チュアメニ慰留は困難か...モナコSDが認める 「サッカー界がどのようなものかは分かっている」

2021.11.25 16:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
多くのクラブが興味を示すモナコのフランス代表MFオレリアン・チュアメニ(21)だが、やはり慰留は難しいようだ。スペイン『FICHAJES FUTBOL』がスペイン『Agencia EFE』の情報をもとに伝えた。ここ最近、各国のビッグクラブからの関心が伝えられているチュアメニ。2024年まで契約が残るなか、チェルシー、レアル・マドリー、ユベントスなど錚々たるチームが若き才能の動向を注視している。

モナコとしては当然、今季ここまで公式戦21試合の主力はチームに残しておきたいところ。しかし、スポーツ・ディレクターを務めるポール・ミッチェル氏は、この21歳の能力を称賛するとともに、移籍を防ぐのは困難であることを認めている。

「我々はチュアメニをより長くチームに残したいと思っているが、サッカー界がどのようなものかは分かっている。若さを重視するチーム同士の争奪戦になるだろう」

「彼は模範的な選手で、自身のキャリアにとても力を入れている。質問をするのが好きで常に向上心を持っており、ピッチの上ではリーダーだ。強くてダイナミックで、守備も攻撃もできる。彼のような選手はヨーロッパにはあまりいないよ」

関連ニュース
thumb

モナコ、クレメント氏を新指揮官に招へい! ベルギー1部3連覇中の名将

モナコは3日、フィリップ・クレメント氏(47)の新監督就任を発表した。契約期間は2024年6月30日までの2年半となる。 モナコは1日、ニコ・コバチ監督(50)を解任。就任2年目の今シーズンはチャンピオンズリーグ(CL)のプレーオフでシャフタールに敗れて本大会出場を逃すと、ヨーロッパリーグ(EL)ではグループ首位通過でラウンド16進出を決めたものの、国内リーグでは8勝5分け6敗の6位に甘んじていた。 また、同監督はキャプテンを務めるフランス代表FWウィサム・ベン・イェデルら一部主力との関係悪化が報じられており、クラブはシーズン後半戦前のタイミングでの解任を決断した。 そして、コバチ監督の後任に指名されたのは、直前までクラブ・ブルージュを率いていたベルギー人指揮官のクレメント氏。これまでワースラント=ベフェレン、ヘンクを指揮し、2019年から選手、コーチとして在籍した古巣の正指揮官に就任したクレメント氏は、ヘンク時代を含め3シーズン連続でジュピラー・プロ・リーグを制したベルギー屈指の名将だ。 2022.01.04 22:19 Tue
twitterfacebook
thumb

モナコがニコ・コバチ監督を解任…クラブ・ブルージュのクレメント氏が後任へ

モナコは1日、ニコ・コバチ監督(50)の解任を発表した。 ロベルト・モレノ前監督(42)の後任として2020年夏にモナコの新指揮官に就任したコバチ監督。就任1年目は前年9位のチームをチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の3位に浮上させる見事な手腕を発揮していた。 しかし、今シーズンはCLプレーオフでシャフタールに敗れて本大会出場を逃すと、ヨーロッパリーグ(EL)ではグループ首位通過でラウンド16進出を決めたものの、国内リーグでは8勝5分け6敗の6位に甘んじていた。 フランス『RMC Sport』によると、クラブ首脳陣はリーグ戦における低調なチームパフォーマンス、キャプテンを務めるフランス代表FWウィサム・ベン・イェデルら一部主力との関係悪化を考慮し、シーズン後半戦前のこのタイミングでの解任を決断した。 また、フランス『レキップ』によると、後任監督はクラブ・ブルージュを率いるフィリップ・クレメント監督(47)になるという。これまでワースラント=ベフェレン、ヘンクを指揮し、2019年から選手、コーチとして在籍した古巣の正指揮官に就任したクレメント監督は、ヘンク時代を含め3シーズン連続でジュピラー・プロ・リーグを制したベルギー屈指の名将だ。 モナコとクラブ・ブルージュの両クラブ、クレメント監督の3者はすでに条件面で合意に至っており、契約期間は不明も一両日中に公式なアナウンスがあるようだ。 なお、2日に行われるクープ・ドゥ・フランスのクヴィイー戦は、リザーブチームを率いるステファン・ナド氏が暫定指揮官として率いることになる。 2022.01.02 07:18 Sun
twitterfacebook
thumb

モナコがU-20ブラジル代表DFヴァンデウソンを獲得! 快足と攻撃センス売りの右SB

モナコは1日、グレミオからU-20ブラジル代表DFヴァンデウソン(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は5年となる。 2019年にグレミオのユースに加入したヴァンデウソンは、2020年12月に行われたリーグ戦のアトレチコ・ゴイアニエンセ戦でトップチームデビュー。以降は右サイドバックやサイドハーフを主戦場に公式戦59試合に出場してきた。 爆発的な加速力と正確な右足のキック、細かな足元のテクニックを併せ持つ174cmの攻撃的な右サイドバックは、ミランやブレントフォードといったヨーロッパの複数クラブの関心を集めていた逸材だ。 モナコでは元フランス代表DFジブリル・シディベ(29)が今シーズン限りで退団する見込みで、1100万ユーロ(約14億4000万円)の資金を投じて獲得した20歳DFがその後釜を担う。 2022.01.02 06:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ニコ・コバチ解任決定的なモナコ、ベルギーの名将と前ライプツィヒ指揮官が後任候補に

ニコ・コバチ監督(50)の解任が決定的となったモナコは、2人の指揮官を後任としてリストアップしているようだ。『ESPN』が報じている。 モナコ就任2年目のコバチ監督だが、8勝5分け6敗の6位という戦績、キャプテンを務めるフランス代表FWウィサム・ベン・イェデルら一部主力との関係悪化によって、一両日中の解任が迫っている。 そして、スポーツ・ディレクターを務めるポール・ミッチェル氏は、クロアチア人指揮官の後任として2人の指揮官をリストアップしているようだ。 現時点でトップターゲットに挙がっているのは、クラブ・ブルージュを率いるフィリップ・クレメント監督(47)。これまでワースラント=ベフェレン、ヘンクを指揮し、2019年から選手、コーチとして在籍した古巣の正指揮官に就任したクレメント監督は、ヘンク時代を含め3シーズン連続でジュピラー・プロ・リーグを制したベルギー屈指の名将だ。 同監督はベルギーを離れ、自身初の国外挑戦に前向きな姿勢を見せているようだが、シーズン途中の指揮官退任を望まないクラブ・ブルージュサイドとクラブ間での交渉が必要になるようだ。 また、もう一人の候補は、先月にRBライプツィヒを解任されたアメリカ人指揮官ジェシー・マーシュ氏(48)。 レッドブル・ザルツブルクでの指揮を経て、同じくレッドブル傘下のライプツィヒを今季から率いることになったマーシュ氏だが、チャンピオンズリーグ敗退とリーグ戦の不振を理由に、わずか半年あまりでクラブを去ることになった。 なお、ミッチェル氏とマーシュ氏はレッドブルで共に仕事をした経験があり、その良好な関係性とフリーという状況によって、クレメント監督の招へいに失敗した場合の次善策として招へいが有力視されているようだ。 2022.01.01 08:00 Sat
twitterfacebook
thumb

モナコ、ニコ・コバチ監督の解任を決断か…一部主力との関係悪化も影響

モナコがニコ・コバチ監督(50)の解任を決断したようだ。フランス『RMC Sport』が報じている。 ロベルト・モレノ前監督(42)の後任として2020年夏にモナコの新指揮官に就任したコバチ監督。主任1年目は前年9位のチームをチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の3位に浮上させる見事な手腕を発揮していた。 しかし、今シーズンはCLプレーオフでシャフタールに敗れて本大会出場を逃すと、ヨーロッパリーグ(EL)ではグループ首位通過でラウンド16進出を決めたものの、国内リーグでは8勝5分け6敗の6位に甘んじていた。 また、クラブ首脳陣はリーグ戦における低調なチームパフォーマンス、キャプテンを務めるフランス代表FWウィサム・ベン・イェデルら一部主力との関係悪化を考慮し、シーズン後半戦前のこのタイミングでの解任を決断したようだ。 コバチ監督は、現役時代はヘルタ・ベルリンやレバークーゼン、ハンブルガーSV、バイエルン、ザルツブルクでプレー。引退後は指導者の道を歩み、クロアチア代表やフランクフルト、バイエルンの指揮官を歴任していた。 2021.12.31 22:33 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly