コンテ・スパーズのPL初陣はエバートンとゴールレスドロー《プレミアリーグ》

2021.11.08 01:25 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第11節、エバートンvsトッテナムが7日にグディソン・パークで行われ、0-0のドローに終わった。

前節、マンチェスター・ユナイテッドにホームで0-3の完敗を喫した9位のトッテナム(勝ち点15)は、今月1日にヌーノ前監督を解任。その翌日に前インテル指揮官のコンテ新監督を電撃招へいした。その初陣となったヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)のフィテッセでは苦しみながらも3-2で競り勝ち、幸先よく白星スタートを切った。

そして、新体制でのリーグ初陣となる今節は3連敗中で10位のエバートン(勝ち点14)とのアウェイゲームに臨んだ。この一戦に向けてコンテ監督は3日前のフィテッセ戦と全く同じスタメンを採用し、[3-4-3]の前線にはルーカス・モウラ、ケイン、ソン・フンミンが並んだ。

過密日程のトッテナムに対して、休養十分のエバートンが立ち上がりから積極的なプレスでビルドアップを牽制していく。

以降は互いにシステム上のミスマッチを突く形で攻撃を構築する中、ボールの主導権はアウェイチームが掌握。ホイビュルクやルーカスのドリブルでの運びで局面の打開を図り、15分過ぎにはボックス付近でケイン、ルーカスが積極的に足を振る。さらに、22分にはケインのポストワークを起点に左サイドで高い位置を取ったレギロンからの折り返しを、大外に飛び込んだエメルソンが頭で合わせるが、ここは枠に飛ばせない。

それでも、狙いとするワイド、ワイドの崩しを見せるなど、徐々に全体を押し上げることに成功したトッテナムは、ボールロスト時も良い距離感で即時奪回を図り、優勢に試合を運んでいく。だが、幾度かのカウンターチャンスで最後の精度を欠いた。

前半終盤にかけてはエバートンがボールの主導権を握り返して押し込む時間を作り、ボックス付近でグレイが果敢な仕掛けで相手守備陣に脅威を与える。一方、トッテナムは前半終了間際の45分にソン・フンミンの中央での馬力のある仕掛けから右サイドで浮いたケインへ展開。ケインは狙いすました右足のアーリークロスを供給するが、ファーにフリーで飛び込んだレギロンのシュートは枠を捉え切れなかった。

ゴールレスで折り返した試合は、後半序盤こそ一進一退の攻防となったが、過密日程の疲労が色濃いアウェイチームが徐々にトーンダウン。これに対して余力があるホームチームが押し気味に試合を運んでいく。

そういった流れの中、64分にはボックス内に抜け出したリシャルリソンとGKロリスが交錯。このプレーに対して主審はPKの笛を吹く。だが、オンフィールドレビューの結果、ロリスがリシャルリソンの足を巻き込む前にボールをかき出したとの判断し、PKを取り消しとした。

一連の判定をキッカケに両者がヒートアップし、ここから試合はさらに激しさを増す。このままの勢いで押し切りたいエバートンはグレイらがボックス内で幾度か決定機を迎えるが、最後の場面で粘るトッテナムの堅守に手を焼く。

一方、後半半ばを過ぎた辺りから足が止まり始めたトッテナムは71分にルーカスとレギロンを下げてドハーティとロ・チェルソ、85分にはソン・フンミンを下げてエンドンベレをピッチへ送り込む。

すると、この交代で息を吹き返すと、88分には中盤でのボール奪取から鋭いカウンターを仕掛けて最後はペナルティアーク付近のロ・チェルソが得意の左足を一閃。だが、枠の左隅を射抜いたかに思われたこのシュートはポストを直撃。土壇場での最初の枠内シュートでの決勝点とはならず。

その後、試合終了間際にはイーブンボールを競った際にホイビュルクに足裏を見せたチャージを見舞った途中出場のホルゲイトが一発退場となり、よりアウェイチームに勝利のチャンスが出てきたものの、ゴールをこじ開ける時間は残されていなかった。

そして、試合はこのままタイムアップを迎え、ホームチームが枠内シュート2本、アウェイチームが枠内シュート0と球際のバトル以外に見せ場を欠いた一戦は、痛み分けのドローに終わった。


関連ニュース
thumb

2人の退場者を出して敗れたエバートン、ランパードはジャッジに苦言 「いつも不利を受ける側だ」

エバートンのフランク・ランパード監督が、ブレントフォード戦の判定に苦言を呈した。クラブ公式サイトが伝えている。 プレミアリーグにおいて降格圏から2ポイント差の16位となっているエバートンは、15日に行われた第37節でブレントフォードと対戦。勝利を挙げれば残留が大きく近づく一戦となった。 試合は10分にFWドミニク・キャルバート=ルーウィンのゴールで幸先よく先制するも、18分にDFジャラッド・ブランスウェイトが退場となると、37分にはオウンゴールによって失点。しかし、前半アディショナルタイムにはFWリシャルリソンが獲得したPKを自ら決めて、2-1で試合を折り返した。 10人で勝ち越したエバートンだったが、後半に入ると62分、64分と立て続けに失点。一気に逆転を許すと、終盤には危険なタックルを見舞ったFWサロモン・ロンドンがレッドカードを提示され、9人となったチームは2-3のままタイムアップを迎えた。 退場者を2名出した中で、残留を懸けた重要な一戦に敗れたエバートン。ランパード監督は次節に向けた切り替えを促しつつも、自チームにとって不利なジャッジがあったことを強く主張した。 「選手たちがこの試合の後、すぐに反応を見せることは難しい。明日は休みを取って、立ち直る時間がある。それはこの試合が非常に重要なものであり、木曜日もまた大きな努力が必要だからだ」 「みんな今日の試合のことは理解している。11対11では1-0で勝っていたのに、そこから2-3で負けたのだから。戦術的にも個人的にも、なぜうまくいかなかったのか、その理由を問うことができるだろう」 「そのことを理解した上で、しっかりと休み、また同じ想いを持って11人で次の試合に臨む必要がある」 「審判とVARは最も難しい仕事の一つだが、我々は今シーズン、実際にいつも判定の不利を受ける側だった」 「退場する前のプレーでは、リシャルリソンはシャツを引っぱられており、PKが与えられれば、2-0でリードすることができた。我々は11人のままでだ。そのような状況になったら、試合がどうなっていたかは誰もがわかることだろう」 2022.05.16 16:07 Mon
twitterfacebook
thumb

ランパード、降格圏脱出に浮かれず 「まだ残留争いのなか」

エバートンのフランク・ランパード監督が冷静さを保ちつつ、自信になると話した。 今季途中からランパード監督を招いたものの、チーム状況の好転に繋がらず、プレミアリーグで残留争いを強いられるエバートン。残り5試合で降格圏の18位に沈む。 1992-93シーズンにプレミアリーグが創設されてから一度も経験のない降格が近づくなか、8日の第36節で11位のレスター・シティとの敵地戦に臨むと、2-1で制した。 これでランパード監督就任後初となる2連勝のエバートンは16位にまで順位を上げ、降格圏を脱出。ランパード監督はレスター戦後、こう語っている。 「選手たちは戦っている。我々はクラブとしてファイトしている。タフな相手とのタフな試合だったが、我々は勝利に値したと思う」 「よく守って、チームの挽回力を示し、多くの好機を作った。もっとゴールを決められたはずだが、ツキに見放されたところもあったんだ」 「まだ残留争いのなかにいる。また大きな一歩を踏めたが、まだ先があるんだ。この瞬間を楽しむのは大事だが、まだすべきことがあるのも認識しないとね」 「しばらく連勝なんてなかったし、選手たちは大きな自信を持つべきだ。今や1ポイント差で残留圏にいるが、まだやるべきことがある。過信も禁物だがね」 2022.05.09 11:50 Mon
twitterfacebook
thumb

「サラーならPK」発言のランパードをFAが告発…9日までの回答求められる

イングランドサッカー協会(FA)がエバートンのフランク・ランパード監督を告発した。 エバートンは4月24日にホームで行われたプレミアリーグ第35節でリバプールと対戦。マンチェスター・シティと激しい首位争いを演じるリバプールが相手といえど、残留ラインのギリギリを彷徨う状況だけに勝ち点がほしい一戦だったが、0-2の敗北を喫した。 だが、エバートン側からしたら吠えたくなる微妙な場面もあり、0-0の54分に左サイドから一気にボックス内まで侵攻していったイングランド人MFアンソニー・ゴードンがリバプールの元カメルーン代表DFジョエル・マティプに後ろからチャージを受けて転倒した。 かなり際どいシーンだったが、スチュアート・アトウェル主審はノーファウルの判定を下すと、オンフィールドレビューもなし。ランパード監督は試合後も自軍に不利なジャッジに納得がいかず、上位びいきの笛だと痛烈に批判した。 「あれはPKだ。しかし、ここ(アンフィード)ではもらえない。それが反対側のサラーだったら、PKだったんじゃないかな。あれはアンソニーに対するファウルだ」 そして、『BBC』や『The Athletic』などのイギリス複数メディアによると、FAがスポークスマンを通じてランパード監督の発言を不適切なものと主張したという。 「フランク・ランパードは2022年4月24日に行われたプレミアリーグのリバプールFC後に発したメディアコメントがFA規則に違反して告発された。同監督の発言は試合審判の誠実さに対するバイアスや攻撃を意味し、FAルールに反してゲームの評判を落とすため、不適切なものである」 なお、渦中のランパード監督はこの件に関して、9日までの回答が求められている。 2022.05.05 16:57 Thu
twitterfacebook
thumb

「実現するかな?」発煙筒騒動のリシャルリソン、コラ画像で『FIFA 23』のジャケ写に

エバートンのブラジル代表FWリシャルリソンがビデオゲーム『FIFA』のジャケットになるのだろうか。 1日に行われたプレミアリーグ第35節のチェルシー戦で決勝点を挙げたリシャルリソン。ビッグクラブとの対戦で残留に望みをつなぐ貴重な勝利の立役者となったが、ゴールに興奮しすぎたのか、ピッチに投げ込まれた発煙筒をスタンドに投げ返すという暴挙に出てしまった。 イングランドサッカー協会(FA)が行為を問題視し、警察も介入しての調査となっているようだが、本人はあまり意に介していないのかもしれない。 リシャルリソンは自身のインスタグラムでコラージュ画像を投稿。『FIFA 23』のジャケットに青い煙を巻き上げた発煙筒を手にした自身の姿を投影させた。 「実現するかな?」とのメッセージには各ジャーナリストからも評価の高い声が。実際のゲームでナレーションを務めるグスタボ・ヴィッラーニ氏からも「それでいこう!」などの反応が寄せられている。 行為の調査自体にも2週間ほどかかる見込みのため、仮に処分必須と判断されても、今季中のお咎めにはならないであろうリシャルリソン。現在降格圏の18位に沈むエバートンにあって、残り5試合でどのようなパフォーマンスを見せるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】完成度高すぎ!『FIFA』のジャケットを飾る、発煙筒を持ったリシャルリソン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CdGxYJgrVLo/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CdGxYJgrVLo/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CdGxYJgrVLo/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Richarlison(@richarlison)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.05.04 21:55 Wed
twitterfacebook
thumb

発煙筒投げ返したリシャルリソン、シーズン中の処分は回避か

チェルシー戦で発煙筒を投げたことが問題視されているエバートンのブラジル代表FWリシャルリソン。処分はシーズン終了後になる模様だ。イギリス『サン』が伝えている。 1日に行われたプレミアリーグ第35節のチェルシー戦で決勝点を挙げたリシャルリソン。ビッグクラブとの対戦で残留に望みをつなぐ貴重な勝利の立役者となった。 しかし、ゴールに興奮しすぎた同選手は、ピッチに投げ込まれた発煙筒をスタンドに投げ返すという暴挙に出てしまった。 投げ返した所はファンのいない場所だったようだが、試合後にイングランドサッカー協会(FA)が問題視。審判団の責任者はレッドカードだったと主張しており、調査が始まることになった。 場合によっては3試合の出場停止処分の可能性もあるが、現在は警察が介入したことで調査が保留となっているようだ。また、調査自体にも2週間ほどかかる見込みで、仮に処分必須と判断されても、今季中に下されることはないようだ。 現在降格圏の18位に沈むエバートンにとって、エース不在となればそのダメージはあまりに大きい。『サン』の報道通りなら、フランク・ランパード監督にとっても大きな朗報となる。<span class="paragraph-title">【動画】ゴール決めたリシャルリソンが発煙筒を大遠投!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="dwIoLnj9h6Q";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Richarlison hurls a flare into the Everton crowd <a href="https://twitter.com/hashtag/EVECHE?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#EVECHE</a> <a href="https://t.co/VGPEvOzssL">pic.twitter.com/VGPEvOzssL</a></p>&mdash; HK (@5hk) <a href="https://twitter.com/5hk/status/1520783609300500481?ref_src=twsrc%5Etfw">May 1, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.04 15:53 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly