シティGKステッフェンが新契約にサイン 昨季は4連覇のカラバオ杯に全試合出場

2021.11.05 16:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティは4日、アメリカ代表GKザック・ステッフェン(26)との契約延長を発表した。新たな契約期間は2025年夏までとなる。

メジャーリーグサッカー(MLS)のコロンバス・クルー時代にリーグ最優秀GKに輝いたステフェンは2019年夏にシティ入りが決まったが、そのままデュッセルドルフに1年ローン。そのドイツでブンデスリーガ17試合に出場すると、昨季からシティに正式加入した。

そんな昨季は絶対的守護神の地位を築くブラジル代表GKエデルソンをバックアップする役回りだったが、4連覇のカラバオカップで全5試合に先発するなど、カップ戦を中心に公式戦12試合に出場。今季もサブという立ち位置だが、公式戦4試合でゴールマウスを守る。

ステッフェンはクラブ公式サイトで更新の動機を尋ねられ、「クラブ全体の文化だね。契約を延長するのは考えるまでもないことさ」とコメント。「慣れるまで時間がかったが、今は一部になれた感じがある」とも述べ、成長も口にして、充実ぶりを明かしている。

関連ニュース
thumb

マルセイユがマンチェスター・シティから右SBイサ・カボレをレンタル! 買取OPおよび買戻しOP付き

マルセイユは17日、マンチェスター・シティのブルキナファソ代表DFイサ・カボレ(21)を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。 報道によれば、契約には2000万ユーロの買い取りオプションがついているが、一方で将来的にシティが買い戻せる条項も盛り込まれているようだ。 母国クラブでキャリアをスタートさせた右サイドバックのイサ・カボレは、ベルギーのメヘレンを経て2020年夏にシティに移籍。2020-21シーズンはレンタルでメヘレンに残り、公式戦29試合で6アシストを記録した。 昨シーズンはトロワにレンタル移籍し、リーグ・アン31試合に出場。ブルキナファソ代表で今年のアフリカ・ネーションズカップの4強入りに貢献した21歳にはバルセロナも関心を示していたが、カボレ本人が望んだマルセイユ移籍で決着することになった。<span class="paragraph-title”>【映像】カボレ加入の公式PV</span> <span data-other-div="movie"></span><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fi" dir="ltr"><br> <br>«» <a href="https://twitter.com/hashtag/BienvenueSurMars?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BienvenueSurMars</a> <a href="https://t.co/MuSQ7PZICy">pic.twitter.com/MuSQ7PZICy</a></p>&mdash; Olympique de Marseille (@OM_Officiel) <a href="https://twitter.com/OM_Officiel/status/1559872673559171074?ref_src=twsrc%5Etfw">August 17, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.17 22:10 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサ関心のベルナルド・シウバ、一転してシティ残留へ

バルセロナ移籍が取り沙汰されていたマンチェスター・シティのポルトガル代表MFベルナルド・シウバ(28)だが、残留の線が濃くなっているようだ。 2017年5月にモナコから加わって以来、豊富な運動量と確かな攻撃センスで存在感を放つベルナルド・シウバ。昨季も公式戦50試合に出場するなど、ジョゼップ・グアルディオラ監督からの信頼は厚い。 だが、今夏はバルセロナとの関連が報じられると、本人も移籍を望んで逆オファーを出したとも。グアルディオラ監督も「クラブとしてのゴールは彼が我々と一緒にいることだが、私はいたくない選手はいらないとずっと言ってきた」 と、残留を無理強いしないという姿勢を示していた。 しかし『アスレティック』によると、ここに来て状況は変わってきており、ポルトガル代表MFはシティでのプレーに集中していると言われている。『デイリー・メール』もまた、28歳の残留の可能性が高くなっていると主張。バルセロナが資金を工面できなかったことも理由だとしている。 2022.08.17 20:30 Wed
twitterfacebook
thumb

シティが元バルサカンテラーノの左SBセルヒオ・ゴメスを獲得!

マンチェスター・シティは16日、アンデルレヒトからU-21スペイン代表DFセルヒオ・ゴメス(21)を獲得したことを発表した。契約は2026年までの4年間となる。 バルセロナのカンテラーノという肩書を持つセルヒオ・ゴメスは、2018年1月にドルトムントに移籍するも、トップチームでの出場機会をなかなか得られず、2019年夏からはレンタルで2年間ウエスカで過ごした。 ウエスカは当時2部リーグに所属。そのなかでセルヒオ・ゴメスは左サイドバックを主戦場にリーグ戦36試合に出場し、優勝に貢献した。しかし、1部に上がるとポジションを奪われ控えに回ることに。リーグ戦では29試合に出場も、先発出場は3試合のみだった。 不本意なシーズンを終え、2021年夏にドルトムントにレンタルバックしたが、その足でアンデルレヒトに完全移籍することに。すると昨シーズン、ジュピラー・プロ・リーグで34試合5ゴール12アシストと圧巻のパフォーマンスを披露。バルセロナ仕込みのテクニック、戦術眼を生かした正確なパス、ドリブル突破、プレースキックで多くのチャンスを創出した。 今夏、ブライトンに所属していたスペイン代表DFマルク・ククレジャの獲得に動くなど左サイドバックの補強を目指していたシティ。移籍金が障害となり、同選手の獲得は断念せざるを得なかったが、将来有望な21歳の獲得には成功した。 「マンチェスター・シティに移籍できるなんて信じられないぐらい誇り高く嬉しいよ」 「シティはイングランドで最高のチームだ。僕は世界で最も優れた監督であるペップ・グアルディオラの下で学び、成長するチャンスを得たんだ」 「シティがここ数年で獲得したトロフィーの数は驚くべきもので、ペップが築いたチームスタイルはヨーロッパで最もエキサイティングだ」 「また、シティファンがどれほど情熱的かを聞いて、もう待ちきれないよ。クラブが目標を達成するサポートができるといいね」 なお、移籍金は推定1500万ユーロ。シティグループが所有するジローナへレンタル移籍する可能性も残されているようだ。 2022.08.16 20:28 Tue
twitterfacebook
thumb

「言葉を失った」昨季プレミアMVPのデ・ブライネ、今季初ゴールの芸術的アウトサイド弾に「史上最高のMF」

これがプレミアリーグ年間最優秀選手の実力だ。マンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネが圧巻のパフォーマンスを披露した。 13日にエティハド・スタジアムで行われたボーンマス戦に先発出場したデ・ブライネは、イルカイ・ギュンドアンのゴールでリードして迎えた31分に見事な一撃を沈める。 ロングカウンターから右サイドでボールを持ったベルギー代表MFは、中へ切り込みながらペナルティアーク付近で右足アウトサイドを使ったシュートを放つと、ゴール左下隅の完璧なコースに決まった。 フィニッシュ前のボディフェイントでシュートコースを作った体捌きも鮮やか。芸術的な一連の流れには「KDBのパフォーマンスは世界クラス」、「誰もがアーリング・ハーランドに出すと予想していたことでしょう」、「MFとしても、ストライカーのようにもプレーしている。すごい」、「史上最高のミッドフィールダー」、「言葉を失いました」など、惜しみない賛辞が送られている。 昨シーズン、シティの連覇に貢献し、プレミアリーグ年間最優秀選手にも選出されたデ・ブライネ。12日には2021-22シーズンのUEFA(欧州サッカー連盟)年間最優秀選手賞候補に、さらにはバロンドール候補にもノミネートされた。 デ・ブライネのゴールでリードを広げたシティは、フィル・フォーデンと相手オウンゴールによって加点。ホーム開幕戦を4-0の快勝で締め括っている。 <span class="paragraph-title">【動画】キレが違う!デ・ブライネの芸術的アウトサイド弾</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="G1JQc5F-w_g";var video_start = 40;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.08.14 16:05 Sun
twitterfacebook
thumb

シティの21歳DFイサ・カボレ、マルセイユへのレンタルが目前に

マンチェスター・シティのブルキナファソ代表DFイサ・カボレ(21)がマルセイユへのレンタル移籍に近づいているようだ。 イサ・カボレは2020年7月からシティに在籍する右サイドバック。過去2年は古巣メヘレンやトロワに貸し出され、シティの選手として公式戦のピッチに立った経験はない。 一方、18歳でデビューしたブルキナファソ代表では不動の存在であり、通算26試合2得点を記録。今年に開催されたアフリカ・ネーションズカップでは全試合にフル出場し、同国のベスト4入りに大きく貢献している。 イギリス『デイリー・メール』によると、サウサンプトンも獲得に動いていたなか、マルセイユへの1年レンタルが目前に。1700万ポンド(約27億5000万円)の買い取りオプションが付帯した契約とみられている。 2022.08.14 15:20 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly