元シェフィールドDF、宝くじで“1億5000万円”当たる

2021.11.19 20:48 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元シェフィールド・ユナイテッドのテリー・ケネディ(28)氏に幸運が舞い降りたようだ。

シェフィールド・Uの育成組織で育ち、トップチームに昇格したケネディ。2010-11シーズンからの4年間は、イングランド代表DFハリー・マグワイアとも共にプレーしていた。

膝の負傷の影響で若くして現役生活を終えていたケネディだったが、この度思わぬ幸運に恵まれた模様。イギリス『デイリーメール』によると、なんと宝くじで100万ポンド(約1億5000万円)が当選したとのことだ。

宝くじを手にし、神妙な面持ちでオペレーターからの結果発表を待つケネディ。「心の準備はできている?」と間を作られた後に当選を告げられると、ケネディは椅子が倒れるのではないかと思うほどのけぞり、手で顔を覆った。

故障や早過ぎる引退は残念であったかもしれないが、幸運は意外なところからやってくるのかもしれない。



1 2

関連ニュース
thumb

オルセン、シェフィールド・Uからアストン・ビラへレンタル先変更…2度目のプレミア挑戦へ

アストン・ビラは18日、ローマに所属するスウェーデン代表GKロビン・オルセン(32)を今季終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 スウェーデン代表として37キャップを誇るオルセンは2018年夏にコペンハーゲンからローマに移籍。加入初年度こそ公式戦35試合に出場したが、凡ミスを連発するなど不安定なパフォーマンで評価を落とすと守護神の座から転落。 現在では完全な構想外となっており、ここ2シーズンはカリアリ、エバートンへレンタル移籍を繰り返すと、今夏にはチャンピオンシップ(イングランド2部)のシェフィールド・ユナイテッドにレンタル移籍。シェフィールドではリーグ戦11試合に出場してたが、11月6日のブラックバーン戦を最後にベンチ外となっていた。 シェフィールド・Uとの契約を解除し、アストン・ビラへの加入の決まったオルセンは、公式サイトで以下のように喜びを語っている。 「ここに来るのを待ち望んでいた数日間だったので、今朝起きて、このクラブと契約すると知ったときは、本当に嬉しかった。ビラへの移籍を決めるのは簡単なことだった。初めて代理人からその話を聞いたとき、クラブを変えてビラと契約するためにできることは何でもしようと思ったんだ」 「駐車場に到着して、(ボディムーア・ヒースの)建物を見ると、ビッグクラブであることがわかる。ここには、自分を向上させるために必要なものがすべて揃っているんだ」 「エミリアーノ・マルティネスは本当に良いGKで、彼と一緒に仕事をすることで、僕もより良いGKになれると思う。彼とのセッションのレベルは高いだろうし、お互いを高め合えることを期待しているよ」 2022.01.19 08:00 Wed
twitterfacebook
thumb

英2部ブレイズ、試合中の昏倒で緊急搬送されたMFフレックの退院を発表

シェフィールド・ユナイテッドは24日、前日の試合中に昏倒し、緊急搬送されたスコットランド代表MFジョン・フレックが無事退院したことを明かした。 ブレイズは23日にアウェイで行われたチャンピオンシップ(イングランド2部)のレディング戦を1-0で勝利した。 しかし、同試合の後半半ば過ぎにはフレックがピッチ上で昏倒し、メディカルスタッフによる“緊急の治療”を受けていた。 その治療のため試合が11分間中断となっていた中、酸素マスクでの酸素吸入を行い、最終的に自力で立ち上がることができた同選手はストレッチャーに乗せられて病院に緊急搬送。 そして、搬送先の病院で精密検査を受けた後、異常が確認されずに意識もしっかりとしていたことから、入院翌日に退院が許可された。 ブレイズはクラブ公式サイトを通じて、フレックの健康状態に関する以下の声明を発表している。 「シェフィールド・ユナイテッドは、ジョン・フレックが退院し、今日(24日)からシェフィールドに戻ることを報告します」 「ジョン・フレックはロイヤル・バークシャー病院に運ばれたときには意識があり、クラブや医療関係者、そして家族とコミュニケーションを取っていました」 「ユナイテッドとジョン・フレックは、昨夜の困難な時間に支援してくださった方々、そして応援メッセージをくださった方々に感謝します」 2021.11.25 06:00 Thu
twitterfacebook
thumb

元イングランド代表のジャック・ロドウェルがウェスタン・シドニー・ワンダラーズに加入!

元イングランド代表MFジャック・ロドウェル(30)が、オーストラリアのウェスタン・シドニー・ワンダラーズに加入することになったようだ。イギリス『サン』が報じている。 かつてエバートンやマンチェスター・シティに在籍していたロドウェル。2012年夏に加入したシティでは、シーズン序盤にハムストリングのケガで長期離脱を強いられると、復帰後もポジションを取り戻すことができず、2年後にサンダーランドへ移籍した。 当時プレミアリーグに所属していたサンダーランドでは準主力として一定の出場機会は得られていたものの、チャンピオンシップに降格した2017-18シーズンは完全に構想外に。その後はブラックバーン、シェフィールド・ユナイテッドと渡り歩いたが、2020年1月に加入したシェフィールド・ユナイテッドでは、出場は2019-20シーズンの2試合のみにとどまり、昨季は一度も出場機会を得られないまま、今夏に退団していた。 今季は移籍先が見つからず無所属の状態が続いていたが、この度ウェスタン・シドニー・ワンダラーズと2年契約。およそ16カ月プレーしていない中、20日に開幕するAリーグの新シーズンに向けて新天地へ飛び立った。 なお、AリーグではDF太田宏介の所属するパース・グローリーが、先月1日に元イングランド代表FWダニエル・スタリッジ(32)の加入を発表している。 2021.11.11 14:50 Thu
twitterfacebook
thumb

ローマのオルセンがシェフィールド・Uにレンタル移籍! 昨季はエバートンに所属

ローマは8月31日、スウェーデン代表GKロビン・オルセン(31)がチャンピオンシップ(イングランド2部)のシェフィールド・ユナイテッドにレンタル移籍したことを発表した。2022年6月30日までのレンタル期間で、買い取りオプションが付随している。 オルセンは2018年夏にコペンハーゲンからローマに加入。同年に開催されたロシア・ワールドカップ(W杯)で印象的なパフォーマンスを発揮していたことから、ブラジル代表GKアリソン・ベッカーがリバプールに去った穴を埋める働きが期待されていた。しかし、凡ミスを連発したこともあり評価は急落。守護神の座を失い、ここ2シーズンはカリアリ、エバートンへのレンタル移籍を繰り返していた。 今夏にはジョゼ・モウリーニョ監督が新たに指揮官に就任するも、オルセンの扱いは変わらず。チームから構想外を通達され、移籍先を探していた。 シェフィールド・ユナイテッドは今夏に守護神のイングランド代表GKアーロン・ラムズデール(23)がアーセナルに移籍。新たな守護神候補を探しており、スウェーデン代表で48試合に出場するなど経験豊富なオルセン獲得に関心を示していた。 2021.09.01 14:11 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナル、イングランド代表GKラムズデール獲得を発表 移籍金最大44.8億円

アーセナルは20日、シェフィールド・ユナイテッドからイングランド代表GKアーロン・ラムズデール(23)の獲得を発表した。 イギリス『BBC』によると、取引額は移籍金2400万ポンド+インセンティブ600万ポンドの最大3000万ポンド(約44億8000万円)。契約期間についてはアーセナルから長期とだけしか記されていないが、1年延長オプション付きの4年契約だという。 ラムズデールはシェフィールド・ユナイテッドでプロキャリアを歩み始め、2017年1月にボーンマス入り。その後、複数クラブへのレンタルも経て、2019-20シーズンにボーンマスで正GKの座を射止め、昨季にシェフィールド・ユナイテッドに復帰した。 先のユーロ2020にも追加招集という形だが、イングランド代表入り。控えGKのオーストラリア代表GKマシュー・ライアンが退団したアーセナルはドイツ代表GKベルント・レノが守護神に君臨するが、長らくラムズデールを注視しているとされてきた。 なお、アーセナルにとって、今夏5人目の新戦力に。ラムズデールの背番号も「32」に決まり、22日にホームで行われるプレミアリーグ第2節のチェルシー戦から出場可能だという。 2021.08.21 09:45 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly