「パパのお姫様」C・ロナウドが4歳の娘の誕生日を祝う! 仲睦まじい親子ショットも話題

2021.11.13 12:15 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、娘の誕生日を祝った。

先日はパートナーのジョルジーナ・ロドリゲスさんが2組目の双子を授かったことを報告したC・ロナウド。今回は4人目の子供であるアラナ・マルティナちゃんの誕生日を祝った。

C・ロナウドは現在、2010年6月17日生まれのクリスティアーノ・ロナウド・ジュニア君(11)、2017年6月8日生まれの双子のエヴァちゃん(4)とマテオ君(4)、そして2017年11月12日生まれのアラナ・マルティナちゃんがおり、双子の誕生で6人の子供を持つこととなる。

今回はそのアラナ・マルティナちゃんの4歳の誕生日。現在はカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選を戦うため、ポルトガル代表に合流しているC・ロナウドだが、自身のインスタグラムでお祝いのメッセージを送った。

「パパのお姫様。お誕生日おめでとう。幸せな1日を過ごして」

代表活動のため、誕生日を一緒に祝えなかったC・ロナウド。11日のアイルランド代表戦で前祝いとなるゴールを決めたかったことだろう。

ただ、インスタグラムでは仲睦まじい親子ショットを掲載。一緒に遊んでいる姿はなんとも微笑ましい。

また、ジョルジーナさんも自身のインスタグラムで娘の誕生日をお祝い。楽しげに踊る動画やC・ロナウドとの2ショット、生まれた当時の写真や同い年のエヴァちゃん、マテオ君との4ショットなどを掲載し、幸せさがうかがえる。

なお、C・ロナウドは14日にセルビア代表との予選最終戦を控えており、W杯出場権獲得を懸けて戦う。娘の誕生日を祝うゴールでポルトガルにカタール行きのチケットをもたらすだろうか。



1 2

関連ニュース
thumb

メッシファンのC・ロナウド・ジュニア、ゴール後に見せたパフォーマンスは…

子供は父親の背中を見て育っていくようだ。 ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは自身のキャリアを大きく飛躍させたマンチェスター・ユナイテッドに今シーズンから復帰。背番号7を背負い、赤い悪魔の一員としてプレーしている。 その背中を追い掛けるように、長男のクリスティアーノ・ロナウド・ジュニアくんも2月にユナイテッドの育成組織へと加入。試合でもゴールを決めた。 そのゴールシーンを「父親みたい」とファンから称されたが、親譲りなのは得点パターンだけでなかったようだ。 ジュニアくんはゴール前のボールを滑り込みながら右足で押し込んでネットを揺らすと、コーナーフラッグへ向かって走り出す。そして、ジャンプしながら手をクロスさせ、着地同時に振り下ろすあのパフォーマンスを披露した。 リオネル・メッシ(パリ・サンジェルマン)のファンだと言われているジュニアくんではあるが、種々のパフォーマンスはC・ロナウドの影響を大きく受けているようだ。 <span class="paragraph-title">【動画&写真】C・ロナウドの息子が父親譲りのゴール&セレブレーション</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr"> El gol de Cristiano Ronaldo Jr. en el MIC<br><br>¡Y la celebración como su padre!<br><br><a href="https://twitter.com/PabloPlanas13?ref_src=twsrc%5Etfw">@PabloPlanas13</a> <a href="https://t.co/QN7Pepc9cM">pic.twitter.com/QN7Pepc9cM</a></p>&mdash; Mundo Deportivo (@mundodeportivo) <a href="https://twitter.com/mundodeportivo/status/1514306898283175941?ref_src=twsrc%5Etfw">April 13, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><br><br> <a href="https://twitter.com/perepunti?ref_src=twsrc%5Etfw">@perepunti</a> <a href="https://t.co/R9XHqgf0p3">pic.twitter.com/R9XHqgf0p3</a></p>&mdash; Mundo Deportivo (@mundodeportivo) <a href="https://twitter.com/mundodeportivo/status/1514315124328251398?ref_src=twsrc%5Etfw">April 13, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.04.14 20:30 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプールFWに隠された秘密…ジオゴ・ジョタは実は本名じゃなかった、その理由とは?

リバプールで輝きを放つポルトガル代表FWジオゴ・ジョタ。チームに欠かせない存在となっているが、彼には公の秘密がある。リバプールファンの方ならご存知かもしれない。 ジオゴ・ジョタの背中を見たことがあれば、ご存知の方も多いはず。彼の背中の名前は、「DIOGO J.」となっている。 素直に読んで「ジオゴ・ジョタ」の略だと思うだろう。これはリバプールのみならず、ポルトガル代表でもその表記となっており、誰もが疑いなくその名前を見ている。 ジョタはポルトガルのポルトで生を受け、両親からは「ジオゴ・ジョゼ・テイシェイラ・ダ・シウバ」と名付けられた。ジョタはどこにも存在しないのだ。 ジオゴ・ジョタという名前は本名ではない。前述の「DIOGO J.」はサッカーを始めた時からつけている名前。「シウバ」はポルトガルで最も一般的な姓として知られており、差別化を図るために「DIOGO J.」にしていた。 この「J.」は「ジョゼ」を表しており、本来であれば「ジオゴ・ジョゼ」になるはずだ。しかし、通称は「ジオゴ・ジョタ」となっている。 アルファベットの「J」は「ジェイ」と呼ぶことは当然ご存知のはず。これをポルトガル語で読むと、「ジョタ」になる。スペイン語であれば「ホタ」となるが、この「J」がそのまま読まれたため、「ジオゴ・ジョタ」となったのだ。子供の頃から、周りに「DIOGO J.(ジオゴ・ジョタ)」と呼ばれた少年は、その名が親しまれることになったのだ。 リバプールに加入する前、ジオゴ・ジョタはウォルバーハンプトンに所属していた。そのウォルバーハンプトンでは、プレミアリーグに昇格する前のアトレティコ・マドリーからのレンタル期間はチャンピオンシップ(イングランド2部)で戦っていたが、その際の背中の表記は「Silva」だった。 これはEFLのルールで全選手が本名を背中につける必要があったため。そのため、本名の「Silva」を背負ってプレーしていたが、プレミアリーグ昇格後は「DIOGO J.」に変更していた。そして、それが現在も続いているということ。彼は「ジオゴ・ジョタ」という名前ではなかった。 <span class="paragraph-title">【写真】「シウバ」時代の「ジオゴ・ジョタ」</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/jota220410_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/jota220410_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 2022.04.10 21:25 Sun
twitterfacebook
thumb

C・ロナウド息子の着衣にファンがいちゃもん、父として反論「彼は彼が望むものを身につける」

スター選手というものは、色々なところで攻撃の対象となってしまうようだ。 今回標的となったのはマンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド。攻撃を受けた理由は、息子のクリスティアーノ・ロナウド・ジュニアくんの写真だった。 クリスティアーノ・ロナウド・ジュニアくんは、祖母であるC・ロナウドの母のマリア・ドロレス・アベイロさんとの2ショットを撮影。マリア・ドロレスさんがその写真を、自身のインスタグラムへと投稿した。 なんてことはない孫と祖母の2ショット。幸せさが伝わってくる一枚であり、何も問題はないように見える。 260万人のフォロワーがいるマリア・ドロレスさんのアカウントだが、めざとい人は居るもの。クリスティアーノ・ロナウド・ジュニアくんへの批判のコメントが殺到した。 その理由は、ナイキのパーカーとショーツを着用していながら、アディダスのソックスと、アディダスの“Yeezy Slide”を履いていた。 ご存知の通り、父であるC・ロナウドはナイキと契約を結んでおり、ブランドの顔であることは周知の事実。それが影響し、ナイキとアディダスをミックスさせているクリスティアーノ・ロナウド・ジュニアくんの服装に指摘が入ったのだ。 息子が攻撃されたC・ロナウドだが、当然黙ってはいない。母の投稿に対して「彼は彼が望むものを身につけている。みんなが望むものではない」とコメント。何をどう着ようと、自由であると主張した。 現時点でクリスティアーノ・ロナウド・ジュニアくんはどのブランドとも契約はしていない。父とともにナイキと契約することをファンは望んでいるのかもしれないが、11歳の少年が何を着ようと関係ないはず。ただ、彼が契約するとなれば、それは大きな関心事となるだろう。 <span class="paragraph-title">【写真】孫と祖母の仲睦まじい2ショット!ただ、着衣はナイキ、足元はアディダス</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CcAbv7UK5s6/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CcAbv7UK5s6/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CcAbv7UK5s6/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Maria Dolores(@doloresaveiroofficial)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.04.09 20:52 Sat
twitterfacebook
thumb

母国とW杯で対戦の韓国代表パウロ・ベント監督、「存在しない奇跡」と抽選は簡単にならないと言及

韓国代表のパウロ・ベント監督が、カタールW杯の抽選結果にコメントした。ポルトガル『O Jogol』が伝えた。 1日、カタールのドーハでカタールW杯の組み合わせ抽選会が行われた。 韓国は抽選の結果、グループHに入り、ポルトガル代表、ガーナ代表、ウルグアイ代表と同居した。 自身の母国であり、2010年から2014年まで自身が率いブラジルW杯に出場したポルトガルと同じグループになったパウロ・ベント監督は、「難しいグループ」と語り、ポルトガルとウルグアイに勝つことは難しいとした。 「ワールドカップの本大会では、簡単なドローを期待することはできない。それは礼儀がなく、存在しない奇跡を信じているということになる」 「我々にとっては難しいグループであり、最初からポルトガルとウルグアイが有力候補だろう。ほとんどの人が同意するはずだ」 2022.04.03 17:58 Sun
twitterfacebook
thumb

前回大会で敗れたウルグアイと同居のポルトガル代表監督、グループHの日程に安堵「抽選は良かった」

ポルトガル代表のフェルナンド・サントス監督が、カタールW杯の抽選結果にコメントした。ポルトガル『O Jogo』が伝えた。 1日、カタールのドーハでカタールW杯の組み合わせ抽選会が行われた。 ポルトガルは抽選の結果、グループHに入り、ガーナ代表、ウルグアイ代表、韓国代表と同居した。 ウルグアイは、2018年のロシアW杯のラウンド16で対戦。ポルトガルは、2-1で敗れて大会を後にしていた。 フェルナンド・サントス監督はグループ分けについて言及。グループHに入ったことで、日程面では有利に働く部分があると語った。 「グラスに半分入っているのと、半分が空なのと同じだ。前回のW杯を見ると、我々を大会から追いやったウルグアイが1番の有力候補だろう」 「ランキングを見ればポルトガルだ。ガーナと韓国は非常に調子が良い。パウロ・ベント(韓国代表監督)は、とても強力なチームを作った」 「24日にプレーをスタートするという事実は、問題を回避できる。その点で抽選は良かった」 「なぜなら21日にプレーする場合、理論的には14人しか選手がいない。早い段階で試合が多いと、スタートに最適とは言えない」 2022.04.02 21:55 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly