ダビド・トレゼゲ氏が古巣リーベルの副会長に立候補

2021.11.05 00:16 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元フランス代表FWのダビド・トレゼゲ氏(44)が、古巣リーベル・プレートの副会長に立候補することになった。アルゼンチン『LA NACION』が報じている。

モナコやユベントス、リーベルなどで活躍し、2014年のプネ・シティ(インド)でのプレーを最後に現役を引退したトレゼゲ氏。その後は解説者や古巣ユベントスのアンバサダーを務めてきたが、今年12月にリーベルの副会長に立候補することを決断した。

トレゼゲ氏は今回の立候補にあたり、アルゼンチン『Radio La Red』で、「特定の社会階級のみが幅をきかせてプライベートで権威のある、悪い方法で構造化されている」と、現体制を強く非難。そして、自身の当選のあかつきには、「より身近で社会的なクラブ」へ戻すことを約束している。

また、同氏はモナコ時代のチームメートでもあり、現在クラブを率いるマルセロ・ガジャルド監督の続投を支持することを明言している。

フランス代表として通算71試合34ゴールの数字を残し、世界王者にも輝いたレジェンドストライカーは、2012年から2013年に在籍した古巣に今度は幹部として帰還することになるのか。


関連ニュース
thumb

ゼニト退団の元アルゼンチン代表DFマンマナが古巣リーベルに復帰

リーベル・プレートは10日、元アルゼンチン代表DFエマヌエル・マンマナ(25)の加入を発表した。 先日にゼニトとの契約を双方合意の下で解消したマンマナは、リーベルと1年間の契約を結んでいる。 2017年にリヨンから5年契約でゼニトへ加入したマンマナは、公式戦41試合に出場。在籍期間に2度のリーグ優勝と、国内カップ戦制覇を経験した。しかし、ここ2シーズンは完全に構想外となっており、昨シーズンと今シーズンの前半はソチへレンタルに出されていた。 なお、アルゼンチン代表として3試合に出場した経験を持つ25歳DFは、2016年6月以来の古巣帰還となった。 2022.01.11 22:17 Tue
twitterfacebook
thumb

元アルゼンチン代表DFマンマナがゼニト退団…古巣リーベル復帰へ

ゼニトは7日、元アルゼンチン代表DFエマヌエル・マンマナ(25)との契約を双方合意の下で解消したことを発表した。 2017年にリヨンから5年契約で加入したマンマナは、ここまで公式戦41試合に出場。在籍期間に2度のリーグ優勝と、国内カップ戦制覇を経験した。しかし、ここ2シーズンは完全に構想外となっており、昨シーズンと今シーズンの前半はソチへレンタルに出されていた。 なお、アルゼンチン代表として3試合に出場した経験を持つ25歳DFは、古巣であるリーベル・プレートに復帰することが決定的となっている。 2022.01.07 23:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ウルグアイ代表新監督候補だったガジャルドがリーベル続投を発表! 今季自身初のリーグ制覇に導く

リーベル・プレートは8日、マルセロ・ガジャルド監督(45)の来季続投を発表した。 ガジャルド監督は8日に行われた公式会見の場で、「リーベル・プレートに残ることを決めた。もう1シーズン、契約を延長する準備はできている。役員会とプレーヤーたちに、私の決断を発表したところだ」と、来シーズンもチームを率いることを明かした。 現役時代にアルゼンチン代表として44キャップを刻んだガジャルド監督は、リーベルやモナコ、パリ・サンジェルマンなどで活躍。2011年の引退と同時に、自身最後の所属クラブとなったウルグアイのナシオナルで監督業をスタートさせ、2014年からリーベルの指揮を執ってきた。 同クラブでは、2度のコパ・リベルタドーレスや、3度のコパ・アルヘンティーナなど、これまで12個のタイトルを獲得。そして、先月25日には自身初となるリーガ・プロフェシオナル・デ・フットボル(アルゼンチン1部リーグ)のタイトルを獲得した。 その卓越した手腕は南米のみならずヨーロッパでも評価されており、ロナルド・クーマン解任時にはバルセロナの新指揮官候補として名前が挙がっていた。 さらに、直近ではカタール・ワールドカップ(W杯)南米予選で7位に低迷するウルグアイ代表が解任したオスカル・タバレス前監督の後任候補筆頭として、接触を図っていた。 2021.12.09 06:30 Thu
twitterfacebook
thumb

レアルがアルゼンチン代表の新鋭FWを狙う? 移籍金は約26億円、欧州の複数クラブが注目

レアル・マドリーがアルゼンチンの新星に興味を示しているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ビッグクラブの視線を集めているのは、リーベル・プレートに所属するアルゼンチン代表FWフリアン・アルバレス(21)だ。 リーベルの下部組織で育ったフリアン・アルバレスは、2019年1月にファーストチームへと昇格。これまで公式戦90試合に出場し31ゴール23アシストを記録している。 センターフォワードを主戦場に、ウイングでもプレー可能なフリアン・アルバレスは、今年7月にアルゼンチン代表デビュー。ここまで5試合に出場し、10月、11月のカタール・ワールドカップ(W杯)南米予選にも出場していた。 そのフリアン・アルバレスだが、ビッグクラブが注視。マドリーに加え、ユベントスも動向を見守っているという。 そんな中、フリアン・アルバレスの代理人であるフェルナンド・イダルゴ氏が、リーベルの幹部と会談。2022年12月で満了を迎える契約についての話し合いのほか、ヨーロッパへの移籍を可能にする条件についても話し合ったとされている。 移籍金に関しては2000万ユーロ(約25億7100万円)で合意したとされており、一括払いを要求することになるようだ。 ただ、フリアン・アルバレス自身は、早急にヨーロッパへと移籍することは考えていない様子。アルゼンチンに残ることで、カタール・ワールドカップへの道が開ける可能性が高くなると考えているとのことだ。 しかしながら、マドリーやユベントス、その他にもフィオレンティーナ、ミラン、レバークーゼンなども関心を示していることに惹かれる側面もあるとのこと。今冬に移籍するのか、来夏に移籍するのか。それともW杯後の2023年1月の移籍か。注目はしばらく続きそうだ。 2021.11.19 22:55 Fri
twitterfacebook
thumb

リーベルの逸材FWに欧州から熱視線! 直近スーペル・クラシコで2ゴールの活躍

リーベル・プレートに所属するアルゼンチン代表FWフリアン・アルバレス(21)にヨーロッパのビッグクラブから熱視線が注がれているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 2016年にアルゼンチン屈指の名門リーベルの下部組織に加入したアルバレス。2018年10月にトップチームデビューを飾ると、ここまで公式戦85試合に出場し、23ゴール21アシストを記録。 とりわけ、今シーズンはここまでリーグ戦7ゴール4アシストと序盤から多くの得点に関与し、今月3日に行われたボカ・ジュニアーズとのスーペル・クラシコではチームを2-1の勝利に導く2ゴールを挙げ、国内の話題を集めていた。 右ウイングとセンターフォワードを主戦場とする170cmの小兵アタッカーは、卓越したアジリティと足元の技術を併せ持ち、ここ最近では決定力にも磨きをかけて万能型ストライカーとして覚醒の気配を漂わす。 将来的にFWセルヒオ・アグエロやFWラウタロ・マルティネスの系譜を受け継ぐ点取り屋としての飛躍が期待されている逸材FWは、今年6月にデビューを飾ったアルゼンチン代表でも台頭が待たれるところだ。 『カルチョメルカート』によると、リーベルとの現行契約が2022年12月末までとなっているアルバレスに関しては、ミランを筆頭にトッテナムとアストン・ビラのイングランド勢、セビージャ、レアル・マドリーのスペイン勢、ドルトムントとレバークーゼンのドイツ勢がすでに関心を示しているようだ。 現時点でヨーロッパ挑戦のタイミングは来夏以降が見込まれているが、今後もリーベルで印象的なパフォーマンスを継続すれば、今冬のタイミングでの移籍も十分にありそうだ。 2021.10.06 07:30 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly