岐阜がMF柏木陽介への脅迫投稿を公表、容疑者は特定済み

2021.10.18 18:12 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
FC岐阜は18日、元日本代表MF柏木陽介に対する脅迫を含む不適切な書き込みについて報告した。

クラブの発表によると、今年6月頃、インターネット上において、生命身体への脅迫等を含む不適切な書き込みがあり、柏木とクラブが相談の上、6月10日に所轄の警察に被害届を提出していた。

今回の発表は、柏木とクラブが相談し、今後このようなことが起こらないように状況を発表することにしたという。なお、容疑者はすでに特定されているとのことだ。

岐阜は生命を通じて、「当該投稿内容は、当クラブの選手個人に対して行われたもので、個人やクラブとしては極めて卑劣な内容であり到底許されるものではありません。Jリーグ及びJクラブでは、差別や暴力のない世界を目指して定期的に各種の啓発活動を実施しているにも関わらず、その中でこのような事案が発生したことは誠に残念であります。当クラブとしましては、今後も同種の事案に対しては毅然と対応していくとともに、差別や暴力のない社会の実現に向けて取り組んで参ります」としている。

柏木はクラブを通じてコメント。二度と起こらないことを願うとした。

「インターネット上に書き込みされた事案で僕自身や家族は不安に感じておりました。この度、容疑者が警察の捜査により特定されたことから、今後は安心して生活することができますのでご報告させていただきます」

「このような行為は絶対に許されるものではありませんので、人を傷つけるような書き込みが無くなるように願っています。最後になりますが、この場を借りて、通報して頂いた方に御礼を申し上げます」


関連ニュース
thumb

J3岐阜がDFパウロンとの契約満了を発表、2年間で出場3試合「また会いましょう」

FC岐阜は8日、DFパウロン(32)との契約満了を発表した。 パウロンは、これまで北海道コンサドーレ札幌や福島ユナイテッドFC、水戸ホーリーホック、栃木SC、アルビレックス新潟でプレー。2020年に岐阜へ完全移籍で加入した。 岐阜では2シーズン在籍し、明治安田生命J3リーグで3試合の出場に終わっていた。 パウロンはクラブを通じてコメントしている。 「応援して下さるFC岐阜のファン・サポーターの皆さん、在籍中にいつも温かい声援をありがとうございます。残念ながら今年は昇格することができませんでしたが、チームが必ず来年昇格するようにFC岐阜のことを応援し続けます」 「チームに関わる全ての皆さんに感謝したいと思います。また会いましょう」 2021.12.08 16:10 Wed
twitterfacebook
thumb

三浦俊也氏が岐阜の新監督に昇進「J2復帰は来季の最大の目標」

FC岐阜は7日、チーム統括本部長兼テクニカルダイレクター務めていた三浦俊也氏(58)が監督に就任したことを発表した。 1997年にベガルタ仙台の前身であるブランメル仙台で監督業をスタートさせた三浦氏は、大宮アルディージャをJ1昇格、北海道コンサドーレ札幌をJ2優勝に導いた実績を持つ。 J1ではヴィッセル神戸やヴァンフォーレ甲府でも指揮を採り、ベトナム代表や、同国のホーチミン・シティで監督を務めた異色の経歴も持っている。 今年9月から上記の役職で岐阜に入閣したが、安間貴義監督の今季での退任を受け、後任に任命された。 「FC岐阜に関わるすべての皆様、来シーズンから監督に就任することになりました。まずJ2復帰は来季の最大の目標であり、そのために全力でチーム、クラブが一丸となり勝利のために邁進していきたいと思っています」 岐阜はまた、三浦氏の監督就任に伴い、山道守彦氏(58)がチーム統括本部長に就任することを併せて発表している。同氏は浦和レッズのバックグラウンドを長年支えた実績を持ち、近年ではV・ファーレン長崎と京都サンガF.C.の強化部長を務めていた。 「FC岐阜に関わるすべての皆様。2022シーズンより、統括本部長に就任することなりました」 「FC岐阜が目指す、強くて魅力あるチームづくりに取り組んでいきます。FC岐阜については、多くの熱いサポーターの存在、岐阜県すべての自治体のサポートなど、Jリーグが掲げる地域密着を実践しているクラブと感じています」 「そして、FC岐阜がめざす『強くて魅力あるチーム』『地域に愛されるクラブ』をより一層具現化する取り組みに賛同し、共に戦っていきたいと感じました」 「私の大きな役割はまずはJ2昇格と考えています。この目標達成のため、全力で取り組んでいきます。今後とも、FC岐阜に温かいご声援、サポートをよろしくお願い申し上げます」 2021.12.07 22:34 Tue
twitterfacebook
thumb

岐阜がDFカルフィン・ヨン・ア・ピンの契約満了を発表「皆さんに感謝しています」

FC岐阜は7日、オランダ人DFカルフィン・ヨン・ア・ピン(35)との契約満了を発表した。 ヨン・ア・ピンは、清水エスパルスやFC町田ゼルビア、横浜FCでプレー。2021年7月に横浜FCを退団となると、10月に岐阜へ加入。J3で1試合の出場に終わっていた。 ヨン・ア・ピンは、クラブを通じてコメントしている。 「シーズン途中での加入でしたが、私のことを快く仲間に受け入れてくれたチームメイト、スタッフ、サポーターの皆さんに感謝しています」 「チームを去ることにはなりますが、今後FC岐阜がさらに飛躍していくことを心から祈っています。ありがとうございました」 2021.12.07 16:30 Tue
twitterfacebook
thumb

J3岐阜、DF竹田忠嗣と契約満了「『たましい』を持って今後も戦い続けたい」

FC岐阜は6日、DF竹田忠嗣(35)との契約満了を発表した。 マレーシア出身の竹田は、ジェフユナイテッド千葉の下部組織で育ち、2005年にトップチームへ昇格。しかし、公式戦での出番はなく、2008年7月にファジアーノ岡山へと移籍した。 主力として活躍した岡山を経て、2018年に岐阜に加入。在籍4シーズン目となった今季は、明治安田生命J3リーグで3試合の出場に留まっていた。 クラブを通じてコメントを残した竹田は、4年間分の想いを最後に伝えている。 「今シーズンをもってFC岐阜を離れることになりました。4年間ありがとうございました。『サッカー人生最後の挑戦になるかもしれない』そう意気込み私は岐阜の街にやって来ました。ここにはこれまでに経験した事のない新しいチャレンジが待っており、同時に沢山の出会いに恵まれました。振り返ると壮絶で刺激的な日々ばかりだったように思います」 「降格をしてからの2シーズンは再びこのクラブをJ2の舞台に戻すことが私の使命であり、責任であると覚悟を決めて戦いました。どんなに苦しいときも、どんなに期待を裏切っても顔を上げさせてくれたサポーターの皆様には感謝してもしきれません。求めていた結末にはなりませんでしたが、こんなにも熱量を持って岐阜の仲間達と戦えた4年間は私にとってかけがえのない時間になりました。ここでの経験を自分自身への糧に『たましい』を持って今後も戦い続けたいと思います。本当にありがとうございました!」 2021.12.06 18:44 Mon
twitterfacebook
thumb

J3得点王はキャリアハイの13得点を決めた岐阜MF川西翔太、宮崎の躍進支えた2人も上位に

明治安田生命J3リーグの全日程が5日に終了。FC岐阜のMF川西翔太が得点王に輝いた。 岐阜の背番号10を背負う川西は、今シーズンのJ3リーグで26試合に出場。2試合のみ欠場したが、自身のキャリアハイだった昨シーズンの10得点を上回り、13得点を記録。見事にJ3の得点ランキングで1位に立った。 チームは上位を争う時期もあったが、早々に昇格争いからは脱落。6位でフィニッシュしていた。 2位には今季からJ3に昇格したテゲバジャーロ宮崎のFW 藤岡浩介がランクイン。自身初のJリーグの舞台だった、全28試合に出場し10得点を記録。チームの3位躍進に大きく貢献していた。 3位には9得点で6人が並ぶ状況に。最終節でゴールを記録したガイナーレ鳥取のFW田口裕也や鹿児島ユナイテッドFCのFW米澤令衣も9得点として並ぶことに。その他、カターレ富山のFW大野耀平、テゲバジャーロ宮崎のFW梅田魁人、AC長野パルセイロのMF三田尚希、福島ユナイテッドFCのFW樋口寛規が並んだ。 ◆J3得点ランキング 【13】 川西翔太(FC岐阜) 【10】 藤岡浩介(テゲバジャーロ宮崎) 【9】 大野耀平(カターレ富山) 田口裕也(ガイナーレ鳥取) 米澤令衣(鹿児島ユナイテッドFC) 梅田魁人(テゲバジャーロ宮崎) 三田尚希(AC長野パルセイロ) 樋口寛規(福島ユナイテッドFC) 【8】 イスマイラ(福島ユナイテッドFC) 高橋利樹(ロアッソ熊本) 2021.12.05 17:28 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly