デュッセルドルフのMFアペルカンプ真大が筋肉の負傷…しばらく離脱へ

2021.11.13 10:45 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
デュッセルドルフは12日、U-21ドイツ代表MFアペルカンプ真大の負傷を発表した。

クラブの発表によると、アペルカンプ真大は、11日に行われたヘラクレスとのフレンドリーマッチ(2-1)で負傷したとのこと。53分で交代していた。

クラブドクターによる検査の結果、筋繊維を断裂しているとのこと。全治は未定だが、しばらくの離脱になるという。
アペルカンプ真大は今シーズンのブンデスリーガ2部で10試合に出場し1ゴール1アシスト、DFBポカールで1試合に出場していた。

関連ニュース
thumb

「無理はさせない」ケガ人続出の日本代表、ヒザ負傷で離脱している田中碧に指揮官が言及「大きな夢が打ち砕かれていないことが重要」

日本代表にケガ人が続出している中、デュッセルドルフのMF田中碧も負傷離脱することが発表された。 1日、カタール・ワールドカップ(W杯)に向けた日本代表メンバー26名が発表。FW大迫勇也(ヴィッセル神戸)、MF原口元気(ウニオン・ベルリン)、FW古橋亨梧(セルティック)など、招集されると予想されていた選手が選外となるサプライズがあった。 田中は順当にメンバー入り。自身初のW杯に臨むことになるところだったが、しばらく離脱することがクラブから発表された。 5日にザンクト・パウリと対戦するデュッセルドルフだが、試合に向けたトレーニングでチームの負傷者情報を更新。その中に、田中の名前もあった。 クラブの発表によれば、田中は10月29日に行われた2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)第14節のホルシュタイン・キール戦で負傷したとのこと。ヒザを負傷したとし、しばらく離脱となるとされている。 ドイツ『ビルト』によれば、ダニエル・ティウネ監督も「彼は少なくともこの試合は欠場する。次までは6日間。そこから良い回復の過程と、たくさんの運、そして教会にあるロウソクが必要だ。そうすればまた彼に会える。そうでないならば、早くW杯のピッチに立てることを願っている」とコメントした。 また、「彼にとっても、我々全員にとっても、彼が重傷を負っていないこと、そしてこの大きな夢が打ち砕かれていないことはとても重要だ」とし、「彼も我々も痛手だった。ただ、テレビをつけると彼が走っている姿が映し出され、そうしたら我々は嬉しくなる。早く戻ってくれると嬉しい。だから、無理はさせたくない」と気遣いを見せていた。 重傷ではないとの見方が強いが、ヒザであると心配なことは増える。すでにボールを蹴ったトレーニングを開始しているものの、DF板倉滉(ボルシアMG)、FW浅野拓磨(ボーフム)が9月に重傷を負い離脱中。また、MF守田英正(スポルティングCP)はふくらはぎ、MF久保建英(レアル・ソシエダ)は肩の脱臼で数試合欠場している状況だ。 さらに、2日にはDF中山雄太(ハダースフィールド・タウン)も試合中に負傷し担架で運び出されるという悪い知らせ。メンバーに入っている選手のケガは問題ないとしているが、あまりにも多くなってきただけに、みんなが回復することを願うばかりだ。 2022.11.03 22:25 Thu
twitterfacebook
thumb

ラウンド16の組み合わせと日程が決定! 7クラブで日本人所属も対戦は実現せず《DFBポカール》

ドイツサッカー協会(DFB)は26日、DFBポカール・ラウンド16の組み合わせと日程を発表した。 10月18日・19日に行われた2回戦では、王者ライプツィヒは2部のハンブルガーSVに4-0で快勝。アウグスブルクとの1部勢対決となったバイエルンは、先制を許しながらも敵地で2-5の逆転勝利を収めた。 日本人所属クラブでは、鎌田大地と長谷部誠擁するフランクフルトは5部のシュツットガルター・キッカーズに勝利。原口元気のウニオン・ベルリンも2部のハイデンハイムに危なげなく勝利した。 また、伊藤洋輝と遠藤航のシュツットガルトは、奥川雅也が所属する2部のアルミニア・ビーレフェルトと対戦し、日本人対決を6-0の圧勝劇とした。田中碧とアペルカンプ真大がプレーするデュッセルドルフは、同じ2部のレーゲンスブルクと対戦し敵地で0-3の勝利を収め、堂安律所属のフライブルクもザンクトパウリに勝利するなど、日本人所属クラブは概ねベスト16進出を果たした。 一方で吉田麻也のシャルケや室屋成のハノーファーは残念ながら敗退となった。 そして、ラウンド16では、ライプツィヒはシャルケを下したホッフェンハイムと対戦。現時点でブンデスリーガの順位では首位vs7位の好ゲームが組まれた。バイエルンはマインツと対戦。こちらも2位vs6位の上位対決だ。 日本人所属クラブでは、フランクフルトは板倉滉のボルシアMGを破った2部のダルムシュタットと対戦。シュツットガルトはブレーメンを倒した2部のパーダーボルンが相手となった。 そのほか、浅野拓磨所属のボーフムはドルトムントと対戦。このラウンドでは日本人対決は実現しなかった。 ◆DFBポカール・ラウンド16組み合わせ ▽2023/1/31(火) 《25:00》 パーダーボルン(2) vs シュツットガルト 《27:45》 ウニオン・ベルリン vs ヴォルフスブルク ▽2023/2/1(水) 《25:00》 ライプツィヒ vs ホッフェンハイム 《27:45》 マインツ vs バイエルン ▽2023/2/7(火) 《25:00》 ザントハウゼン(2) vs フライブルク 《27:45》 フランクフルト vs ダルムシュタット(2) ▽2023/2/8(水) 《25:00》 ニュルンベルク vs デュッセルドルフ 《27:45》 ボーフム vs ドルトムント ※()内は所属カテゴリー 2022.10.26 22:35 Wed
twitterfacebook
thumb

内野貴史がデュッセルドルフとプロ契約! 「ここがゴールではないので、またここから頑張ります」

フォルトゥナ・デュッセルドルフは25日、U-23日本代表DF内野貴史(21)とのプロ契約締結を発表した。 ドイツの地でプロ契約を勝ち取った多才な若手サイドバックは、クラブ公式サイトを通じて喜びのコメントを残している。 「プロになるためにドイツに来たので、その夢が叶ったことを嬉しく思います。フォルトゥナはすごく居心地が良いですし、こうしてプロ契約を勝ち取れたことを誇りに思います。僕を信じ、選手として成長させてくれたクラブのみんなに感謝しています。ただ、ここがゴールではないので、またここから頑張ります」 一方、同クラブでスポーツディレクターを務めるクリスティアン・ヴェーバー氏は、内野への期待を口にしている。 「内野貴史とプロ契約を結べたことで、我々はまた1人、ユースアカデミーセンターからトップチームへ選手を昇格させることができました。これは我々がフォルトゥナファミリーとして、困難な状況でも団結していることを示しています。“タカ”がケガから復帰し、彼の運動量とそのメンタリティで、後半戦でチームにとって重要な存在となることを期待しています」 ジェフユナイテッド千葉のユース出身の内野は、高校卒業後にドイツに渡り、1.FCデューレン、アレマニア・アーヘンのユースチームでプレー。2020-21シーズンにトップチーム昇格を果たし、昨夏にドイツ4部からデュッセルドルフのセカンドチームへ加入した。 これまではセカンドチームを主戦場としていたが、今年3月にトップチームデビューを果たすと、今シーズンの2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)開幕節の1.FCマグデブルク戦にも出場した。ただ、現在は7月末に左足首を手術した影響で戦列を離れている。 <span class="paragraph-title">【写真】契約書にサインする内野貴史</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="de" dir="ltr"> &quot;Als ich nach Deutschland gekommen bin, war das mein Traum&quot;<br><br>Takashi Uchino hat heute seinen ersten Profivertrag unterschrieben! | <a href="https://twitter.com/F95_jp?ref_src=twsrc%5Etfw">@F95_jp</a> <a href="https://t.co/MnZWFwxhzq">pic.twitter.com/MnZWFwxhzq</a></p>&mdash; Fortuna Düsseldorf (@f95) <a href="https://twitter.com/f95/status/1584869509110050817?ref_src=twsrc%5Etfw">October 25, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.10.25 23:03 Tue
twitterfacebook
thumb

田中碧が5年間履き続ける靴下、プロになってから履き続けるアイテム「できるだけ長く履きたい」

デュッセルドルフの日本代表MF田中碧は、5年間同じ靴下を履いているようだ。それが、田中にとってのラッキーアイテムだという。ドイツ『ビルト』が伝えた。 デュッセルドルフで2年目を迎える田中。1年目は苦労することもあった中、2年目もレギュラーとしてプレー。ここまで2.ブンデスリーガで11試合に出場し1ゴール1アシストを記録している。 その田中は、1日に行われた2.ブンデスリーガ第10節のアルミニア・ビーレフェルト戦で今シーズン初ゴールを記録していた。 カタール・ワールドカップ(W杯)への出場も期待される中、『ビルト』が意外なところに注目した。それは、田中が履いている靴下だ。 『ビルト』は、田中がメディアの対応を行っている際、スパイクを脱いでいる状態で靴下姿で話をしているとのこと。ただ、その靴下は色褪せ、穴も空いているという。 田中に対し、『ビルト』は靴下について質問。日本から5年も履き続けているものであり、ラッキーアイテムであると明かした。 「これは僕の“幸運の靴下”です。5年前に日本でプロになってから、練習や試合のたびにこの靴下を履いています。もちろん、穴はいくつかありますけど、できるだけ長く履きたいです」 これまでも、川崎フロンターレ時代の優勝や日本代表のカタールW杯アジア最終予選でゴールを決めた際も履いていたと思われ、デュッセルドルフにも幸運をもたらすものだと期待されている。 「やっと今シーズン初ゴールを決められて、とても嬉しかったです。その理由は、ここでの代表チームで上手くプレーができていなかったからです。余計にモチベーションが上がりました」 「でも、もっと早く決めるべきでしたし、その試合でも3つのチャンスがあったので、少なくとも2ゴールは決めるべきでした」 田中が履き続ける幸運の靴下。デュッセルドルフ、そして日本代表にも幸運をもたらせてくれるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】ドイツ紙が注目した田中碧が5年履き続けている靴下</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">Una foto de Christian Kitsch en <a href="https://twitter.com/BILD?ref_src=twsrc%5Etfw">@BILD</a><br><br>Ao Tanaka, del Fortuna Düsseldorf, lleva cinco años con las mismas medias por superstición<br><br>&quot;Desde que me convertí en profesional en Japón, he estado usando este par de medias en cada entrenamiento y cada partido&quot;<br> <a href="https://t.co/b4lA0eTPLS">https://t.co/b4lA0eTPLS</a> <a href="https://t.co/tyCXgfQEpx">pic.twitter.com/tyCXgfQEpx</a></p>&mdash; Jot Down Sport (@JotDownSport) <a href="https://twitter.com/JotDownSport/status/1580971403779592192?ref_src=twsrc%5Etfw">October 14, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.10.21 12:10 Fri
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.116】[4-2-3-1]への布陣変更で序列低下も「今に見てろよ」と燃える若きボランチ/田中碧(デュッセルドルフ/MF)

11月1日の2022年カタール・ワールドカップ(W杯)最終登録メンバー発表まで3週間。選手たちのサバイバルも佳境に突入している。森保一監督が「4年間かけてチーム作りをしてきてからのメンバー選考なので、大枠としては決まっている」とコメントした通り、26人のほとんどが9月のアメリカ・エクアドル2連戦(デュッセルドルフ)帯同組から選ばれると見られる。 エクアドル戦に先発フル出場した田中碧(デュッセルドルフ)も、もちろん重要戦力の1人と目されている。とはいえ、最終予選最大のターニングポイントとなった昨年10月のオーストラリア戦(埼玉)で値千金の先制弾を挙げ、7大会出場権獲得のキーマンとなった男にしてみれば、今現在の序列は芳しいものではない。 ご存じの通り、9月シリーズを機に、森保監督は基本布陣を[4-3-3]から[4-2-3-1]へシフト。ボランチが2枚になり、遠藤航(シュツットガルト)と守田英正(スポルティングCP)がファーストチョイスと位置づけられたため、田中碧が押し出される形になったからである。 「アメリカ戦とエクアドル戦の意味? 僕のポジションで言えば、ハッキリAとBでしょう。別にそれはしょうがないし、W杯グループリーグの3試合で出ないで終わることもあると思う。自分の立場は分かっています。でも『あとは見とけよ』という感じ。今はそれしかないです」と10月1日のアルミニア・ビーレフェルト戦後、24歳の若きボランチは目をギラつかせた。 指揮官は「2チーム分の戦力がいなければ、W杯ベスト8の壁は破れない」と考えているため、グループリーグのドイツ・コスタリカ・スペイン戦を全て同じボランチの組み合わせで戦うとは考えにくい。 その一方で、ボランチはチームの心臓。状況次第では変えづらい部分もある。ドイツ・ブンデスリーガで2年連続デュエル王に輝いた遠藤が大黒柱なのは紛れもない事実だし、今季UEFAチャンピオンズリーグ(UCL)参戦で攻撃力に磨きがかかっている守田も外しづらい。この状況だと、田中は2人のいずれかをバックアップしつつ、要所要所で穴を埋めていく役割を託されるのではないか。 「僕は僕なりの覚悟ができていますし、その時が来たら集中してやればいい。ただ、W杯は実際に行かなきゃ分かんないものなんで、今から考えたところでしょうがない。次のクラブの試合に向けてしっかりやるだけなんで」と本人は良い意味で割り切っている。その前向きなメンタルが田中の強みなのだ。 デュッセルドルフは目下、ブンデス2部の5位。同じリーグで戦う室屋成(ハノーファー)が「球際の強さや激しさは凄まじいものがある。それがあまり日本では伝わっていない」とコメントしていたように、彼が個対個の戦いをベースにした荒々しい環境の中に身を投じているのは確かだ。 「強度の高い中でどれだけできるかというのは、(デュッセルドルフでやるうえで)すごく重要になるなと。それは代表でも同じ。自分にとっての大きな課題でもあると思います」と本人も難しさを口にしていた。 組織的なパス回しや連動性の高い攻撃がウリの川崎フロンターレで育ってきた田中にしてみれば、今の環境は異次元の世界に他ならない。それでも、タフな中で自分らしさを発揮し、ゴールやアシストなど明確な数字を残さなければ、海外では評価されない。それはポジションがボランチだろうが変わらない。実に難しい状況に直面しているのだ。 そんな経験が、W杯のような何が起きるか分からない大舞台で大いに生かされるはずだ。カタールはドイツのようにピッチが悪いことはないだろうが、暑さや乾燥など気象条件を含めて想定外のことが起こり得る。そこで高度な適応力を示して、ピッチで確実に仕事をしなければならない。そういった能力は川崎時代より今の田中の方が確実に高まっている。期待を持って良さそうだ。 「(デュッセルドルフにいて)、ここでどう生き残るかを今は必死に考えています。そういう意味では、すごく楽しいかって言われたら、本来の楽しさではないかもしれない。ただ、苦労してる楽しさはすごくあるんで、色んなところで成長してると思う。できることも増えているので、そこは前向きに捉えています」 本人がこう語るように、プレーの幅が広がったところを1か月半後のカタールで示すべき。オーストラリア戦で日本の流れを一気に変えたような力が田中にはある。舞台が大きくなればなるほど、大仕事ができるのもまた彼のストロングポイントだ。 どんな状況で出番が訪れるか分からないし、誰と組むかもハッキリしないが、遠藤、守田、柴崎岳(レガネス)、原口元気(ウニオン・ベルリン)のいずれがパートナーだったとしても、田中碧はチームをスムーズに機能させ、ダイナミズムを与えることが強く求められる。 長谷部誠(フランクフルト)の系譜を継ぐ背番号17の躍動感あるプレーが、日本の命運を左右すると言っても過言ではない。 <hr>【文・元川悦子】<br/><div id="cws_ad">長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> <span class="paragraph-title">【動画】田中碧がクロスに上手く合わせて今季初ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="UkhyvyOQ21Y";var video_start = 21;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.10.11 21:50 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly