CLでの大一番前に、ポチェッティーノ監督がPSG愛強調「私はクラブを、チームを愛している」

2021.11.24 16:42 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)のマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)の大一番へ向けた意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。

PSGは24日に行われるCLグループA第5節でマンチェスター・シティと対戦。グループ首位に立つ相手との一戦であり、勝てば決勝トーナメント進出が決定する重要な試合となっている。

試合前日会見に出席したポチェッティーノ監督は、昨シーズン敗れたCL準決勝以来のエティハド・スタジアムでの試合について、何より結果を重視するとコメント。同時に、チームに声援を送ってくれるファンの重要性についても語った。

「もっとも重要なのは結果であり、それがフットボールの本質だろう。明日は重要な試合であり、我々は高い目標を持っている。その目標に向け、100%集中しているところだ」

「昨シーズンは我々が支配していたが、彼らはこちらのボックスに近づくたびに得点していた。しかし今回は、違う状況、違うゲームになる。我々はチャンスを作り、創造し、得点しなければならない。もっとも重要なのが勝利だ。勝てばグループ突破は間違いないからね」

「ファンの皆のエネルギーは素晴らしい。ピッチで勝っても負けても、常に応援してくれている。これは我々にとって、非常に重要なことだよ。もちろん試合に勝つためには選手の力が必要だが、成功を目指す我々にとってファンの存在がとても重要だ。私はクラブを愛し、チームを愛している。今日、PSGの監督を務めることができるのは素晴らしい」

また、ポチェッティーノ監督は今夏に加入したものの、負傷でいまだ出番のないスペイン代表DFセルヒオ・ラモスに言及。焦りは禁物だとしつつ、近いうちにデビューを飾れる可能性があることを示唆した。

「彼はよくやっている。ここ数週間、我々と一緒にトレーニングしており、一歩一歩完全な状態に戻していくつもりだ。そしてこれは重要な第一歩になっている。機会があれば、彼はプレーすることになるだろう。とはいえ、急ぐべきではない。彼にはチームメイトと同じレベルのフィットネスを提供したいからね」


関連ニュース
thumb

今夏の人気銘柄レナト・サンチェスにPSGも関心か? しかし、実現度は…

リールに所属するポルトガル代表MFレナト・サンチェス(24)は、今夏の移籍市場における人気銘柄の1人。多くのビッグクラブが関心を寄せる中、潤沢な資金をバックにあのクラブも参戦してきた模様だ。フランス『ル・パリジャン』が報じている。 2016年のユーロでポルトガルの初優勝に貢献し、18歳にしてベンフィカからバイエルンへの移籍を勝ち取ったレナト・サンチェス。しかし、バイエルンでは期待に見合った活躍は披露できず、2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)のポルトガル代表メンバーからも落選する結果となっていた。 しかし、2019-20シーズンからプレーするフランスの地で完全復活。2020-21シーズンはリールのリーグアン優勝に大きく貢献し、再びビッグクラブの注目を集める存在となった。 これまでにも、リバプール、アーセナル、バルセロナ、ミラン、ユベントスなどといった錚々たる顔ぶれが関心を寄せていると報じられてきたレナト・サンチェス。現時点ではミランが獲得レースのポールポジションに立つとされているが、ここへ来てパリ・サンジェルマン(PSG)も彼の獲得を考慮し始めたという。 『ル・パリジャン』によると、PSGは過去にもレナト・サンチェス獲得を目指していた経緯があり、リールとの契約が2023年6月までとなっていることを踏まえ、およそ1年後の契約満了を待って獲得するというプランも選択肢に含まれているとのこと。すなわち、PSGにとって必ずしも優先的なターゲットではないことを示している。 一方のリール側は今夏の売却に前向きとされており、レナト・サンチェス本人もステップアップに向けて準備ができているという趣旨の発言を昨年していることから、移籍は濃厚と見られている。しかし、その場合は優先的に獲得に動かないPSGへの移籍の可能性は低いと考えられる。 一度はビッグクラブに失格の烙印を押されながらも、時を経て自らの評価を再び覆すことに成功したレナト・サンチェス。果たして、自身初となるセリエAに挑戦するのか、それとも引き続きフランスにとどまってプレーすることになるのか。今夏の移籍市場に注目が集まっている。 2022.05.24 14:16 Tue
twitterfacebook
thumb

「決めたのは先週」…ムバッペが明かすPSG残留秘話 将来のレアル行き否定せず

パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペがこのたびの去就騒動に言及した。 今夏にPSGと契約切れが迫り、レアル・マドリー移籍が取り沙汰されたムバッペ。レアル・マドリーとは相思相愛といわれ、移籍の線が強かったが、21日にPSGと2025年までの新契約を結び、急転直下の残留が決定した。 レアル・マドリーからすれば翻意。スペイン方面からはメディアのみならず、ラ・リーガからも厳しい声が上がり、物議を醸す。そうしたなか、イギリス『BBC』のギジェム・バラゲ氏との対談で決断の背景を明かした。 「残留を決めたのは先週のこと。まずレアル・マドリーの会長と話をした」 「というのも、彼とクラブをリスペクトしているから。行かない旨を僕自ら伝えるのが大事だと思ったんだ」 「偉大な選手でいるためには正直でないとならない。僕らは良い関係にあるし、すべてがこれで良かった」 そう話す23歳だが、「将来に何が起こるかなんてわからない」とも…。「将来を考えるのをやめたんだ。頭を巡らせているのは今のことだけ。PSGと3年間の新契約にサインしたんだ」と語りつつ、将来の移籍を否定しなかった。 そして、バラゲ氏から「PSGとの契約延長はレアル・マドリー行きの夢の終わりを意味するものか?」と単刀直入な質問を受けると、「決して終わってはいない」と返答している。 2022.05.24 09:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ディ・マリア、PSG残留のムバッペに「正しい決断」

パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアが、移籍市場を賑わせたフランス代表FWキリアン・ムバッペにコメントを寄せた。 今季限りでPSGとの契約が切れる状況にあったムバッペは、レアル・マドリー移籍が取り沙汰されていた。個人間合意も伝えられ、公式発表まで秒読みと言われていたが、最終確認の場で急転直下ムバッペが翻意。その後、PSGが新たに3年契約を締結したことを発表した。 一方、ディ・マリアは今夏の退団が決まっており、ムバッペとはシーズン終了後に別れることになった。自身はフランスの首都を離れるものの、ムバッペの決断は英断だったとコメントしている。 「彼は正しい決断をしたと思う。まだ若く、マドリーに行くタイミングはまた訪れるだろう。望めばどこにでも行けるはずだ」 「契約は3年だけだし、その時はまだ26歳だ。彼は歴史を作るのが好きで、200ゴールも近いね」 「2025年にマドリーに? マドリーの人たちは複雑なんだよ。ベルナベウも難しいスタジアムだ。だけど、ムバッペには彼らを魅了する才能がある」 2022.05.23 17:15 Mon
twitterfacebook
thumb

PSGでの1年終えたメッシが心境綴る 「来シーズンはきっと良いことが起こる」

激動の1シーズンを終えたパリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、自身のインスタグラムでシーズン終了直後の思いを綴った。 古巣バルセロナの深刻な財政難の影響で、昨夏急転直下のパリ行きが決定したメッシ。これまでブラウグラナ一筋のキャリアを築いてきた中、新たなチャレンジに大きな注目が集まったものの、PSGとの1年目は公式戦34試合11ゴール14アシストと思うような数字を残すことができず。 また、チームも2シーズンぶりにリーグ・アン優勝を決めた一方、チャンピオンズリーグ(CL)ではラウンド16でレアル・マドリーに大逆転負けを喫したほか、クープ・ドゥ・フランスでも格下相手の敗退と期待外れのシーズンに。それでも、21日に行われたホーム最終戦のメス戦を5-0の圧勝で飾り、最後はリーグ制覇に花を添える形となった。 そして、メッシは22日に自身のインスタグラムに前日の試合の幾つかの写真と共に、今シーズンを終えた直後の自身の心境を綴っている。 「シーズンが終わった。まずは僕がパリに来たときから、自分や家族をいつも気にかけてくれ、サポートしてくれたチームメイトに感謝を伝えたい」 「今年は本当に色々なことがあったけど、最終的にリーグ優勝を果たすことができ、ここパリで初めてのトロフィーを手にすることができたことを、とても嬉しく思っているよ」 「チャンピオンズリーグでは、自分たちの方が優勢だったにも関わらず、敗退してしまったという苦い思いがまだ残っているよ」 「とはいえ、同時に目標のひとつであった、もうひとつのタイトルを手に入れた喜びを忘れないようにしたい」 「2022シーズンはきっと良いことが起こると確信しているよ。重要な年になるはずだし、何事にも野心を持って戦っていきたいと思う。また、近いうちにお会いしましょう!」 <span class="paragraph-title">【画像】パリで過ごした1年の思い綴る</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cd2vgo6MVEs/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cd2vgo6MVEs/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #F4F4F4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cd2vgo6MVEs/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Leo Messi(@leomessi)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2022.05.22 22:42 Sun
twitterfacebook
thumb

PSGの監督にジダンは全く興味なし、“最大級の裏切り”を避ける見通し

レアル・マドリーへの移籍が決定的とみられていたフランス代表FWキリアン・ムバッペが契約延長にサインしたパリ・サンジェルマン(PSG)だが、新監督探しは難航しそうだ。 21日、今夏で契約が満了となり移籍が濃厚視されていたムバッペが、PSGとサイン。2025年までの3年契約を結ぶことが発表された。 シーズン最終節の試合前にスタジアムで発表という粋な計らいを見せ、これには多くのPSGファンが歓喜に沸いた一方で、マドリーファンは大きな失意を味わったはず。そのムバッペは、最終節でこれからもよろしくとばかりのハットトリックを記録した。 今季限りでチームを去る可能性もあったムバッペが残留することが確定したPSGだが、今夏やるべきことはまだ残っている。それが監督人事だ。 今シーズンはリーグ・アンで10度目の優勝を決めたものの、大型補強で獲得を目指したチャンピオンズリーグ(CL)ではラウンド16で敗退という憂き目に。その結果、マウリシオ・ポチェッティーノ監督が1年で解任されるとの見方が強まっている。 フランス『RMCSport』によれば、予てから噂されているジネディーヌ・ジダン氏に、ナセル・アル・ケライフィ会長が接触しているとのことだ、ジダン氏は全くもって興味を持っていないようだ。 そもそも、ジダンはマルセイユで名を挙げ、その後にユベントスやレアル・マドリーでプレーしている。強いライバル関係にあるPSGの監督に就任することは、フランス国内においてはあり得ない裏切り行為となる。 さらに、ジダン氏はワールドカップ後の動きを注視しており、ディディエ・デシャン監督が大会後にフランス代表の監督を退任するのであれば、後任に就任したいという考えもあると見られている。 いずれにしても、ポチェッティーノ監督が解任されるという噂がある一方で、後任候補に有力者が出てきていないことも事実。ムバッペの残留により、現在の陣容をほぼ守って来季は戦えるはずだが、悲願のCL制覇のために誰を招へいするつもりなのか、注目が集まる。 2022.05.22 22:05 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly