「私はシャイな人間でね。自分の感情を見せたくないのだ」と話し、涙を堪えながら古巣への思いを語った。

「私はいつも彼らの一部であることを感じている。レスターのおとぎ話と、あのクラブの歴史の一部に慣れたことは本当に誇り高いことだ。ファンも最初から寄り添ってくれて素晴らしいシーズンだったよ」

「プレミアリーグ優勝は一生の心の中に残り続けるが、私は新しい物語を書くためにワトフォード に来たのだ」

関連ニュース
thumb

パペ・グイエの移籍をめぐってマルセイユに1年間の補強禁止処分か

セネガル代表MFパペ・グイエの移籍問題に関して、マルセイユに重大な罰が与えられる可能性があるようだ。フランス『レキップ』が報じている。 2020年夏からマルセイユでプレーするパペ・グイエ。ただ、当時の移籍をめぐっては不可解な流れがあった。 ル・アーブルとの契約を終えフリーとなっていた同選手は、その夏の移籍市場でワトフォードに加入していた。しかし、加入発表からわずか17時間後に、今度はマルセイユが加入を発表。謎の残る移籍劇となった。 この際、マルセイユはワトフォードに移籍金を払っておらず、ワトフォード側からすれば強奪された形に。先日、国際サッカー連盟(FIFA)による調査が開始され、パペ・グイエにはしばらくの間活動停止命令が下されることになった。 そして最新の情報によれば、マルセイユには2023年夏から1年間の補強禁止と200万ユーロ(約2億600万円)の罰金処分が科される模様。また、パペ・グイエ本人も移籍に関与したとして、4カ月の活動禁止処分が下るようだ。 なお、マルセイユは異議申し立てをする権利があり、パブロ・ロンゴリア会長も自信を持っているようだ。 2022.01.17 20:40 Mon
twitterfacebook
thumb

ネーションズカップ参加中のパペ・グイエ、2020年の移籍問題で活動停止命令

マルセイユに所属するセネガル代表MFパペ・グイエが、国際サッカー連盟(FIFA)によって一時的にフットボール活動を禁止されることになった。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 2020年夏からマルセイユでプレーしている同選手だが、その移籍は前代未聞の事態となった。当時、ル・アーブルに所属していたパペ・グイエは、その夏の移籍市場でワトフォードへ完全移籍していた。 しかし、加入発表からわずか17時間後に、今度はマルセイユ移籍が決定。この奇妙で疑わしい一連の流れに、FIFAによる調査がこの度行われることとなり、重要参考人であるパペ・グイエはしばらくの間、活動停止命令が下ることになった。 同選手は現在、セネガル代表としてアフリカ・ネーションズカップに参加中。10日に行われた初戦のジンバブエ代表戦に出場していたが、今後は出場できなくなってしまった。 2022.01.15 17:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ワトフォードが今冬3人目の補強に成功! ベルギーで評価高める守備的MFカイエンベを獲得

ワトフォードは7日、ベルギーのKASオイペンからDRコンゴ代表MFエド・カイエンベ(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「39」に決定。契約期間は2026年6月30日までの4年半となる。 2017年に加入したアンデルレヒトのユースチームでベルギーでのキャリアをスタートしたカイエンベは、183cmの左利きの守備的MF。2020年9月にオイペンへ完全移籍で加入すると、ここまで公式戦45試合に出場し、4ゴール3アシストを記録している。 豊富な運動量と正確な左足のキックを併せ持つボックス・トゥ・ボックス型のMFは、ベルギー国内でもその才能を高く評価されていた逸材だ。 現在、残留圏内ギリギリの17位に位置するワトフォードは、今冬の移籍市場ですでにコートジボワール代表DFハサン・カマラ、ブラジル人DFサミルをそれぞれニース、ウディネーゼから獲得しており、カイエンベは今冬3人目の新戦力となった。 ※写真はアンデルレヒト時代 2022.01.08 05:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ワトフォード、ウディネーゼからブラジル人DFサミルを獲得

ワトフォードは6日、ウディネーゼに所属するブラジル人DFサミル(27)を完全移籍で獲得した。契約期間は2025年6月30日までで背番号は22を着用する。 フラメンゴでプロデビューを飾った左利きのセンターバックであるサミルは、2016年1月にウディネーゼへ完全移籍。直後にヴェローナへ半年レンタルに出されたが、翌シーズンから復帰すると、ウディネーゼでは公式戦147試合に出場し6ゴール4アシストを記録。今季も主力としてセリエAで17試合に出場していた。 世代別の代表としてはU-21までブラジル代表に招集されていた経歴を持っており、2019年9月にはフル代表に初招集された。 2022.01.07 06:06 Fri
twitterfacebook
thumb

ワトフォードがニースからコートジボワール代表DFを獲得!

ワトフォードは4日、ニースからコートジボワール代表DFハサン・カマラ(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までの3年半となる。 フランス生まれのカマラはシャトールーでプロキャリアをスタートし、スタッド・ランスでの活躍を経て2020年にニースへ完全移籍。168cmと小柄ながらもスピードと運動量に優れる左サイドバックは、昨シーズンのリーグ・アンで36試合2ゴール1アシストの数字を残していた。だが、今シーズンはリヨンから加入したDFメルヴァン・バールとのポジション争いに敗れ、リーグ戦11試合の出場に留まっていた。 なお、生まれ故郷のフランスに加え、ガンビア、マリ、コートジボワールにルーツを持つ同選手は2021年に入ってコートジボワール代表デビューを飾った。ただ、アフリカ・ネーションズカップのメンバーからは落選している。 2022.01.05 06:45 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly