C・ロナウド母がCLでタオマフぶん回し熱すぎる応援! ただ、そのチームはユナイテッドにあらず

2021.11.26 22:15 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの母親がパワフルな応援でチームを鼓舞した。今年の9月に「私が死ぬ前に、スポルティングに戻ってくるのが見たい」と口にしていたC・ロナウドの母、マリオ・ドロレス・アベイロさん。息子がプロキャリアをスタートさせたクラブには、思い入れも強いようだ。

24日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループCの第5節、スポルティング・リスボンvsドルトムントの一戦も、スタジアムへと観戦に訪れた。

タオルマフラーを振りかざし、大声で叫ぶアベイロさん。応援にはかなり熱が入っており、チームへの強い愛情が見て取れる。

昨年3月には脳卒中で倒れ、緊急入院していたアベイロさんだが、現在は元気な姿を見せている。

息子の復帰に関わらず、C・ロナウド母のスポルティングへの愛情はどうやら本物の様子。その声援の甲斐もあってか、スポルティングはホームでドルトムントを3-1で下し、グループステージ2位通過を決めている。

1 2

関連ニュース
thumb

藤本寛也が開始12分で退場し罰金2万円…VARチェックでレッドカードに変更

リーガ・ポルトガル(LP)は21日、懲戒処分を発表。ジル・ヴィセンテのMF藤本寛也も処分された。 ジル・ヴィセンテで10番を背負う藤本。今シーズンはプリメイラリーガで開幕から出場を続けていた。 そんな中、18日に行われた第15節のスポルティング・リスボンとの試合でスタメン出場した藤本だったが、開始12分でまさかの一発退場処分を受けていた。 開始9分、自陣でのルーズボールに対して藤本がスライディングで拾いに行くと、これがマテウス・レイスの足に当たることに。主審はイエローカードを提示していた。 しかし、このプレーにVARのチェックが入ると、主審はオン・フィールド・レビュー。足裏が入っていたとして、レッドカードが提示され、一発退場となった。 L`Pはこの件に関して処分内容を発表。過度な力で相手に向かい、誠実さを書いたプレーと判断。危険なタックルとみなされ、1試合の出場停止処分に。さらに、169ユーロ(約2万2000円)の罰金処分とした。 なお、試合はスポルティングのルイス・ネトが謎の頭突きで退場するなどすぐに数的同数となったが、0-3でスポルティングが勝利していた。 <span class="paragraph-title">【動画】罰金2万円の処分を受けた藤本寛也のタックル</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="TzHVXFFis_I";var video_start = 22;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.12.23 12:52 Thu
twitterfacebook
thumb

元ユナイテッドのナニがフルミネンセと交渉…今季限りでオーランド・シティを退団

元ポルトガル代表MFナニ(35)にブラジル行きの可能性が浮上している。 ポルトガルの強豪スポルティング・リスボンでプロキャリアを始め、マンチェスター・ユナイテッド時代が印象的なナニ。代表でも112試合23得点の数字を誇る新進気鋭のドリブラーは2019年2月に欧州を離れ、メジャーリーグサッカー(MLS)のオーランド・シティに加入した。 加入直後から主将を託され、初年度からMLS30試合の出場で12得点5アシストを記録。新型コロナウイルスの影響でリーグ打ち切りの事態に見舞われた昨季を経ての今季も28試合で10得点7アシストとチームを引っ張ったが、先月末にシーズン終了後の退団がクラブから発表された。 フリーエージェントになり、今後の動向が注目されるナニだが、すでに打診を受けているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によれば、ブラジルの名門フルミネンセが獲得に興味。まだ合意に至っていないが、交渉中だという。 2021.12.15 12:58 Wed
twitterfacebook
thumb

ペップはCLの抽選ミスに寛大な反応「このようなことは時々起こる」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、寛大な対応を見せた。 13日、欧州サッカー連盟(UEFA)はチャンピオンズリーグ(CL)のラウンド16組み合わせ抽選会を実施した。 ビッグイヤーを目指し、強豪クラブがしのぎを削る大一番を決めるドローだったが、前代未聞のトラブルが発生した。 通常ラウンド16ではグループステージで同居したクラブとの対戦、そして同じサッカー協会に所属するクラブとの対戦が自動的に回避される。 しかし、今回の抽選ではビジャレアルの抽選の際に、グループステージで同居したマンチェスター・ユナイテッドが含まれてしまい、それが引かれることに。しかし、このミスに気がつき引き直されると、シティが選ばれていた。 その後、アトレティコ・マドリーの抽選となったが、今度はユナイテッドが入っておらず、グループステージで同居したリバプールが入る事態に。ここではバイエルンが引かれたが、抽選終了後に異議が申し立てられ、UEFAがミスを認め再抽選が行われていた。 再抽選の結果が出る前、試合に向けた会見に出席していたグアルディオラ監督は、抽選の手続きでミスがあったことを聞かれると、ミスは起こり得るものだと寛大な対応を見せた。 「また起こるだろう。それはフェアだと思う。ミスだったんだ」 「このようなことは時々起こる。特に選手や監督、そして時々UEFAにだって起こる。我々は待つつもりだ」 「いつも言ってきたように、私はその一部であることに満足している。再抽選は理にかなっているし。だから疑いはない」 また、グアルディオラ監督は、どのチームが相手でも難しいことには変わりないとも語った。 「全ての対戦相手がタフだ。一方が他方より優れているという人もいるが、全てが難しい」 会見の時点では再抽選は実施されなかったが、グアルディオラ監督率いるシティはビジャレアルとの対戦から、再抽選の結果スポルティング・リスボンに変更となった。 <span class="paragraph-title">【動画】グアルディオラ監督は寛大な反応(日本語字幕あり)</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJSRjJYOHppdSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.12.14 22:10 Tue
twitterfacebook
thumb

【CLグループC総括】アヤックス圧巻全勝突破、本命ドルトムント敗退

ドルトムントが本命と見られたグループCだったが、アヤックスの強さが際立つ結果となった。ベスト16常連のドルトムントがまさかのグループステージ敗退となった中、アヤックスに続いたのはポルトガル王者スポルティング・リスボンとなった。 ■グループC順位表■  [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.アヤックス[18/6/0/0/15] 2.スポルティング・リスボン[9/3/0/3/2] 3.ドルトムント[9/3/0/3/-1] 4.ベシクタシュ[0/0/0/6/-16] ◆アラー爆発で圧巻の全勝突破~アヤックス~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211208_19_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ウェストハムで泣かず飛ばずだったFWアラーがアヤックスを牽引した。フランクフルト時代の輝きを取り戻したストライカーは、ゴールランキングトップの10ゴールを記録。オランダ王者を首位通過に導いた。そのアラーを軸に、5シーズン目を迎えたテン・ハグ監督の下、3シーズン前のCLベスト4メンバーも健在で、MFタディッチやDFブリント、DFマズラウィらがチームを牽引。完成度の高いサッカーを披露した。 ◆ポルトガル王者がGS突破~スポルティング・リスボン~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211208_19_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 5季ぶりCL出場のポルトガル王者スポルティングがドルトムントを上回って2位通過を果たした。36歳の青年指揮官アモリム監督に率いられたチームは、2連敗スタートと躓いたが、その後のベシクタシュとの連戦、ドルトムント戦を制して最終節を前に決勝トーナメント進出を決めた。[3-4-3]の攻撃的なシステムを駆使し、ベシクタシュ相手にはいずれも4ゴール、ドルトムントとのホーム戦では3ゴールを叩き込んでの快勝劇を収めた。攻撃サッカーでポルトガルのみならず欧州の舞台でも旋風を巻き起こして見せた。 ◆GS突破常連が躓き~ドルトムント~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211208_19_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ローゼ新監督を迎え、期待の高かったドルトムントだったが、2連勝スタートからの3連敗で5シーズンぶりとなるグループステージ敗退に終わった。とりわけ痛かったのが主砲FWハーランドの負傷離脱。彼を欠いた中で戦ったアヤックスとの連戦で連敗し、一気に戦局が悪化した。そして第5節スポルティング戦では力負けし、最終節を前に敗退が決まってしまった。 ◆実力及ばず全敗のトルコ王者~ベシクタシュ~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211208_19_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 2位争いをする実力があるかと思われたトルコ王者だったが、全敗での敗退となった。4季ぶりのCL出場となったベシクタシュは、MFピャニッチやFWバチュアイをレンタルで獲得。初戦のドルトムント戦、アヤックス戦こそ接戦を落とした格好だったが、スポルティングとの連戦でいずれも4失点と守備が崩壊。勝負弱さも露呈し、勝負にならなかった。 2021.12.11 14:00 Sat
twitterfacebook
thumb

スポルティングやポルトがFFP規則違反で制裁の対象に

欧州サッカー連盟(UEFA)が3日、ファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)規則に関して、対象のクラブに制裁を科したことを発表した。フランス『レキップ』が報じている。 クラブの財政健全化を目指し、2011年から導入されたFFP。移籍金や人件費などの支出が収入を上回らないよう監査するためのルールで、莫大な資金を持つオーナーによる、一クラブへの有能な選手の一極集中を避けるための側面も持つ。 今回その規則に反したとして報告されたのは、主にスポルティング・リスボンとポルトのポルトガルのクラブ。それぞれ25万ユーロ(約3100万円)と30万ユーロ(3800万円)の罰金が科せられたようだ。 また、2022年1月31日までに未払金の支払いができなければ、来シーズンあるいは今後3シーズンにおいてUEFA管轄の国際大会の出場権を剥奪される可能性があるとのことだ。 そのほか、ベティス、CSKAモスクワ、アスタナ、ベシクタシュも一定の支払い義務を果たしていないとして制裁の対象に。今季の欧州大会で獲得した賞金の最大15%を差し押さえられる可能性があると指摘されている。 2021.12.04 19:36 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly