【ECL第5節まとめ】田中亜土夢が見事なミドルで初ゴール! 菅原由勢のAZ&中村敬斗のLASKが首位通過決める

2021.11.26 07:10 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)・グループステージの第5節が行われた。

今回の第5節では日本人選手4名の内、FW中村敬斗、MF田中亜土夢、MF原口元気がスタメン出場し、DF菅原由勢は78分から途中出場した。

その日本人選手の中でヘルシンキの田中が見事な活躍を披露した。すでに敗退が決定しているチームは、ホームでアラシュケルトと対戦。試合は序盤から一進一退の攻防が続いた中、0-0で折り返した後半に田中が魅せる。

48分、右サイドに張った味方からボールを受け直して一度左に展開した田中はペナルティアーク付近にポジションを取ってショートパスを受け直すと、ゴール前の密集を射抜く見事な左足のミドルシュートをゴール右下隅に突き刺した。その後、リードを守り切ったヘルシンキが田中のECL初ゴールで2勝目を手にした。

ヤブロネツ戦に後半終盤の78分から途中出場した菅原所属のAZは、敵地で1-1のドローに持ち込み、最終節を前に首位での突破を決定。また、すでに突破を決めている中村所属のLASKリンツはマッカビ・テルアビブとの首位攻防戦を制して同じく首位通過を決定。中村はフル出場で勝利に貢献している。

一方、原口所属のウニオン・ベルリンは、マッカビ・ハイファとのアウェイゲームに臨み1-0で勝利。原口はチームの決勝点が決まる直前の64分までプレーしていた。なお、この勝利で2位のスラビア・プラハとの勝ち点差を1に縮めたウニオンは、最終節での直接対決で逆転突破を目指す。

なお、今節新たに突破を決めたのはグループCのボデ/グリムトとローマ、グループDのAZ、グループEのフェイエノールト、グループFのコペンハーゲン、グループGのスタッド・レンヌの6チームだ。

◆ECL第5節 結果一覧

【グループA】
ヘルシンキ(フィンランド) 1-0 アラシュケルト(アルメニア)
※田中亜土夢はフル出場し、初ゴールを記録

マッカビ・テルアビブ(イスラエル) 0-1 LASKリンツ(オーストリア)
※中村敬斗はフル出場

【グループB】
フローラ(エストニア) 1-0 パルチザン・ベオグラード(セルビア)
アノルトシス(キプロス) 1-0 ヘント(ベルギー)

【グループC】
ローマ(イタリア) 4-0 ゾリャ(ウクライナ)
ボデ/グリムト(ノルウェー) 2-0 CSKAソフィア(ブルガリア)

【グループD】
ヤブロネツ(チェコ) 1-1 AZ(オランダ)
※菅原由勢は78分から途中出場

ラナース(デンマーク) 2-1 クルージュ(ルーマニア)

【グループE】
マッカビ・ハイファ(イスラエル) 0-1 ウニオン・ベルリン(ドイツ)
※原口元気は先発出場し64分までプレー
※遠藤渓太は登録メンバー外

スラビア・プラハ(チェコ) 2-2 フェイエノールト(オランダ)

【グループF】
スロヴァン・ブラチスラヴァ(スロバキア) 0-0 PAOK(ギリシャ)
※香川真司は登録メンバー外

リンカーン(ジブラルタル) 0-4 コペンハーゲン(デンマーク)

【グループG】
ムラ(スロベニア) 2-1 トッテナム(イングランド)
スタッド・レンヌ(フランス) 3-3 フィテッセ(オランダ)

【グループH】
カラバフ(アゼルバイジャン) 2-2 オモニア(キプロス)
カイラト(カザフスタン) 2-3 バーゼル(スイス)


関連ニュース
thumb

アルテタ、失点関与の冨安健洋をかばう 「彼は信じられないほどよくやってくれた」

ミケル・アルテタ監督が日本代表DF冨安健洋を擁護した。クラブ公式サイトが伝えている。 カラバオカップ準決勝でリバプールと激突したアーセナル。先の敵地で行われた1stレグを0-0で切り抜け、20日にホームで2ndレグを迎えたが、0-2で敗れ、決勝進出を逃した。 アルテタ監督は試合後、「本当に残念だ。あと1試合でファイナルに行けるとなれば、高揚するレベルも上がるし、本当に楽しみにしていたからね」と肩を落とした。 そんなアーセナルの1失点目は負傷明けの冨安が右サイドバックを務めるサイドを崩されてのもの。冨安の粘りを欠いた対応が目立ったが、アルテタ監督はかばった。 「ボールをブロックしようとして、もう少しのところで滑ってしまったんだ。そのあとにボールが彼の足もとを通り抜けて、ジョタの蹴り損ねがGKと逆の方にいってしまった。だから、あれを防ぐのは難しかったと思う」 また、調子の悪さや試合勘の欠如を指摘されるが、スペイン指揮官は「彼は信じられないほどよくやってくれた」と擁護。チーム事情が影響しての起用だったと説明した。 「セドリックやカラムが欠場して、サイドバックがいなかったから彼を使わざるを得なかったんだ。彼はそれを知り、出場を直訴してくれた」 「練習もできていなかったのに、それでも今日の試合に出てくれた。だから、今日の選手たちを本当に誇らしく思うし、感謝している」 <span class="paragraph-title">【動画】冨安の股を抜き、リバプールFWジョタのワールドクラスのゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe src="https://www.facebook.com/plugins/video.php?height=314&href=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2FESPNFC%2Fvideos%2F689417545409726%2F&show_text=false&width=560&t=0" width="560" height="314" style="border:none;overflow:hidden" scrolling="no" frameborder="0" allowfullscreen="true" allow="autoplay; clipboard-write; encrypted-media; picture-in-picture; web-share" allowFullScreen="true"></iframe> 2022.01.21 09:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ジョタ2発のリバプールがチェルシー待つ決勝進出! 冨安復帰も失点関与のアーセナルはホームで完敗《EFLカップ》

EFLカップ(カラバオカップ)準決勝2ndレグ、アーセナルvsリバプールが20日にエミレーツ・スタジアムで行われ、アウェイのリバプールが0-2で勝利した。この結果、2戦合計0-2としたリバプールの決勝進出が決定した。 なお、アーセナルDF冨安健洋はフル出場、リバプールFW南野拓実は63分から途中出場した。 1週間前に敵地で行われた1stレグではジャカの退場で数的不利を背負いながらも、0-0のドローに持ち込んだアーセナル。物議を醸す形ながらも先週末のトッテナムとのノースロンドン・ダービーの開催延期が認められたアルテタ率いるチームは、1週間ぶりの公式戦で決勝進出を目指した。 その前回対戦からは先発3人を変更。出場停止のジャカに代わって新型コロナウイルスから回復したウーデゴール、セドリックとエンケティアに代わって負傷明けの冨安とスミス・ロウが復帰。さらに、ガーナ代表のアフリカ・ネーションズカップ敗退に伴い、トーマスがベンチに戻ってきた。 一方、要塞アンフィールドでの初戦を期待外れのドローで終えたリバプールだが、先週末のリーグ戦ではブレントフォードに3-0の快勝を収めてバウンスバックに成功。敵地での大一番ではそのブレントフォード戦から先発2人を変更。アリソンからGKをケレハーに代えたほか、負傷のオックスレイド=チェンバレンに代えて17歳FWカイデ・ゴードンをフィルミノ、ジョタと共に前線で起用した。 チェルシーが待つファイナル進出を懸けた運命の一戦は、ホームの大歓声を背にしたアーセナルが押し込む入りを見せる。開始5分にはサカが倒されて得たペナルティアーク付近のFKをラカゼットが右足で直接狙うが、壁の上をギリギリ越えたシュートはクロスバーを叩いた。 立ち上がりこそバタついたものの、徐々にボールの主導権を奪い返して攻勢に出始めるリバプールは、10分過ぎにセットプレーの流れからファビーニョが競り勝ったボールをゴール前のマティプがワンタッチでゴールへ流し込むが、ここは惜しくもオフサイドの判定となった。 それでも、良い形でフィニッシュまで持ち込んだリバプールは2度目のチャンスを確実にゴールへ結びつける。19分、カウンターの形からアレクサンダー=アーノルドのラストパスを受けたジョタが左のハーフスペースで縦に仕掛けると、バランスを崩したDF冨安を完全に振り切ってペナルティアーク付近に切り込んで右足のシュートを放つ。これがDFにディフレクトする形でコースが変わってゴールネットを揺らした。 冨安が絡む形の失点で先手を奪われたアーセナルはすぐさま反撃を開始。サカとマルティネッリの個人技や相手の背後を突く動きで幾度か相手ゴール付近まで運ぶが、最後のところでリバプールの守備を崩し切れない。28分にはマルティネッリがボックス内でファビーニョと交錯するが、ここは先にボールにチャレンジに行ったとの判定でPKを獲得できない。 前半終盤にかけてはリバプールがきっちり試合をコントロール。決定機まで持ち込むまでには至らなかったものの、危なげなく1点リードでハーフタイムを迎えた。 後半に入って先に動いたのはリバプール。コンディションの問題か、マティプを下げてコナテをハーフタイム明けに投入した。前半に引き続きリズム良く試合に入ったアウェイチームは50分、左サイドを突破したジョタがゴールライン際で内に運んで絶妙な折り返しを供給。しかし、待ち構えていたゴードンは左足のイージーシュートを枠の外に外してしまう。 以降も押し込む状況が続くリバプールは59分、アレクサンダー=アーノルドのCKをコナテがドンピシャのヘディングで合わせるが、これは惜しくも枠を叩く。良い流れの中で押し切りたいクロップ監督は63分、ゴードンを下げて南野を投入。その南野は69分にボックス内でこぼれ球に反応し、早速シュートまで持ち込むが、これは相手DFのブロックに阻まれて2試合連発とはならず。 マルティネッリの個人技以外に攻め手がないアーセナルは74分、スミス・ロウとラカゼットを下げてエンケティアとトーマスを同時投入。この交代で流れを変えたいところだったが、その出ばなを挫かれる。 77分、ハーフウェイライン付近で縦へ仕掛けたマルティネッリがバランスを崩してボールを失うと、ボールを回収したアレクサンダー=アーノルドが背後を狙うジョタへ絶妙なロングフィードを通す。これでDFホワイトの背後を完璧に取ったジョタは飛び出したGKラムズデールの寸前でループシュートを狙うと、これがゴールネットを揺らした。 この追加点で勝利を確信したアウェイチームはフィルミノを下げてネコ・ウィリアムズの投入で試合を締めにかかる。一方、何とかホームで一矢報いたいアーセナルだが、試合終盤に続けてイエローカードをもらったトーマスが退場となり、2試合連続で数的不利を背負うことになった。 そして、試合はこのまま2-0のスコアのままタイムアップを迎え、敵地でアーセナルを粉砕したリバプールがチェルシーが待つ決勝進出を果たした。 2022.01.21 06:48 Fri
twitterfacebook
thumb

海外初挑戦のオーステンデ坂元達裕、ベルギーの“国民食”に舌鼓「とても美味しかったです!」

KVオーステンデの日本代表MF坂元達裕(25)がクラブの公式インタビューに応じた。現地での暮らしについて語っている。 5日にセレッソ大阪からの期限付き移籍でオーステンデへの加入が発表された坂元。2022年6月30日までのレンタルで、シーズン終了後の買い取りオプション付きも付随している。 独特のドリブルセンスを持つ左利きのアタッカーは、7日・15日と、すでにトレーニングマッチにも出場。現在はマネージャー、通訳とともにホテル暮らしだという。 坂元はホテル暮らしも悪くはないが、やはり自分の部屋が欲しいと考えているようだ。来週にはアパートが決まるだろうともコメントし、自炊にも意気込みをのぞかせている。 「ホテルに滞在するのも好きですが、できれば自分の場所が欲しいですね。そうすれば自分で料理をすることができるし、その部分での制限は少なくなります。オーステンデの中心にある中華・アジア料理店に行くこともありますが、そこの食材を使ったおいしい食事を作るためには良いキッチンが必要ですね」 食事の面では現地の文化にも触れた模様。オーステンデは海沿いの町で、車で30分ほど南西へ行けば世界の無形文化遺産に登録されている「馬上からのエビ釣り」を行っている町もある。坂元は名物の魚介料理やベルギーの国民食として知られるフライドポテトを口にし、舌鼓を打ったようだ。 「もちろん、典型的な日本料理は好きです。でもここのクラブにきたらどうなるかわかりませんね(笑)。最初は、トレーニング後の(ベルギーの)一般的な食事に慣れるのに苦労するのかなと思いましたが、それほど問題はなかったです。」 「他の選手と同じように、野菜と肉と一緒にジャガイモを食べるだけですよ。ベルギーのフライドポテトも食べてみましたが、とても美味しかったです!オーステンデでの初日、テルマエ・パレス・ホテルのブラッセリー・アルバートでチームマネージャーのバート・ブラケスとエビのカクテルを食べました。早速現地の文化を堪能しましたが、素晴らしいですね!」 <span class="paragraph-title">【動画】坂元達裕、チームメイトからダンス指導を受ける</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="nl" dir="ltr">Onze nieuwe aanwinst <a href="https://twitter.com/Tatsu1022Soccer?ref_src=twsrc%5Etfw">@Tatsu1022Soccer</a> is al meteen goed geïntegreerd dankzij de dansmoves van Thierry Ambrose <a href="https://t.co/ErUz7cRLOt">pic.twitter.com/ErUz7cRLOt</a></p>&mdash; KV Oostende (@kvoostende) <a href="https://twitter.com/kvoostende/status/1479076537240535044?ref_src=twsrc%5Etfw">January 6, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.20 20:45 Thu
twitterfacebook
thumb

「香川真司らとの対戦はとても楽しみ」オーステンデ加入の坂元達裕、ベルギーデビューへ向けて準備は万端

KVオーステンデの日本代表MF坂元達裕(25)がクラブの公式インタビューに応じた。サッカー観の違いやプレーへの意気込みなどを語っている。 5日にセレッソ大阪からの期限付き移籍でオーステンデへの加入が発表された坂元。2022年6月30日までのレンタルで、シーズン終了後の買い取りオプション付きも付随している。 独特のドリブルセンスを持つ左利きのアタッカーは、すでにトレーニングマッチにも出場。7日に行われたKVC・ヴィンケル・スポーツ戦では後半に、15日のRWDモレンベーク戦では頭から出場し、75分までプレーしている。 海外でのプレー体感した坂元はベルギーと日本のサッカーの違いについて「切り替えのスピード」を挙げた。速攻における役割もオーステンデを選択した理由の1つだという。 「(ベルギーでは攻守の)切り替えのスピードがはるかに速いことに気づきました。日本ではビルドアップで時間を作りますが、こちらは全然違います。ここではボールを奪ったら、チーム全体で素早く前へ行こうとしますね」 「GKへのパスではなく、できるだけ早くゴールを目指す必要があるということ。僕はもう少しその考え方に馴染まなければなりませんが、自信はあります。それがヨーロッパに来たかった理由でもありますし、オーステンデは高速カウンターを重視しているみたいですからね」 現在は18チーム中15位と、昇格・降格プレーオフの対象となる17位とは勝ち点4差に位置するオーステンデだが、チームの雰囲気はいいようだ。坂元はデビューの可能性がある次戦のロイヤル・アントワープ戦に向け、準備はできていると頼もしい言葉を残している。さらに、C大阪の大先輩・香川真司も加入し、日本人選手が多数在籍するシント=トロイデンとの対戦は特に心待ちにしているようだ。 「チームの雰囲気は良くて、トレーニングのレベルはコンディションを高めるのには十分ですし、先週末にはSTVV(シント=トロイデン)を含めて何試合か見ました。すぐに僕にとっての素晴らしいロールモデル、香川真司が登場するでしょう。日本の大会で出会った選手も多いのですし、シント=トロイデンとの対戦はとても楽しみですね」 <span class="paragraph-title">【動画】ドラゴンや武士が出てくる坂元達裕の紹介PV</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="EEyyCZwu5rI";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.01.20 20:15 Thu
twitterfacebook
thumb

「アメリカやドイツからの興味もあった」坂元達裕がオーステンデ加入の決め手を語る「冨安健洋のようにビッグクラブへ」

KVオーステンデの日本代表MF坂元達裕(25)がクラブの公式インタビューに応じた。加入の決め手やプレー面での意気込みなどを語っている。 5日にセレッソ大阪からの期限付き移籍でオーステンデへの加入が発表された坂元。2022年6月30日までのレンタルで背番号は「18」に。シーズン終了後の買い取りオプション付きも付随している。 独特のドリブルセンスを持つ左利きのアタッカーは、すでにトレーニングマッチにも出場しており、7日に行われたKVC・ヴィンケル・スポーツ戦では後半に、15日のRWDモレンベーク戦では頭から出場し、75分までプレーしている。 クラブのインタビューに応じ、加入を決断した理由を問われた坂元は、チームのシステムに対するマッチングや冨安健洋(アーセナル)の例を出し、キャリアのステップとして適しているからだと回答。他国リーグからも興味を持たれていたことも明かしている。 「アメリカやドイツからも興味は持たれましたが、どれも魅力的ではありませんでした。一方で、KVオーステンデは僕のキャリアの次のステップになるように思えました。さらに成長できるチームで、競争が待っているとも思えました」 「冨安健洋(元STVV)のように、ベルギーでも大きな進歩を遂げたい。そうすれば、海外のビッグクラブへ渡れるかもしれません。ただ、それは後々のことで、今はチームメイトと一緒にKVオーステンデを順位表の安全な場所に早く連れて行くために、まずは一生懸命頑張れないといけませんね」 オーステンデは現在18チーム中15位。昇格・降格プレーオフの対象となる17位とは勝ち点4差だ。坂元の左足には国内外からの注目が集まっている。 <span class="paragraph-title">【写真】オーステンデのユニフォーム手にする坂元達裕</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="nl" dir="ltr">Een uitgebreid gesprek (met tolk ) met onze Japanse aanwinst Tatsuhiro Sakamoto. <a href="https://t.co/wX4sj3oe7o">https://t.co/wX4sj3oe7o</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/KVOANT?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#KVOANT</a> <a href="https://t.co/UDTHIFTTRa">pic.twitter.com/UDTHIFTTRa</a></p>&mdash; KV Oostende (@kvoostende) <a href="https://twitter.com/kvoostende/status/1483860800632770575?ref_src=twsrc%5Etfw">January 19, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.20 19:45 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly