ビジャレアル指揮官エメリ、ニューカッスル監督就任を否定

2021.11.04 00:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ビジャレアルのウナイ・エメリ監督が3日、自身のツイッターでニューカッスルの指揮官就任を否定した。エメリ監督はツイッターにて「偉大なクラブに興味を持ってもらえたことに感謝しているが、ビジャレアルに来られたことを、より感謝している。ビジャレアルは私の家で、100%集中している。ロイグ会長の掲げるプロジェクトに今後も参加したい」とコメント。

ニューカッスルではチェルシーやマンチェスター・シティ、パリ・サンジェルマン(PSG)のオーナーをも凌駕する資金力を持つ、サウジアラビアの政府系ファンド『パブリック・インベストメント・ファンド(PIF)』による買収が行われ、成績不振を理由に10月20日、スティーブ・ブルース前監督が解任されていた。

関連ニュース
thumb

ファン・デ・ベークにドルト&ニューカッスルの関心? いずれもローンでの獲得模索

マンチェスター・ユナイテッドで思うような日々を過ごせずにいるオランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベーク(24)に他クラブからの興味があるようだ。 アヤックスから加入して今季で2年目を迎えたファン・デ・ベーク。シーズン途中になかなか使ってもらえなかったオーレ・グンナー・スールシャール監督からラルフ・ラングニック監督の体制に代わり、序列の変化も期待されたが、いまだに限定的な出番が続いている。 こうした状況からオランダ代表からも遠ざかるなか、今冬の移籍が取り沙汰され続けるファン・デ・ベークだが、イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』によると、ドルトムントとニューカッスル・ユナイテッドがレンタルで獲得する可能性を探っている模様だ。 一方、このままいくとカタール・ワールドカップ(W杯)出場がより厳しくなるファン・デ・ベーク本人も今冬の移籍に前向き。あとはユナイテッドの判断だが、ラルフ・ラングニック監督は中盤のオプションに不安を抱いているようで、放出を認める可能性が低いという。 2022.01.14 13:50 Fri
twitterfacebook
thumb

ニューカッスル、バーンリーからプレミア屈指の“ターゲットマン”クリス・ウッドを獲得!

ニューカッスルは13日、バーンリーからニュージーランド代表FWクリス・ウッド(30)を獲得したことを発表した。契約は2024年6月までの2年半となる。 これまでWBAやレスター・シティ、リーズ・ユナイテッドなど、レンタルを含めればイングランドで9つのクラブを渡り歩いてきたウッド。2017年夏に加入したバーンリーは10番目のクラブとなった。 バーンリーではすぐさま主力に定着すると、ここまで公式戦165試合に出場し53ゴールを記録。 今シーズンはリーグ戦17試合出場で3ゴールの数字に留まっているが、それ以前は決してチャンスが多くないチームにおいて4シーズン連続でプレミアリーグ2桁ゴールを達成している。 また、190cmを超える長身とパワー、献身性を兼ね備え、リーグ屈指のターゲットマンとの評価も確立している。 巨大企業の買収により高い注目度を誇るニューカッスルへの移籍を決断したウッドは、クラブ公式サイトでその喜びを語った。 「僕にとってこれは最高にエキサイティングな機会で、ニューカッスル・ユナイテッドの選手になれることを本当に嬉しく思っている」 「何度かセント・ジェームズ・パークでプレーしたことがあるけど、素晴らしい場所だ。このクラブを代表し、素晴らしいサポーターに支えられて、チームメイトと一緒にプレーできることは、とても特別なことだと思う」 「このクラブと監督は、現在のプロセスにおいて一流であり、僕自身、早くピッチに立って彼らの信頼に応えるのが待ち遠しいよ」 なお、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、ニューカッスルは2000万ポンド(約31億5000万円)と言われる契約解除金を満額支払ったとのこと。同クラブでは主砲カラム・ウィルソンがふくらはぎのケガで2カ月程度の離脱を強いられているため、ストライカーの補強に迫られていた。 また、ニューカッスルは今冬の移籍市場において、アトレティコ・マドリーからイングランド代表DFキーラン・トリッピアーを獲得しており、世界屈指のクロッサーとリーグ屈指のエアバトラーのホットライン開通も期待されるところだ。 2022.01.13 18:26 Thu
twitterfacebook
thumb

ニューカッスルがバーンリー主砲クリス・ウッド獲得決定的に! PL4年連続2桁ゴールを記録

ニューカッスルがバーンリーのニュージーランド代表FWクリス・ウッド(30)を完全移籍で獲得することが決定的となった。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏らが報じている。 ロマーノ氏が報じるところによれば、主砲カラム・ウィルソンがふくらはぎのケガで2カ月程度の離脱を強いられることになったニューカッスルは、2000万ポンド(約31億5000万円)と言われる契約解除金を満額支払うことでバーンリーのエースを引き抜くという。 すでにウッドとは合意に至っており、同選手はメディカルチェックを受診するため現地入りしているようだ。 これまでWBAやブライトン、レスター・シティやリーズ・ユナイテッドなど、イングランドの様々なクラブを渡り歩いてきたウッドは2017年夏にバーンリーに加入。すぐさま主力に定着すると、ここまで公式戦165試合に出場し、53ゴールを記録。 今シーズンはリーグ戦17試合出場で3ゴールの数字に留まっているが、それ以前は決してチャンスが多くないチームにおいて4シーズン連続でプレミアリーグ2桁ゴールを達成。190cmを超える長身とパワー、献身性を兼ね備えた30歳はリーグ屈指のターゲットマンとの評価も確立している。 ニューカッスルは先日にアトレティコ・マドリーからイングランド代表DFキーラン・トリッピアーを獲得しており、世界屈指のクロッサーとリーグ屈指のエアバトラーのホットライン開通も期待されるところだ。 2022.01.12 07:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ニューカッスルが中国でプレーするフェライニに関心か?

ニューカッスルが山東泰山でプレーする元ベルギー代表MFマルアン・フェライニ(34)の獲得を検討しているようだ。ベルギー『La Derniere Heure』が報じている。 今シーズンここまでわずかに1勝と降格圏の19位に低迷するニューカッスル。今冬の移籍市場ではアトレティコ・マドリーからイングランド代表DFキーラン・トリッピアーを獲得したものの、今後の巻き返しに向けて手薄なセンターバック、主砲FWカラム・ウィルソンが負傷離脱した前線を中心に補強に動く構えだ。 そういった中、『La Derniere Heure』が報じるところによれば、ニューカッスルは中国でプレーする194cmの大型MFの獲得に強い関心を示しているようだ。 昨年6月に山東泰山と2025年12月までの新契約にサインしたフェライニだが、多くの問題を抱える中国リーグを離れることを検討している模様。そして、ガラタサライ、ベシクタシュのトルコの名門、カタールやUAEといった中東方面への移籍の可能性が取り沙汰されているようだ。 現時点でニューカッスル行きの可能性は微妙なところだが、2019年以来のイングランド帰還は実現するのか…。 フェライニは、スタンダール・リエージュやエバートン、マンチェスター・ユナイテッドでプレーした後、2019年2月に中国スーパーリーグの山東泰山に加入。同クラブでは公式戦80試合に出場し、30ゴール6アシストを記録。中国スーパーリーグ制覇と2度の国内カップ制覇に貢献している。 2022.01.11 23:53 Tue
twitterfacebook
thumb

1月のニューカッスル行きを断念? トリノのエースFWベロッティは夏まで残留へ

トリノのエースであるイタリア代表FWアンドレア・ベロッティ(28)は、今シーズン終了まではクラブに留まるようだ。 今シーズン限りでトリノとの契約が切れるベロッティ。クラブとの契約延長の話は進展しておらず、夏にはチームを去ることが既定路線となっている。 ベロッティには、ナポリ、フィオレンティーナの他、ミランが熱心に関心を寄せていたが、今冬での獲得は難しいと断念したと見られている。 一方で、イタリア『スカイ・スポーツ』によると、ニューカッスルへの移籍が浮上していたとのこと。しかし、ベロッティのトリノ残留の意思は固く、1月の移籍は無くなったようだ。 また、アル・ヒラルはベロッティ獲得の条件に納得したものの、ベロッティ本人が中東行きを望んでいないとのこと。一体夏にどこへ行くのかは現時点で全く見えていない状況だ。 トリノのウルバノ・カイロ会長は、ことあるごとにベロッティが今季限りでチームを去ると口にしており、退団は既定路線。冬の間に射止めるクラブは出てくるのだろうか。 2015年にパレルモから750万ユーロ(約9億8100万円)の移籍金で加入したベロッティは、ここまで公式戦通算238試合に出場し107ゴール28アシストを記録している。 2022.01.11 21:40 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly