なでしこに足りなかった“奪う”意識、清水梨紗が試合中に大事にすることは「コミュニケーション」

2021.11.23 23:52 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
オランダ遠征をスタートさせたなでしこジャパンのDF清水梨紗(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)が23日、メディアのオンライン取材に応対した。

なでしこジャパンは、10月に池田太監督を招へい。アンダー世代で結果を残してきた指揮官が、世界で戦えるチームを作るために就任した。

10月は国内組だけでトレーニングキャンプを実施。そして迎えた11月はオランダ遠征を実施し、初の対外試合を迎える。

25日にはアイスランド女子代表、29日にはオランダ女子代表との対戦が待っているなでしこジャパンだが、22日に現地入りし試合までの準備期間がほとんどない状況だ。

メディアのオンライン取材に応じた清水は、移動してから時間がない中での試合を迎えることについて「WEリーグの試合があって、この短い期間での海外遠征ということで、時差ボケ対策には短い気もしますが、コロナ禍で海外のチームと2戦できることは凄く良い機会です」とコメント。「チームでもどう過ごしたら良いかとは言われてきていたので、ある程度は自分は大丈夫かと思います」と調整期間は短くても問題ないと語った。

初日のトレーニングでは攻撃に比重を置いているように見えた中、清水は「海外の選手が今回の合宿から参加ということで、チームとしても攻撃のコンセプトや守備のコンセプトを確かめるということの練習でした」とコメント。「日本組の自分たちは1回練習したことあるような感じの練習だったので、確認というか、全員の意識を統一するための練習だったかなと思います」と、初めて新チームに合流した選手との共通理解を深めるトレーニングだったとした。

到着日のミーティングでは「前回の合宿でこういうことをやったり、今後の目標だったり、チームとしてどう戦っていくかを映像を見ながらやりました」とコメント。その際には映像も観たというが「特定のチームというよりは、良いシーンだったり分かりやすいシーンを持ってきてくれています。代表のシーンもありますし、ヨーロッパのクラブチームも入っていました」と、テーマであるボール奪取のところの映像を実際に見たと語った。

今回の海外遠征での目標については「(池田)太さんのサッカーの一番のテーマは“奪う”ということで、前回の合宿でオリンピックの分析結果で、奪う回数が少ないというか、奪いにいくチャレンジが少ないという分析結果がありました。自分でも振り返ったり、オリンピックの映像を見ると、相手の懐に行けている回数は確かに少なかったなと思います。今回の2戦ではそういうところを意識してやってみたいと思います」と、チームとしてのテーマでもある“奪う”をプレーで実践していきたいと語った。

トレーニングでは池田監督も激しく参加していた点については「熱いというか、太さんはずっと熱い人だったので、それに負けないように、良い雰囲気の中で練習できているので、自分たちが熱さを超えていくのも必要だと思うので、練習からそういったところも磨きをかけていければと思います」と、監督の熱量に負けないプレーをしていきたいと意気込みを語った。

アイスランド戦が2日後に控えているが「1月にワールドカップ予選を控えていて、太さんになってから時間も経っていないですし、その中で試合ができるのが凄く貴重な経験になってくると思います」とコメント。「1試合の中で反省というものを出すことも大事ですし、やっている中で、選手だったりメンバーと合わせていくことも大事です。ハーフタイムや前半の中、トータルして90分でコミュニケーションを取ってやっていくことが大事だと思います」と、試合中にしっかりと対応しながら戦っていきたいとした。

とはいえ、ただの確認の場にするつもりはないという清水。「勝負事なので、絶対勝つことが大事です。そこは絶対に求めていかなければいけない部分ですし、勝つことが一番大事です」と、勝利を目指すことは当然とし、その中でしっかりとコミュニケーションを取って課題を修正したいとした。

東京五輪からの反省点である“奪う”というプレー。大事なことだと考える点は「オリンピックの時は、めちゃくちゃGKにプレッシャーを掛けて取りに行くというシーンがなく、そういう戦術ではなかったですが、太さんはアグレッシブに前から取りに行くという戦術を持っているので、割と前から行くことが多いので、自分のポジションだと裏のスペースもありますが、そこを少し捨てながら、相手のサイドハーフやサイドバックにチャレンジしていくことが多いかなと思います」と、積極的に前にボールを奪いにいくことがまずは大事だとした。

一方で、後方のスペースを大きく開ける可能性もあるが、その点の対応については「自分が出ていくことによって、4バックから少し3バックのような形になるので、そのスライドは凄く大事になると思いますし、自分が3バックに入るときはもっと押し出すことが増えると思うので、そういうところの声やスライドする意識は凄く大事になると思います」と、結局のところ状況に応じたピッチ上でのコミュニケーションが大事だということを強調した。

また攻撃面でもアグレッシブさを求められるが「まずはゴールに直結するプレーということは、FWの選手も言われていて、その中で自分が関わっていく中ではロングボールがすごく大事になります」と、サイドチェンジや裏へのボールの供給が大事になるとし、「裏に出すボールというのは、これから精度を上げていかなければいけないと思います」と、キック精度を上げたいと意気込んだ。


関連ニュース
thumb

U-20日本女子代表候補メンバーが発表! WEリーガーに加え、アメリカの大学から4名招集《トレーニングキャンプ》

日本サッカー協会(JFA)は18日、トレーニングキャンプに臨むU-20日本女子代表候補メンバーを発表した。 なでしこジャパンも指揮する池田太監督が率いるU-20日本女子代表。8月にコスタリカで開催されるU-20女子ワールドカップ(W杯)に臨むこととなる。 6月、7月に国内でトレーニングキャンプを行うU-20日本女子代表だが、今回は26名が召集された。 今回のメンバーにはアメリカの大学から3名が招集。また、WEリーグでプレーする選手が大半を占めている。 なお、トレーニングキャンプ中には、東日本国際大学附属昌平高校とのトレーニングマッチが予定されている。 今回発表されたU-20日本女子代表候補メンバーは以下の通り。 ◆U-20日本女子代表候補メンバー GK 石田心菜(早稲田大学) 福田史織(三菱重工浦和レッズレディース) 大場朱羽(イーストテネシー州立大学/アメリカ) 野田にな(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) DF 西野朱音(マイナビ仙台レディース) 長江伊吹(INAC神戸レオネッサ) 岩井蘭(フロリダ州立大学/アメリカ) 田畑晴菜(セレッソ大阪堺レディース) 杉澤海星(大宮アルディージャVENTUS) 竹重杏歌理(INAC神戸レオネッサ) 石川璃音(三菱重工浦和レッズレディース) 小山史乃観(セレッソ大阪堺レディース) MF 森田美紗希(日体大SMG横浜) 中尾萌々(メンフィス大学/アメリカ) 吉田莉胡(ちふれASエルフェン埼玉) 岩﨑心南(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) 天野紗(INAC神戸レオネッサ) 大山愛笑(日テレ・東京ヴェルディメニーナ) FW 島田芽依(三菱重工浦和レッズレディース) 柳瀬楓菜(サンフレッチェ広島レジーナ) 山本柚月(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) 西尾葉音(三菱重工浦和レッズレディース) 藤野あおば(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) 土方麻椰(日テレ・東京ヴェルディメニーナ) 浜野まいか(INAC神戸レオネッサ) 松窪真心(JFAアカデミー福島) 2022.05.18 18:50 Wed
twitterfacebook
thumb

7月のE-1サッカー選手権は茨城と愛知で開催! マッチスケジュールが決定

日本サッカー協会(JFA)は17日、EAFF E-1サッカー選手権のマッチスケジュールを発表した。 7月19日から27日にかけて中国で開催される予定だったE-1サッカー選手権だったが、新型コロナウイルス(COVID-19)の防疫対策を理由に、中国での開催を断念。日本での開催が決定していた。 男子は日本の他に、韓国、中国、香港が参加。女子は日本の他に、韓国、中国、チャイニーズ・タイペイが出場する。 大会は茨城県の県立カシマサッカースタジアムと愛知県の豊田スタジアムの2箇所で行われ、日本の初戦は男女ともにカシマスタジアムで開催。もう1試合は豊田スタジアムで行われ、2節目以降は女子がカシマスタジアム、男子が豊田スタジアムでの開催となる。 男子は、日本の初戦が香港代表(7/19)、2戦目が中国代表(7/24)、最終戦が韓国代表(7/27)に決定。女子は、初戦が韓国代表(7/19)、2戦目がチャイニーズ・タイペイ(7/23)、最終戦が中国代表(7/26)に決まった。 2019年に行われた前回大会は、男子は韓国が優勝し日本は2位、女子は日本が優勝し韓国が2位だった。 ▽7月19日(火) 《16:00》 【女子】日本 vs 韓国 《19:20》 【男子】日本 vs 香港 茨城/カシマスタジアム ▽7月20日(水) 《15:30》 【女子】中国 vs チャイニーズ・タイペイ 《19:00》 【男子】中国 vs 韓国 愛知/豊田スタジアム ▽7月23日(土) 《15:30》 【女子】日本 vs チャイニーズ・タイペイ 《19:00》 【女子】中国 vs 韓国 茨城/カシマスタジアム ▽7月24日(日) 《16:00》 【男子】韓国 vs 香港 《19:20》 【男子】日本 vs 中国 愛知/豊田スタジアム ▽7月26日(火) 《16:00》 【女子】韓国 vs チャイニーズ・タイペイ 《19:20》 【女子】日本 vs 中国 茨城/カシマスタジアム ▽7月27日(水) 《16:00》 【男子】中国 vs 香港 《19:20》 【男子】日本 vs 韓国 愛知/豊田スタジアム 2022.05.17 12:53 Tue
twitterfacebook
thumb

「たまたま入ったやつだ」2011年女子W杯優勝のなでしこに再脚光、公式が澤、熊谷、川澄のプレーを紹介するも本人がまさかの反応

2011年の女子ワールドカップ(W杯)で初優勝の栄冠に輝いたなでしこジャパンを公式ツイッターが取り上げている。 2011年ドイツ大会で躍進を遂げ、初優勝の栄冠をつかんだなでしこジャパン。女子W杯公式ツイッターアカウントは10日になでしこのレジェンドと称して澤穂希がW杯で挙げた全8ゴールを紹介。もちろん、ドイツ大会のアメリカ女子代表との決勝戦の一撃も含まれている。 続いて、PK戦までもつれ込んだそのアメリカ戦で勝負を決めた熊谷紗希(現:バイエルン/ドイツ)のキックもピックアップ。さらに、翌11日には準決勝のスウェーデン女子代表戦で川澄奈穂美(現:NJ/NYゴッサムFC/アメリカ)が決めたループシュートを、エフェクト付きで取り上げている。 2011年7月13日。フランクフルト・アム・マインのコメルツバンク・アレーナで行われた一戦は、先制を許しながらも、川澄のヘディングで追い付いて試合を折り返した。 59分に澤のゴールで逆転に成功すると、63分には川澄が決勝行きを大きく手繰り寄せる追加点を奪取。距離はあったが、飛び出していたGKの位置を見て敵陣中央の左寄りから鮮やかなループシュートを沈めた。 美しい軌跡には「このゴールで魅了され11年くらいファンやってます」、「宝石のようなゴール」、「ナホさんといえばこれ」などの声が寄せられているほか、INAC神戸レオネッサを初代WEリーグ女王に導いた星川敬監督も反応を示している。 川澄本人はリプライで「あ、たまたま入ったやつだ」と涼しいコメント。ファンからは「たまたまのレベルが高すぎます」と言った声が上がり、INAC神戸時代のチームメイト、レベッカ・モロスからは「ウ・ソ!」と突っ込まれるなどしている。 あれから11年が経過。今では世界トップとの差を再び痛感させられつつあるなでしこジャパンだが、2023年7月19日に開幕を迎えるオーストラリア&ニュージーランド大会での"再輝"が期待される。 <span class="paragraph-title">【動画】2011年女子W杯、川澄奈穂美がスウェーデン戦で決めたスーパーループ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="tl" dir="ltr"> Na Na Na Na Na Na Na Na, Na, Kawasumi Naho... <br><br>WHAT a shot from <a href="https://twitter.com/NahoKawasumi_9?ref_src=twsrc%5Etfw">@NahoKawasumi_9</a>! <a href="https://t.co/caDdqWrgQI">pic.twitter.com/caDdqWrgQI</a></p>&mdash; FIFA Women&#39;s World Cup (@FIFAWWC) <a href="https://twitter.com/FIFAWWC/status/1524354634839732229?ref_src=twsrc%5Etfw">May 11, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.13 20:15 Fri
twitterfacebook
thumb

バイエルンのなでしこDF熊谷紗希がスポンサー「アウディ」の車をゲット「ありがとうございます」

バイエルンのなでしこジャパンDF熊谷紗希が、クラブのスポンサーである自動車メーカー「アウディ」の車をゲットした。 8年間を過ごしたリヨンから2021年夏にバイエルンへの移籍を決断した熊谷。クラブではセンターバックとしてだけではなく、ボランチやインサイドハーフとしてもプレーしている。 バイエルンはアウディとスポンサー契約を締結しており、2021年には女子チームとも契約。そして今回は、女子チームの選手とコーチングスタッフたちにアウディの新車が支給された。 熊谷も自身のインスタグラムを更新。黒の車体のアウディを前に笑顔を見せ「新しい車ありがとうございます」と豪華なプレゼントに感謝を綴っている。 <span class="paragraph-title">【写真】「Kumagai」のプレートが付いた黒のアウディ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CdbH5BOIirm/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CdbH5BOIirm/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CdbH5BOIirm/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Saki Kumagai(@kumagai1017)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.05.13 06:45 Fri
twitterfacebook
thumb

「魔法のようなゴール」リーグ公式も唸ったウェストハム・長谷川唯の月間ベストゴールが称賛「常に突出している」

ウェストハムの女子チームに所属するなでしこジャパンのMF長谷川唯のゴールが4月の月間ベストゴールに選出された。 長谷川は4月24日に行われたFA女子スーパーリーグ(FAWSL)第20節、レディングとのアウェイゲームに3枚のセントラルMFの一角としてスタメン出場。1得点1アシストの大活躍でチームを2-1の勝利に導いた。 この試合で長谷川は86分に得点を記録。当時も「ハセガワマジック」と脚光を浴びていたが、この度4月のWSLゴール・オブ・ザ・マンス(月間ベストゴール)にも選出された。 ウェストハムは縦パス2本で最終ラインの背後を取ると、FWリサ・エバンスがボックス右からグラウンダーでマイナスに折り返す。ゴール正面で受けた長谷川はシュートブロックに来たDFをワンタッチで剥がし、カバーに入った2人目もかわし切って右足の一撃を仕上げて見せた。 ファンからは「彼女は常に突出している」、「魔法のようなゴール」、「ゴール前でこんなプレイできたら楽しいだろうなー!憧れる」などの声を含む、祝福のコメントが寄せられている。 6位・ウェストハムは日本時間8日の20時から、最終節で2位・アーセナルとのホームゲームに臨む。岩渕真奈との日本人対決にも注目が集まるなか、長谷川は再び観衆を虜にできるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】4月月間ベストゴールに選出された長谷川のマジックショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CdQ0TdBofEQ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CdQ0TdBofEQ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CdQ0TdBofEQ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Barclays FA WSL(@barclaysfawsl)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.05.08 18:37 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly