デ・リフトが練習復帰、ゼニト戦出場へ

2021.10.19 23:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフトが19日の練習から合流したようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。

デ・リフトは内転筋を痛め、直近のローマ戦を欠場していた。

ユベントスは20日にチャンピオンズリーグ・グループH第3節でゼニトとのアウェイ戦を控えるが、『カルチョメルカート』によればデ・リフトはこの試合に帯同するとのことだ。

ユベントスは公式戦ここ3試合クリーンシートを達成。デ・リフトの復帰で守備陣の更なる強化が期待される。

関連ニュース
thumb

モラタが古巣から2発、アトレティコがユベントスを4発粉砕でラ・リーガ開幕へ弾み《PSM》

プレシーズンマッチのユベントスvsアトレティコ・マドリーが7日にユベントスの練習場で行われ、0-4でアトレティコが完勝した。 1週間後にセリエA開幕を控えるユベントスと、ラ・リーガ開幕を控えるアトレティコのプレシーズン最終戦。 ユベントスはヴラホビッチを最前線に、ディ・マリアとソウレがワイドを張った。 対するアトレティコはユベントスから出戻りのモラタが最前線に構えた他、フェリックスやM・ジョレンテが前線を形成した。 試合はアトレティコがカウンターを狙う展開とすると、10分に先制する。決めたのはモラタ。フェリックスのスルーパスに抜け出してシュートを決めきった。 さらに前半終盤の44分、スローインを受けたモラタがそのまま持ち上がってボックス右まで侵入。対応したDFを切り返しでかわして2点目を挙げ、2-1として前半を終えた。 迎えた後半、ラビオらを投入して前がかったユベントスだったが、62分にアトレティコが3点目を挙げる。 右サイド絞った位置からレマルが味方に合わせるボールを蹴り込むと、そのまま誰にも触らずゴールに吸い込まれた。 そして試合終了間際にクーニャにもゴールが生まれたアトレティコが快勝でラ・リーガ開幕へ弾みを付けている。 ユベントス 0-4 アトレティコ・マドリー 【アトレティコ】 モラタ(10分) モラタ(44分) レマル(62分) マテウス・クーニャ(90分+2) 2022.08.08 02:54 Mon
twitterfacebook
thumb

イスラエル情勢懸念でユーベとアトレティコのPSMが急遽トリノ開催に…

イスラエルで開催予定だったユベントスとアトレティコ・マドリーのプレシーズンマッチが、急遽トリノでの開催に変更となった。 来週末に新シーズン開幕を控えるユベントスとアトレティコは、プレシーズンの総仕上げとして、7日にイスラエルのテルアビブで対戦予定だった。 ただ、イスラエルでは今月5日にイスラエル軍がパレスチナ自治区ガザ地区で空爆を行い、イスラム過激派組織『イスラム聖戦』の幹部を含む15人以上が死亡。これを受け、『イスラム聖戦』はイスラエルへの報復としてロケット弾100発以上を発射したことを明らかにした。 そして、同地域での緊張が高まる中、両クラブは安全上の理由から同地での試合開催が困難として中止を決断した。 ただ、開幕に向けて調整が必要な両者は話し合いの末、トリノにあるユベントスのトレーニング施設JTCコンティナッサで代替開催することで合意に至った。 なお、ユベントスの発表によると、この試合は無観客開催となるが、テレビ中継は行われるとのことだ。 2022.08.07 06:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ユベントス、モラタ再獲得失敗に備えムリエルをリストアップか

ユベントスがアタランタのコロンビア代表FWルイス・ムリエル(31)をリストアップしているようだ。イタリア『トゥット・スポルト』が報じている。 ユベントスではレンタルバックでアトレティコ・マドリーに戻ったスペイン代表FWアルバロ・モラタ(29)の再獲得を最優先に動いているが、交渉は難航している。 同メディアによれば8日にアトレティコ側と話し合いを行う予定だが、移籍形態を筆頭に両クラブの意見は相違しているとのことだ。 そこでモラタ再獲得失敗に備え、来季でアタランタとの契約が切れるムリエルに照準を切り替えるのではないかと報じられている。アタランタはムリエルの移籍金を1500万ユーロ(約20億5000万円)に設定しているようだが、『トゥット・スポルト』によれば31歳という年齢も考慮し1200万ユーロ(約16億4000万円)程で交渉がまとまる可能性があると主張している。 2022.08.05 22:30 Fri
twitterfacebook
thumb

パレデスと個人合意と報じられたユベントス、アッレグリ監督は「多くの選手がいる」と否定的?

ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、移籍市場での動きについてはぐらかし続けている。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ユベントスは、クラブの伝統でもあるユースチームとのプレシーズンマッチを実施。2-0で勝利を収めた。 開幕が迫る中で、ユベントスの人事はまだ動いている状況。パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表MFレアンドロ・パレデス(28)の獲得に迫っている一方で、ブラジル代表MFアルトゥール(25)がバレンシアへと移籍する可能性があるとされている。また、フランクフルトのセルビア代表MFフィリップ・コスティッチ(29)の獲得も目指していると長らく報じられている。 さらに、アトレティコ・マドリーに戻ったスペイン代表FWアルバロ・モラタ(29)、サッスオーロのイタリア代表FWジャコモ・ラスパドーリ(22)などが噂にあがっている中、前線の補強も進んでいない状況。まだまだ動きがありそうだが、アッレグリ監督は全てをはぐらかした。 前線の補強について問われると「今は非常に上手くいっている。今後については分からない」と語り、「出ていく選手もいれば、入ってくる選手もいるかもしれない」と当たり前の回答に留めることに。「クラブはこれまで通り、重要なチーム作りに取り組んでいる」と、ひとつも情報を漏らさなかった。 また、パレデスとは個人の条件で合意に至ったと報じられているが、その点については「(マヌエル・)ロカテッリ、(ニコロ・)ロヴェッラなど多くの選手がいる。私は幸せだ」と、選手が十分にいると主張し、こちらも獲得についての明言を避けた。 2022.08.05 13:40 Fri
twitterfacebook
thumb

ユベントスがパレデスと個人間合意、先に既存戦力の売却が必須か

ユベントスとパリ・サンジェルマンのアルゼンチン代表MFレアンドロ・パレデス(28)が個人間合意に達した模様だ。イタリア『スカイ』が報じている。 今夏にフランス代表MFポール・ポグバが復帰しながらも、そのポグバに右ヒザ半月板の問題が見つかり、長期離脱という予想外の事態に直面しているユベントス。加えて、アメリカ代表MFウェストン・マッケニーも肩の脱臼で開幕に間に合わない見込みで、現在は代わりとなる中盤の選手の獲得を画策している。 ラツィオのセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(27)や、アトレティコ・マドリーの元スペイン代表MFサウール・ニゲス(27)、フランクフルトのセルビア代表MFフィリップ・コスティッチ(29)などの名前が挙がった中、最も獲得に近いのがパレデスのようだ。 同選手は2019年1月にゼニトから加入し主力として扱われてきたものの、新監督や新SDを迎えた今夏は放出対象に挙げられている。そのため、PSGの要求は1500万ユーロとそこまで高額ではないものの、『スカイ』によれば、そのためにユベントスは先に既存戦力の売却をしなければならないという。 なお、すでにウェールズ代表MFアーロン・ラムジーとの契約解除を発表したユベントスは、さらにブラジル代表MFアルトゥールとフランス代表MFアドリアン・ラビオの売却が進行中。前者はバレンシア、後者はモナコ行きが近いと報じられている。 2022.08.04 16:43 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly