「ドローは正しい結果」ヘンク指揮官がウェストハム戦を振り返る「良いサッカーができることを再び示した」

2021.11.05 11:40 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヘンクのジョン・ファン・デン・ブロム監督が、ウェストハム戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えた。

ヘンクは4日、ヨーロッパリーグ(EL)グループH第4節でウェストハムと対戦した。

第3節のアウェイゲームでは3-0で完敗を喫した中、ホームでは早々に先制。伊東純也のロングスルーパスからジョセフ・ペイントシルが4分にゴールを奪い先制に成功する。
その後、伊東にも決定機が訪れる中、前半を1-0で折り返すも、後半にサイード・ベンラーマが2点を奪いウェストハムが逆転。敗戦かと思われたが、88分にオウンゴールを誘発して2-2のドローに終わった。

ファン・デン・ブロム監督は、前半の出来を見て勝てたと感じていたが、最終的にはドローが公平な結果だったとコメント。プレミアのチーム相手に良く戦えたと評価した。

「ハーフタイムの前に引き分けに満足していたかどうかを尋ねられれば、私はノーと言っただろう。しかし、今試合全体を振り返れば、イエスだ。ドローは正しい結果だ」

「多くのパワーとエネルギー、クオリティを備えたプレミアリーグのチーム相手だ。だから、我々がコンパクトであり続け、エネルギーを高く保ち、互いに助け合うことで何かをピッチに持ち込むことができる。今夜、我々は良いサッカーができることを再び示した」

「少し低い位置で守り、カウンターを仕掛けることができたと思うこともあったが、全体的にチームのパフォーマンスにはとても満足している。互いのチームがチャンスを生み出し、いくつかを逃していた」

関連ニュース
thumb

伊東純也の元相棒、ヘンクのFWオヌアチュがサウサンプトンに完全移籍

サウサンプトンは1月31日、ヘンクのナイジェリア代表FWポール・オヌアチュ(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2026年夏までの2年半となる。 オヌアチュはミッティラン、ヴェイレとデンマークでプレー。2019年8月にヘンクに完全移籍で加入する。 2mを超える長身を生かしヘンクでブレイク。日本代表MF伊東純也(スタッド・ランス)とのコンビは破壊力抜群で、ヘンクでは公式戦134試合で85ゴール10アシストを記録。2020-21シーズンは33ゴールを決めてジュピラー・プロ・リーグの得点王に輝いていた。 今シーズンもリーグ戦19試合で16ゴールと驚異的な得点力を誇り、チームも首位を快走していたが、プレミアリーグへの挑戦を選択した。 なお、サウサンプトンは現在最下位。プレミアリーグ残留の起爆剤となれるか注目だ。 2023.02.01 10:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ボローニャがヘンクからコロンビア代表DFルクミを獲得! テアテ後釜補強を完了

ボローニャは18日、ヘンクからコロンビア代表DFジョン・ルクミ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約に関する詳細は明かされていないが、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのニコロ・スキラ氏によると、移籍金は800万ユーロ(約10億9000万円)となり、ルクミは2026年までの4年契約にサインしたという。 母国の名門デポルティボ・カリでプロキャリアをスタートしたルクミは、2018年夏にヘンクへ完全移籍。ここまでの在籍4年間で公式戦137試合に出場するなど、センターバックの主力に定着した。また、2019年にデビューを飾り、ここまで5キャップを刻むコロンビア代表でも今後の主力定着が期待されている。 187cmの恵まれた体躯と圧倒的な身体能力を生かしたソリッドな対人守備を最大の特長としながらも、ここ数年成熟を見せるポジショニングやパーソナリティーを含め、守備者としての安定感は増している。さらに、左足のキック精度を含め攻撃面でも貢献できる伸びしろ十分な若手センターバックだ。 ボローニャでは今夏にベルギー代表DFアルトゥール・テアテという若きディフェンスリーダーをスタッド・レンヌに引き抜かれたが、前日にナシオナルから獲得したウルグアイ人DFホアキン・ソサと共にルクミを獲得したことで、2人の左利きDFでその穴を埋める形となる。 2022.08.18 23:00 Thu
twitterfacebook
thumb

クレモネーゼが昨季フェイエでECL得点王のFWデサースを獲得!

クレモネーゼは10日、ヘンクからナイジェリア代表FWシリル・デサース(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間に関する詳細は明かされていないが、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのニコロ・スキラ氏によると、2027年6月30日までの5年契約を締結したという。移籍金は650万ユーロ(約9億円)程度になる模様だ。 ベルギー人の父親、ナイジェリア人の母親の元でベルギーで生まれ育ったデサースは、OHルーヴェンでプロキャリアをスタート。以降はロケレン、2016年からはオランダのNACブレダ、ユトレヒト、ヘラクレス・アルメロとオランダのクラブを渡り歩き、2020年にヘンクへ完全移籍した。 ヘンクでは加入初年度にリーグ戦32試合7ゴールの数字を残したが、2021年夏には買い取りオプション付きのレンタル移籍でフェイエノールトへ加入。オランダ屈指の名門ではエールディビジで27試合9ゴール2アシスト、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)では13試合10ゴール2アシストをマーク。準優勝したECLでは初代得点王にも輝いていた。 フェイエノールトが買い取りオプション行使を見送り、今夏に復帰したヘンクではリーグ開幕から3試合3ゴールの活躍を披露。また、2020年10月にデビューを飾ったナイジェリア代表ではここまで3試合に出場している。 フェイエノールト、ヘンクでの活躍を引っ提げてストライカーにとっては受難のセリエA初挑戦となる185cmの27歳FWは、持ち味の決定力を発揮してチームを残留に導けるか。 2022.08.10 19:41 Wed
twitterfacebook
thumb

トロワが昨季ヘンクからレンタルのカナダ代表FWウグボを完全移籍で再獲得!

トロワは4日、ヘンクからカナダ代表FWアイク・ウグボ(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「9」に決定。契約期間は2026年6月30日までの4年となる。 チェルシーのアカデミー出身のウグボは186cmの大型ストライカー。ここまでトップチームでのプレー機会はなく、バーンズリー、MKドンズ、スカンソープ・ユナイテッドといった国内の下部カテゴリー、オランダ2部のローダJC、ベルギーのセルクル・ブルージュへの武者修行を繰り返し、昨夏にヘンクへ完全移籍していた。 その新天地では公式戦25試合6ゴールの数字を残していたが、今年1月末にトロワへレンタル移籍。リーグ・アン14試合に出場し、5ゴールを挙げてチームの残留に貢献していた。 今夏にはレンタルバックという形で一時ヘンクへ帰還していたものの、トロワが完全移籍の形で再獲得に成功した。 なお、ナイジェリアにルーツを持ち、イングランドの世代別代表歴もあるウグボだが、昨年11月にカナダのフル代表デビューを飾り、カタール・ワールドカップ出場も期待されている。 2022.08.05 13:49 Fri
twitterfacebook
thumb

伊東純也のスタッド・ランス移籍が正式決定 契約4年で背番号39

スタッド・ランスは29日、ヘンクから日本代表MF伊東純也(29)の獲得を正式発表した。契約は2026年までとなる。 ちなみに、背番号は「39」。移籍金について明らかにされていないが、フランス『フットメルカート』によると、1000万ユーロ(約13億6000万円)のリリース条項金が支払われてのフランス行きとされる。 伊東は神奈川大学卒業後の2015年にヴァンフォーレ甲府入り後、柏レイソルを挟み、2019年2月のヘンク移籍で欧州挑戦。公式戦144試合で29得点49アシストの数字を誇り、昨季はアシスト王に輝いた。 約3年半を過ごしたベルギーで屈指のサイドアタッカーとして評価を高め、今季も先の開幕戦でさっそくアシストをマーク。契約も昨年10月に延長して2024年まであったが、新たな挑戦を決断した。 スタッド・ランスは1911年に創設され、昨季からスペイン人指揮官のオスカル・ガルシア監督が指揮。昨季のリーグ・アンでは14位に終わり、7日の今季開幕節ではマルセイユとの敵地戦に臨む。 2022.07.30 08:55 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly