チュアメニ慰留は困難か...モナコSDが認める 「サッカー界がどのようなものかは分かっている」

2021.11.25 16:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
多くのクラブが興味を示すモナコのフランス代表MFオレリアン・チュアメニ(21)だが、やはり慰留は難しいようだ。スペイン『FICHAJES FUTBOL』がスペイン『Agencia EFE』の情報をもとに伝えた。

ここ最近、各国のビッグクラブからの関心が伝えられているチュアメニ。2024年まで契約が残るなか、チェルシー、レアル・マドリー、ユベントスなど錚々たるチームが若き才能の動向を注視している。

モナコとしては当然、今季ここまで公式戦21試合の主力はチームに残しておきたいところ。しかし、スポーツ・ディレクターを務めるポール・ミッチェル氏は、この21歳の能力を称賛するとともに、移籍を防ぐのは困難であることを認めている。



「我々はチュアメニをより長くチームに残したいと思っているが、サッカー界がどのようなものかは分かっている。若さを重視するチーム同士の争奪戦になるだろう」

「彼は模範的な選手で、自身のキャリアにとても力を入れている。質問をするのが好きで常に向上心を持っており、ピッチの上ではリーダーだ。強くてダイナミックで、守備も攻撃もできる。彼のような選手はヨーロッパにはあまりいないよ」


関連ニュース
thumb

南野先発モナコ、延長戦に持ち込まれた末PSVに敗れて敗退《CL予選》

モナコは9日、チャンピオンズリーグ(CL)予選3回戦2ndレグでPSVとのアウェイ戦に臨み、2-3で敗れた。この結果、2戦合計スコア3-4でモナコは敗退している。 モナコのMF南野拓実は68分までプレーしている。 先週ホームで行われた1stレグでは1-1の引き分けに終わったモナコは、リーグ・アン開幕節のストラスブール戦をコンディション不良により欠場した南野が先発に戻った。 南野がフラットな[4-4-2]の右MFに入った中、1stレグ同様、モナコがボールを保持する展開で立ち上がったが、21分に失点する。ムウェネにボックス右深くまで侵入されてマイナスに折り返され、フィールマンに決められた。 その後も押し込む展開としたモナコだったが、好機を作れずにいると42分、CKからフェールマンに決定的なヘディングシュートを打たれるも、GKニューベルの守備範囲だった。 前半終了間際の45分にはディフェンスライン裏に抜け出したベン・イェデルがゴールエリア右まで侵入。決定的なシュートを放ったが、GKベニテスのファインセーブに阻まれ、前半を1点ビハインドで終えた。 迎えた後半、フォラントに代えてエンボロを投入したモナコは54分、右CKからマリパンのヘディングシュートが左ポストに直撃。それでも58分に追いつく。CKの流れからゴール前での混戦の中、マリパンが今度はシュートを蹴り込んだ。 その後も攻勢に出たモナコは68分に南野がピッチを後にした中、72分に逆転に成功する。ショートカウンターに転じた流れからジェウソン・マルティンスが右サイドを持ち上がってクロス。ファーサイドのベン・イェデルがシュートを蹴り込んだ。 このまま逃げ切れるかに思われたモナコだったが、89分に追いつかれる。FKの流れからエリック・グティエレスにネットを揺らされた。 そして延長後半開始4分、モナコは決勝点を奪われる。サイド攻撃を受けた流れからティーゼの右クロスをファーサイドのL・デ・ヨングにヘッドで決められた。 このまま押し切られたモナコは痛恨の敗退。ヨーロッパリーグに回ることになった。 PSV 3-2 モナコ 【PSV】 フィールマン(21分) グティエレス(89分) L・デ・ヨング(109分) 【モナコ】 マリパン(58分) ベン・イェデル(72分) 2022.08.10 06:07 Wed
twitterfacebook
thumb

リーグ戦デビュー見送りの南野拓実が戦列復帰! CL予選2ndレグの遠征メンバーに入る

モナコに所属する日本代表FW南野拓実の戦列復帰がわかった。 今夏にリバプールからモナコに活躍の場を求めた南野。チャンピオンズリーグ(CL)予選3回戦1stレグのPSV戦で公式戦デビューを遂げたが、6日に敵地で行われたストラスブールとのリーグ・アン開幕節では筋肉疲労でメンバー外だった。 状態が心配されたが、9日に敵地でPSVとのCL予選3回戦2ndレグを控えるモナコが8日に発表した23名のメンバーリストに南野の名前も含まれ、チームとともに遠征が決定した。 なお、モナコのホームで行われた1stレグでは80分に追いつき、1-1のドロー。67分まで右サイドハーフでプレーした南野は現地の一部メディアから厳しい評価を受けての2ndレグとあって、チームをプレーオフに導く活躍を期待したい。 2022.08.09 15:45 Tue
twitterfacebook
thumb

南野の着用画像が「似合う!かっこいい!」と好評!モナコの新ユニは初の“紫”に「色味可愛い〜」

日本代表FW南野拓実が所属するモナコとサプライヤーのカッパは8日、2022-23シーズンの3rdユニフォームを発表した。 すでに1st及び2ndユニフォームを発表しているモナコだが、3rdではクラブ史上初めてライトパープルがベースに。モナコ公国の紋章の一部である菱形をブラックで並べるとともに、60年以上にわたってクラブのシンボルである細い斜めの線を組み合わせてツートンカラーのパターンを採用している。 そして、クラブのエンブレムやカッパのロゴなどはすべてホワイトで配置。一方で袖口や裾には濃紫が配色されている。 モナコの日本語版公式ツイッターでは、南野の着用画像も紹介。「似合う?」の問いかけにはファンから「色味可愛い〜!!」、「似合う!!かっこいい!!」、「南野ならなんでも似合う!!」、「シャレオツなカラーリングやなあ」、「かわいい」」といった声が寄せられている。 このユニフォームは、20日に行われるリーグ・アン第3節のランス戦で選手たちが着用する。 <span class="paragraph-title">【写真】似合う?ライトパープルのモナコ3rdユニフォームを着た南野</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"> 似合う?<a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%8D%97%E9%87%8E%E6%8B%93%E5%AE%9F?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#南野拓実</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/AS%E3%83%A2%E3%83%8A%E3%82%B3?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ASモナコ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%88?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#サードキット</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/KappaSport?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#KappaSport</a> <a href="https://t.co/3VYfvbCg6f">pic.twitter.com/3VYfvbCg6f</a></p>&mdash; AS モナコ (@as_monaco_jp) <a href="https://twitter.com/as_monaco_jp/status/1556676664096063489?ref_src=twsrc%5Etfw">August 8, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.09 12:20 Tue
twitterfacebook
thumb

モナコがチェルシーDFサール獲得に迫る!

モナコがチェルシーのフランス人DFマラン・サール(23)の獲得を決定的なモノとしたようだ。フランス『レキップ』が報じている。 2020年夏にニースからフリーで加入したサールは、ポルトでの1年間のレンタル移籍をへて昨シーズンから本格的にチェルシーでプレー。しかし、トーマス・トゥヘル監督の信頼を得られず、出場はFAカップやEFLカップを中心に21試合にとどまった。 新シーズンに向けても準主力という立ち位置が濃厚の中、クラブは5日にブライトンからスペイン代表DFマルク・ククレジャ(24)の獲得を発表。後釜を確保したことでサールの放出にゴーサインが出されたようだ。 『レキップ』によれば、移籍形態は有償レンタルとなりモナコはレンタル料75万ユーロ(約1億円)を支払うことでチェルシーと口頭合意に達しており、今日か明日もメディカルチェックを受診する予定だという。 また、今回の契約には買い取りオプションが付随しており、行使する場合の移籍金は1200万ユーロ(約16億5000万円)+アドオン300万ユーロ(約4億1300万円)になるとのことだ。 2022.08.09 01:15 Tue
twitterfacebook
thumb

南野&伊東は負傷でデビューお預け…開幕節は4選手全員出番なし【リーグ・アン日本人選手】

2022-23シーズンのリーグ・アンが今週末に開幕を迎えた。 今シーズンのリーグ・アンにはストラスブールのGK川島永嗣に加え、昨季のリーグ・ドゥ(2部)を優勝し、3年ぶりの1部復帰を決めたトゥールーズのFWオナイウ阿道、モナコとスタッド・ランスに完全移籍で加入したFW南野拓実、FW伊東純也の3選手が新たに参戦する。 この開幕節では川島と南野の日本人所属クラブ同士の対戦がいきなり実現したが、川島は肩のケガ、南野が筋肉疲労によっていずれもベンチ外となった。なお、試合はアウェイのモナコが1-2で競り勝っている。 ヘンクからクラブ史上最高額で加入した伊東は、昨季2位の強豪マルセイユとのビッグマッチでのデビューが期待されたものの、こちらは内転筋の問題によって欠場となり、デビューはお預けに。チームもマルセイユとのアウェイゲームで1-4の大敗を喫した。 また、オナイウは開幕節で唯一ベンチ入りを果たしたが、チームが強豪ニースを相手に1-1のドローと健闘を見せた試合で最後まで出番は与えられなかった。 ★南野拓実[モナコ] ▽8/6 ストラスブール 1-2 モナコ ◆ケガの影響で出場なし ★川島永嗣[ストラスブール] ▽8/6 ストラスブール 1-2 モナコ ◆ケガの影響で出場なし ★オナイウ阿道[トゥールーズ] ▽8/7 トゥールーズ 1-1 ニース ◆ベンチ入りも出場なし ★伊東純也[スタッド・ランス] ▽8/7 マルセイユ 3-0 スタッド・ランス ◆ケガの影響で出場なし 2022.08.08 05:45 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly