【J1注目プレビュー|第37節:神戸vs横浜FM】3位確保を目指す神戸、2位を死守したい横浜FMの上位決戦

2021.11.27 11:40 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
【明治安田生命J1リーグ第37節】
2021年11月27日(土)
14:00キックオフ
ヴィッセル神戸(3位/70pt) vs 横浜F・マリノス(2位/75pt)
[ノエビアスタジアム神戸]

◆3位確定を【ヴィッセル神戸】

前節は横浜FCを相手にアウェイで0-2で勝利。相手のJ1残留の夢を経つとともに、3位確保へまた前進した。

現在3連勝、6戦無敗と調子を上げている神戸。3位を争い名古屋グランパスが取りこぼしたこともあり、勝ち点差は「5」に広がった。

今節勝利すれば3位が確定。その相手は2位の横浜FMだが、勝ち点差は「5」。神戸は連勝し、横浜FMが連敗すれば、2位になる可能性が残されている。

これまでのJ1での最高位は2016年の7位(2ステージ制)だが、それ以上は確定。自力でACL出場権を獲得し、最高の結果を残せるかに注目が集まる。

選手たちも充実。攻守にわたって高いパフォーマンスを続けており、三浦淳寛監督の続投も決定。磐石の神戸をホーム最終戦で見せつけられるかに注目だ。

★予想スタメン[4-4-2]
GK:飯倉大樹
DF:酒井高徳、菊池流帆、トーマス・フェルマーレン、初瀬亮
MF:郷家友太、セルジ・サンペール、山口蛍
MF:アンドレス・イニエスタ
FW:武藤嘉紀、大迫勇也
監督:三浦淳寛

◆大失速でピンチも2位確保へ【横浜F・マリノス】

前節はアウェイでの浦和レッズ戦で2-1と敗れた横浜FM。直近4試合で3敗と一気にチームは下降線を辿っている。

一時は首位の川崎フロンターレに肉薄し、最終節までも連れ込むかと思わせた中、8月以降は取りこぼしが目立つことに。9月以降は4勝1分け4敗と五分の成績となっている。

その横浜FMだが、実は2位の座も危うい状況に。今節神戸に負ければ、勝ち点差は「2」となり、最終節は川崎F戦。連敗ともなれば、最悪の結末だが、その前にしっかりと勝利して2位を確保したいところだ。

ポイントは決定機をいかに生かすか。FC東京戦は相手のモチベーションがなかったこともあり8ゴールを奪ったが、その前後のガンバ大阪戦、浦和戦は決定機を生かせず。相手の少ない決定機を決められて負けるという結末だった。

今節も課題は変わらず、いかに先に点を取るか。スペクタクルな試合を神戸とともに見せられるかに注目だ。

★予想スタメン[4-3-3]
GK:高丘陽平
DF:小池龍太、チアゴ・マルチンス、岩田智輝、ティーラトン
MF:喜田拓也、マルコス・ジュニオール、扇原貴宏
FW:仲川輝人、前田大然、エウベル
監督:ケヴィン・マスカット


関連ニュース
thumb

【J1注目プレビュー|第14節:磐田vs札幌】カップ戦では明暗の両者、総力戦で白星掴むのは

【明治安田生命J1リーグ第14節】 2022年5月22日(日) 15:00キックオフ ジュビロ磐田(15位/14pt) vs 北海道コンサドーレ札幌(13位/17pt) [ヤマハスタジアム(磐田)] ◆前節の勝利を勢いに【ジュビロ磐田】 前節はFC東京を相手に鹿沼直生のJ1初ゴールで勝利を収めた磐田。一方で、ミッドウィークのYBCルヴァンカップは湘南ベルマーレを相手に1-0で敗戦。グループステージで大会を去ることとなった。 カップ戦敗退はチームにとっては痛手とも言える一方で、前節決勝点を決めた鹿沼はそのルヴァンカップで経験を積んでリーグ戦2試合目で結果を出した。今シーズンの磐田にとってはチーム力の底上げという点でプラスに働いた大会だっただろう。 その戦いの中から得たものを、あとはリーグ戦にどう繋げるか。若手の台頭という側面もある一方で、しっかりとハードなプレスをかけて相手を追い込む姿を見せたいところだ。 ミラーゲームとなることが予想される札幌戦。主導権を握るという点では、相手に上回られる可能性もある中で、ピッチ上でどう対応するのか。マンツーマンマークにも警戒したい。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:三浦龍輝 DF:山本義道、伊藤槙人、リカルド・グラッサ MF:鈴木雄斗、遠藤保仁、鹿沼直生、松本昌也 MF:上原力也、杉本健勇 FW:ファビアン・ゴンザレス 監督:伊藤彰 ◆前節大敗の払拭を【北海道コンサドーレ札幌】 前節はアウェイでの鹿島アントラーズ戦。首位に立っていたチーム相手に4-1と大敗を喫した。 完璧に崩されてのゴールが多く、非常にショッキングな敗戦となったが、ミッドウィークにはYBCルヴァンカップを戦いサガン鳥栖とドロー。グループステージ突破を決めた。 今節は守備の要でもある宮澤裕樹が出場停止となる中で、岡村大八が起用されるはず。対人守備の強さを見せているだけに、デュエルで負けないところを見せたい。 また前線で言えば、ルヴァンカップで台頭した中島大嘉に注目。勝ち点の近い相手との勝負で、しっかりと勝ち切れるか。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:菅野孝憲 DF:田中駿汰、岡村大八、福森晃斗 MF:ルーカス・フェルナンデス、荒野拓馬、深井一希、菅大輝 MF:金子拓郎、駒井善成 FW:中島大嘉 監督:ミハイロ・ペトロヴィッチ 出場停止:宮澤裕樹 2022.05.22 12:34 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第14節:福岡vs横浜FM】堅守の福岡の策は? 横浜FMは失意のドローから立ち直れ

【明治安田生命J1リーグ第14節】 2022年5月21日(土) 19:00キックオフ アビスパ福岡(12位/15pt) vs 横浜F・マリノス(3位/25pt) [ベスト電器スタジアム] ◆堅守を見せてゼロに抑えられるか【アビスパ福岡】 前節は川崎フロンターレを相手にアウェイで0-2と敗戦した福岡。5試合ぶりの敗戦となったが、やはりトップ陣との差を感じさせられることとなった。 ただ、ミッドウィークのYBCルヴァンカップではFC東京を相手に0-0のゴールレスドロー。プレーオフステージに駒を進めたことはチームの自信となったはずだ。 今シーズンの福岡は堅守が売りに。一方で、横浜FMの攻撃陣をどう抑えるかがカギとなる。 しっかりと守備を構築しながらもセットプレーで川崎Fに敗れているだけに、今節はそこも含めてどう守るのかに注目が集まる。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:村上昌謙 DF:前嶋洋太、奈良竜樹、ドウグラス・グロリ、志知孝明 MF:ジョルディ・クルークス、前寛之、中村駿、田中達也 FW:フアンマ・デルガド、山岸祐也 監督:長谷部茂利 ◆失意のドローから立ち直れ【横浜F・マリノス】 ミッドウィークに行われた浦和レッズ戦では、前半だけで圧巻の3ゴール。しっかりと崩しての3得点に沸き、どんな試合になるかと思いきや、後半は高い最終ラインの裏を突かれるなどキャスパー・ユンカーにハットトリックを許し、3-3のドローに終わった。 圧倒した前半から見れば、ショックの大きなドローとなるだろう。勝ち点2を落としたと言わざるを得ないが、前を向くしかない。 前半の出来は完璧と言っても良い状況。左サイドから崩しての3点とチームのウィークポイントをしっかりと機能させたと言える。 今節に向けては下を向かないことが重要。自分たちの良い部分を信じ、今節も前半から圧倒していけるのかに注目がかかる。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:高丘陽平 DF:松原健、畠中槙之輔、角田涼太朗、永戸勝也 MF:岩田智輝、マルコス・ジュニオール、藤田譲瑠チマ FW:仲川輝人、レオ・セアラ、宮市亮 監督:ケヴィン・マスカット 2022.05.21 14:42 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第14節:鳥栖vs川崎F】互いにポイントは“アグレッシブさ”、試合を攻略するのは

【明治安田生命J1リーグ第14節】 2022年5月21日(土) 17:00キックオフ サガン鳥栖(5位/19pt) vs 川崎フロンターレ(1位/29pt) [駅前不動産スタジアム] ◆プレスで王者を押し込めるか【サガン鳥栖】 前節はアウェイでのヴィッセル神戸戦となったが、今季未勝利の相手に4-0で大敗を喫してしまった。 ミッドウィークのYBCルヴァンカップでは、アウェイで北海道コンサドーレ札幌と対戦した中、ターンオーバーして1-1のドロー。グループステージ敗退となったが、リーグ戦に向けて選手のコンディションを整えられたことはプラスだろう。 相手は王者・川崎F。だからといって、鳥栖の戦い方が変わるわけではない。激しいプレスで相手の動きを封じ、簡単にポゼッションをさせない戦い方を見せるはずだ。 得意の激しいプレスでアグレッシブにゴールへ向かい、ホームの後押しを受けてプレーできるか。真っ向勝負で王者を叩ける可能性は十分にある。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:朴一圭 DF:ファン・ソッコ、田代雅也、ジエゴ MF:飯野七聖、福田晃斗、小泉慶、岩崎悠人 MF:堀米勇輝、本田風智 FW:小野裕二 監督:川井健太 ◆リーグ4連勝、首位を突き進めるか【川崎フロンターレ】 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の戦いを終え、失意の中帰国した川崎F。しかし、そのアジアでの戦いで逞しさは確実に増したようだ。 ミッドウィークに行われたヴィッセル神戸戦では、苦強い戦いを強いられた中、最後の最後に谷口彰悟がCKからヘッド。ラストプレーでゴールをこじ開け勝利。リーグ戦4連勝を達成した。 難しい叩きでも勝ち切った王者はこれで首位に浮上。見慣れた順位表の一番上に立ち、ここからは終われる立場となる。 ポイントはらしさを失わずに戦うこと。攻守にわたってアグレッシブにプレーできるのか。ゴールが効果的に奪えていない中では、前線のパフォーマンス向上にも期待がかかる。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:チョン・ソンリョン DF:山根視来、谷口彰悟、車屋紳太郎、佐々木旭 MF:脇坂泰斗、橘田健人、遠野大弥 FW:家長昭博、レアンドロ・ダミアン、マルシーニョ 監督:鬼木達 2022.05.21 14:13 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第14節:浦和vs鹿島】互いに結果を残すストライカーたち、ゴールを奪うのは!?

【明治安田生命J1リーグ第14節】 2022年5月21日(土) 17:00キックオフ 浦和レッズ(15位/13pt) vs 鹿島アントラーズ(2位/28pt) [埼玉スタジアム2002] ◆前節の後半を思い出せ【浦和レッズ】 ミッドウィークの前節は横浜F・マリノスをホームに迎えての一戦。前半だけで3失点を喫し、最悪のゲームになることが予想された中、キャスパー・ユンカーが奮起。後半だけでハットトリックを決め、3点差を追いついて引き分けとなった。 チームとしてはリーグ戦6試合連続ドロー、勝利が遠いという喜ばしい事態ではないが、得点力不足に悩み、3点ビハインドという最悪の事態からのバウンスバックは一定の安堵感をもたらせたと言えるだろう。 ただ、課題はもちろん山積。今節の相手である鹿島も、横浜FMに匹敵する破壊力を持つチーム。得点ランキングトップの上田綺世や鈴木優磨をどう押さえるか、守備陣は引き続き対応が問われることとなる。 また、攻撃陣もユンカーの復調は喜ばしいことだが、そこに頼り切りにならないことが重要。裏を狙いながらも、違う手を用意して鹿島を攻略したい。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:西川周作 DF:馬渡和彰、岩波拓也、アレクサンダー・ショルツ、明本考浩 MF:平野佑一、柴戸海 MF:ダヴィド・モーベルグ、小泉佳穂、松尾佑介 FW:キャスパー・ユンカー 監督:リカルド・ロドリゲス ◆好調攻撃陣が再び火を吹く!?【鹿島アントラーズ】 アウェイでのサンフレッチェ広島戦で3-0と大敗を喫していた鹿島だったが、前節はホームに北海道コンサドーレ札幌を迎えて4-1と快勝。力をつけていることを証明した。 ミッドウィークのYBCルヴァンカップもガンバ大阪を相手にアウェイで1-3で勝利。チームとしては2位に転落したが、前を向いて戦うだけだろう。 アウェイ連戦となりコンディションも気になるところだが、ルヴァンカップでは一部の選手を休ませることができたことは大きいと言える。 上田、鈴木の2トップがどのようなパフォーマンスを見せるのか。中盤からの組み立ても含め、札幌戦では様々な形でゴールを奪ったが、浦和相手に力の差を見せつけたいところだろう。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:クォン・スンテ DF:常本佳吾、関川郁万、三竿健斗、安西幸輝 MF:樋口雄太 MF:和泉竜司、ディエゴ・ピトゥカ、アルトゥール・カイキ FW:上田綺世、鈴木優磨 監督:レネ・ヴァイラー 2022.05.21 12:18 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第14節:湘南vs神戸】ボトム2の決戦、今季2勝目を挙げるのは!?

【明治安田生命J1リーグ第14節】 2022年5月21日(土) 15:00キックオフ 湘南ベルマーレ(18位/7pt) vs ヴィッセル神戸(17位/7pt) [レモンガススタジアム平塚] ◆今度こそホーム初勝利なるか【湘南ベルマーレ】 前節はホームに横浜F・マリノスを迎えた中、相手の圧倒的な攻撃力の前に屈して1-4で惨敗を喫した。 ホームでの初勝利を目指した中での大敗だが、その前のホームゲームも清水エスパルスに1-4と大敗しており、3度目の正直と行きたいところだ。 シーズン前の期待値とは裏腹に、気がつけば最下位。しかし、ここから巻き返すことは可能。そのためにも、同じ降格圏で勝ち点で並ぶ相手にはどうしても勝ちたい。 気を抜けば一瞬で仕留める力を持つ相手だけに、いつもの強度を示しつつ、チャンスをしっかりとゴールに繋げたい。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:谷晃生 DF:大岩一貴、舘幸希、杉岡大暉 MF:石原広教、米本拓司、畑大雅 MF:池田昌生、タリク FW:大橋祐紀、町野修斗 監督:山口智 ◆前を向いて戦えるか【ヴィッセル神戸】 ミッドウィークには延期されていた川崎フロンターレとのリーグ戦を戦った神戸。互いに譲らない試合を繰り広げていた中、ラストプレーのCKで痛恨の被弾。0-1で敗れてしまった。 前々節はサガン鳥栖相手にリーグ戦初白星。さらに役者が揃い踏みの快勝だっただけに、最後に勝ち点をこぼした前節は相当悔しいはずだ。 しかし、アンドレス・イニエスタを中心に、王者・川崎Fを相手に互角以上にも戦っていた。ゴールが遠かったが、あとはいかにしてネットを揺らすかだ。 正直なところ、個々の能力では湘南を上回っている状況。守備戦術を持つミゲル・アンヘル・ロティーナ監督の下で安定感も出てきた守備を武器に、前線の個がネットを揺らせるか。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:前川黛也 DF:山川哲史、菊池流帆、小林友希、酒井高徳 MF:山口蛍、大﨑玲央 MF:郷家友太、アンドレス・イニエスタ、汰木康也 FW:武藤嘉紀 監督:ミゲル・アンヘル・ロティーナ 2022.05.21 10:50 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly