J3の4クラブにJ3クラブライセンスが交付、上位の宮崎と福島は2位以内でも昇格できず

2021.10.26 17:19 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
Jリーグは26日、2022シーズンのJ3クラブライセンスの判定結果を発表した。

2021シーズン明治安田生命J3リーグに所属しているクラブから、福島ユナイテッドFC、アスルクラロ沼津、FC今治、テゲバジャーロ宮崎の4クラブにJ3クラブライセンスが交付された。

なお、FC今治はJ2クラブライセンスを申請しJ2クラブライセンスが交付されたものの、J2に昇格することができなかった場合にはスタジアムの改修を行わない意向を表明しているため、スタジアムがJ2基準を満たさないことからJ2クラブライセンスが効力を失うこととなる。
また、福島はJ2クラブライセンスを申請していたものの不交付となり、J3クラブライセンスの審議がなされて交付された。

J3からは上位2クラブがJ2へと自動昇格となるが、J3ライセンスの宮崎が現在2位、福島が4位につけており、いずれかが上位2クラブに入った場合は、3位以下の繰り上げ昇格は行われず、J2からの降格チームが1つ減ることとなる。

関連ニュース
thumb

鹿児島がYS横浜のFW河辺駿太郎を完全移籍で獲得、今季はJ3で26試合5得点

鹿児島ユナイテッドFCは4日、Y.S.C.C.横浜のFW河辺駿太郎(26)が完全移籍で加入することを発表した。 河辺は大分県出身で、明治大学からドイツの下部リーグへと渡ることに。2020年10月に大分県のジェイリースFCへ加入すると、2021年にYS横浜へと完全移籍で加入した。 2021シーズンは明治安田生命J3リーグで22試合に出場し1得点を記録。今シーズンは26試合で5得点を記録していた。 鹿児島に加入する河辺は両クラブを通じてコメントしている。 ◆鹿児島ユナイテッドFC 「鹿児島ユナイテッドFCに関わる全ての皆様、はじめまして。この度、Y.S.C.C.より加入する事になりました、河辺駿太郎です。鹿児島ユナイテッドFCの一員になれる事を心から嬉しく思います」 「オファーをいただいた際に、クラブのビジョン、目標、フィロソフィー等丁寧に説明していただきました。それら全てに感銘を受け、鹿児島の力になりたいと強く思い、入団を決意しました。鹿児島ユナイテッドFCのJ3優勝、J2昇格に貢献できるよう、勇猛果敢にプレーします」 「これからの皆様との挑戦が楽しみです。地元が大分県という事もあり、再び九州の地でプレーできる事にとてもワクワクしています!1日でも早く皆様に認めてもらえるように、精一杯頑張ります。応援よろしくお願い致します!」 ◆Y.S.C.C.横浜 「Y.S.C.C.に関わる全ての皆様」 「この度、鹿児島ユナイテッドFCに移籍する事になりました。直接、お別れのご挨拶ができない事をお許し下さい」 「まずは、夢であったJリーグの舞台でプレーするチャンスをくれたこのクラブに最大の感謝を伝えたいです。ありがとうございます」 「そして、平素より多大なるサポート、ご支援いただいているパートナー企業様、どんな時も共に闘ってくれたファン、サポーターの皆様、誠にありがとうございました」 「この2年間、Y.S.C.C.の選手としてプレー出来た事を誇りに思います。ニッパツでのデビュー戦、宮崎でのJリーグ初ゴール、勝てない日々とそれを皆で乗り越えて勝利した瞬間など、全てが僕の財産です」 「この決断は簡単ではありませんでした。後悔なく、全てをやり切ったとかそういう清々しさはまるでありません。あのシュートを決めてれば、あのパスを通していればという試合が沢山あり、もっとこのクラブの勝利に貢献したかったのが正直な気持ちです」 「しかし、今までもそうであったように、常に自分の可能性に挑戦し続けたいという気持ちと、成し遂げたい目標の為にこの決断を致しました。Y.S.C.C.を離れても、僕の中で特別なクラブである事は変わりません」 「新たな挑戦、背中を押して応援していただければ幸いです。更に成長した姿を見せられるように、精一杯頑張ります。改めて、2年間ありがとうございました! 2022.12.04 20:15 Sun
twitterfacebook
thumb

鳥取が文仁柱、糸原紘史郎、世瀬啓人、丸山壮大、坂本敬と契約更新

ガイナーレ鳥取は3日にMF文仁柱(23)、GK糸原紘史郎(24)、MF世瀬啓人(23)、MF丸山壮大(23)、DF坂本敬(21)の5選手と2023シーズンの契約を更新した旨を発表した。 今季の明治安田生命J3リーグでは文が15試合1得点、糸原が11試合出場、世瀬が31試合1得点、丸山が26試合出場、坂本が3試合出場の数字をマークした。5選手はそれぞれ契約更新を受け、来季の抱負を語っている。 ◆文仁柱 「来季もガイナーレ鳥取でプレーすることになりました。プロ一年目、自分が思い描いていたシーズンとは程遠く、納得のいく結果を残せず、悔しい思いをしました。来シーズンは今年以上に成長した姿を見せられるように、そしてガイナーレ鳥取のために全力でプレーします。2023シーズンも共に戦いましょう! 応援よろしくお願いします」 ◆糸原紘史郎 「来シーズンもガイナーレ鳥取でプレーさせていただくことになりました。今シーズン、初めて声出し応援のあるバードスタジアムで試合をした最終節、とても感動しました。ガイナーレ鳥取というチームをさらに好きになり、サポーターの皆さんの熱い声援に応えたいと思いました! このチームでプレーする喜びを来年は優勝・昇格とともに味わえるように頑張っていきます! 来シーズンも沢山の応援・声援をよろしくお願いします!」 ◆世瀬啓人 「来年も鳥取でプレー出来る事とても嬉しく思います。今年果たせなかったチームの目標、そして個人の目標に向かって全力で頑張ります。来シーズンもよろしくお願いします」 ◆丸山壮大 「来シーズンもガイナーレ鳥取でプレーさせていただくことになりました! 2022シーズンはJ2昇格という目標を達成することができず、個人的にも満足のいくシーズンではありませんでした。来シーズンはJ2昇格という目標を達成できるように、日々の練習から切磋琢磨し、血の滲む努力で、さらに熱く、熱く、闘います!! ガイナーレ鳥取に関わる全ての方々、オールガイナーレで、熱狂して一緒に闘いましょう!!!」 ◆坂本敬 「来シーズンもガイナーレ鳥取でプレーさせて頂くことになりました。このガイナーレ鳥取でJ2昇格を掴み取りたいです。そのために誰よりも努力して、目に見える結果を出す。それだけです。来シーズンも一緒に闘ってください。宜しくお願いします!」 2022.12.03 17:05 Sat
twitterfacebook
thumb

今がチャンスだ今年のJ3リーグをきちんとおさらいしておくぞ?! の巻/倉井史也のJリーグ

こんだけ世間がワールドカップに注目してるから、こっちもそのネタで行くぞ!! と思ってたんですけど、もしここでJ3やんなかったら怒られない? てか怒るでしょ? つーか、怒るなよ。いや、怒らないですみません、っってことになるので、今週はちゃんとJ3でもボクシング式チャンピオン決定データやりますよ。 まずは2021年のJ3の順位表はこうでした。 1位:熊本 2位:岩手 3位:宮崎 4位:富山 5位:福島 6位:岐阜 7位:鹿児島 8位:YS横浜 9位:長野 10位:藤枝 11位:今治 12位:鳥取 13位:八戸 14位:沼津 15位:讃岐 で、ここから熊本と岩手が昇格して、J2から 19位:相模原 20位:愛媛 21位:北九州 22位:松本 が落ちてきたわけです。 これに新加入のいわきを加えた今年のJ3、チャンピオンになるのはどこか!!ということで、まずは年間順位の最高位はJ2から落ちてきた相模原ということからスタートすると、 相模原1-0沼津 相模原0-1いわき(タイトル移動) いわき2-1愛媛 いわき1-1富山 いわき4-0長野 いわき0-1今治(タイトル移動) 今治0-0宮崎 今治1-0讃岐 今治0-1鹿児島(タイトル移動) 鹿児島4-0讃岐 鹿児島1-0沼津 鹿児島1-2岐阜(タイトル移動) 岐阜1-0福島 岐阜2-1宮崎 岐阜0-5今治(タイトル移動) 今治1-1長野 今治1-0沼津 今治1-1福島 今治5-2YS横浜 今治1-0岐阜 今治2-1讃岐 今治4-3鹿児島 今治2-3北九州(タイトル移動) 北九州0-1いわき いわき0-1今治(タイトル移動) 今治3-2宮崎 今治3-0鳥取 今治2-0相模原 今治1-2YS横浜(タイトル移動) YS横浜1-2長野(タイトル移動) 長野1-2松本(タイトル移動) 松本3-4富山(タイトル移動) 富山2-1北九州 富山2-4鹿児島(タイトル移動) ということで、今治の圧倒的な防衛数にも拘わらず、最後の最後で逆転したのは鹿児島!! おめでとう、鹿児島!! ちゅうことで、最後にJ3の今年の順位表をおさらいしておきます。 1位:いわき 2位:藤枝 3位:鹿児島 4位:松本 5位:今治 6位:富山 7位:愛媛 8位:長野 9位:宮崎 10位:八戸 11位:福島 12位:鳥取 13位:北九州 14位:岐阜 15位:沼津 16位:YS横浜 17位:讃岐 18位:相模原 てなことで今年のJリーグ、ボクシングシリーズはこれにてお終い!! <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】</br>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2022.12.03 16:30 Sat
twitterfacebook
thumb

J2初昇格の藤枝、大宮退団のDF山田将之、GK上田智輝を完全移籍で獲得

藤枝MYFCは3日、大宮アルディージャを今季限りで退団したDF山田将之(28)、GK上田智輝(26)を完全移籍で獲得することを発表した。 山田は青森山田高校から法政大学を経て、2016年にFC東京へ入団。FC町田ゼルビア、アビスパ福岡、ツエーゲン金沢への期限付き移籍を経て、2020年途中から大宮に期限付き移籍。その後完全移籍に切り替わっていた。 大宮では2シーズン半を過ごし、J2通算36試合1得点、天皇杯通算2試合出場。今シーズンはJ2で9試合、天皇杯で1試合に出場していた。 上田は京都サンガF.C.の下部組織出身で関西学院大学から奈良クラブを経て、2021年に大宮に加入。2シーズンでJ2通算13試合に出場。今年3月に右ヒザ膝蓋腱断裂の重傷を負い、ほとんどプレーできていなかった。 両選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆DF山田将之 「この度、大宮アルディージャから移籍してきました山田将之です!とても魅力的で見ていてもワクワクするようなサッカーをするこのクラブに加入できたことを本当に嬉しく思います」 「藤枝MYFCが掲げる目標に自分の持っている力を全力で注ぐことは前提に、自分の持っている闘志や想いを発揮して見ていただいている方々に感動を届け、胸が熱くなる応援をしてもらえるような熱いプレーをします!」 「ファン、サポーターの皆さん!共に藤枝MYFCの新たな歴史を創っていきましょう!自分の価値を証明します。よろしくお願いします」 ◆GK上田智輝 「藤枝MYFCに関わる皆様、はじめまして。大宮アルディージャから加入することになりました上田智輝です」 「J2初挑戦となるチームで一緒に戦わせてもらえることを嬉しく思います。新しい景色をファン・サポーターの皆様と一緒に掴むため、早くチームにフィットし戦力となれるよう頑張ります!応援のほどよろしくお願いいたします」 2022.12.03 12:15 Sat
twitterfacebook
thumb

クラブ初のJ2昇格を成した藤枝、チーム得点王MF横山暁之ら4選手と契約更新

藤枝MYFCは2日、DF小笠原佳祐(26)、MF金浦真樹(22)、DF久富良輔(31)、MF横山暁之(25)の4選手との契約を更新したことを発表した。 山口県出身の小笠原は東福岡高校、筑波大学を経て2019年からロアッソ熊本でプロキャリアをスタート。今季加入した藤枝でも主力として明治安田J3で32試合に出場し、1得点を記録した。 金浦は立正大学から今季加入したルーキー。第6節のカターレ富山戦でJデビューを飾ったものの、トータルでは途中出場4試合にとどまった。 サイドが主戦場の久富はザスパクサツ群馬のセカンドチームから2014年にトップへ昇格。藤枝、栃木SCを経て、2020年から再び藤色のユニフォームに袖を通し、今季はJ通算200試合出場も達成した。 東京ヴェルディの育成組織出身である横山は、2020年に北陸大学から藤枝へ加入。今シーズンは得点への嗅覚が開花し、チームトップの13ゴールを挙げてクラブ初のJ2昇格へ貢献していた。 4選手はそれぞれ、クラブを通じて以下のようにコメントしている。 ◆小笠原佳祐 「プロ5年目にして初めてのJ2挑戦を藤枝MYFCと一緒に闘えることになりました」 「昨年の12月、3年かかって片足を懸けた階段を所属クラブと一緒にのぼることができず悔しい思いをしました。「J2」というカテゴリーは近そうで遠く、ひとつの階段をのぼるのにW杯がまた巡ってくるほどの時間がかかってしまいました。あの「ロストフの14秒」から、同じ4年という期間で、当時筑波大のエースだった7番は日本代表のイレブンへとのぼりつめていきました。彼に限らず一緒にプレーしていたチームメイトたちも着実にJリーグでキャリアを積み上げています」 「しかし彼らをどれだけ羨んだところで、僕にできることは与えられた場所でコツコツやっていくこと、そのことに尽きます。どれほどの時間がかかるか分からないですが、また一つさらに高い階段をのぼることができるように自分らしく頑張ります。来シーズンも応援よろしくお願いします!」 ◆金浦真樹 「1年間応援ありがとうございました!来年チームに貢献できるように頑張ります。よろしくお願いします!!!!」 ◆久富良輔 「2023シーズンも藤枝MYFCでプレーさせていただきます」 「J2昇格のためにこれまで関わってくださった全ての方に感謝の気持ちを持ち、プレーしていきます。2023シーズンも一日一日を大切に、最高の結果を残すために積み重ねていきます。よろしくお願い致します!」 ◆ 「いつもご支援ご声援ありがとうございます。今年、藤枝MYFCはJ2昇格を成し遂げることができました。その特別な1年に力になれたこと、そして来年も藤枝MYFCの一員として闘えることを誇りに思います」 「僕の恩人である谷澤達也さん枝村匠馬さんの2人を追い越すには まだまだ先は長いですが、目標に頑張りたいと思います」 「今年も1年を通して全てが上手くいった訳ではありませんでした。来年もきっと上手くいかないことがたくさんあると思います。勝てない試合もあると思います」 「それでも、成長するチャンスだと捉え楽しんでアグレッシブにチャレンジしていきます。藤枝MYFCの一員として、皆さんにも成長する過程を楽しんでいただきたいです」 「来年も、貪欲に謙虚に頑張ります。応援よろしくお願いします」 2022.12.02 22:28 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly