3回戦に続きPK戦でサウサンプトンを下したチェルシーが準々決勝進出を決める!《EFLカップ》

2021.10.27 06:02 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーは26日、EFLカップ4回戦でサウサンプトンと対戦し1-1で90分が終了。PK戦の末、4-3でチェルシーが勝利した。3回戦でPK戦の末にアストン・ビラを下したチェルシーは、直近のノリッジ戦から先発を6人変更。マウントやジョルジーニョ、チアゴ・シウバ、GKメンディらに替えてツィエクやサウール、マルコス・アロンソ、GKケパらを先発で起用した。

2シーズンぶりに4回戦へ駒を進めたセインツに対し、チェルシーは開始早々にチャンス。6分、バークリーの右CKを中央のサウールがヘディングで合わせたが、枠を捉えたシュートは相手GKが好セーブ。

さらに26分には、左サイドからドリブルで仕掛けたハヴァーツがボックス左まで持ち上がりシュートを放ったが、これも相手GKに阻まれた。

ハーフタイムにかけてチェルシーはセインツの積極的なプレスに苦しみ、なかなか攻め入ることができない時間帯が続く。それでも44分、ツィエクの左CKをゴール前のハヴァーツが頭で合わせると、これがゴール右隅に吸い込まれ、1点のリードで前半を終えた。

迎えた後半は開始早々にスコアが動く。47分、敵陣でボールをカットしたヴァレリのパスを受けたウォーカー=ピータースがボックス右からシュート。これはGKケパが弾くも、こぼれ球をアダムスが無人のゴールに押し込んだ。

追いつかれたチェルシーは、58分にR・ジェームズがミドルシュート、59分にはボックス右深くまで侵入したバークリーがゴールに迫ったが、共にシュートはGKフォースターのセーブに防がれた。

勝ち越し点を狙うチェルシーは、67分にツィエクとバークリーを下げてマウントとチルウェルを投入。すると74分、味方のパスでボックス左に抜け出したハヴァーツの折り返しからサウールがダイレクトシュートを狙ったが、これはわずかにゴール右に逸れる。

さらにサウールは、直後の75分にもペナルティアーク手前で拾ったこぼれ球からコントロールショットを放ったが、再びGKフォースターの好セーブに阻まれた。

その後は互いにゴールへ迫る場面を見せたが、最後まで追加点は生まれず、1-1で90分が終了。決着はPK戦に委ねられることになった。

そのPK戦では、2人目のウォルコットと4人目のスモールボーンが失敗したセインツに対し、チェルシーは2人目のマウントが失敗するも5人目のR・ジェームズがしっかりと決め、4-3で勝利した。

関連ニュース
thumb

アルテタ、失点関与の冨安健洋をかばう 「彼は信じられないほどよくやってくれた」

ミケル・アルテタ監督が日本代表DF冨安健洋を擁護した。クラブ公式サイトが伝えている。 カラバオカップ準決勝でリバプールと激突したアーセナル。先の敵地で行われた1stレグを0-0で切り抜け、20日にホームで2ndレグを迎えたが、0-2で敗れ、決勝進出を逃した。 アルテタ監督は試合後、「本当に残念だ。あと1試合でファイナルに行けるとなれば、高揚するレベルも上がるし、本当に楽しみにしていたからね」と肩を落とした。 そんなアーセナルの1失点目は負傷明けの冨安が右サイドバックを務めるサイドを崩されてのもの。冨安の粘りを欠いた対応が目立ったが、アルテタ監督はかばった。 「ボールをブロックしようとして、もう少しのところで滑ってしまったんだ。そのあとにボールが彼の足もとを通り抜けて、ジョタの蹴り損ねがGKと逆の方にいってしまった。だから、あれを防ぐのは難しかったと思う」 また、調子の悪さや試合勘の欠如を指摘されるが、スペイン指揮官は「彼は信じられないほどよくやってくれた」と擁護。チーム事情が影響しての起用だったと説明した。 「セドリックやカラムが欠場して、サイドバックがいなかったから彼を使わざるを得なかったんだ。彼はそれを知り、出場を直訴してくれた」 「練習もできていなかったのに、それでも今日の試合に出てくれた。だから、今日の選手たちを本当に誇らしく思うし、感謝している」 <span class="paragraph-title">【動画】冨安の股を抜き、リバプールFWジョタのワールドクラスのゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe src="https://www.facebook.com/plugins/video.php?height=314&href=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2FESPNFC%2Fvideos%2F689417545409726%2F&show_text=false&width=560&t=0" width="560" height="314" style="border:none;overflow:hidden" scrolling="no" frameborder="0" allowfullscreen="true" allow="autoplay; clipboard-write; encrypted-media; picture-in-picture; web-share" allowFullScreen="true"></iframe> 2022.01.21 09:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ジョタ2発のリバプールがチェルシー待つ決勝進出! 冨安復帰も失点関与のアーセナルはホームで完敗《EFLカップ》

EFLカップ(カラバオカップ)準決勝2ndレグ、アーセナルvsリバプールが20日にエミレーツ・スタジアムで行われ、アウェイのリバプールが0-2で勝利した。この結果、2戦合計0-2としたリバプールの決勝進出が決定した。 なお、アーセナルDF冨安健洋はフル出場、リバプールFW南野拓実は63分から途中出場した。 1週間前に敵地で行われた1stレグではジャカの退場で数的不利を背負いながらも、0-0のドローに持ち込んだアーセナル。物議を醸す形ながらも先週末のトッテナムとのノースロンドン・ダービーの開催延期が認められたアルテタ率いるチームは、1週間ぶりの公式戦で決勝進出を目指した。 その前回対戦からは先発3人を変更。出場停止のジャカに代わって新型コロナウイルスから回復したウーデゴール、セドリックとエンケティアに代わって負傷明けの冨安とスミス・ロウが復帰。さらに、ガーナ代表のアフリカ・ネーションズカップ敗退に伴い、トーマスがベンチに戻ってきた。 一方、要塞アンフィールドでの初戦を期待外れのドローで終えたリバプールだが、先週末のリーグ戦ではブレントフォードに3-0の快勝を収めてバウンスバックに成功。敵地での大一番ではそのブレントフォード戦から先発2人を変更。アリソンからGKをケレハーに代えたほか、負傷のオックスレイド=チェンバレンに代えて17歳FWカイデ・ゴードンをフィルミノ、ジョタと共に前線で起用した。 チェルシーが待つファイナル進出を懸けた運命の一戦は、ホームの大歓声を背にしたアーセナルが押し込む入りを見せる。開始5分にはサカが倒されて得たペナルティアーク付近のFKをラカゼットが右足で直接狙うが、壁の上をギリギリ越えたシュートはクロスバーを叩いた。 立ち上がりこそバタついたものの、徐々にボールの主導権を奪い返して攻勢に出始めるリバプールは、10分過ぎにセットプレーの流れからファビーニョが競り勝ったボールをゴール前のマティプがワンタッチでゴールへ流し込むが、ここは惜しくもオフサイドの判定となった。 それでも、良い形でフィニッシュまで持ち込んだリバプールは2度目のチャンスを確実にゴールへ結びつける。19分、カウンターの形からアレクサンダー=アーノルドのラストパスを受けたジョタが左のハーフスペースで縦に仕掛けると、バランスを崩したDF冨安を完全に振り切ってペナルティアーク付近に切り込んで右足のシュートを放つ。これがDFにディフレクトする形でコースが変わってゴールネットを揺らした。 冨安が絡む形の失点で先手を奪われたアーセナルはすぐさま反撃を開始。サカとマルティネッリの個人技や相手の背後を突く動きで幾度か相手ゴール付近まで運ぶが、最後のところでリバプールの守備を崩し切れない。28分にはマルティネッリがボックス内でファビーニョと交錯するが、ここは先にボールにチャレンジに行ったとの判定でPKを獲得できない。 前半終盤にかけてはリバプールがきっちり試合をコントロール。決定機まで持ち込むまでには至らなかったものの、危なげなく1点リードでハーフタイムを迎えた。 後半に入って先に動いたのはリバプール。コンディションの問題か、マティプを下げてコナテをハーフタイム明けに投入した。前半に引き続きリズム良く試合に入ったアウェイチームは50分、左サイドを突破したジョタがゴールライン際で内に運んで絶妙な折り返しを供給。しかし、待ち構えていたゴードンは左足のイージーシュートを枠の外に外してしまう。 以降も押し込む状況が続くリバプールは59分、アレクサンダー=アーノルドのCKをコナテがドンピシャのヘディングで合わせるが、これは惜しくも枠を叩く。良い流れの中で押し切りたいクロップ監督は63分、ゴードンを下げて南野を投入。その南野は69分にボックス内でこぼれ球に反応し、早速シュートまで持ち込むが、これは相手DFのブロックに阻まれて2試合連発とはならず。 マルティネッリの個人技以外に攻め手がないアーセナルは74分、スミス・ロウとラカゼットを下げてエンケティアとトーマスを同時投入。この交代で流れを変えたいところだったが、その出ばなを挫かれる。 77分、ハーフウェイライン付近で縦へ仕掛けたマルティネッリがバランスを崩してボールを失うと、ボールを回収したアレクサンダー=アーノルドが背後を狙うジョタへ絶妙なロングフィードを通す。これでDFホワイトの背後を完璧に取ったジョタは飛び出したGKラムズデールの寸前でループシュートを狙うと、これがゴールネットを揺らした。 この追加点で勝利を確信したアウェイチームはフィルミノを下げてネコ・ウィリアムズの投入で試合を締めにかかる。一方、何とかホームで一矢報いたいアーセナルだが、試合終盤に続けてイエローカードをもらったトーマスが退場となり、2試合連続で数的不利を背負うことになった。 そして、試合はこのまま2-0のスコアのままタイムアップを迎え、敵地でアーセナルを粉砕したリバプールがチェルシーが待つ決勝進出を果たした。 2022.01.21 06:48 Fri
twitterfacebook
thumb

一発レッドのジャカ「みんなに謝りたい」…望みを繋いだ同僚に感謝も

アーセナルのスイス代表MFグラニト・ジャカが謝罪した。 ジャカを擁するアーセナルは13日に敵地アンフィールドでカラバオカップ準決勝1stレグのリバプール戦に臨み、0-0のドロー。20日にホームで予定する第2戦に望みを繋ぐ結果を手にした。 だが、先発したジャカは24分、敵陣からのロングフィードを左足で処理しようとするが、同じくこのボールに反応したポルトガル代表FWジオゴ・ジョタの腹部に蹴りを見舞ってしまった。 主審は間髪入れずにレッドカードを提示。ジョタが自身の視界にいきなり飛び込む形で蹴りを入れてしまったジャカは故意ではないと強く主張するが、覆ることなく、ピッチを後にした。 これまでも何度か退場処分を受けるなか、またも持ち前の戦う姿勢が仇となり、チームを苦境に追いやってしまったジャカ。試合後、自身のインスタグラムに詫びの言葉を綴った。 「みんなに謝りたい。今夜、クリーンシートでやり過ごしてくれたチーム、そしてそのスピリットを誇りに思う」 2022.01.14 17:35 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナル、リバプールとの敵地戦で数的不利もドロー アルテタも満足感示す

アーセナルのミケル・アルテタ監督がチームの戦いぶりに満足感を示した。 アーセナルは13日に敵地でカラバオカップ準決勝1stレグのリバプール戦に臨み、0-0のドロー。24分にスイス代表MFグラニト・ジャカの退場で数的不利に陥ったが、リバプール攻撃陣を完封して、ホームでの2ndに望みを繋いだ。 アルテタ監督も試合後、イギリス『スカイ・スポーツ』で「我々はこの状況を非常に喜んでいる。選手たちはよくファイトしてくれ、決意や結束を示してもくれた。決して諦めもしなかった。選手たちの手柄だ」と語った。 ジャカに一発退場が下されてからについても振り返り、「レッドカードが彼らを奮い立たせたかはわからないが、闘志を駆り立てた。あのような試合では特定の姿勢が求められるものが、選手たちはそれを実践してくれた」と続けた。 そんなアーセナルだが、今週末の16日に行われるプレミアリーグ第22節でトッテナムと対戦。リバプールとの激戦を経てのダービーマッチとなるが、アルテタ監督は決意を新たにしている。 「ダービーに臨むという特別なモチベーションはエネルギーがなくても、それをもたらしてくれる。言い訳せず、プレーしなければならない」 2022.01.14 10:15 Fri
twitterfacebook
thumb

南野は痛恨の決定機逸でヒーローになれず…冨安欠場の10人アーセナルが敵地でドローに持ち込む《EFLカップ 》

EFLカップ(カラバオカップ)準決勝1stレグ、リバプールvsアーセナルが13日にアンフィールドで行われ、0-0のドローに終わった。なお、リバプールFW南野拓実はフル出場、アーセナルDF冨安健洋はベンチ外となった。 2022年初戦となったプレミアリーグのチェルシー戦を2-2のドローで終えたリバプールは、先週末に行われたFAカップでシュルーズベリー・タウンを破って新年最初の白星を飾った。アフリカ・ネーションズカップ参戦組や負傷者によって多くの一部主力を欠く中、この試合ではマネとサラーの代役にフィルミノ、南野を起用した以外、ほぼベストなメンバーが揃った。 一方、2022年元日に行われたマンチェスター・シティ戦を1-2で落としたアーセナルは、先週末のFAカップでも2部のノッティンガム・フォレスト相手にまさかの0-1の敗戦を喫し、公式戦2連敗で新年の戦いをスタートした。今週末にトッテナムとのノースロンドン・ダービーを控える中、新年初白星を目指すアルテタ率いるチームは、ガーナ代表招集中のトーマス、負傷の冨安とスミス・ロウに加え、新型コロナウイルス感染のウーデゴールが欠場。セドリック、サンビ・ロコンガ、エンケティアらが代役を務めた。 物議を醸したリバプールのクラブ内クラスターの影響で前回対戦が延期となり、1stレグと2ndレグを入れ替える形での開催となったアンフィールドでのファイナル進出を懸けた初戦。 互いに前から積極的にプレスを掛け合うアグレッシブな入りを見せる。その中で左ウイングに入った南野はバックラインからの縦パスに対して、良い反応を見せてチャンスに顔を出す。 見応えのある攻防が続く中、アーセナルにアクシデントが発生。開始直後から右の脇腹か、そ径部付近を気にしていたセドリックがプレー続行不可能となり、11分にチャンバースがスクランブル投入される。 以降は互いに良い守備からショートカウンターの形でチャンスを作り合う、ほぼ互角の展開となったが、アーセナルに2度目のアクシデントが起こる。24分、ロバートソンからのロングフィードに反応したジョタが相手最終ラインの背後へ抜け出すと、並走していたジャカがボックス手前の位置でダイレクトでのクリアを試みた際、ボールではなくジョタの腹部を蹴ってしまう。これが決定機阻止のファウルとなり、レッドカードが掲示された。 そして、数的不利となったアーセナルは最前線のエンケティアを削ってホールディングを投入し、ラカゼットを前線に残した[5-3-1]の布陣に変更した。 これで試合の主導権が完全にリバプールへ傾くと、ここからホームチームがアーセナル陣内でハーフコートゲームを展開していく。80%近いボール支配率で押し込み、マティプら守備陣も果敢に相手ボックス内へ侵入する場面を作り出すが、サラーやマネ、チアゴ不在の影響もあり、専守防衛の構えを見せる相手の集中した守備を前に崩しの精度、アイデアを欠き決定機まで持ち込めない。 一方、アーセナルは守勢を強いられながらも要所で前がかりな相手の背後を突く形で押し返し、セットプレーやカウンターから際どい場面を作りかけるなど、まずまずの形で前半を終えた。 幾つかのトピックがありながらも、共に枠内シュート0で後半に突入。後半開始直後にはカウンターから左サイド深い位置まで運んだ南野のクロスが直接ゴール方向へ向かうが、これはわずかに枠の右へ外れる。 後半も圧倒的にボールを握るリバプールだが、前半同様に崩しの局面で苦戦。これを受けてクロップ監督は61分、ミルナーを下げてより攻撃的なカーティス・ジョーンズを投入する。この交代でポジションを左インサイドに変えた南野は67分にボックス内へ侵入して左足のシュートを狙うが、これは惜しくも枠の右に外れる。 後半も5バックを中心に集中した守備で均衡を保つアーセナルは、後半半ばを過ぎて徐々に焦りが見せ始めるホームチームの強引な攻めをうまく撥ね返してワンチャンスを狙う。すると、72分にはティアニーの豪快な攻め上がりからのクロスで、先日のシティ戦での先制点と似た形からサカに決定機が訪れるが、ここはGKアリソンの好守に阻まれた。 何とか押し切りたいホームチームは75分、マティプ、アレクサンダー=アーノルド、ファビーニョを下げてジョー・ゴメス、ネコ・ウィリアムズ、オックスレイド=チェンバレンを投入する3枚替えを敢行。対するアーセナルは左足の付け根付近を気にしていたサカがプレー続行不可能となり、ヌーノ・タヴァレスを最後の交代カードとして切ることになった。 その後、試合終盤にかけては割り切ってゴールレスでのクローズを狙うアーセナルに対して、勝利がほしいリバプールが猛攻を仕掛けていく。90分には右サイドでのウィリアムズ、オックスレイド=チェンバレンの連携からクロスが入ると、飛び出したGKラムズデールと味方が交錯したルーズボールがボックス中央の南野の元へこぼれる。だが、南野はバウンドにうまく合わせ切れず、シュートを大きくふかしてしまい、痛恨の決定機逸となった。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、チェルシーが待つ決勝進出を懸けた第1ラウンドはアーセナルの粘り勝ちの印象が強い0-0のドローに終わった。 なお、アーセナルホームで開催される2ndレグは1週間後の20日に開催される。 2022.01.14 06:48 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly