アトレティコやリバプールでプレーしたマキシ・ロドリゲスが現役引退…「みんなに大きなハグを」

2021.11.27 15:35 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ニューウェルズ・オールドボーイズに所属する元アルゼンチン代表MFマキシ・ロドリゲス(40)が引退を発表した。

同クラブの下部組織出身のマキシ・ロドリゲスは、2000年から3シーズン過ごした後、2002年夏のエスパニョール移籍で渡欧。その3年後にアトレティコ・マドリーへステップアップし、4年半で公式戦156試合に出場した。

2010年1月にはリバプールへフリー移籍。同シーズンに優勝したリークカップがヨーロッパでの唯一のタイトルとなった。

2012年夏にニューウェルズ復帰を果たすと、リーグ戦27試合に出場し優勝に貢献。しかし、熱狂的なサポーターとの関係悪化もあり退団を余儀なくされ、アルゼンチン国内ではニューウェルズ以外でプレーしないという信念のもと、ウルグアイの名門ペニャロールに活躍の場を移した。

それでも最愛のクラブで引退したいという強い想いから、2019年1月にニューウェルズへ再度復帰を果たし、在籍通算13シーズンで公式戦221試合71ゴール20アシストを記録した。

また、アルゼンチン代表としてのデビューは2003年6月の日本戦。途中出場から初ゴールも決めた。以降、2006年から3大会連続でワールドカップに出場するなど、通算57試合に出場し16ゴールをマーク。なお、2006年大会のラウンド16のメキシコ戦では、延長戦に決勝ゴールとなるスーパーボレーシュートを沈めており、同大会のベストゴールにも選ばれている。

そして、現地時間26日に自身のインスタグラムを更新し引退を発表。ビデオを通じて別れのメッセージを残した。

「考えもしなかった時がついにやってきてしまった。フットボーラーとしてこれ以上期待に応えることができなくなってしまったんだ。プロとしてのキャリアを終える時だ」

「なかなか難しい決断だったよ。でも同時に冷静に考えることもできた。何年ものキャリアを通じて、精一杯の自分を出してきたと思う。もう完全に空っぽだ。これ以上何かを与えることができなくなったんだ」

「色んなことを思い出したよ。特にまだ赤ん坊だった時の頃とかね。祖父がよく僕にボールを蹴らせていたんだ。母は仕事が休みの時は僕をよく外に連れ出してくれた。祖母は家で僕の帰りを待って夕食を用意してくれていた」

「僕にとってみんな本当に大きな心の支えだったんだ」

「あなたがゴールを決めた時、一番最初に思い浮かべるのは誰だい? 僕にとってそれは家族だ。良い時も悪い時も常にサポートしてくれた」

「ファーストリーグでプレーすることは僕の夢だった。ニューウェルズのファーストチームでね」

「でも、いざキャリアをスタートさせると困難の連続だった。妻とともに新たな冒険が始まったんだ。彼女はヨーロッパに挑戦する僕に付いてきてくれた一人だった。落ち込んだ時は常に寄り添ってくれて、僕が挫けないよう、ずっと応援してくれたんだ」

「それから、僕がプレーした全てのクラブに感謝を伝えたい。エスパニョール、アトレティコ、リバプール、ペニャロール…そしてアルゼンチン代表とニューウェルズは、僕が溺愛するチームなんだ。長い間そのユニフォームを着て心の底から楽しむことができた」

「また、僕が会った全ての指導者たちにも感謝しているよ。全てのチームメイトたちにも。すごく多いけどね」

「そして、フットボールに携わる全ての人に感謝を。素晴らしい情熱を僕に捧げてくれた。みんなに大きなハグを! マキシ・ロドリゲスでした」


関連ニュース
thumb

南野拓実がFAカップのベストイレブンに選出! 4試合3ゴールでチームの決勝進出に貢献

リバプールの日本代表MF南野拓実が、2021-22シーズンのFAカップのベストイレブンに選出された。 なかなかレギュラーポジションを掴めずにいる南野。今シーズンもプレミアリーグでは11試合の出場に終わり、3ゴールを記録するにとどまっていた。 しかしながら、EFLカップ(カラバオカップ)では5試合に出場し4ゴール1アシスト、FAカップでは4試合で3ゴールを記録。チームの決勝進出に大きく貢献すると、どちらも出番はなかったが見事2冠を達成していた。 大事な試合には起用されないという苦しい立場にあることは変わらない一方で、ユルゲン・クロップ監督をはじめ、選手たちも南野の貢献には大きな賛辞を送っていた。 その南野だが、しっかりと評価されることに。ファン投票によるベストイレブンで、見事3トップの一角に入った。 システムは[4-3-3]。GKはケンブリッジ・ユナイテッド(イングランド3部)のディミタール・ミトフ。チームを4回戦まで導いていた。 最終ラインは、左からコンスタンティノス・ツィミカス(リバプール)、チアゴ・シウバ(チェルシー)、イブラヒマ・コナテ(リバプール)、トレント・アレクサンダー=アーノルド(リバプール)が並んだ。 また中盤はアンカーにファビーニョ(リバプール)、右にメイソン・マウント(チェルシー)、左にカラム・ラング(ウィガン)が入った。 そして3トップは右に南野が入り、左はルイス・ディアス(リバプール)、トップはアダム・ボイズ(マースク・ユナイテッド)が選出されていた。 <span class="paragraph-title">【写真】FAカップベストイレブンのフォーメーション</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Introducing your 2021-22 <a href="https://twitter.com/hashtag/EmiratesFACup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#EmiratesFACup</a> Team of the Season, as voted for by you, the fans! <a href="https://t.co/ZcixdKW5O2">pic.twitter.com/ZcixdKW5O2</a></p>&mdash; Emirates FA Cup (@EmiratesFACup) <a href="https://twitter.com/EmiratesFACup/status/1528828114851069952?ref_src=twsrc%5Etfw">May 23, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.24 16:37 Tue
twitterfacebook
thumb

ロバートソン、惜しくも届かなかったPL優勝に「来季も挑戦」

リバプールのスコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンがプレミアリーグ優勝を逃した悔しさと、チャンピオンズリーグ(CL)決勝への期待を語った。クラブ公式サイトが伝えている。 22日に行われたプレミアリーグ最終節のウォルバーハンプトン戦に勝利したものの、首位マンチェスター・シティもアストン・ビラに勝ったことにより、1ポイント差でリーグタイトルを逃したリバプール。イギリスのクラブ史上初となる4冠の夢こそ潰えたものの、28日にはレアル・マドリーとのCL決勝戦が控えており、EFLカップ(カラバオカップ)、FAカップに続くタイトルの可能性が残っている。 クラブのインタビューに応じたロバートソンは連覇したシティを称えつつ、2018-19シーズンに続き、またも1ポイント差で優勝を逃した悔しさを吐露。その上で、残されたタイトルであるCLは何としても手にしたいと力を込めた。 「正直に言うと、今は2つの感情がある。まず素晴らしいチャンピオンに負けたことについては、誰も反論できないだろう。シティは本当に素晴らしいチームだ。この4、5年間は互いをずっとプッシュし合ってきたし、彼らにはフェアなものだと思う。0-2という信じ難い状況から、よく立ち直ったと思うよ」 「そして、もう一つはこのクラブの一員であること、ドレッシングルームの一員であるのを非常に誇りに思っているってことだ。すべての面で戦い、すべての試合を意味のあるものにするのは特別なことさ。このチーム、コーチ陣、スタッフに誇りを持たずにはいられない。今は厳しい感情があるけど、明日から気を取り直して(CL決勝が開催される)パリに備えたい」 「ハーフタイムには彼らが0-1で負けているとわかっていたが、問題は僕らが1-1だったことだ。試合に勝つ必要があり、急いでいた。シティが得点したかどうかはわからなかったが、ビラが同点に追いついたのか何なのか、大歓声が聞こえてきた。その後、僕がゴールを決めてもアンフィールドはおそらく今までで一番静かだったから、『何かおかしい』と思ったよ」 「こんな日もあるさ。非常に惜しいところで、また1ポイント差で優勝を逃したけど、勝ち点90を超えたのは信じられない結果だ。僕たちは前進し続け、来シーズンには立ち直り、もう一度挑戦したい。前回はかなり良い形になったから、来シーズンもそうする必要があるね」 「火曜日からまた出発だ。4日後には大一番が控えているからね。僕たちは7度目の優勝を目指し、素晴らしいメンバー、素晴らしいファンと共に自信満々でパリに行き、トロフィーを獲得したい。僕らにはそのチャンスがあり、十分な実力もある。ウルブス戦より良いパフォーマンスをする必要はあるけど、準備はできているよ。最高レベルのパフォーマンスができさえすれば、7回目の優勝はできると思う」 2022.05.24 12:33 Tue
twitterfacebook
thumb

リシャルリソンが真っ先にリバプールを煽る「ライバルはこういうもの」「自分のチームの状況を見るべき」と賛否集まる

エバートンのブラジル代表FWリシャルリソンが最後まで宿敵を煽った。 22日、プレアミリーグの最終節が一斉に開催。マンチェスター・シティとリバプールによる熾烈な優勝争いはシティの2連覇という結末を迎えたが、これをほくそ笑んだのが他でもないリシャルリソンだ。 ブラジル代表FWはアーセナルとの最終節を欠場したものの、試合直後に自身のツイッターを更新。元フランス代表FWティエリ・アンリ氏がニヤリと笑みを浮かべる動画を投稿した。 これは、エバートンにとっての永遠のライバルであるリバプールが優勝を逃したことを揶揄するもので、その意図を理解しているファンからは大きな反響が生まれ、14万を超える「いいね」など反応が殺到した。 「ライバルはこういうもの」、「最高のリアクション」、「こうじゃなきゃね」といったコメントがある一方、「ダサすぎる」、「どこまで最低なやつなんだ」、「恥ずかしいツイートだな」、「自分のチームの状況を見るべき」とリバプールファンからの怒りの声も寄せられている。 リシャルリソンはその後、今シーズンを振り返る内容の投稿もしているが、それより先にこの煽り投稿をしているのだから、よほど嬉しかったと見てとれる。 また、リバプールが優勝できなかったことを喜んだのはリシャルリソンだけでなく、アーセナル戦のスタンドに赴いたエバートンのファンたちは、チームが5-1と大量ビハインドの展開ながら、シティの優勝を知ると歓喜していた。 今シーズンは苦しみながらも何とか残留を決めたエバートン。リシャルリソンの去就は不透明だが、来シーズンもバチバチのやり合いが見られそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】これは腹立つ…!リシャルリソンが投稿したアンリのニヤケ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"><a href="https://t.co/qsTyioLRJR">pic.twitter.com/qsTyioLRJR</a></p>&mdash; Richarlison Andrade (@richarlison97) <a href="https://twitter.com/richarlison97/status/1528425342008020993?ref_src=twsrc%5Etfw">May 22, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.23 20:45 Mon
twitterfacebook
thumb

“アンフィールドの奇跡”の立役者オリジをリバプールの選手やファンが盛大に送り出す「レジェンドだ」

今季限りでのリバプール退団が決まっているベルギー代表FWディヴォク・オリジをアンフィールドのサポーターが見送った。 2015年夏にリールから加入したオリジは、公式戦通算171試合で40ゴール17アシストを記録。2018-19シーズンには、“アンフィールドの奇跡”とも呼ばれるバルセロナとのチャンピオンズリーグ(CL)準決勝や決勝で得点を記録。チームを優勝に導くなど、随所で印象的なパフォーマンスを発揮してきた。 しかし、今シーズン限りでリバプールとの契約が満了。チームに留まることはなく退団が決定し、移籍先としてはミラン行きが濃厚とされている。 22日に行われたプレミアリーグ最終節でウォルバーハンプトンと対戦したリバプールだったが、本拠地アンフィールドでの最終戦ということで、オリジの退団セレモニーが行われた。 サポーターたちの大歓声の中、FAカップのトロフィーを持って現れたオリジは選手たちが作った花道を歩み記念撮影。ユルゲン・クロップ監督とも抱擁をかわし、大きな声援が贈られた。リバプールの公式SNSも「永遠にリバプールの伝説だ」とその様子を伝えている。 オリジはクラブの公式サイトでチームやファンにメッセージを残している。 「本当に光栄に思っている。ここアンフィールドで、チームメイトやスタッフ、ファンたちと一緒にプレーできたことは光栄だった」 「“リバプール”を経験しなければならない。ここに来る前に特別なクラブだと言われたし、ここにサインしたらそれを経験することができる」 「僕たちは、多くの勝利を収めるところを見ることができた。言葉では言い表せないほどだよ。名誉なことだ」 「(リバプールでのカルトヒーロー的な扱いについては)それでさえも感謝できるよ」 「リバプールの試合を見に行くことは間違いなくあるだろう。クラブを追いかけることになるだろうし、僕の心には永遠に残るよ。それは僕の心の中で特別な場所になる」 「クラブがこれからも成長し続け、そのままのリバプールであり続けることを願う。必ず、僕は戻ってくる」 なお、セレモニーでも足を引きずっていたオリジについてはウォルバーハンプトン戦前に負傷したことが明らかになっており、28日に行われるレアル・マドリーとのチャンピオンズリーグ決勝は欠場することをユルゲン・クロップ監督が明言している。 <span class="paragraph-title">【動画】南野拓実らチームメイトが花道を作る!感動的なオリジ退団セレモニー</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Forever a Liverpool legend <a href="https://t.co/mIlpW3Yddr">pic.twitter.com/mIlpW3Yddr</a></p>&mdash; Liverpool FC (@LFC) <a href="https://twitter.com/LFC/status/1528428710784909313?ref_src=twsrc%5Etfw">May 22, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.23 20:05 Mon
twitterfacebook
thumb

リバプールが今冬獲得に迫ったフルアムの逸材MFファビオ・カルヴァーリョの獲得を発表!

リバプールは23日、フルアムのU-21ポルトガル代表MFファビオ・カルヴァーリョ(19)を完全移籍で獲得することを発表した。 移籍市場が開く7月1日に正式にリバプールに加入。今シーズン限りで契約が満了を迎え、フリートランスファーになる中、イギリス『リバプール・エコー』によると500万ポンド(約8億円)の移籍金に加え、将来的な売却条項の20%をフルアムに与えること、また270万ポンド(約4億3000万円)のインセンティブもあるという。 カルヴァーリョに関しては、リバプールは今冬の移籍市場で獲得寸前まで進んでいたが、最終的には書類手続きなどの諸々の事情で移籍は実現していなかった。 ただ、フルアムとの合意は既にされたと見られており、500万ポンド+270万ポンドのインセンティブを支払う条件となっていたようだ。 リスボン近郊のトレシュ・ベドラシュで生まれ育ったカルヴァーリョは、ベンフィカのアカデミーに在籍。その後、2013年に家族と共にロンドンへ移住し、2015年からフルアムのアカデミーでプレー。 2020年9月にファーストチームデビューを飾ると、今シーズンは1年でのプレミアリーグ復帰を目指すチームにおいて主力を担い、チャンピオンシップ(イングランド2部)で36試合10ゴール8アシストを記録。驚異的な得点力で優勝したチームにおいて、チャンスメークとフィニッシャーとして存在感を放っている。 これまでイングランドの世代別代表でプレーしてきたが、現在はU-21ポルトガル代表でプレーしており、そのまま生まれ故郷のポルトガルでA代表招集を目指すことになるようだ。 170cmとサイズには恵まれていないものの、卓越した足元の技術、プレービジョン、攻撃センスを併せ持つ右利きの攻撃的MFは、トップ下やインサイドハーフを主戦場に細かなターンや相手の逆を突くドリブル突破、精度と創造性を兼ね備えたラストパスが最大の持ち味。また、ここ最近では効果的なオフ・ザ・ボールの動き出しで自らゴールに絡むプレーに磨きをかけている。 カルヴァーリョはフルアムを通じて感謝のメッセージを残している。 「ピッチでは、ファンは僕の名前を歌い、僕を応援してくれた。ピッチから離れると、彼らはいつも僕に挨拶しています。僕の家族でさえ、ファンが近づいてきて、こんにちはと言ってくれて、それは僕を幸せにしてくれた」 「今シーズンは明らかに浮き沈みがあったけど、素晴らしいファンから素晴らしいメッセージがいくつかあった」 「フルアムのファンの皆さん、本当にありがとう。ファンがいなければ、今日の自分の立場に立つことはできなかった。本当に感謝している」 2022.05.23 18:23 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly