バロンドール待ったなし! レヴァンドフスキのバックヒールに賞賛の嵐「ロナウドより何マイルも進んでいる」

2021.10.18 22:05 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキはテクニカルなシュートもお手の物だ。

17日に行われたブンデスリーガ第8節、勝ち点16で並ぶ首位バイエルンと2位レバークーゼンによる首位攻防戦がバイ・アレーナで行われた。

接戦も予想されたが、蓋を開けてみれば9連覇中のバイエルンが力の差を見せる結果に。その中でも一際輝きを放ったのがレヴァンドフスキだ。

開始早々の3分、FKから対角線のボールがボックス右へ送られると、ダヨ・ウパメカノがダイレクトで折り返す。タイミング良くゴール前に走り込んだレヴァンドフスキはスピードに乗った状態からのバックヒール。華麗に流し込み、バイエルンに先制点をもたらした。

得点感覚に優れているのは周知の事実だが、技術力も持ち合わせていることを知らしめたレヴァンドフスキ。多くのファンから「ロナウドより何マイルも進んでいる」、「バロンドールに値する」、「まばゆいばかり」、「この男が手に入れなかった場合、私はバロンドールの信頼を失います」といった、バロンドールに推す声が多数寄せられた。

30分にも再びネットを揺らしたスーパーエース。チームも前半だけで5得点を奪い、1-5の圧勝で首位攻防戦を制している。

昨年は3冠も達成したあとであり、多くのゴールを量産したことで受賞が期待されたものの、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により中断したリーグもあることから、公平性を欠くとしてバロンドールの受賞がなかった。それでも、ブンデスリーガのシーズン最多ゴール記録を更新するなど、結果を出し続けているレヴァンドフスキ。見事受賞なるだろうか。



1 2

関連ニュース
thumb

バルセロナとバイエルンの関係に亀裂? バイエルンが無断でペドリらに接触か

バルセロナとバイエルンの間に、僅かながら亀裂が生じているようだ。 ドイツ『Sport1』からの情報によると、バルセロナに所属するスペイン代表MFペドリとアメリカ代表DFセルジーニョ・デストに興味を示すバイエルンは、クラブに断りを入れず、個人的にコンタクトを図った模様。 バルセロナに近しい関係者も「正式な許可なくバイエルンがバルセロナの所属選手たちに話を持ちかけたのは事実だ。それでクラブ同士の関係がひどく悪化することはないだろうが、好ましくないことは明らかだ」とコメントしており、バルセロナのジョアン・ラポルタ会長も眉をひそめているという。 バイエルンがバルセロナに“ちょっかい”を出したのは今回が初めてではない。昨夏にもペドリを引き抜こうと大規模な計画を立てており、現在でも遅くとも2022年夏までには獲得に漕ぎ着けたいと考えているようだ。 ところが、バルセロナはそんな関心をけん制すべく、昨年10月にペドリと2026年までの新契約を締結。それにも関わらず、バイエルンが再び接触してきたとすれば、バルセロナが快く思わないのも頷ける。 その一方で、バイエルンとしてもバルセロナからドイツ代表MFニクラス・ジューレや、MFガブリエル・ヴィドヴィチやMFケナン・ユルディズトイッタといった若手に対するアプローチも覚悟しているとのこと。このまま悪化するようなことがなければいいが…。 2022.01.20 18:58 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルンがU-17スウェーデン代表DFを獲得! 強豪関心の左SB

バイエルンは19日、スウェーデンのハンマルビーからU-17スウェーデン代表DFマッテオ・ペレス・ヴィンレフ(16)を完全移籍で獲得したことを発表した。 なお、3年契約を締結されたとされるヴィンレフは当面、U-19チームでプレーすることになる。 ヨーロッパの複数強豪クラブの関心を集めた左サイドバックは、昨年にトライアルで印象的なパフォーマンスを見せたことで、ドイツ王者への移籍を勝ち取った。 ユースセンターのホルガー・ザイツ氏は「非常に興味深く、エキサイティングなプレーヤーだ。トライアウトでのパフォーマンスなどで納得できたし、ユースチームの左サイドバックの強化を図れた。さらなる有望株を迎え入れることができて嬉しい」と、逸材獲得に満足感を示している。 <span class="paragraph-title">【画像】スウェーデンの逸材SBが加入</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="de" dir="ltr">Välkommen, Matteo! <br><br>Der <a href="https://twitter.com/FCBayern?ref_src=twsrc%5Etfw">@FCBayern</a> hat den schwedischen Juniorennationalspieler Matteo Perez <a href="https://twitter.com/hashtag/Vinl%C3%B6f?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Vinlöf</a> verpflichtet. Der 16-jährige Verteidiger wechselt von Hammarby IF nach München.<br><br>Alle Information <a href="https://t.co/krZyB20sma">https://t.co/krZyB20sma</a><a href="https://twitter.com/hashtag/MiaSanMia?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MiaSanMia</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/FCBayern?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FCBayern</a> <a href="https://t.co/Pqt6tFSEas">pic.twitter.com/Pqt6tFSEas</a></p>&mdash; FC Bayern Campus (@fcbayerncampus) <a href="https://twitter.com/fcbayerncampus/status/1483771718254710789?ref_src=twsrc%5Etfw">January 19, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2022.01.20 07:30 Thu
twitterfacebook
thumb

「すげえ!頭良い」年間最優秀選手のレヴァンドフスキ、娘の髪を束ねる方法も斬新で一流だった

バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキは髪の結い方もうまかった。 17日に国際サッカー連盟(FIFA)が発表した2021年度『ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ』で男子最優秀選手に選ばれたレヴァンドフスキ。2年連続の受賞という偉業を成し遂げた。 これまで数々のゴールを積み上げ、その多くが話題となってきたストライカーは、子供とのやり取りも注目を集めることとなった。 娘の長女クララちゃんの髪をポニーテールにするレヴァンドフスキのスゴ技を『ESPN』が公開。ものの数秒で驚くほどきれいに仕上げることができているが、用いた道具が斜め上だった。 取り出したのはなんと掃除機。ロングノーズをセットし、そこへ軽く房にしたクララちゃんの髪を吸い込ませたのだ。さらに、最初に束ねきれなかった部分も送り込んで形を整えたら、ノーズにあらかじめつけておいたヘアゴムを髪へセット。見事、美しいポニーテールの完成だ。 圧倒的な技術力にファンも驚愕だ。「真のサロンドール」、「ほっこりすぎて今日一の笑顔出た」、「ゴール奪う以外も有能やな〜」、「すげえ!頭良い」、「試してみてもいいかも」など、多くの称賛が寄せられた。 「掃除機が汚れてるでしょ」という衛生面を気にかけるものには「いや、そのためだけの掃除機だったら?」とリプライを寄せるファンも。確かに髪用の掃除機を1台購入するくらい、レヴァンドフスキには訳ないだろう。 普段はピッチ上でのテクニックがピックアップされるレヴァンドフスキ。家庭での一コマでも確かな技術力を見せつけることとなった。 <span class="paragraph-title">【動画】こんなの見たことない!掃除機を使ってきれいに娘の髪の結うレヴァンドフスキ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">&quot;When mum isn&#39;t home&quot; <br><br>Robert Lewandowski&#39;s genius way of doing his daughter&#39;s hair <a href="https://t.co/MYTVLjh7bC">pic.twitter.com/MYTVLjh7bC</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1483404536471560195?ref_src=twsrc%5Etfw">January 18, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.19 20:40 Wed
twitterfacebook
thumb

年間最優秀選手受賞のレヴァンドフスキを妻が祝福、支えたアンナさんにもメッセージ「強い男の後ろには強い女がいる」

バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキを妻のアンナさんが祝福した。 レヴァンドフスキは15日に行われたブンデスリーガ第19節のケルン戦でハットトリックを達成。バイエルンのレジェンドであるゲルト・ミュラー氏(365ゴール)に次ぐ、リーグ史上2人目となるブンデスリーガ通算300ゴールを達成していた。 17日には国際サッカー連盟(FIFA)が選ぶ2021年度『ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ』の男子最優秀選手に選出。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(パリ・サンジェルマン)やエジプト代表FWモハメド・サラー(リバプール)を抑え、昨年に続いて2年連続の受賞となった。 偉業を達成したレヴァンドフスキを妻のアンナさんも祝福。トロフィーを持つ夫とのツーショットを投稿し、祝いのコメントを残している。 「愛しいロベルト!やったね!FIFA男子最優秀選手の受賞、おめでとうございます。あなたが夢を達成するためにどれほど一生懸命努力しているか!よくやりました、私はあなたをとても誇りに思います」 栄養学の専門家として、食事の面でもレヴァンドフスキをサポートしてきたアンナさん。ポーランドの女性トレーナーや女優からも「巨大な共同成功」、「強い男の後ろには強い女がいる」、「おめでとうファミリー、あなたがたはそれに値する」などの労いのコメントが多数寄せられることとなった。 <span class="paragraph-title">【写真】レヴァンドフスキとともに受賞を喜ぶ妻・アンナさん</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CY1_VYyIrRJ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CY1_VYyIrRJ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CY1_VYyIrRJ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">(@annalewandowskahpba)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.01.19 05:35 Wed
twitterfacebook
thumb

FIFA/FIFProワールドイレブンが発表! プレミアから最多5選手!

国際サッカー連盟(FIFA)は17日、国際プロサッカー選手会(FIFPro)と共同主催する2021年の男子ワールドイレブンを発表した。 FIFA/FIFProワールドイレブンは2005年からスタート。世界のフットボーラーによる投票で決められ、17日に開催された『ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ』で11人のメンバーが発表された。 GKにはユーロ2020でイタリア代表の優勝に貢献し、大会MVPにも輝いたジャンルイジ・ドンナルンマが選出。 さらに、ディフェンス部門ではダビド・アラバ、レオナルド・ボヌッチという常連2人と、マンチェスター・シティでワールドクラスのセンターバックに成長したルベン・ディアスが選出。 中盤ではシティのプレミアリーグ制覇に貢献したケビン・デ・ブライネ、チェルシーのチャンピオンズリーグ(CL)制覇に貢献したジョルジーニョ、エンゴロ・カンテの選手が選ばれた。 さらに、最多4人が選出されたフォワード部門ではクリスティアーノ・ロナウドとリオネル・メッシの生けるレジェンド2人に、ブンデスリーガの2大ストライカーのロベルト・レヴァンドフスキ、アーリング・ハーランドが選ばれた。 GK ジャンルイジ・ドンナルンマ(イタリア/ミラン、パリ・サンジェルマン) DF ダビド・アラバ(オーストリア/バイエルン、レアル・マドリー) レオナルド・ボヌッチ(イタリア/ユベントス) ルベン・ディアス(ポルトガル/マンチェスター・シティ) MF ケビン・デ・ブライネ(ベルギー/マンチェスター・シティ) ジョルジーニョ(イタリア/チェルシー) エンゴロ・カンテ(フランス/チェルシー) FW クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/ユベントス、マンチェスター・ユナイテッド) アーリング・ハーランド(ノルウェー/ドルトムント) ロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド/バイエルン) リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ、パリ・サンジェルマン) 2022.01.18 06:21 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly