J3の4クラブにJ3クラブライセンスが交付、上位の宮崎と福島は2位以内でも昇格できず

2021.10.26 17:19 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
Jリーグは26日、2022シーズンのJ3クラブライセンスの判定結果を発表した。

2021シーズン明治安田生命J3リーグに所属しているクラブから、福島ユナイテッドFC、アスルクラロ沼津、FC今治、テゲバジャーロ宮崎の4クラブにJ3クラブライセンスが交付された。

なお、FC今治はJ2クラブライセンスを申請しJ2クラブライセンスが交付されたものの、J2に昇格することができなかった場合にはスタジアムの改修を行わない意向を表明しているため、スタジアムがJ2基準を満たさないことからJ2クラブライセンスが効力を失うこととなる。

また、福島はJ2クラブライセンスを申請していたものの不交付となり、J3クラブライセンスの審議がなされて交付された。

J3からは上位2クラブがJ2へと自動昇格となるが、J3ライセンスの宮崎が現在2位、福島が4位につけており、いずれかが上位2クラブに入った場合は、3位以下の繰り上げ昇格は行われず、J2からの降格チームが1つ減ることとなる。

関連ニュース
thumb

台風15号で断水や浸水被害の静岡市にJ3カターレ富山が水の支援! サポーターの有志も参加

カターレ富山は28日、台風15号の影響で断水が続いている静岡市清水区を中心とした被災者の方への水の支援を発表した。 24日に発生した台風15号の影響で、静岡県内では断水や浸水の被害が発生。特に静岡市清水区を中心に6万世帯を超える断水が起き、市民は困っていた。 こうした状況を受け、アスルクラロ沼津、藤枝MYFC、清水エスパルス、ジュビロ磐田の静岡県のJリーグクラブがそれぞれ支援活動を行い、水を中心に物資の支援を行っている。 この影響で10月1日に予定されていた清水vs磐田の“静岡ダービー”は中止に。まだまだ、復旧しきれていない状況が続いている。 そんな中、遠く離れた富山県からも支援が。代表取締役社長の左伴繁雄氏は、かつて清水の社長を務めており、バスケットのB3リーグに所属するベルテックス静岡のエグゼグティブスーパーバイザーも務めていたこともあったこと。また、清水に所属していた鎌田翔雅からも提案があり、今回の水の支援を行うことを決めたという。 今回は「カターレ富山ナチュラルミネラルウォーター」(1ケース500ml×24本入)を、合計335ケース支援。株式会社IACと鎌田から100ケース、クラブとして100ケース、サポーターオンライン購入分として135ケースを提供することとなった。 富山が寄付の背景をクラブ公式サイトで説明している。 「9月24日(土)に発生した台風15号の影響により静岡市清水区を中心に発生した断水がいまだ続いております」 「給水支援が追い付いていない状況下で、カターレ富山でも何か出来ることがないか模索したところ、弊社代表取締役社長の左伴繁雄が所属していたベルテックス静岡(B3リーグ)が支援物資を募っていることを知りました」 「また、清水エスパルスに所属していた鎌田翔雅選手からも提案があり、株式会社IACと協力して同社の商品「カターレ富山ナチュラルミネラルウォーター」200ケースを支援することを決定し、受け入れ先についてはベルテックス静岡と調整し、株式会社田子の月清水店に配送致しました」 「加えて、SNSで支援を申し出たサポーターのオンライン購入分135ケースを、静岡市清水区に本社があるフジ物産株式会社に配送致しました。配送した水は、株式会社田子の月清水店、フジ物産株式会社を通じて断水でお困りの各所へお届けされます」 <span class="paragraph-title">【写真】鎌田翔雅らも静岡市へ水の支援に協力</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/%E7%94%B0%E5%AD%90%E3%81%AE%E6%9C%88?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#田子の月</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%95%E3%82%B8%E7%89%A9%E7%94%A3%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#フジ物産株式会社</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%86%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E9%9D%99%E5%B2%A1?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ベルテックス静岡</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/ht?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ht</a><a href="https://t.co/WgGKupkNRq">https://t.co/WgGKupkNRq</a> <a href="https://t.co/CUEcD0wn3J">pic.twitter.com/CUEcD0wn3J</a></p>&mdash; カターレ富山 (@katallertoyama) <a href="https://twitter.com/katallertoyama/status/1575055196388225024?ref_src=twsrc%5Etfw">September 28, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.28 20:55 Wed
twitterfacebook
thumb

Jリーグが明治安田生命と契約更新、2026年末までの4年間

Jリーグは27日、明治安田生命保険相互会社と「Jリーグタイトルパートナー」契約を更新することを発表した。 契約期間は2023年1月1日から2026年12月31日までの4年間となる。 Jリーグと明治安田生命は、2015年からタイトルパートナー契約を結んでおり、今回の契約で12年間継続することとなる。 Jリーグ発足当時は、サントリーシリーズ、ニコスシリーズとシーズンのステージにスポンサーがついていたが、その後は廃止。2014年に村井満氏がチェアマンに就任すると、J3リーグに明治安田生命がタイトルパートナーとして契約。翌年の2015年からJ1、J2、J3統一で明治安田生命がタイトルにつくこととなった。 なお、詳細は12月下旬に発表されることとなる。 2022.09.27 20:10 Tue
twitterfacebook
thumb

新宿は認定されず、青森、三重、FC大阪、奈良、高知、V大分の6クラブにJ3クラブライセンス交付…JFL4位以内を熾烈に争う

J1クラブライセンスが46クラブに交付! J2岩手が新たに取得 Jリーグは27日、2023シーズンのJ3クラブライセンスについて発表した。 今回発表されたのは、J3に入会を希望するクラブのうち、J3クラブライセンス申請があったクラブが対象となっている。 今回J3クラブライセンスが交付されたのは、Jリーグ百年構想クラブのラインメール青森、ヴィアティン三重、FC大阪、奈良クラブ、高知ユナイテッドSC、ヴェルスパ大分の6クラブとなる。 また、クリアソン新宿も申請していたが、施設基準が未充足であると判断されたため、認定されなかった。 なお、11月の理事会にて、Jリーグ入会が審議。さらに、JFLで4位以内に入り、百年構想クラブのうちの上位2クラブで、平均入場者数が2000人を超えるクラブという入会条件がある。 ◆JFL順位表 ※9/27現在 順位/チーム名/勝ち点(試合数/得失点) 1.Honda FC 45(22/+21) 2.FC大阪 45(22/+14)★ 3.奈良クラブ 49(22/+11)★ 4.ライメール青森 37(22/+9)★ ーーーJ3昇格条件ライン 5.ヴェルスパ大分 37(22/+8)★ 6.東京武蔵野ユナイテッドFC 36(23/+10) 7.FCマルヤス岡崎 36(23/+7) 8.高知ユナイテッドSC 33(23/+1)★ 9.ヴィアティン三重 32(22/+6)★ 10.鈴鹿ポイントゲッターズ 31(23/-7) 11.FC神楽しまね 26(23/-8) 12.ホンダロックSC 25(23/-1) 13.FCティアモ枚方 22(23/-8) 14.ソニー仙台FC 22(23/-13) 15.クリアソン新宿 16(23/-19) 16.MIOびわこsiga 15(23/-19) ★J3クラブライセンス交付クラブ ◆Jリーグ百年構想クラブ (2022年9月27日現在) ・ ラインメール青森(JFL) ・ コバルトーレ女川(東北社会人サッカーリーグ1部) ・ 栃木シティフットボールクラブ(関東サッカーリーグ1部) ・ VONDS市原FC(関東サッカーリーグ1部) ・ 南葛SC(関東サッカーリーグ1部) ・ クリアソン新宿(JFL) ・ 東京23FC(関東サッカーリーグ1部) ・ ヴィアティン三重(JFL) ・ FC大阪(JFL) ・ 奈良クラブ(JFL) ・ 高知ユナイテッドSC(JFL) ・ ヴェルスパ大分(JFL) ・ 沖縄SV(九州サッカーリーグ) 2022.09.27 19:10 Tue
twitterfacebook
thumb

J1クラブライセンスが46クラブに交付! J2岩手が新たに取得

Jリーグは27日、2023シーズンのJ1クラブライセンスについて発表した。 Jリーグは、JFAから日本におけるクラブライセンス制度の制定および運用の委任を受けており、日本におけるライセンス交付機関(ライセンサー)としてJ1クラブライセンス制度を運営し、Jクラブに対してJ1クラブライセンスを交付している。 J1クラブライセンスの交付判定については第三者機関であるクラブライセンス交付第一審機関(FIB)が行っている。 また、本年度より、AFCクラブライセンス=J1クラブライセンスのみとし、J2およびJ3クラブライセンスは国内ライセンス制度として運用。よって、J2およびJ3クラブライセンスは理事会による判定となる。 2023シーズンは現在J1の18クラブ、J2の22クラブに加え、J3の松本山雅FC、カターレ富山、FC岐阜、愛媛FC、ギラヴァンツ北九州、鹿児島ユナイテッドFCの46チームに交付。いわてグルージャ盛岡が施設基準の例外適用申請により、新たにJ1クラブライセンスを取得した。 なお、以下の16スタジアムは屋根のカバー率が不足している。 • いわぎんスタジアム【岩手】 • NDソフトスタジアム山形【山形】 • 正田醤油スタジアム群馬【群馬】 • NACK5スタジアム大宮【大宮】 • 三協フロンテア柏スタジアム【柏】 • ニッパツ三ツ沢球技場【横浜FC】 • レモンガススタジアム平塚【湘南】 •JITリサイクルインクスタジアム【甲府】 • サンプロ アルウィン【松本】 • 富山県総合運動公園陸上競技場【富山】 •IAIスタジアム日本平【清水】 • ヤマハスタジアム(磐田)【磐田】 • シティライトスタジアム【岡山】 • ニンジニアスタジアム【愛媛】 • 白波スタジアム【鹿児島】 • タピック県総ひやごんスタジアム【琉球】 また、下記のスタジアムは、屋根のカバー率に加え、トイレの数も不足している。 •ソユースタジアム【秋田】 2022.09.27 18:53 Tue
twitterfacebook
thumb

岐阜、アカデミー出身の横山智也が岐阜協立大から来季加入へ 「大変嬉しく思います」

FC岐阜は27日、岐阜協立大学に在学するFW/MF横山智也(22)の来季加入内定を発表した。 横山は岐阜県生まれの岐阜アカデミー出身。岐阜ではU-15、U-18のカテゴリーでプレーし、岐阜協立大学に進学した。 クラブによると、独特な動きで攻撃にアクセントがつけられる選手で、シュートの精度も高くゴールが期待できるという。 “古巣復帰”となる横山はクラブを通じて喜びの思いとともに、意気込みを語っている。 「この度、2023シーズンからFC岐阜に加入することになりました、岐阜協立大学の横山智也です。生まれ育った岐阜の地でプロサッカー選手のキャリアをスタートできることを大変嬉しく思います。中高6年間お世話になったクラブ、また在籍している岐阜協立大学の4年間、多くの皆様に支えていただきこの日を迎えることができました」 「FC岐阜は小さい頃からずっと見てきて、プロサッカー選手になりたいという夢を与えてもらったクラブです。今度は私が子どもたちに夢を与え、FC岐阜のファン・サポーターの皆様に感動を与えられるような選手になれるように全力でプレーします! 応援よろしくお願いします!」 2022.09.27 14:25 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly